2018 DIARY ボクたちの一年戦争

1月上巻

2018.1.12

今日から新しくフォームを一新してこちらに記述していくことにしました。

過去のログは倉庫に置いているので、見たい人はそちらに行って見てください。

それでは気分も一新して、出来るだけ面白く有用なことを書いていこうと思いますが

相変わらず気まぐれ的に自論を説いてみたり、近況を書いていくと思います。

それではみなさん、改めてよろしく。

 

2018.1.13

過去ログの方にまわした2014から2017の日記的手記ですが

実は2017の7月頃から年末あたりまで、このサイトの桶狭間と称して神のことを中心に

有益な自論を展開していったんですが、内密ですが訪問者数もやや増えたかなぁってとこです。

結局このサイトも、そのうちCM流して商用的に展開すると思いますが、有益な情報を含め

出来る限り楽しめるサイトをめざします。それでは皆さんよろしく。

 

2018.1.14

ここで先行して真の天才の理論を一つ。

そもそも世の中はありとあらゆるものの存在と相互関係で出来ている、いわゆる釈迦の森羅万象ですが

真の天才とは、その命の誕生が森羅万象の中において誕生した命が存在、相互関係が天にあたるゆえ天才です。

それゆえ天才の発言や挙動がぴったりはまるなんてことはしばしばだと思います。

当然、天の存在ゆえ相互関係的にも自然と能力なんかも、いわゆる天才的になるのも当然だと思います。

はっきりいって私も天才一派の一人なんじゃないかなんて自惚れていったりしますが、皆さんよろしくw

 

2018.1.15

先行してせっかくだから森羅万象のことから一つ。

あなたには世の中に嫌いな人いますか?はっきりいってその人はその人があなたに何かするから嫌いなのであって

その人に似ているから嫌いなんてたまったもんじゃないとも思いますが

結局あなたなり、嫌いなその人なり、その人に似てる人なりその相互関係でなりたってる森羅万象の世ゆえ

結局はつき詰めると自分のしたことが自分に返ってくる、いわゆる因果応報の理屈もなりたつと思います。

神とも称される方を馬鹿にしない方がいいですよ。徳のある言動をおすすめします。

 

 

1月下巻

2018.1.16

先行して次々手記を付けていますが、ここで世界規模の嘘か真かの衝撃的話。

皆さんギリシャ神話やローマ神話、エジプト神話をご存知でしょうか?

通説によると全部同じ話で、いわゆる文字通り神のお話を小説的に描いたものです。

あと聖書なんかにヨハネの黙示録に登場する、そのうち世界を統治する全能者だのがありますが

要するにもうすぐ世に伝説の神が登場するなんて、嘘か真かな話でいわゆる、何かと主人公的に

歌われたり描かれたりしているのが自分がそうじゃないかという、それ俺じゃないか派閥w

かくいう私も多少なんとなくそんなことも思ってたりする、それ俺じゃないか派閥の一人であるようで

結局、俺じゃなかった、ぶべっ。的な話も次々と登場するとは思いますが、結局どうなるかちょっと期待してます。

お楽しみに。

 

2018.1.17

先行して付けてますが、ふと私はなんだと問い直してみました。

当然今現在、このサイトで絵と音の二刀流でアーティストとしてがんばっていますが

そもそも私、スポーツなんかをたしなむ中量級の格闘家みたいなきらいもある感じだった記憶もありますが

格闘家の線なら今現在、100キロ超級の柔道家といったところでしょうが

絵や音の芸術をたしなむとこが、軽く日本の武蔵派閥かなぁなんてw

あんまり自慢話はよしときますが、やっぱどっか入れないですか?連絡お待ちしておりますw

 

2018.1.18

先行してあくまでネタとしての軽い妄想話を一つ。

我が国は戦国の世の終焉に東徳川、西豊臣の全土を二分して合戦し、今現在も勝利した東徳川の世なのは

ご存知だと思いますが、世も世なら西の豊臣の世なら豊臣の末裔の名が中田説も聞いたことありますが

実は私の名、田上なら結構、西に遷都とした広島の豊臣の末裔として皇族だったかもしれないなぁとか

いってみたりするwはっきりいって私自身の都合からすると秀吉勢が勝ってた方が都合が良かったですが

敗れた秀吉勢だって有能なものだといってみたりして今日の手記はこのへんで。

 

2018.1.19

先行して先にちょっと記述しましたが、体に取り入れたらいいと思うものの検証を一つ。

そもそも代表的にアルコールなんて体に入れたら酔っ払うのは当たり前ですが、先に記述した油なんかも

体に取り込むと余った油売り出すんじゃないかとか、水は当然体のほとんどが水なので何かしらいいだろうし

炭酸なんかのガス類も体に影響を及ぼすだろうし、考えてみるといろいろありますね。

意外なとこ検証していくと絶対体にいいもんとかありそうですよね、たとえば果汁とか。

一度誰か人体にまつわる食の解説本とか書いてくれないかなぁ、絶対決定版になりそうですが。。。

 

2018.1.20

唐突ですが、人は皆同じなんて偽善的なのか何なのかをいわれる方がいる。

私からいわせれば、そもそも神の釈迦あたりでも人の世をキャラクターなんかにして表現してるのを

ご存知でしょうか?例えば有名どこではシヴァだとかガネーシャだとか。

はっきりいって私は神も言われるようにむしろ皆違うと思います。

そりゃ人間という点は同じですが、あんまり偽善的なことはいわない方がいいですよ。

p.s.私は釈迦の例えだとガネーシャかなぁ。。。

 

2018.1.21

いつぞやの未来日記的に先行して記述していますが、ちょっと過去ログを見返してみたんですが

12月頃とか内容を詰め込みすぎで自分でも読み返してるとめんどくさくなってきますねw

もうちょっとあたりさわりのない雑談を交えて展開していこうと思うんですが

ちょっと笑えるような展開にしていこうとも思います。

よろしく。

 

2018.1.22

実はこれを付けてる現在、18日の深夜でガンガン先行して付けてますが

なんとなく氷室京介の音楽聴いて過ごしてたんですが、なんか昔、熱烈な氷室ファンだった頃を思い出しました。

そもそもヒムロックは中学生の頃BOOWYなんかにはまって聴いてたんですが

その後94年あたりのSHAKE THE FAKEツアーあたりで恋い焦がれて見に行ったのを覚えてます。

その時、音の迫力もあって氷室さん見た時恥ずかしながらなんか泣いちゃったの覚えてます。

なんで涙なんか出たんですかね、今覚えば純情な少年でした。

 

2018.1.23

もうちょっと氷室さんにまつわることを思い出したので先行して付けたいと思います。

今思っても氷室さんの歌はBOOWYの頃が最高だと思いますが、高校時代あまりに熱狂しすぎて

自分のテーマソングを「やーる気がないだけさー♪」で始まるON MY BEATをテーマソングにしてみたり

勢い余って「やっちまえ今すぐー♪」のSCHOOL OUTを実際やってみたり、馬鹿でしたw

その後私の歴史は95年末のアンソロジーの放送でビートルズ、特にジョンの影響を多大に受けますが

ジョンにまつわる話はまたいつの日か。

 

2018.1.24

影響を多大に受けたBOOWYが出たので、高校時代もう一つ影響を受けすぎたアルバムを一つ。

それが何かと尋ねられたならばZIGGYのオーダーメイドですが、はっきりいってオーダーメイドのベスト盤

一枚だけなら、BOOWYも上回るんじゃないかというくらい非常に影響を受けました。

ソングライティングのギターの人(名前忘れた)もセンスありありですし、ヴォーカルの森重氏の作詞も

「ダイヤモンドの眩い光よりまどろみをくれー♪」や「光の渦の中ー♪」とものすごい破壊力あるはずです。

はっきりいって聴いてみりゃ分かりますが、大げさに言うならば日本のロック史にかかせない

アルバムの一つだと思います、ほんと。ロック好きは是非。

 

2018.1.25

影響の受けたロックのこと書き出したら結構きりないですが、ついでにもう一つ。

高校時代、今も現役のLUNA SEAあたりのヴィジュアル系にも影響受けました。

LUNA SEAはファーストこそはまりましたし、今もファーストが最高だなぁと思いますが

決まって名アルバムはソングライティングも当然ですが、隆一氏の詩もすごい。

「ラララ 今は狂っていたいー♪」だの「足のない二人が微笑みながら近づき女神が気をつけろと笑うー♪」だの

まさに狂気みたいな世界を描いてるLUNA SEAの才能を感じずにはいられない作品です。

はっきりいって隆一さん、あの頃どうだったんでしょうね、私も人のこといえませんが。。。

 

2018.1.26

絵と音の二刀流でやってる割には音の話の方が多かったので、絵の方、特に漫画の話を先行して一つ。

まぁなんにつけてもキン肉マンですw

その後のDRAGON BALLなんかも当たり前ですが、キン肉マンがこの世になかったら今の私はいないと

言い切れるほど今現在にもいえるくらい影響をうけました。

キン肉マンブームの頃はみんなでキン消し集めてキン肉マンごっこも当たり前でしたが

とにかく作者のゆでたまごの哲学がいい。キン肉マンというのはどう争っても最後は仲間になるとここそ

重要です。それこそまた神の説法じゃないが、みんな地球の命であり人間なので当たり前だと思います。

とりあえずの終了の際のキン肉マンのブッチギリのパワーの表現に感動したのを覚えてます。

やっぱり死ぬまで私のもう一つのバイブルです。

 

2018.1.27

調子にのって1週間以上分くらい先行して付けてますが、もう一つ絵、漫画の話。

キン肉マンこそ私にとって当たり前すぎますが、もう一人。当然鳥山さんですね。

鳥山さんのドクタースランプの頃から素敵な世界観を描き思想しますが

ドラゴンボールの孫悟空の表現こそ漫画史に残る金字塔ですね。

まだちっちゃい悟空が世界を牛耳ろうとするピッコロ大魔王に「おまえいったい・・・」と言わせるとこなんか

ヒーロー漫画の王道だと思います。世界的凶悪私設軍隊、レッドリボン軍に一人で単騎突入し壊滅させるとこには

少年ながら胸が踊りすぎました。私はいつか鳥山さんに会うことがあったら鳥山さんに私は鳥山チルドレンですというつもりですw

 

2018.1.28

唐突ですが、絵と音の二刀流のアーティスト活動を90年代からやってると公表してますが

ちょっといいわけがましいこと言えば、私、高校中退後、専門学校にも少しの期間行ってたんですが

その後、ちょっとブラブラしつつギター弾いたり絵描いたりでしたが、その後いわゆるフリーターの期間も含め

サラリーマンやってた期間が5、6年あります。その期間ははっきりいって稼いだ金で遊ぶだけで

あんまギターも触ってなかったし絵もかいてませんでした。はっきりいや90年代からアーティスト活動してる

なんて嘘っぱちに近いですが、はっきりそういった方がいいかなぁなんて思っちゃたんでw

今となってはアーティスト人生送りたい所存ではあります。

 

2018.1.29

雑談が続きましたが、先行してまた偉そうなことでも言い出せば

あなたは生きたいですか?死にたいですか?

はっきりいって突き詰めればそこに行き着きます。なぜかというと、生きたければ自分のやったことが

帰ってくる因果応報の理屈を潜在的に分かってそんなことして自分が殺されたくないし、ましてや

地獄で焼き殺されたくもないはずです。なんかそういう人は潜在的に死にたいという自殺願望でもあるのが

突き詰めれば世界もそうですが、家、特に生まれてこの方の親なんか重要すぎると思います。

親なら世の中が楽しくてまだまだ生きたいと思わせるような親になりたいものです。

 

2018.1.30

時の流れの速さを感じずにはいられません。

いつぞやセガのメガドライブが16ビットの高性能を謳い文句売り出して久しいですが

最近の一般的なパソコンってプロセッサにトランジスタを10億積んでます。

要するに10億ビットのはずですが、こんな、んなアホなー的話が現実です。

メガドライブで分かりにくければ、いわゆるファミコンが8ビットだったはずです。

性能が段違いすぎて恐ろしいくらいの日進月歩です。

んなアホなー。(本当です。間違ってたらすみません。)

 

2018.1.31

昨日の話からついでに、今現在の一般的なパソコンが10億ビットの性能とすると

80年代の一般的なゲーム機とはいえファミコンやメガドライブが8ビット、16ビット?

じゃ、さらにさかのぼってアポロが月面に到着したなんて時のコンピューターの性能って

どのくらいだったんでしょうか。はっきりいって月面到着できますか?

はっきりいって嘘だったんなら世の中嘘が多すぎて困りますね。。。

というより真の月の姿が気になります。やっぱなんかいますか?w

 

 

 

 

2月上巻

2018.2.1

先行しすぎてまだ1月中旬なのにもう2月の日記ですが、ここでホラー的ほんとの話。

やまびこって知ってますか?山に登って向こうに見える山にヤッホーとでもいうと

向こうの山から自分の声でヤッホーって帰ってきます。私も昔子供の頃実際やってみたので本当ですが

声がはね返って返ってくるんなら、学校の校舎にでもヤッホーっていったらはね返える?

要するに山って何か、何かいるのか、はっきりいって私も詳しいこと知りませが

なんかよく分かってないことも多いんじゃないかと思い直します。

人類の歴史はまだまだですね。

 

2018.2.2

ここで、ここまで再三してきた神の悟りの総括。

要は前も書いてますが、皆地球の上で生まれた地球の子だということです。

地球という命から誕生し進化し分類し増えていきましたが、みんな地球の子です。

それゆえ同じ地球の子にしたことが同じ地球の子の自分にも返ってくるという釈迦の因果応報ですが

そこを悟ったとこから全てを悟られたんだと思います。

私もその理念に世界が狭くなり、釈迦のキーワードもあったからこそ軽く悟りましたが

それこそ2000年ほど前のおそらくテレビも何もない世界でそこに気づいた釈迦はでかいです。

我が国でも釈迦のデカさを奈良あたりに大仏として描いてます。

はっきりいって私ももう一度奈良に行って見てこようと思います。みなさんもどうですか?w

 

2018.2.3

ここで先行して絵と音、二刀流でやるこについての有用性を一つ。

そもそも二刀流でやってると間口が広がります。絵から入ってもいいし、もちろん音でも結構です。

それに加えて、絵の表現に加えて音、音の表現に加えて絵を表現することによって

表現の幅が非常に広がり、かつ鮮明になります。アーティストとしてやっていくには有効だと思ってます。

結局ビジネスとしては絵はポスター販売やアナログ絵の販売、音はアルバムの販売といったところですが

売り上げとしてはまだまだ全然すぎます。皆さんよろしくおねがいしますw

 

2018.2.4

唐突ですが、私はその昔いわゆるお勉強の出来るタイプでもありました。

しかしながら当時は詰め込み教育的に詰め込んで、あまり勉強が意味をなしてなかったところがありますが

歳をとって勉強とは、芸術なんかと同じように心の豊かさを育むためにするものだと気付いた時

勉強の有用性がわかりました。いわゆる国算理社、四教科ともども何かと心の豊かさを育むものでもあります。

勉強するって楽しいですよ。

 

2018.2.5

ここで新渡戸稲造以上の武士道の解説をオリジナルの読解で一つ。

そもそも武士道とは天国に行けることが確定してることが最大の条件です。

その為、ここで死のうとも正しい理念の為に戦って、いっそ死んで天に登ることこそ武士道です。

その為、編み出すためには日常で天に行く為、徳を積むのには礼も必要でしょうし、いざという時の為にも

丹を鍛えます。あと追記ですが、武士道を編み出した武士はあまり生に執着しません。

それゆえ性にも執着しないと出ます。生、性に執着するのこそなんもないともいともいいます。

我が国の心をまた武士道にしてみるのもいいとも思いますが。。。

 

2018.2.6

体なんかは大きさや強さの違いは見りゃ分かるとこありますが、頭の良し悪しはなかなか分かりづらいことも

あるようで、要は頭がいいとは、聡明です。自然の中で頭がスーとして透き通るように頭がいいから

簡単な計算をさせてもガンガン正解を出してiQなんか高い値も出るし、視界も広く先を見通せるのも

頭がいいからです。頭が悪いとはそれの反対ですが、はっきりいって頭の良し悪しをいうと怒る人がいますが

要は頭の良し悪しとはそういうとこで、体の強い弱いと同じニュアンスです。

頭の良し悪しが知りたけりゃ、やっぱIQ測定とかがてっとりばやいんじゃないかと思います。

 

2018.2.7

以前最近のパソコンは10億ビットの性能があると、メガドライブの16ビットと対比させて

とんでもないこと書きましたが、要はメガドライブは表現の色数なんかが16ビットだそうだので

要は性能としてはもうちょっとあるそうです。

実はあんまりコンピューターのこと知ってるようで知らないなぁと浮き彫りになりましたが

勘違いした人はすみません。以後気をつけます。

 

2018.2.8

声の話ですが、総じて上にあがってる方と下に落ちてる声ってあると思いますが

スラング的に上にあがってる方は歌が好きです。方や下に落ちてる方はシモを好むそうです。

それを歌が好きなのを子供、シモが好きなのを大人ともいわないと思います。

いつまでたっても歌が好きでありたいし、私は個人的にあまりシモは好まないとこもあります。

結局人それぞれだと思いますよ。

 

2018.2.9

世の中にはいろいろなことを型どった競技があります。

その中の一つ、ボーリングにこそ世を写す真実が隠されてたりします。

10本のピンをたおしてもたおしても倒しきれず立ち上がってくる。

そこにこそ世の真相があり、決して全てのピンを倒しきるなんてのは不可能だという哲学が含まれてます。

はっきりいってボーリングなんて、私は参加しても投げないなんてのが正解かもしれませんねw

 

2018.2.10

まだこれを付けてる現在1月ですが、次々先行して付けてはいますが

また手記が理屈っぽく哲学的なことが多くなってきたので、読み返してたらめんどくさくなってきましたw

すぐめんどくさくなることをいう癖なんてなかったはずですが、毎日一つ有用なことを、と思うと

なんかすぐ理屈っぽくなるので、もうちょっと今日はこれが美味かった的なことを交えていこうと思います。

やっぱ笑える方がいいですか?ご意見ご感想などもメールで受けつけてますw

 

2018.2.11

世の中はまだ間違ってるでしょうか?

先にも付けたことですが、我が国でも東の釈迦を讃える奈良あたりの大仏は国宝です。

大仏を建立した我が国のおじいさん、そしてそれを国宝指定したお父さんたち

世界の至るところで西のイエス、東の釈迦を信奉するものがおのおのの国で国宝です。

要するに世界のいたるところのお父さんがイエス、釈迦、総じて天国、地獄のことを教えてるのに

残された現代の子供の我々はお父さんのいうこともきかない馬鹿でしょうか?

真相究明を是非聞きたいところです。

 

2018.2.12

昨日の国宝の話で、世界のいたるところの国宝が政治利用ではないということについての証明。

そもそも昨日の話にもあるとおり、我が国を引き合いに出せば、奈良の大仏は1000年単位で前のことです。

その1000年単位もの期間、建立から国宝と指定するまでの現代まで、あらゆる時代で閣僚が政治利用してきた

のでしょうか?しかもそれが我が国にとどまらず世界規模のあらゆる国です。

それが本当なら1000年単位もの間、世界のどの国からしても神にまつわることは政治利用に使うのがセオリー?本当?

裏を返せば神のいわれることが本当だからだ、と私は思います。

 

2018.2.13

もういよいよ大詰め。最後の神のいわれる信憑性の駄目押しです。

おとつい、昨日と付けてきて、それでも神のいわれることはデタラメだが、どこの国でも政治利用するのが

セオリーというのなら、世界の歴史、特に今の世界を見ても分かることが一つ。

政治利用のために神を利用するというが、神のために国家で戦う国も歴史を見れば多数のはずです。

そういう我が国も先の大戦、やっぱり神のために国家で戦ったんじゃないかなんて思うとこもあります。

それこそ先の昭和、唱和の話のように。結局は自分自身のことですが、私は信じます。

信じるものは救われる。。。

 

2018.2.14

久しぶりにゲーセン行ってパンチングマシーンやってきたんですが

ソニックブラストマンの新しいやつでしたが、記録がMAXで197だったと思います。

ランキングには9位あたりに入ったはずですが、あれ、店舗ランキングですか?全国ランキングですか?

全国ランキングなら私もたいしたもんだなぁ。記録のYUS、あれ私ですw

また今度鍛え直して挑戦してみるつもりです。

 

2018.2.15

ここで神についての余談ですが、伝説によると神の登場も間近といわれてることもありますが

その神について時々、神の顔は酷いなんていう人がいる。何を参考資料にされたんでしょう?

そもそも神の姿を描いた神話のゼウス像にしても、あと漫画家の手塚さんなんかは神のアトムを

かわいらしい少年的に描いてますが、そもそも私は神が醜いなんて聞いたことがありません。

一応神話やらを中心に資料を元に想像された方がいいと思いますよ。

 

 

2月下巻

2018.2.16

また私自身のことながら気づいてみれば私自身でも驚くような自慢話になれば

世界も広く天下に覇を唱える強豪も数多くいれど、私も天下に覇を唱える強豪に負けていない一派の一人だと

思うんですが、気づいてみればとりあえず常人の3倍の能力のあるシャアくらいいってますか?w

仏道にそえば腕が6本ある阿修羅といったところでもあるんでしょうが、やっぱりこの先、世界規模で

天下を掌握するのは伝説の全能者といったところになってくるかもしれませんが、一応私も名乗り上げて

みようかなぁとか思ったりしますw

はてさて伝説は本当か、現代に生きるこの世の楽しみですね。

 

2018.2.17

ここで大昔書かれた神話の話ですが、神話といってもその土地の先祖を題材にしたわけではなく

これからおこる話としての一般的な確証として、ギリシャ神話、エジプト神話、ローマ神話.

代表的な神話、全て同じ話だといわれています。要するにギリシャやエジプト、ローマが同じ人を

祖にしてますか?って話ですが、私はおそらくこれから登場するのだと思います。

イエスの聖書のヨハネの黙示録でいうところの全能者です。

私も名乗りあげてみようかなぁと先にいいましたが駄目ですか?w

 

2018.2.18

いろいろと先行して付けていますが、ここでちょっといってなかったですが

これまでの20年に及ぶであろう絵と音の二刀流の活動の集大成を発表してます。

絵の方はartのコーナーでプレイリストにして、音の方はITUNESでアルバムにして発売してます。

絵、音とも20年に及ぶ活動のベストセレクション15作品でつづってます。

是非見てってください。

 

2018.2.19

我が国の歴史には朝廷の将軍や天皇が統括する世が全てなようで、いわゆる一般的な武闘派層

いわゆる武家が席巻した世があるのはご存知でしょうが、一応解説しとくと鎌倉時代の

2大武家集団の源氏や平氏とかが結局幕府開いて統括しましたが、さて現代はどうでしょう。

当然国王や貴族が治めているようで、なんか最近武家も強い傾向にあるのはうすうす感じていますが

そこで私の家ですが、うちってどっちかなぁと思います。将軍派なようで武家みたいなとこもあります。

なにかと私はセンター寄りなとこが多いです。

 

2018.2.20

またソニックブラストマンのパンチングマシーンに挑んできました。

今回は前回を上回る205ポイントが出ましたが、月間ランキングが面白くない。

現時点で月間14位ランクインでしたが、そもそもあれ店舗ランキングでしたか?

私かなり腕自慢ですが、なんかランキングが面白くないです。

トップの240オーバーなんて誰が出したんだ。化けもんかw

 

2018.2.21

ここで指針をしっかり出しておこうと思うんですが

もうかれこれ5、6年サラリーマンやってた時期を除けば、20年くらいアーティスト歴があって

アーティストとしては中堅ですが、今後20年も出来ればアーティスト業一本でやっていきたいですが

どうしても生活に困る時はバイトなりなんなりですが、私の人生、私の好きなように描きたいと思います。

あと、金がないなりに、生涯の伴侶なんてのもいれば十分です。そろそろ立候補がいれば是非w

 

2018.2.22

先日complete best A.D.2018が出て久しいですが

オリジナルニューアルバムの製作を地道にやってます。

今回は私の母校をなんとなくモチーフにした「修道(仮)」ですが

いろいろと学校生活にまつわる歌を集めて製作しております。

今年中には発表できるかと思います。お楽しみに。

 

2018.2.23

突如昨日の夜頃からサイトがダウンしてバグってましたが

なんとかいろいろと取り付けて復旧しました。

実はサイバー攻撃かとも思い警察にも相談したんですが、結局どこが悪かったのか

よく分からないですが、おそらくドメインの関係だったのかなぁとか。

もうちょっとコンピュータのことにも詳しくならないといけないかなぁと思います。

 

2018.2.24

自宅でドラム叩いてます。ミニドラム。

スティックを持って軽快に叩いてると楽しくなってきますね。

CDに合わせて叩けばより楽しくなってきます。

音が多少大きいですが、昼間ならなんてことないです。

今度スタジオのドラム叩きに遊びにいくのもいいかもしれない。

 

2018.2.25

長期間製作にとりかかっていた音のニューアルバムですが

本日ようやく一応の完成になりました。

なかなか面白い出来じゃないかと思いますが、発売は卒業入学に合わせた

3月末日を予定しております。

音のファンの方は楽しみに待っていてください。

 

2018.2.26

久しぶりに体重のことを付けておきたいと思います。

ついさっきの測定で170センチ110キロと出ました。

はっきりいって身長をもう10センチくらい引き延ばせればしっかり大巨漢だと自負しておりますが

私の場合、上からハンマーで殴られでもしたように、170程度の高さゆえ軽くタンク的です。

パワーは半端なしと自負しておりますので、試したい方は是非w

 

2018.2.27

いまいち妄想の域を出ない神の考察ですが

またなんか理論を考えてみれば、そもそも東の釈迦は死後の世界へ渡る前に三途の川を渡るという。

要するに3又の川ってことでしょうが、要は1か0あるかないかじゃなく

その中間の要素、要するにデジタルでは一生解き明かせないなんらかの要素とかも必要ですか?

例えばリトマス紙でアルカリでも酸性でもない中和するアンモニアとか。

まぁ私からいわせればそのうち科学でも証明できるのは当たり前ですね。

 

2018.2.28

昨日の見解からもう少し推し進めた理論をひとつ。

要は酸性でもアルカリ性でもないとは、消毒液が酸性だったと思うので、消毒でも毒でもないです。

要するに消毒でもあり毒でもあるとは、ある人には必要でしょうし、ある人にはいらないです。

どういうことかというと、消毒されてる人にはアンモニアの毒の要素がいらないし、毒されてる人には

それでもアンモニアの消毒要素が欲しいものです。

要するにアンモニアの排出量でなんか分かるかもしれませんが、要はすっぱいもんとかいいんじゃないですかw

まぁ食べ物だけが要素じゃないのは当たり前だと思いますが、一応今回のレポートはこれくらいでw

そもそも三途の川ってなんでしたっけってことなので、まぁ妄想の域を出ません。

 

3月上旬

2018.3.1

だいぶ昔にも書いたことあるんですが、JAZZの魅力の一つに

タイトルを表して、そのタイトルの表情を音だけで表現したりするのがJAZZの魅力です。

このごろクロマニオンというJAZZバンド聴いたりしますが、表情の付け方を感じると面白いです。

JAZZといわず音楽にはタイトルありきですが、私がキングにでもなれれば絶対出したい課題曲として

「I CAN SING RAIBOW」なんてネタもありますが、一流の音楽家には脱帽します。

私もアーティストとしてそれくらい表現したいところです。

 

2018.3.2

最近毎日オレンジジュース飲んでます。

以前、体に取り入れたらいいもので果汁なんかいいんじゃないかと書きましたが

果汁100パーセントのオレンジジュースを毎日おいしく飲んでます。

なんか飲みだして、すっかり柑橘系気取りですが、オレンジのパンツなんか気に入って履いてます。

小橋健太、武藤敬司に続いてムーンサルトの打つ練習でもしとこうって感じw

 

2018.3.3

最近流行りのburn系サプリメントですが、実際効くやつは結構効きます。

私170センチ110キロですが、ちょっと前結構もたついてるところもありましたが

burn系のサプリ飲み出して結構締まったんじゃないかと思います。

結構夜のパンツ一丁のスタイルのままK-1とか出れんのかなぁとか思ったりw

歳も近いアーツとかと結構互角に戦える?試してみたいこともありますw

 

2018.3.4

時々、自宅でPA機器を用意してマイク立ててホームライブやるんですが

最近の曲目はビートルズをギター一本で歌うことが多いです。

日本の尾崎やミスチルなんかをやるのもいいですが、ビートルズなんかやるとちょっとかっこいいですよね。

もう最近すっかりプロミュージシャンでもある二刀流のアーティストですが

なんかミュージシャン一本に絞った方がいいかなぁなんて思うこともありますが

とりあえず現状維持でいきたいと思います。よろしく。

 

2018.3.5

バイトで、母親の送迎を請け負っているんですが

今日は朝から市内のデパートへ送迎を請負い

その後なんか具合が悪いそうなので、病院への送迎も請負いました。

微々たる額ですが、私にとっちゃいいバイトなんですが、具合が悪くて病院への送迎が多くなっても

困りものですが、元気なうちは遊びに行くのに私が送迎を請け負う所存でございます。

 

2018.3.6

キャンバス印刷した絵の販売をはじめました。

一個こっちの方で試し刷りしてみたんですが、やはり画面から見る絵と

キャンバスに印刷して額なんかに飾ると見栄えが違います。

キャンバス印刷はものとしての価値も十分ありそうなので1万円の値段設定ですが妥当だと思います。

欲しい方はメールで問い合わせてください。見本市なんかがあると面白いですが。。。

 

2018.3.7

ここで時折記してる神についての記述ですが

そもそも東釈迦、西イエスあともろもろの剣豪たちって2000年前くらいに集結してるのをご存知ですか?

ようするに確かに今現在からすれば2000年も前のことですが、誰が新しいほど進んでるといったでしょうか?

そもそも人類の絶頂期こそが2000年前にあり、神も誕生した結果なんかしぼんでいくイメージも

私はありますが、その後また拡大するように違う技術を持った現代なんて考えも十分あります。

手塚漫画じゃないですが、人類の歴史なんて発展しては縮小しての繰り返しかもしれませんよ。

 

2018.3.8

なんか最近コンスタンスにトレーニングを開始しました。

繰り返しつけてたりしますが、私170センチ110キロの結構な巨漢なんで

結構最強のランクにいると思いますが、コンスタンスにトレーニングも積んで

なんかいっぺん格闘技かなんかの世界で最強とか目指してみるのもありかなぁとか。

ネックとなるのはやはり寄る年波ですが、まだまだ行けそうならいっぺんマジで考えてみます。

まぁ歌や絵のアーティスト活動と並行するとは思いますが。。。

 

2018.3.9

なんか最近いろんな楽器弾いてます。

この前購入したミニドラムも叩いていて結構上手くなりましたが

結構大分前のピアノなんかも弾いてると上手くなるもんですね。

ギターやベースは音楽はじめた頃からなので、まぁ結構上手いはずですが

あとサックスとかの管楽器なんかも手を出してみようかななんて思ったり。

まぁいろんなことに手を出すのが昔から私の特性なので、しまいには例の全能者になるはずですw

 

2018.3.10

私は釈迦の因果応報にならって出来るだけ愛を表現することをポリシーにしている。

自分が愛を表現しないと人からも愛をもらえないし

愛を表現し受け取ることが神のいわれる天につながると信じています。

しかしたまには怒りを表現し喧嘩だってすることもある。私だって人間だ。

いつも愛のある人でいたいものです。

 

2018.3.11

私は冗談でもなんでもなく本気で後世に残る世界的アーティストを目指しています。

名画というのは時間が経てば経つほどその時代を写していた絵が名画として残るものです。

ルネサンス期のダヴィンチだってピカソやゴッホ、アンディウォーホールだってその時代を

写しているからこそ名画として残っています。

そこで現代。現代は私は絵は絶対コミックやデジタルは欠かせないものだと思っています。

それにコミックやデジタルといえば日本人みたいなとこもあります。

日本人として現代を写す世界的アーティストとして本気で考えていますがスポンサーがいれば是非。

 

2018.3.12

最近中学の参考書とか買って読み直してます。

中学時代、一応しっかり勉強してたはずですが、歴史とかまた中学の参考書買って学び直してます。

義務教育の勉強なので、役にたつであろうことばかりなので、読んでいて楽しいですが

現代を考察するうえでも日本や世界の歴史が役に立つかなぁと思って読んでいます。

あとついでに地理なんかもやって、もう一度日本の風土なんか学ぶのもいいですね。

 

2018.3.13

携帯買い換えました。

私の携帯は3Gの頃からアイフォンですが、今回最新の8に乗り換えました。

もうこれでアイフォン5台目ですが、途中7だけ穴があるだけで全部のナンバリング持ってます。

8の印象はもう熟年美おびすぎてありきたりであるようで、細かな良さも感じます。

ただフォンジャックなくしたのは絶対失敗だと思いますよ、アップルさん。

 

2018.3.14

アーティスト活動の一貫として、私の絵と音の即売会の出来るフリマスペースを探しています。

とりあえず私の地元あたりのスペースを探していますが、売れるようなら

それこそ東京の例のビッグサイトで即売やってみるのもありかなぁなんて。

絵はデジタルで描いた絵をキャバスにプリントしたのを物として売ります。

それと同時に音のアルバムも売るつもりですが、どこかいいスペース知ってたらご一報を。

 

2018.3.15

ここで三国志の孔明ばりに私の考える本気の国家戦略を一つ。

いわゆるインターネットですが、我が国でも浸透したようでまだまだなところもありますが

それこそ世界をのぞいてみりゃ、まだまだすぎるとこなんて多いもんです。

そこでインターネットに欠かせないネットワーク機器その他もろもろ。

はっきり言ってこっちはメイドインジャパン・ブランドの技術大国日本です。

我が国をネットワーク大国にもし、高品質のネットワーク機器を世界に輸出し

それこそ遅れている国に国家絡みで売れればいつぞやのバブルの比じゃないですぜ。

もうそれこそいつぞやの黄金の国ジパング並の破壊力ですよw

はっきりいや本気で国家で取れいれて国民の生活を豊かにして欲しいところですが

誰か国家閣僚みてないかなぁ。。。w

 

 

 

 

3月下巻

2018.3.16

最近だいぶ暖かくなってきましたね。

すっかりダウン着込むのはやめて、軽くシャツ一枚のことも多いですが

もうじき桜も開花するでしょう。

うちの裏庭の桜はまだ花は咲かせてはいませんが、もう秒読み段階ですね。

今年は裏庭の桜で花見なんてのもありかなぁ。。。

 

2018.3.17

ちょっと今日久しぶりに今まで自分で作ったオリジナルアルバムを聴き直していました。

自分でいうのもなんですが、オリジナルアルバムのどれもなかなかいい出来で

自分のアルバムながらなかなか楽しめましたが、皆さんもどうですか?w

20日にニューアルバム「修道」の発売が控えてますが、それまで今までのアルバムを楽しむのもいいもんです。

ニューアルバムよろしくw

 

2018.3.18

私の昔から好きなゲームにプロレスゲームのファイプロがありますが

ファイプロの最新作がプレステ4で発売されるらしいですが

はっきりいって携帯機のVITAで出して欲しいです。

ファイプロ的なゲームは十分VITAでも出せるはずですが、是非出して欲しいところ。

VITAで出すんなら発売日に並んで買いますよ、スパイクさんw

 

2018.3.19

昨日に引き続いてゲームの話。

皆さんご存知のように今やテレビゲームといえども、ものすごい性能でリアルですが

リアルになればなるほど面白いのが個人的にはレースゲームだと思っています。

ファミコン時代もF-Iやりましたが、ファミコンのF-1はっきりいって面白くないです。

しかしながら昨今のレースゲームはリアルな描写、挙動で、走らせてるだけで、気分爽快です。

メーカーさんに新手のレースゲームなんか出して欲しいところでもあります。

 

2018.3.20

本日私のオリジナルニューアルバム「修道」の発売となりました。

本作は私の母校をモデルにしつつ、学校生活全体をイメージするように制作しました。

なかなかバラエティに富んだ仕上がりで面白いんじゃないかと思いますが

itunesより yusuke tagami で検索していただければ購入して聴けます。

過去の名作と合わせて楽しんで聴いてみてください。

 

2018.3.21

酒は毎日コンスタンスに晩酌して少し飲んでたりするんですが

最近、焼酎を水で割らずに生地のままストレートで飲んでます。

水で割るとどれだけ飲んでも酔わないので、ストレートで飲んでみたりするんですが

さすがにストレートだとコップ3、4杯くらい飲むといい気持ちになってきます。

今のところそれくらいで止めてますが、もっとガブガブ飲めば泥酔でしょうが、そこまでは飲まないです。

酒との上手な付き合い方をおすすめします。

 

2018.3.22

私、外出する時に底の厚いブーツ履いて外出します。

ヒールソール合わせると高めの10センチくらいの靴なので

私の身長からすると、地面から180センチくらいの高さあります。

外で靴を履いて歩いてる時は名実ともに180センチ110キロのかなりの巨漢です。

しかしながらそれでも身長の高い人なんかも多いですが、私も結構なもんって感じ。

 

2018.3.23

実は私、いわゆる無呼吸の障害で悩んでいます。

この前はじめて医者に相談して検査したところ、はっきりいって重症の無呼吸と診断されました。

調べてみると寝てる時、いちいち呼吸が止まって長い時だと30秒くらい止まってるそうです。

はっきりいって寝てる時、息が止まってる時の方が多いのでそりゃ睡眠がろくにとれず調子もあがらないです。

ほんと死んでてもおかしくないような感じの診断でしたが、ようやく治療開始しました。

治りゃいいですが。。。

 

2018.3.24

ここのサイトとは別にユーチューブなんかにもこのサイトのCM動画とかアップロードしてます。

このサイトのCM動画も結構制作しましたが、最近も人知れず新作をアップロードしてるので

見てみると面白いと思いますが、ユーチューブも検索は YUSUKE TAGAMI で出るはずです。

最近の新作の最強への道編がお気に入りですが、ここ20年の連続写真でお送りする

最強への過程が見れば多少わかるとは思います。

そのうちまた人知れず新作動画制作するかもしれないのでお楽しみに。

 

2018.3.25

最近夜はガウン着てます、黒のガウン。

パンツ一丁の格闘家スタイルの上にガウンまとって、もう気分は格闘家です。

ついでにグラサンもかけて、勝手にシャドウなんてリングネーム名乗ってますが

結構アメプロあたりの日本人レスラーとして、いけんじゃないかなんて思ってたりしますが

私としてはこのシャドウスタイルでアンダーテイカーあたりとタッグ組むのを希望しますw

 

2018.3.26

ここで時折する神のいわれることの信憑性の話をひとつ。

西のイエスの伝説で、病気の方の手に触れるだけで病を直されたなんて伝説もありますが

私が考えればそれは、当時の病気の人らも含めそれだけイエスを熱狂的に支持していたからです。

そこまで恋い焦がれる人に実際対面して触れようものなら人体にもなんかしら変化もあります。

しかし病を直すほど熱狂する人もいるほどイエスのしたこととは、やっぱり定説の天国と地獄を

確証を持ってといたからだと私は思います。

いろんな角度から検証しても絶対私は神の言われることは本当だと思います。

 

2018.3.27

唐突ですが、皇族でも貴族でもなく一般人としてこの国に生まれて

この国でいきつくとこはどこかと考えたら、当然総理大臣なんてのも国のトップですが

いわゆるメディアを中心とした産業、テレビ、音楽、漫画、ゲーム、スポーツ界などなどの

いわゆる業界、その業界の総権力者、ドンこそおそらく総理大臣、しまいには国王以上の影響力があり

あたかも現代の征夷大将軍並の地位があるんじゃないかと思いますが、いつぞやの羽賀じゃだめw

今からでも業界入りして征夷大将軍のポジション狙うのもいいかもしれないなぁ。。。まぁ冗談ですw

 

2018.3.28

唐突ですが、こんなこといっちゃいけないですが、いわゆる覚醒剤って戦前あたりの

大日本帝国とかあたりの開発だと思いますが、私も詳しくは知りませんが

現代の研究者って一応、精神がなんたるかで、それを覚醒させる理論もわかってんのか知りませんが

ほんの100年前ならそういうことも分かってる上でいろいろ作りますが

やっぱり別に現代が万能じゃないなんて思います。覚醒剤のように戦前の方が進んでることがあるものも

多いですか?それこそ釈迦、イエスあたりの2000年前が気になりますが。。。

 

2018.3.29

先行して付けてますが、再三つけてますがやっぱり私ちょっと体重重すぎますかね。

データとしては今現在170センチ112キロですが、やっぱりそこまで重いと

腹なんかも出てやっぱり結構不恰好なので、現在から15キロ痩せると宣言します。

はっきりいや15キロ落としても97キロなので、それくらいでいこうかと思います。

いわゆるタイガーマスクスタイルに改変することを宣言します。

 

2018.3.30

私の家の裏庭の桜が開花してます。

ほぼ満開といったところですが、そもそもこの裏庭の桜

私の両親が、私がまだ小さい時にここに引っ越して来た時に植えたそうです。

それから40年近くすっかりでかい幹はらせて大きく成長しました。

まるで私と一緒に成長してきたようですが、最近あまりにでかくなりすぎて枝とか両親が切ってます。

桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿。。。

 

2018.3.31

ネットの歴史も20年を超えてきましたが、ここ20年のネットの歴史を振り返れば

そもそも20年前なら20くらいの私の世代、小さい頃よりファミコンやジャンプ漫画

の教育を国から受けて来たいわゆるコンピュータともあい通じる世代なので

そう教育されてそう育つ天才どここそ参入してたので、ネットが勝って当たり前だと思います。

そもそもそう育ててもそう育たない人こそいわゆる、ね。

 

 

 

 

 

4月上巻

2018.4.1

これまで神のことやらなんやらいろいろと付けてきましたが

やっぱり素直なのが一番です。素直とは自分でもそう思うのならそうするというのが素直です。

自分でもそう思うのにまるで逆のことをするのをはっきりいや馬鹿といいます。

そもそも突き詰めればそこにいきつくんじゃないかと思いますが、自分でもそう思うんなら

1000パーセントそうした方がいいと思います。その為にそう思いませんかということを

いろいろと解説してる手記ではありますが。。。

 

2018.4.2

ここで新社会人におくる軽くためになる社会の常識をひとつ。

そもそもどこの会社も大抵株式会社、つまり株もってる人がいるのをご存知でしょうか?

その上でどこの会社も自分らで自分の会社のもの買って株あげて儲けてます。

そもそも社会自体がそうなので、別に私が自分の曲を多少自分で買って聴いて売り上げたって

何も問題ないとは思いますが、やっぱりいわゆるサラリーマンにはなりたかねぇですかねw

 

2018.4.3

私のもう一つのバイブルにキン肉マンがあるのは先に書いてますが

そのキン肉マンの表現の私もすっかり超人に成長したなぁと思います。

そもそも解説しとけば超でもありつつ鳥でもある人が超人で、人間こそやっぱり人の間にいるんじゃないですか。

私は超人で満足だし、これからも超人のままで生きるつもりではいますが

やっぱり目指すからには超人王キン肉マンそのものですね。それとももうなってる?w

 

2018.4.4

ここで前述の株式会社の話で、いわゆる株にまつわる話の秘伝の書。

そもそも先に記した通り株式会社である以上、売り上げの他に株を上げて儲けを出しますが

それこそ100円ショップを代表に、こんな値段で売って売り上げ出るんですか?的な会社こそ

売り上げというより株を上げて儲ける手法です。それゆえ順当に会社が成長する見込みもあるなら

確実に株も上がります。はっきりいって株で儲けるなら安い値段で売ってる会社かもしれませんね。

まぁ例外もありますが。。。

 

2018.4.5

先行して付けてますが、以前旧仕様のdiaryで書きましたが

今から20年くらい前まだ私が19の時に私一時、声優の事務所に所属していて

順当にいけば風のうわさでは広島ローカルのラジオの仕事もらえるはずだったそうです。

そのままがんばってれば今頃ベテランDJですが、あの頃ギター弾いて歌いたかったのでやめましたが

すっかりギター弾いて歌って絵なんかも描いてます。

あの頃一応業界登録みたいなのしてると思うので、一応業界人の端くれ的扱いでもあるのかなぁって感じ。

 

2018.4.6

先日ちょっと母校の高校を訪ねたんですが、ここで私のことを書いておけば

母校ではサッカー部と陸上部に在籍していたんですが、サッカー部時代は一応母校のエースやってました。

陸上部では短距離の代表やってましたが、サッカー部では結局全国大会出れてないし

陸上部でも高2の春の大会とはいえ100メートル12.0じゃ通用しなかったとはいえ結構な武闘派でした。

結局アーティストやってますが、進路はスポーツ方面でもよかったかなぁって感じです。

 

2018.4.7

先日減量宣言して減量しだして1週間くらい経ちますが

軽いトレーニングに加えて食事制限をして落としていますが

1週間経って気持ち落ちて170センチ110キロってとこですが

これから順当にいけば結構落ちていくと思います。

夏頃には減量を完成させておきたいところではありますが。。。

 

2018.4.8

私、1977年12月3日に誕生した時、グラム数ではあまり大きくありませんでしたが

内臓、特に心臓が大きく生まれたんじゃないかということがあります。

結局内臓がそうだから、中身がそうだからそういう人なんだということが定説で

内臓が成長の過程で突然変異的に強く大きくでもならないかぎり、小学生の頃がそうなら

大人になったって死ぬまで何も変わりません。やっぱり心臓こそが人間の核ですね、残念ながら。。。

 

2018.4.9

ここで三国志好きに送るとってもありがたい話。

三国志といえば武力の高い豪傑達が花ですが、そもそも三国志の武力パラメータなんてはっきりいや

体重のことです。武力100の呂布なんて体重が100キロだし、武力98なら体重98キロです。

はやい話がでかい奴には勝てんって話ですが、そこで私の話ですが、身長170センチ体重110キロなんて

通説のやや低身長でありながら武力の裁定が98くらいの趙雲かなぁってとこですが

武力60、70程度の人で戦ってみたい人がいればどうぞ。1000パーセント私が勝ちますよw

といってみたところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.4.10

以前の旧仕様の手記でもちょっと書きましたが、実は私勉強してた頃、大学教授とか学者になりたかったんですが

その学者的血で唐突ですが先の大戦を解説すると、そもそも我が国こそ昭和、唱和をかかげる国です。

それで想像ですが、国際連盟なんかに参加した時、米帝や大英帝国こそなんか神を軽んじた感じだと思います。

しまいには神を馬鹿にしてんのかと決闘する為我が国も帝国化を計りますが

はっきりいって神の為の仁徳のある戦いでも、朝鮮あたりなど犠牲の怨念で自滅しました。

まさに因果応報です。当時の閣僚連中からするとおそらくしっかり分かってる上でのプラスマイナス的な

考えだったとおもわれますが、馬鹿でも何でもの理論でもそんなことしてはダメというのが教訓です。

もちろん天才なんかにそんなことできるわけないというのが当たり前です。以上。

 

2018.4.11

昨日の記述の追記ですが、先の大戦で朝鮮あたり犠牲をはらってプラスマイナスで勝とうとしたのは

昨日の話ですが、そもそもプラスの徳の歩幅よりマイナスの怨念の歩幅の方が超過するのが教訓ですが

そもそも犠牲をはらおうとした命の価値みたいなものでも、馬鹿こそ命の価値が小さいというが

現代のお勉強が多少できないというのも別にそこまで馬鹿じゃないし、結局人を不幸にし続ける人こそ馬鹿です。

人を不幸にした分自分も不幸になるし、その流れで地獄に落ちます。はっきりいって馬鹿です。

それでしっかり指導してもどうしても人を不幸にし続ける人をしまいには地獄の炎そのものにたとえた

地獄の業火で処刑していたのもそもそもヤクザ、極道です。馬鹿とはやっぱり人を不幸にする人だと思います。

今日の手記はこのへんで。

 

2018.4.12

以前の旧サイトの手記でもちょっと記しましたが

私結構ヤクザなもんで、地元を中心としたチームの総長の兄、もしくは総長そのものだったりします。

今現在も続くチームなので、総勢1000人を束ねる長でもありますが、実権みたいなもんは別にないんですが

実際地元なんかの組に入った本物のヤクザも多数なはずですが、こういうこというのはイメージ悪い?w

まぁ総長の弟も私もそんなに悪くないですが、あんまりナメてると怒ります。

まぁタイマンこそ私に勝てる奴はまずいないですが。。。

 

2018.4.13

最近以前書いたことを巻き戻してる感じがありますが、もう一つちょっと昔に書いたこと。

みなさん世界最古(?)の文学、西遊記は知ってると思いますが

さしずめ私は師匠の釈迦のいわれることを忠実に守り、神が馬鹿じゃなくてお前が馬鹿に決まってんだろ

的に命をかけて戦う孫悟空一派の一人といったところですが、それでも神のいうことを信じてないのか

なんなのか的に横暴をふるう鬼爆コンビの金閣銀閣、番長の牛魔王と仇も多数登場しますが

私は最強の戦闘力を持つ孫悟空の代表的に何かあれば金閣銀閣、牛魔王とも戦闘するつもりです。

一応いっとくと神が馬鹿なはずがない。以上。

 

2018.3.14

さっき外に出て星空を眺めたら、北極星がまたたいてました。

そりゃ北極星は夜空でひときわ輝く星ですが、またたくって何なんでしょう。

チカチカ光が文字通りまたたいてんですが、北極星で何かおこってんですか?

やっぱり現代では分からないことも多いですが、昔の人からすると分かってることもあるんでしょうね。

何回も繰り返しいいますが、神のいわれることは本当です。

困難に気をつけてよい旅を。。。

 

2018.4.15

昔ちょっと読んでたコミックに萩原氏のBASTARDがあるんですが

久しぶりに一番最後の巻買って読んでみたんですが、相変わらずエロ表現も多いですが

漫画の見せ方がなんかすごいですね。大きなカット割を映画的に使ってみせて

漫画の限界に挑んでるなぁって感じです。はっきりいって漫画の表現がよく分からないこともありますが

一応まだ続くんですか?あれで終わりだったらそっけないなぁ。。。

 

2018.4.16

ついさっきも走らせてきたんですが、最近車の後ろにこのサイトのアドレス貼り付けて

街宣車よく走らせてます。広島市内中心部から郊外あたりを気の向くまま走らせて街宣してます。

とくに用のない時は暇つぶし的に走らせたりしてんですが、これが実は意外と効果あります。

アクセス解析してみると、意外と街宣車を見て来たであろう人も多くちょっとした集客になってます。

メニューページに広告募集を出して久しいですが、おそらく宣伝効果も多少あるので希望者は是非。

 

 

 

 

4月下巻

2018.4.17

ここでいわゆる才能の話。

才能とはやっぱり才能であり、才能があるんならなんでも出来るのは当たり前ですが

天才ともなればまさしく天の才能を持ってるので、なんでも結局は天才なはずです。

そこで特技的に一つの技能が特化してるタイプは職人芸の可能性があります。

職人芸ってのは結構誰でも身につけれるので結局天才とは万能が基本です。

まさしくドラえもんでいうところの出来杉ですね。私も天才一派の一人のはずですが。。。

 

2018.4.18

昨日の話の続きですが、天才とは結局神に愛されてるところがあります。

昔のたとえなら天才を天の使い、天使に例えることも多いです。

天才とはやっぱりこの世にある種の使命を持って生まれてきます。

天才すぎる人ほどものすごい使命を持って生まれてきているものです。

自分のことを保護するわけではないですが、天才は大切にした方がいいですよ。

 

2018.4.19

ここで私のいわゆる性の目覚め、女の子に興味を持ち出した時の話。

実は私、名門校に中学受験して進学してんですが、その時有名どこ3校受験したんですが

受験始めのそもそもの私の母校を受験し合格発表あったあと当時週間少年ジャンプにBASTARDの

エロ表現が掲載され、それではっきりいって目覚めた記憶ありますw

その後の2校の受験ははっきりいって体の力が入らなくなるようにやる気も出ず大惨敗だった記憶あります。

はっきりいって結局母校に通うことになったのも萩原氏の影響もかなりあるというアホみたいな話ですw

これから受験しようと思う子はエロなんてかなり気をつけた方がいいと思いますよ。

 

2018.4.20

私高校時代、私は喧嘩してたといいたいんですがクラスメイトに仇がいて

かなりデカイやつだったので、ひよってたりしてたこともありますが

結局私が体を鍛えようと思ったいきさつでも、軽く私の特性からタイガーマスクなんかモデルにしましたが

高校の時のあいつと再び会うことがあったときでも喧嘩で負けないくらいにしようということを指針に

しました。結局どうかとも思いますが、私からいわせれば私は更に指針を上げて、世界最強のモデルとして

ブロックレスナーなんかにも勝てるくらい鍛えようとやってましたが、ちょっと行き過ぎたかなぁって感じなので

ちょっと減量して締め上げる意向です。まぁ高校の時のあいつも何らしかおかげでもあんのかなぁって感じです。

私はポジティブに考えることを信条にしてるのであの時のこともそんなものです。

 

2018.4.21

三つ子の魂百までとはよくいったものです。

そもそも幼稚園の時ぐらいから暴れん坊のわんぱくな子なら、小学校、中学、高校、大人になるまで

わんぱくで暴れん坊です。逆におとなしい子は死ぬまでそんなもんです。

大人になるからといって別に何の変化もありません。多少世の中のことがわかるくらいです。

私の場合、幼稚園の頃から結構暴れん坊で小学校入学時の幼稚園側の大将でしたが、大人になっても

そんなに変わってません。今現在でもどっか集団に加われば大将的なものです。

結局3才までの育て方が肝心かもしれませんね。。。

 

2018.4.22

今回は神のいわれる死後の天国と地獄の考察ですが

そもそも皆さん寒い日なんかに息を吐くと白い蒸気があがるのをご存知だと思いますが

そもそもそれ、その人の魂みたいなものであって、死後すぐにも寒いところに遺体を置いておけば

白い蒸気が上にあがったり下に落ちたりすることがあるとどこかで聞いたことあるんですが

おそらくそれが天国、地獄の正体であり、上の方に登っていきゃ気持ちよく、下に落ちると

もがき苦しむんだということなのも、その頃の特殊な事例から導き出したんだと思います。

死後すぐに寒いとこだと蒸気があがるかどうかはすぐ確認できると思うので確認してみたらいいかもしれません。

以上。

 

2018.4.23

皆さん男なら誰かと喧嘩をすることもあるとは思いますが

そもそも喧嘩のタンカで迫真にせまって殺すぞなんて脅したら

本当に殺されると思ってびびって逃げ出すなんていいお客さんですw

はっきりいってあまりに馬鹿なことしてたら殺されることはあれど、そう簡単に人なんて殺さないです。

ささいなことで殺すぞと脅して実際人を殺す人なんて当然地獄に落ちますしどっかおかしいんだと思います。

まぁそこまで馬鹿なことしてなければ世の中そんなものです。

 

2018.4.24

世の中オスメスの2種族にわかれるのは当然ですが、そのオスメスに分かれるのは

結局世の中一つになろうとするため2種族に分かれるんだと思います。

いわゆる阿吽の呼吸ですが、その阿吽の呼吸も阿の方がオスともメスとも

吽の方がオスともメスともいえますが、要は呼吸があってお互い仲良くするための呼吸です。

世の中のいたるところでこの阿吽の呼吸が成り立てば世の中一つだという呼吸だと思います。

下手にどっちがオスともメスともで喧嘩するのは得策じゃないと進言します。以上。

 

2018.4.25

昨日の阿吽の呼吸の話からここで一つ面白い話。

皆さんサッカー好きな人は多いと思いますが、サッカーでポジション決める際

阿でよく走る人こそフォワードに置き、吽でどっしり守る人こそディフェンダーに置きます。

それで阿になったり吽になったりしてチームを指揮するのが中盤で、総じてチームとやや別のとこに

立ってる感じで鍵を握るのがキーパーです。強いチームこそ各々しっかり役割を果たしチーム全体が

まとまってるチームの方が強いですが、サッカー部でストライカーやってた時のチームも結構いい

チームだったんだけどなぁってとこで今日の手記はこのへんで。

 

2018.4.26

皆さん釈迦の説法でこういうのを知ってるでしょうか?

この世を6つの世界に例えた六道ですが、要は自分の言動が全てだということを教えています。

例えば軽くこの世の地にあたる修羅界なんて、自分が人に喧嘩ふっかけていくから自分もなにかと

ふっかけられ、絶え間なく戦闘の世界ですが、そんなもんがいいとしたいつぞやのヤンキー漫画なんかも

どうかと思いますが、一応の最上層の天界の人間こそ常に人の幸せを考えるゆえ自分にも幸せがやってきて

ほがらかに暮らしています。私も一度修羅界に落ちてたような感じが17年前バイブルを手に入れて悟り

天界にでも登ってればお手の物。絶対天界の暮らしの方がいいですよ。

 

2018.4.27

唐突ですが、今だに世界が滅びるなんていう人がいる。

私からいわせれば1000パーセント滅びないし、神の登場の間違いじゃないですか?

そもそも滅びるとかいうんなら、予言の大御所ファティマの予言を知ってますか?

ファティマ第三の予言で世は地獄に変わるともいいますが、そもそもそれがまだだいぶ先だと思います。

そんなファティマの予言も実現しない中、世は絶対滅びないですよ。

私たちの世代は余裕を持って楽しんで生きればいいと思います。以上。

 

2018.4.28

食というのはそもそも哲学を含んで食らうのは皆さんも分かると思いますが

特に肉というのは食らっていただくとこはいただいて糞尿にして地獄に落としていいというのを食らいます。

代表的に豚なんて食らっていいし、暴れ牛的なのから、鳥は食らっていい鳥を食らいます。

そうすることによって、人の世の統制を目に見えないとこでとってるという哲学で食らうものを決めます。

しかしながら各々百花繚乱して誰も何の肉も喰らわないことこそ真の善徳でもあるとするのが仏門の食事です。

人の世を形成するためにもライオンや猫の肉なんて絶対食ってはいけないですよ。まぁまずそうですしw

 

2018.4.29

ここで有用な美容のお話。

昔そういうタイプも多く軽く私もそういうタイプだった、最近でも時々見かける

なんか薄汚れた感じの人。かたや時々透き通るような肌で綺麗な人もいますが

その要因はおそらく風呂です。綺麗な人は1日に何遍でも風呂に入ってることがあります。

逆に薄汚れてる人は風呂を入り忘れたりしてんじゃないかなぁといったとこあるので

風呂は少なくとも1日一回絶対入った方がいいですよ。昔の私も人のこといえませんが。。。

 

2018.4.30

今まで再三にわたって神の天国と地獄について考察してきましたが

大方善徳こそ天国で罪を犯せば地獄ですが、いわゆるカルマというのをご存知でしょうか?

カルマとは端的にいえばいきすぎた正義で、そこまでのことをしてないのにいきすぎた懲罰を与えたりする

ことをカルマといいます。このカルマも罪という読解で地獄に落ちるというのが定説ですが

あと嫉妬なんかの感情で攻撃したりするのも嫉妬に焼かれるというし大方地獄落ちの要因です。

犯罪だけでなくカルマや嫉妬にも気をつけてよい旅を。

 

 

 

5月上巻

2018.5.1

ここでいわゆる金についての話。

釈迦やイエスも金についても言及してますが、私からいわせても金のためだけだと身を滅ぼします。

なぜかというと金儲けというのは収益のあがって調子のいい時はいいですが、それがいつまでも続かないのが

世の常です。損害が出始めるといままでの収益を確保するためなにかと非道な手にも染めてしまうものです。

それがますます損害を出ししまいには身を滅ぼし地獄に落ちるものです。

間違いなくこの世は金のためじゃないですよ。よい旅を。

 

2018.5.2

手記が先行してますが、私、約20年ぶりくらいに髪を長くしてみようかとも思います。

目指すとことして、アメプロのレインズといったところですが

なんか失敗してやばくなっても困るなぁってとこですが、それならそれでまたすぐバリカンでカットすりゃいいし

一度20年ぶりに長髪に試してみようと思います。

しっかりロックアーティスト的に見えれば大成功ってとこで。

 

2018.5.3

ここで私にピアノのが弾けたならばりに私が大富豪ならの話w

私が大富豪ならアメリカの富豪ばりに財団を設立して神の研究をします。

神が1000パーセント嘘をいわれてるはずがないし、私自身で理論を構築しても

神のコーナーを見ても分かるとおり、おそらく本当です。

有能な研究生雇っていろいろ検証してみたいところですが

そのためにはとりあえず私の作品買ってくださいねw

 

2018.5.4

この前長髪宣言したばっかですが、やっぱやめました。

長髪に久しぶりに試してもいいとこもあったんですが

長髪にしたらしたで何かと手入れも面倒ですし、あまつさえハゲても困るので

何かと坊主がやっぱ一番楽だなぁということで、ばっさりカットしました。

まぁ坊主も格闘家的に似合うと思うのでやっぱ私は坊主でいいですw

 

2018.5.5

今日から一泊二日で奈良・大阪へと行ってきました。

今日は奈良についた足でそのまま大仏みてきましたが、やけに人が多いのがかなり疲れました。

大仏は一度小学校の修学旅行で見てますが、久しぶりの大仏は正直そこまで大きくないなぁといった印象。

まぁ当時めいっぱいのでかさにしたんだとは思いますが、もっと迫力あってもいいかなぁって感じ。

それにしても中国人やら外人やらが多いとこだなぁって感じでした。

 

2018.5.6

今日は朝早く奈良のホテルを後にして大阪入って大阪城見てきました。

大阪城も以前きたことがあるようなないような記憶ですが、今日はしっかり見ました。

大阪の街も広島と比べりゃそりゃ大きいわなぁって感じですが、やけに有料道路あたり複雑で

初心者にはまずわからないなぁってとこでしたが、なんか大阪は楽しかったです。

道も広いし大阪結構いいとこだなぁって見てきました。

久しぶりの旅行で全体的に楽しかったなぁって感じです。

 

2018.5.7

GW旅行の追記として、大阪城あたりで私も結構な体格ですが

私より輪をかけてでかい体格の人もちらほら目立ちましたが

私が110キロ級なら120キロ130キロ級といったところですが

そういったところと戦うなら、足使ってスピードで撹乱しないと勝てないだろうなぁといったところ。

私110キロでも結構動けますが、120キロ130キロ級が俊敏に動かれたら勝てないw

最強への道はまだまだこれからですw

 

2018.5.8

ここで国家を揺るがす衝撃の証言。

まぁこの国、平成時代を掲げてみんないっしょなんてといてますが

はっきりいって三国志になぞらえりゃ張角の太平道に決まってるような気もしますが

案の定、黄巾党らしき賊党なんてのも多いですが、その後のシナリオは国家倒壊のあと群雄割拠です。

誰がこんな時代を掲げたのか知りませんが、手遅れならおそらく私はアメリカに渡りますw

まぁ冗談じゃないですよ、おそらく。。。

 

2018.5.9

先日国家のことについてちょっと言及したので、もう一筆。

そもそも平成に入ってみんな一緒といって序列をなくし、元気もないように見えますが

はっきりいってそんなことすれば昭和の頃の序列をただしみんなが快活で強かった時代の逆で

がんがん弱くなってしまいには滅びます。あと神のことについても昭和の頃はしっかりしてましたが

平成になってなんか悪魔教でも崇拝してんのか的なとこもあります。

はっきりいって手遅れになれば滅びます。私はやっぱり自分が天国にいけることを考えて生きます。

 

2018.5.10

ここで私には子供なんていませんが私の思う教育論を一つ。

私はこの40年間結構私の思うように、のびのびやってきましたが

のびのびやりたいことばっかり大抵やってきた結果、結構今強いはずです。

逆に押さえつけられて何かとやりたいことやってないと非常に弱いです。

常識は必要ですが、やりたいことやって自由にのびのび生きるのがいいと思うんですがどうでしょう。

さらに10年後20年後を楽しみにしてますw

 

2018.5.11

この世界はいわゆる神の統治する世界です。

要するに神に愛された才能ある戦士が世で力を握ることによって統治されています。

しかしながら昨今の私も愛する音楽や漫画などを中心に才能あるはずの人の作品が面白くないです。

なんか本気で作りゃ作れるのが、誰かにあえて面白くないものでも作らされてるようにも思えます。

要するに神の統治する世界にアンチかかげてんじゃないかと思いますが、誰なんだその魔帝w

いいかげん世界で才能ある人が面白いことやってくれ。

 

2018.5.12

ここで唐突ですが、柔道家の三四郎の話。

三四郎って小柄ながら巨人を次々投げたって記述があるらしいですが

考察するとあの当時、体重計ってあまり一般的には広く出回ってないと思います。

それゆえ、小柄なようで、私のように身長はやや低身長でも体重が重かったんじゃないかと思います。

私も一見するとやや小柄なようで170センチ112キロとかなりでかい部類でもあります。

私みたいなのが現代の三四郎かなぁ。。。w

 

2018.5.13

ここで久々に神のいわれることの特に愛についての話。

以前も少し書きましたが、いわゆる自然の農作物なんかをみても分かるとおり

同じ条件で同じように育てても、出来のいいのやら出来の悪いのやらいろいろ育つのは事実です。

その条件として私に思うに、大気の中にまだ未発見のいわゆる愛の成分なんてのもあるかもしれません。

特に自然の風なんて愛の成分も含まれてんじゃないかなんておそらく事実のような気もします。

人体なんかにしても、まだまだ未発見だった物質が現代でも発見されてるそうなんで

そのうち愛の視覚化によって全てがとかれていくと思います。お楽しみに。

 

2018.5.14

昨日の話の続きで愛についての話。

おそらく愛の要素が人を育て、愛が起因して天国に登ったりすると思うんですが

要するに天の雲なんかが意識の集合体、天国そのもので、愛で出来てんじゃないかという思想になりますが

地上から見ても雲なんか色がありますし、なんかありますが、おそらくまだその成分は未発見です。

その愛の成分の発見こそ全てがとかれると思います。

愛は白いですよw

 

2018.5.15

ここ4、5年くらい絵と音と世界的アーティストを目指して

駆け抜けてきましたが、最近もうバテ気味です。

レベルも多少上がりましたが、上には上がいますし、なんか疲れてきました。

ちょっとここらで一息いれて、旅行にでも行きたいところですが

まぁ徐々に人生つむいでいければと思います。

あんまり高望みはしてないですが。。。

 

 

5月下巻

2018.5.16

以前三国志に例えると私は趙雲かなぁなんて書いたことありますが

私の一家の将も出てくると、私の弟や近親の親しい弟が武力70くらいで

なかなか勇猛な馬岱、馬鉄で、私が武力100を上回る馬超かなぁなんて。

あと当主の馬騰あたりが私の父親くらいかなぁなんて私の一家、馬一族みたいなとこあります。

馬一族もなかなか有能なのでいいですが、曹家や劉家なんてどこかなぁなんて近隣で探すのも楽しいですが

今度、馬一族で三国志のゲームプレイするのもいいなぁといったところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.5.17

昨日、私の一家を馬一族に例えましたが

ここでバカな例えでもすれば、私現在、馬一族で鹿みたいな暮らしをしているアーティストです。

そうすると、私やっぱり馬一族の鹿、馬鹿かなぁなんてw

馬鹿ってうけるので別に馬鹿でもいいですが、とはいいませんが

やっぱ馬鹿最高ですねw

 

2018.5.18

昨日の馬鹿の話をうけて、野球でもしまっていこうぜともいいますが

開けてると結構馬鹿ですwその例えでいくと、土地なんかでも開けてるとこの方が馬鹿ですw

逆に閉じてる過疎地こそしまっているものですが、私の住んでるとこは広島のやや郊外とはいえ

結構開けてるとこなので、結構馬鹿な性質してますが、かなりの馬鹿ならやっぱ更に開けてるとこの方

がいいこともあります。まぁあんまり閉めてる人って田舎にいった方がいいこともあるかもしれませんね。。。

 

2018.5.19

先行してつけていますが、唐突ですが、勉強できる人って頭いいと思います。

勉強ができてもという人がいますが、そもそも軍の関係者にしたって勉強が抜群にできる人が

軍を動かしていますし、いわゆるインテリなんちゃらだって勉強が抜群にできるところです。

勉強ってやらなきゃできないところありますが、頭が良けりゃやればできます。

やりもしないでどうこういうのも考えものですが、一応やってみてからいう方がいいと思いますよ。

 

2018.5.20

ここで通説のいわゆる才能の話。

漫画なんかのジョジョのスタンドやペルソナなんか、ようは才能で力を貸してる天の神でもあります。

昔から才能とは神が与えるものが通説なんですが、才能が抜群なら神に愛されすぎてる証拠でもあります。

はっきりいやよく調べりゃどういう人かという人が、神に愛されず才能がないのが定説です。

それゆえ神に愛されてる才能のある人が世界を動かすのが当たり前ですが

神に愛されたけりゃ心を入れ替えて行動を正すのがいいと思いますよ。

 

2018.5.21

先日の話から、ジョジョのスタンドにかけての話。

スタンドとは力を借りてる神、つまり才能とときましたが

このサイトで表現しきれてないこともありますが、さしずめ私はスタンドが10体くらいついてんじゃないか

という帝王的なようで、世の中には強力なスタンド使いもいますが

はて最強のスタンド使いは誰でしょう?

私も自信があるのでそのうち機会があれば名乗りでようかと思いますw

 

2018.5.22

ここで人間を形成する上で重要な教育の話。

戦後日本はアメリカのGHQのもと教育をしてきましたが、要は現在の義務教育の教育なんて

文明の発展のための教育で、人間としての教育なら日本の戦前教育の方がいいような気がします。

一応触れておくと亡くなったおばあちゃんなんかの話を聞いてると、神童教育、神に愛されてなんぼ

みたいなとこがありますが、大方神に愛されて才能を与えられて活躍しようといったところだったと思います。

間違えてるとこあるかもしれませんが、たぶんそんな感じです。

その方が人間としてもいいし、世もよくなりそうですが、アメリカの教育なんとかならないですかね。

まぁ文明の発展も欠かせませんが。。。

 

2018.5.23

私常々書いてますが、結構戦闘力、最強ランクと自負しておりますが

日々のトレーニングとしては余裕を持った重さで70キロをペンチプレスしてます。

やや無理すれば80キロでのトレーニングでも可能ですが、それを言い換えれば

70キロくらいのミドル級の相手なら軽々持ち上げてバックドロップとかかけれますw

逆に私の110キロくらいってまず持ち上げれないと思うので

試しにトレーニングジムとかで試してみるといいと思いますよw

 

2018.5.24

ここで以前も記したことがあるんですが、宇宙の真理についてひとつ。

そもそもこの地球、宇宙の星ですが、その中心部こそ誰が名付けたか知らないですが

理念をといても核といいます。その核に地上から近づくように落ちるのが地獄です。

逆に核に地上から反発するのが天国です。それこそ宇宙の法則ですが、それゆえ

いくら自分のこととはいえ自分のことばかりを優先するのは核、つまり地獄の理念になることを

覚えていた方がいいいと思います。なにかとよくいわれる道徳なんて、なにかとそういう理念です。

困難に気をつけてよい旅を。

 

2018.5.25

ここで現代のあまりにも忙しすぎる世界についてひとつ。

そもそもこんなに働いてがんがんがんばらなきゃいけないのも、戦争の歴史ゆえです。

敵国より我先に進まないとやられるという理念が、世界全体を忙しすぎるものにしています。

世界全体でもう金輪際戦争はしないと協定を結んで、もうちょっとみんなでのんびり生きれないか

なんて思います。誰も奴隷みたいに働きたくないし、なんでこんなに働かなきゃいけないのかと思います。

アメリカのトランプあたりなんとかしてくれw

 

2018.5.26

ここ最近のことを思うと90年代後半ごろから、いわゆるCOOLなのが増えてますが

いわゆるCOOLって閉じてるってことで開いてるよりは暗く頭も良ろしくない傾向にあります。

しかしながら現代でもクールなのってまだ根強いですが、私個人のことをいえば開いてる

明るく元気なことを好むようで、夜くらいクールでもいいなぁって感じでもあります。

あとクールな人は嫌がると思いますが、クールもクールすぎればロボットで、逆に喜怒哀楽の激しい

熱すぎる人の方が人間です。なにかと私は元気な方を好みますが。。。

 

2018.5.27

ここで先行して最近よく話題に出している世界最古の文学、西遊記の解説をひとつ。

そもそも悪童でもあった孫悟空を腕力に長けるとこに目をつけて

釈迦そのものの象徴でもある三蔵法師が牢獄から解放し、一応頭に輪っかを付けてお供にします。

その後現代でいえば技術者的な八戒もお供に地獄行きの悪魔を成敗することによって善徳を積み上げます。

その結果孫悟空一行は天竺、要するに天国にいかれたといういろいろな人を哲学して盛り込んだ

文学の金字塔です。まぁ神のとかれた真の世界の姿を写し出した最高栄誉賞ものの文学ですが

さしずめ私もいつぞや犯罪者的だった人間が神に触れて天竺のために戦う孫悟空といったところですが

神は嘘をとかれない。神が馬鹿じゃなくてあなたが馬鹿だと思います。以上。

 

2018.5.28

昨日の釈迦にまつわる話をうけてもう一つ。

先日、奈良に行って大仏を見てきましたが、釈迦なんて世界の真相をといた結果

今まで悪童でも天国のため善徳をつんで戦う姿を受け入れる姿としては

世界の重役を担いつつもそれこそ無我の境地、そういう顔をしてられました。

そういう本気の最高権威の立場なら自分のことは無みたいなものです。

責任を負う最高権威の人は我なんてだせないものでもあるそういう顔の大仏でした。

体躯もでかかったですが、精神性もでかいツラ、まさに神でしたよ。

みなさんも一度行って見ることをおすすめします。

 

2018.5.29

ここで先行して、たいした話じゃないですが

私常々、自分の体型を170センチ112キロと公言してますが、実は身長が正確に測ると

170よりやや足りない168でもあるんですが、170といった方がかっこいいかなぁなんてw

外出する時もサンダルのこともありますが、大抵厚底のブーツ履いて誤魔化してますw

重さは間違いなく今現在110くらいですが、体型としてはできる限り引き締めてます。

まぁやっぱりタイガーマスクや三四郎といったところかなぁといった感じです。

 

2018.5.30

ここでまだ言ってなかった秘密の話。

自慢話のようですが、私の母校の高校、広島でもかなりエリート高校なんですが

そこで測定したIQ、つまり知能指数ですが、理系の測定がたぶん学年でトップだったと思います。

そんなもんだから入学時は多分中学入試時の算数、満点とってんじゃないかと思います。

入試の時は調子も良く全体的に良く出来た記憶あるので、もしかしたら首席だったかもしれませんねw

大学行ってれば東大ってとこですが、私はアーティスト志望してたので悔いはありません。

まぁそのうちなんとかならないかなぁなんて思ってます。

 

2018.5.31

最近のいわゆるフィギュアは安いのか知りませんが

キン肉マンの30センチくらいの結構なフィギュアが2000円くらいであったので

購入して釈迦観音像ばりに飾って拝んでいますw

まぁ私にとってはキン肉マン像こそ釈迦像にあたるくらいの威力ですが

私にとってはキン肉マンはおそらく死ぬまでもう一つのバイブルです。

 

 

 

6月上巻

2018.6.1

ここで禁断のいわゆる性交渉についての神のいわれること。

いわゆる性交渉はいけないことというのが通説で、文字通りいけません。

しかしながら現代で性交渉をやってはいけないなんて難儀なようで

私自身は若い時にどんなものかは試していますが、まずやることはないようで

こんなこといいたくないことですが、一番避けては通れないところかなぁなんて。

はっきりいって私も間違いない確証が欲しいですw

 

2018.6.2

以前も記したことですが、国民的ゲーム、ドラクエくらい誰でも知ってるゲームですが

ああいう勇者が魔王を討伐する手としては、そもそも人なら同じ人の幸せを願うのが当たり前という

理念をもとに作られています。要するに人を不幸にしようと思うのは同じ人ではなくモンスターという

読解で、モンスターなんかが立ちはだかった時、魔、つまり天国いきの要素、要するにMPとかですが

それを使って撃退しますが、あまりに使いすぎると地獄落ちます。はっきりいってモンスターなんて

出くわしたくないこともありますが、どうしてもせっかく神がといた世を分かっていないモンスターがいます。

その結果代表者の勇者が旅をして諸悪の根源、魔王を討伐する話のゲームですがもうドラクエも30年です。

いいかげん世に気づかれた方がいいと思います。以上。

 

2018.6.3

ここでかなり重要なことの記述。

そもそもひらめきとは人を幸せにする理念の言動でなければひらめきといいません。

むしろ不幸にする理念の言動を思いつくことを魔がさすといいます。

それで魔がさしたことにしっかり言動なりで表に出すことを、悪魔に従うともいいます。

悪魔に従い続けると悪魔に魅入られ魔ばっかさして、しまいには地獄に落ちるというのが定説です。

魔がさした時は表に表さないのが対処法だったと思うんですが、そうしてるうちに悪魔も退散するという

とこですが、ひらめいてるのと魔がさしてるとの違いははっきり把握しておいた方がいいと思いますよ。

 

2018.6.4

手記も新展開させて、神にかかわる記述なんかもいろいろ書いてきましたが

要は人として大事なのは、それこそのび太じゃないですが、人の幸せを喜ぶことができ

人の不幸を憎めるところこそが全ての根源です。

まぁ私なんかも私はまず嫉妬の理念で魔がささないですが、幸せな人がいればますます幸せになってくれたまえ

くらいなもので、結果みんなが幸せになることによって自分も幸せになるという考えなので

まぁ幸せな人はますます幸せになってくれたまえw不幸な人は幸せになれるといいですねってとこで。

 

2018.6.5

命あるものはいずれ滅びる。誰しもいつかは死にます。

これまで神の記述もいろいろつけてきましたが、私が死ぬ時のイメージはもう出来ています。

間違いなく善徳をつむように生きているはずなので、死ぬ時は天国にいけると確信して

死を恐れることなく満面の笑みでちょっと遊びにいってきます、そういうイメージです。

その時こそ人生のクライマックスで、その瞬間のために生きているといっても過言ではありません。

それでしっかり天国いって楽しめれば本望ですし、それまでの人生の過程でも天国にいきたいものでは

ありますが、結局は人生総じて坂の上の雲、そういうイメージで皆さんも生きていかれるのが

いいと思います。困難に気をつけてよい旅を。

 

2018.6.6

神に関する記述を続けた次で何ですが、愛好するレスラーについての話。

そもそも我々人間だって所詮アニマルなのは誰しも分かってるとは思いますが

アニマルの世界で才能といえば1000パーセント腕力です。

あんなゴツい体して才能がないわけがないですが、アメリカではレスラーって芸能の代表くらい

立ち位置が高いですが、我が国でのレスラーの境遇の悪さがどうなのかなぁと思います。

はっきりいって男なら才能たる才能は武力だと思います。以上。

 

2018.6.7

ここで以前も少し記しましたが、私の解析した宇宙の法則ですが

要はこの地上から核の理念に落ちるのが地獄で、核と反発するのが天国という自然現象的

宇宙の法則ですが、おそらくこの人類の叡智が仮に土星の魔王軍や火星のバケモノが

この地球に攻めて来てもこの人類の叡智の解説で引き上げることでしょう。

おそらくこの宇宙の法則の叡智、人類としてメモっといた方がいいですよw

 

2018.6.8

普段私はあんまりテレビのことは話しませんが、軽く提案すれば

フジのいつぞやのハンマープライスこそまさに錬金企画です。

それこそしょうもないものでもなく、大型の人気タレントの絵や愛車とか売ってみたりすれば

すぐ財源が確保できそうなものですが、それこそいつぞやのフジを狙ったホリエモンあたりも

この埋蔵金企画が狙いだったんじゃないでしょうか、というのはいいすぎですか?w

やはりそう考えるとテレビの力もまだまだ健在だなぁと思います。

 

2018.6.9

ここでいわゆるシモの話ですが、ちょっと面白い話。

そもそも男性の性器ってすぐみんな同じと思いがちですが、いろいろあったりします。

私の場合いわゆる勃起しても皮があまってたりする性器してます。

それゆえいわゆる一人遊びですが、はっきりいってビデオや漫画の表現で実際皮がそういう役割をはたし

プレイしてたりする以上の性器してたりすることもあります。

それゆえ私実際は多少経験してるだけですが、ものすごいヤリチンみたいな表現になるんじゃないかと

思いますwすいません馬鹿な話でした、以後気をつけますw

 

2018.6.10

唐突ですが人の考え方なんてメディアの作品から作られることも多いですが

そもそもこの世界、再三いっている東、西、同じことをいわれる神のといた理念を教える作品が主流です。

そんな中神のといたことに満たされない、いわゆるなぐさめ的な隙間作品を源流とする現代の作品なんかを

信奉しておそらく地獄に落ちるであろう間違っている人も多いです。

そもそもメディアの役割としても、神のといた理念を愚直に教えるのが役割で、隙間的作品が

現代でも地獄落ちの人間を作っているんじゃないかと思います。

そもそもそんな馬鹿作品、満たされない人の心を埋めるような隙間作品なだけで1000パーセント

神のいわれることが本当ですよ。困難に気をつけてよい旅を。

 

2018.6.11

先行して次々つけていますが、ここで自分のことでも振り返ってみれば

そもそも私、ちょっとした下級戦士みたいなとこで、小覇王的なとこあったんですが

ここんとこ戦闘力が増大して、今や最強ランクのむしろ最強じゃないかといったところが

覇王そのものもいけんじゃないかとか思ったりする風格が歳もとって出てきたんじゃと思いますが

なにかと今現在立ち位置がないので、そのうちと思ってたりするんですが

どうにかならないかなぁといったところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.6.12

ちょっと昔のことを思い出したので書いてみれば

私高校時代、陸上部に少しいたんですが、結構な走力自慢で校内最速ではありましたが

大会に出たら高二の時の大会とはいえ、タイムが100メートル12秒0でまったく歯がたたず

上には上がいることを思い知らされましたが、結局陸上部で最後までがんばってタイムを鍛えるのも

ありだったようで、オリンピックには出れなかっただろうなぁといったところです。

その後高校の後輩でオリンピックに出たのもいるようですが、私は結局戦闘力を鍛える方向にいったので

もうあの頃のようなスピードは出ないようで、意外とスピード出るかなぁといったところ。

懐かしい学生時代のクラブ活動の話でした。

 

2018.6.13

ここで今まで隠していた本当の話。

私今でも多少精神科で治療受けてるんですが、2001年の新世紀幕開け頃こそ病状も最悪で

それこそ体重も今の半分くらいの50キロ台まで落ちて死にかけていましたw

その後とにかく体を鍛え続けましたが、今や再三いっているように110キロを上回る体で

今現在はとにかく引き締め作業に入っています。

まぁ体重から換算すれば戦闘力も2倍くらい上がっていますが、やっぱ私サイヤ人ですか?w以上。

 

2018.6.14

ここで再び神の話に巻き戻れば、そもそも西遊記の孫悟空なんかをみても分かるとおり

地獄落ちの悪をこらしめるという理念は善徳にあたります。

例えるなら世界全体を人体にでも例えれば地獄落ちの悪をガン細胞にでもしましょう。

それでそのガン細胞を駆逐するというのは人体にとって善徳、ようするに善とでます。

地獄落ちそうな人もますます悪いことしてたら正しい人にいじめられますよ。以上。

 

2018.6.15

昨日に続いてもう一つ神にまつわる話の記述。

そもそも人を楽しませるという行為は善徳です。

いわゆる面白い人というのは文字通り白い、要するに善です。

当然人を楽しませた分因果応報で自分も楽しい思いしますし、何かと楽しい人ってのはいいです。

誰だって面白くないよりは面白い方がいいのも当然ですし、何か人を楽しませてみるのがいいかもしれませんね。

以上。

 

2018.6.16

ここでアホなようでおそらく本当の話。

男性にはいわゆる金玉が2つ付いてますが、要するに睾丸です。

その睾丸、抗ガンでもあり金玉が元気ないわゆる絶倫こそ抗ガンも強く

精力もあって元気で病気知らずです。何かと元気な方がいいこともありますが

あんまり竿が元気すぎて馬鹿なことでも考えないようにしたいものです。

まぁ私はいい歳なのであんまり元気はありませんが。。。w

 

2018.6.17

以前も少し記しましたが、神の話にまつわる記述でもありますが

昔の時代、地獄落ちの罪悪を犯した場合、もう立ち直れないという判断なら

地獄で焼かれる炎に例えた特別な火、業火で焼いて処刑してたりしてました。

当然そういうことを取り仕切るのがいわゆる極道でもありますが、現代のヤクザも何かと理念を

間違えられてても困りますが、そんなに地獄落ちても平気といわれるのなら

指をライターで燃やしてみるといいですよ。それが全身です。以上。

 

 

6月下巻

2018.6.18

ここで再び神のとかれた天国と地獄の理念ですが

要は地球のためにいいことをしてきたから天国で、地球のために悪いから地獄です。

我々人間を代表し犬や猫だって地球自身なのは先に解説しましたが

そのみんな、つまり地球のために貢献したから地球自身からご褒美でももらうのが天国かもしれません。

その逆も地球自身、みんなのために悪をつんできたから地球に地獄で焼かれるのかもしれませんね。

なにかと人間を代表しみんなの意見が地球の声かもしれません。以上。

 

2018.6.19

ここで再び私の一族の話。

私の名、田上ですが田上とは田神でもあり田の上でもありつまり太陽だときいたことあります。

つまるところ太陽の一族ですが、先人でそんな生命力もあり太陽的といえば

もしかしたらやっぱり秀吉の末裔なのかもしれませんねw

豊臣家って何になったのか知りませんがもし私のところならやっぱ世も世なら王族的だなぁw

まぁそんなこといってみて今日の手記はこのへんで。

 

2018.6.20

昨日の名前の話からもう一つ。

漫画なんかでしっかり描く前の原本みたいなのをネームというのをご存知でしょうか?

ネームがダメだとしっかり話にしてもダメなんですけど、やっぱり名前とかかりますか?

名は体を表すというし、名前が結局その人を物語ってるのかもしれません。

私、親から田上雄介と昨日の話からすれば太陽の雄みたいな名なのでいい人生なのかもしれません。

いい名をくれた親に感謝ですねw

 

2018.6.21

先行してますが、最近よくユーチューブ用の動画を作っています。

ユーチューブでYUSUKE TAGAMI で検索すればいろいろ出てくると思います。

何かと面白い動画を作るのを目指していますが

暇だったら覗いて楽しんでいってください。

また知らない間に新しい動画上げてることもあるとは思いますが。。。

 

2018.6.22

ここでまた禁断の私の性体験の話。

はっきりいって私もやってない時はそんなにいいもんかなぁと悶々してたりしましたが

やってみれば何もない、ブタと知った時から私の生きる喜びは馬鹿なことやって笑うことや

音や絵の芸術を楽しむことに変わってはや数十年経ちました。

すっかり私も馬鹿なことの方が好きだったりするいわゆる童貞なようで、はっきりいってやってるからこそ

馬鹿なことの方が好きなんであって、まぁ悶々してる方が童貞ですよ。

やってりゃ知ってます。みんな同じようなもんと思うがいいものしてる人もいますか?w

 

2018.6.23

ここで20年前のことを振り返ってひとつ。

90年代の中頃から何かとロックを中心に毒された歌、要するに地獄落ちの理念の歌が流行っていましたが

はっきりいってそんな歌信奉してれば地獄落ちるんですが、そんな中やっぱりビートルズがやってくれました。

96年あたりのビートルズアンソロジーでリバイバルしてる頃、新曲の一つで「REAL LOVE」というのを

制作してますが、はっきりいってそっちの方が愛で、天国行きの理念です。

私は何かとその後ビートルズ寄りのU.K.ROCKを信奉したので、おそらく助かっていますw

もう日本のロックもやり直すしかないでしょうね。以上。

 

2018.6.24

ここでもう一つ禁断の性交渉についての話。

そもそも男と女は違います。性交渉の最中でも男ってなんかいわゆる呼吸って魔です。

女こそ蒸気もあがりますが、要するに女はやられると天国いけるんですが男ってやると地獄落ちます。

その理念が女が着飾って男を誘惑し、やられようとしますが男ははっきりいってやると地獄落ちます。

その男と女の天国地獄のバランスで世界がなりたってると思うんですがどうでしょう。

あと女ってやられると生気いただくともいうし、男ってやってると生気がなくなります。

まぁバランスが肝心なんでしょうねってことです。何かとよい旅を。

 

2018.6.25

ここで天国と地獄についてのことにもう一つ。

やっぱり生きるとは息と深くつながってきます。

どういう息してるかでイキもよく快活で元気で天国いけるかということになります。

それゆえ昨日の性交渉の話でも息がかかわってき、それゆえ天国地獄に分かれます。

結局息を魂ということもあるんじゃないかと思いますし、それが死後天にのぼれば天国

地に落ちれば地獄ですが、何かと声なんかも元気な声出した方がいいですよ。以上。

 

2018.6.26

神に関わる話もいろいろしてきましたが、もう集大成的話です。

世の真理として天と地、光と闇は均等です。どちらにも傾くことはありません。

それゆえ楽しいことが続きすぎたんならそのうち困難が待ってます。

苦労続きこそそのうち幸せになるものです。その理念が苦労した人生の方が天国にいけることもあると

思いますよ。世のバランスが崩れることは世が続くかぎりありません。よい旅を。

 

2018.6.27

ちょっとここで昨日記したことの補足。

やっぱり取り直すようですが、人を幸せにし続ければ幸せ続きでその勢いで天国に行く

という理念の方が正しいような気もします。要するにこの星の天にあたる存在で

人を幸せにし続けるからこそ因果応報の理念でも幸せ続きかもしれません。

やっぱり幸と不幸の均等はないかもしれないようで結局は自分の行動です。

要はこの星の何に当たるかかもしれません。詳しいことの解説そのうち誰かお願いしますw

 

2018.6.28

ここで私40年生きてきましたが、振り返ってみれば

最初の昭和の頃は私を含め孫悟空一派が強く金閣銀閣、牛魔王連中を弱くしてましたが

平成に入って何を考えたと思いましたが、逆に孫悟空一派が弱く、金閣銀閣連中が強いです。

その結果次の時代を先読みすれば、おそらくまた神の説法を中心に

孫悟空一派、金閣銀閣、牛魔王連中の共闘です。やっぱり平成の時代、そのための予備工作だったんだろう

なぁと思いますが、孫悟空一派としてはあんまりいい思いはしませんでした。

まぁ仲良くやろうやぁってことでw

 

2018.6.29

ここ近年世が狂ってる感じになって久しいですが

その元凶をたどってみるとやはり日本のヤクザやアメリカのマフィアだったりします。

そもそもヤクザやマフィアなんて役、薬の座でもあり、魔を恐れる集団の神の軍団でもあるんですが

おそらく警察、ポリスの誕生こそヤクザ、マフィアが狂いだした原因でもあり

強いとこが入るヤクザやマフィアが狂えば世も狂います。

それゆえ裏家業の警察、表との調和こそが世が正常に戻る策です。

何かと裏の警察というのも定説なので、しっかり統括してほしいところです。以上。

 

2018.6.30

ここで以前書いたような気もしますが、私のこれからのアーティストとしての戦略。

そもそもアーティストとして成功するには作者のタレント性も必要になってくるものだと思いますが

私は今現在スーパーヘビー級の喧嘩番長的ルックスで、あと売りとしてはダヴィンチばりの万能さ

それでアートの表現を絵と音の二刀流で表現するアーティストということで世界を目指します。

私も結構歳とってきましたが、アートの世界なんて遅咲きも多いのでまだまだこれからです。

アートの世界を目指す同士諸君、がんばっていきましょう。

 

 

 

7月上巻

2018.7.1

この間今後の将来の展望を二刀流のアーティストでいくと展望しましたが

ちょっと変更して今後10年計画で人類最強を目指してみようかと思います。

武力の戦闘力に加えて絵、音の芸術、あと語学やコンピュータなんかも10年計画で鍛えて

10年後の齢50くらいでとりあえず地上最強くらいいってたら世に出る計画でいきます。

まぁ地上最強くらい強かったら財にもなるだろうというおおまかな試算でいきます。

結婚とかはその後という計画でいくかもしれません。10年後お楽しみに。

 

2018.7.2

ここで以前も記しましたが、まだおそらく科学で分かってないこととして

宝石なんてのも一つです。そもそも漫画の海賊なんかにしてもお宝といえば宝石も多々ですが

そもそも綺麗な石だからってあんな小さなかけらに本当に何十万も出しますか?

おそらく宝石なんてのもこの地球という星の何かにあたるからこその値打ちだと思います。

まぁこの地球の自然の輝く綺麗なもの、要するに何か特殊なこともあるかもしれませんが

おそらく何か効能みたいなものもあるからじゃないかと思いますがそういうとこが今の科学は未熟です。

今後期待してます。

 

2018.7.3

ここで久々に新渡戸稲造以上の武士道の解説w

そもそも武士道は私もおそらく編み出してるとは思いますが要は敢闘精神です。

いざ死に直面しても神のいわれる天のために正しい理念の為に戦う精神で

いっそ正しい理念で戦って死んで天に昇ることこそ武士道と見つけたりといったところですが

要はいざという時戦う精神で、普段は別に私も普通の暮らししてます。

まぁ体くらい鍛えてますが、やっぱ戦う時は戦わないと駄目ですね。以上。

 

2018.7.4

ここでちょっと誰にも話してなかったマジで世界が衝撃する話。

たしか数年くらい前だったと思いますが、田舎の公園で何気なく空見上げてる時

太陽が踊ってましたよwはっきりいってマジなので、その時は太陽って何かなぁと思いましたが

あんまり気にしてませんでしたが、なんか思い出したので書いてみましたが

あの太陽が踊ってるところNASAあたりは確認してるんでしょうかね。

はっきりいって世界ってなんなのかとも思いますが、とりあえず神のいわれることを信じます。以上。

 

2018.7.5

先日人類最強を目指す方向でいくといいましたが

人類最強を目指すからにはユーチューブなんかで撮影した裸とか見ると

胸や腹がたるんでるなぁといったところ。

消した方がいいかと思いますが、出来るだけ今くらいのウェイトでめいっぱい締め上げるつもりです。

人類最強を10年後にめどをたてましたが、10年かけりゃなんとかなるかな。お楽しみに。

 

2018.7.6

ここで神に関する考察の解説。

そもそもヨハネの黙示録によればそろそろ全能者といわれるいわゆる神が誕生するともいわれますが

その神もソクラテスなんかの哲学によればあくまで超人のたぐいであって

母体となるこの地球そのものの天と地なんかひっくり返せないのは当たり前ですが

要は全能者の神自身であっても愛をもっとうとしないと天国にいけないし、魔ばかり使ってては

地獄に落ちます。要するにいくら伝説の神でも母体の地球という星に勝てるわけないでしょってことで

全能者候補生みんなにいっておいて今日の手記はこのへんでw

 

2018.7.7

ここで音楽の話ですが、私は今までロックを好んで聴いてきましたが

ロックというのは早い話が軽く鬼気迫るものがあり軽くハードで、戦闘なんかに適してる音楽でしたが

ここにきて呑気にお気楽トンボな自由なレゲエに惹かれ始めました。

私にとっては人生の大化の改新並の革新ですが、やっぱり自由に呑気にってのがいいです。

最近はあんまり鬼気迫るのもどうかという感じなのでレゲエの魅力にはまりそうな予感がして

今日の手記はこのへんでw

 

2018.7.8

ここで人間ならではの道具についての話。

そもそもこのサイトを作ってるコンピュータだって道具ではありますが

コンピュータなんて結局楽器やペンなんかと同じ高度な道具であって決して馬鹿なもんでもないですが

古代文明の編み出した高度な道具の代表、言葉なんてのも当然現代でも重要ですが

要はどういう道具を使いこなしてるかであって、やっぱ高度な道具を使いこなせる人こそ頭いいと思います。

コンピュータなんかも頭のいい人が使いこなすものであって、決していけないわけはないと思います。

コンピュータを愛護したとこで今日の手記はこのへんでw

 

2018.7.9

唐突ですが人は皆同じなのでしょうか違うのでしょうか?

当然私の以前した話でも皆結局は地球、要するに皆自分なんですが

通ってる血なんかは細分化すれば膨大な型があるほど皆違います。

釈迦の説法でも人をいろんなキャラ、型に例えたりすることもありますが

要するに皆地球といっても虎やバッタくらいの違いはあるんじゃないでしょうか?

私はおそらくさしずめタイガーマスクの虎かなぁとかいったところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.7.10

昨日の話で人は皆同じか違うかの話しましたが

そりゃ血の型と同じ様に虎やバッタの違いはあれど皆ヒトです。

ヒトとして同じなのが大前提な上での話であってヒトがヒトを不幸にしていては

そのヒトが何かと地獄に落ちるものです。

何辺もいいます。同じヒトならヒトの幸せを願えるのがヒトです。以上。

 

2018.7.11

ここで釈迦の説法ばりに本気の答弁。

仮に人を始めとした生命が死んだら無に返るのなら何故天の雲は雨を降らし続けるのでしょう?

天の雲が雨を降らせるからこそ生命が生きていけ、実もなり花も咲かせます。

要するに生命が天に昇って雨を降らせるからこそまた生命が生きていきという生命のサイクル

なのにお気づきでしょうか?それが通説の転生輪廻であり天国ですが、また釈迦からすれば

上昇気流もあれば下降気流もある、ようするに地獄もあるのも定説です。

この自然の理念こそが神のとかれることです。そのうち科学でも裏付けます。よい旅を。

 

2018.7.12

ここで禁断のシモについての話を再び。

いわゆる童貞でもないかぎり女が漫画やゲームの類の表現にならないのは知ってるはずですが

要は漫画の表現なんてかめはめ波でもうって無茶苦茶強い表現と同じで

あくまで漫画の表現、ある意味夢の表現でもありますが、ビデオの類でもその夢の表現が先行してるだけで

女だって馬鹿じゃあるまいし才覚もあるのにあんな風になるわけないですが

私は薬なんてのは知らないし、薬使ったってどうかとも思いますが

そんなに夢の表現が楽しみたければ要はヴァーチャルで再現に決まってます。

ヴァーチャル技術期待してますw

 

2018.7.13

ここでちょっとした昔の偉大な技術の話。

いわゆるそこそこの土地名なんてのもおそらく昔の古代文明の学術にのっとって

名づけられてることもあると思いますが、それこそ現代の科学文明では

はっきりいってなんでそこの土地がこういう名の意味合いの土地なのかとかちょっと分からないこともあります。

そういう現代では埋もれた昔の学術こそ偉大で、おそらく神なんかもそういう類の学術で

世をといたんじゃないかと思われます。今後の科学の発展もそういうとこの検証に期待します。以上。

 

2018.7.14

ちょっと昨日の話の追記。

土地の名前なんてなんでそういう名になるかなんて学術も昔あったといいましたが

そういや我が国でも結構最近に廃藩置県なんてのをしいて、新しい県の名前つけていきましたが

やっぱり国の方はなんでそこの土地がそういう名の県になるかとか分かってますか?

そもそも藩を県にしないといけない意味も私にはちょっと分からないこともありますが

やっぱり国の上層の方は結構分かってることもあるんでしょうか?

はっきりいって一般にも広くそういうことを教えて欲しいですが、誰か教えて欲しいですねw以上。

 

2018.7.15

ここで手記でもよく付けているヨハネの黙示録の全能者についての話。

通説では全能者こそ世界最強な上1000年の命があるといわれていますが

それを漫画にでも例えれば例のドラゴンボールで永遠の命でも叶えようと思ってる

世界最強候補のフリーザ一味やら単独で集めてるベジータやらといったところですが

さしずめ私はひょんなことからドラゴンボールのことを知って単独で集めてるベジータかなぁと。

本物なら要するに世界最強なら1000年の命といったところですがまだまだ決戦の地ナメックは続きますw

今後お楽しみにw

 

2018.7.16

ここであまりにもぶっ飛んだ話と分かっていてしてみたいと思います。

何かの記述にこの世界は神が7日で作られたなんて、なんの表現かと思う話がありますが

いつぞや私がした太陽が踊ってたのが錯覚でもなくまったくの本当なら

この世界やっぱ何ですか?そもそも太陽のあの動きも人為的な動きに見えたし

それこそ本当に神が7日で作り上げた箱庭的世界かもしれません。

あまりにも常識外れなのでこのくらいにしておきますが、私はそんな気もします。以上。

 

2018.7.17

ここで最近の世界の風潮についての話。

なんかここんところテレビでも見てるといわゆるマニュアル思考をとりざててるように感じます。

代表的にW杯のハリー・ケーンなんて当初からマニュアルタイプだなぁと見てましたが

そのハリー・ケーンが最近クラブ関係でも何かとクローズ・アップされてます。

90年代頃を中心に漫画の格闘家陸奥とかアイデアに富むファンタジスタが中心でしたが

何故ここにきてマニュアルなんでしょう。やっぱみんながファンタジスタだと世はまわらないのかなぁって

とこですが、今後の世界の動向としてはマニュアル対ファンタジスタの2極化かなぁなんて思います。

私はファンタジスタを信奉しますが、アイデアこそ全ての源流なのをお忘れなく。以上。

 

 

7月下巻

2018.7.18

古くから人、特に女性なんかをオレンジだのイチゴなどに例えたりすることありますが

総じて食べ物にでも置き換えてみれば、私も大好物だから私でもあるんだろう

例えばマクドナルドの人気で上手い和洋折中的バーガーのチキン竜田バーガーとかw

なんとなく私のテイストでもあるようで、そういうのが好きなとこが私も好むとこあるかなぁなんて。

まぁ人を食べ物に例えるのもどうかと思いますが、私でもあり私も好むとこといえば結構子供の好きなもの

多いなぁなんてwみなさんも何かに例えてみたら面白いかもしれません。以上。

 

2018.7.19

ここで私の考える歌なんかの売れる秘訣。

軽く私も好きなB'zなんかを例えに出してみれば、B'zの初期のブレイクしてた時のテイストは

その頃よく売れてたソーダバーとかのテイストに似てることもあります。

その後ソーダバーって最近あまり売れてないと、やっぱりソーダバーのテイストあまり売れません。

要するに今よく流行ってる味でも歌に再現すれば売れるんじゃないかとかw

はっきりいってそれが才能ですが、私プロデューサーでも志望しようかなぁw以上。

 

2018.7.20

昨日おとついと何かとセンスなりを食べ物の味に例えましたが

ここで私自身の話でもすれば、なにかと私の作る歌だの絵だのを交えて

私自身やっぱマックかなぁなんて思いましたw

歌なんかよく聴きゃフライドポテトやらコーラやら的なテイストかなぁなんて。

私自身もよく行きますが、マックユウスケにでも改名してみようかなぁw以上。

 

2018.7.21

ここ2、3日の食べ物の話をしているとなんか面白いので、もうちょっと考察してみれば

先日、私をマックテイストにも例えましたが、その実結構うまいものなら和洋中食べるところが

バイキング、海賊的かもしれないなぁなんて思いましたw

現代ではバイキング勢多いですが、なにかと漫画でも主人公を海賊に例えるのもなんとなく分かります。

結局うまいもんならジャンルにとらわれず何でも食うって主力の海賊班だなぁといったところで

今日の手記はこのへんで。

 

2018.7.22

私は今現在、やや減量して108キロくらいあるんですが、それまでの鍛える過程を

思い起こせば、そもそも10年くらい前70キロ台をうろうろして80キロの壁を打ち破るのに

苦戦してましたが、ほんの数年前までも、95キロくらいのヘビー級の壁にぶち当たってましたが

その壁も気がついた時には打ち破ってる自分の可能性を感じずにはいられない不思議な気持ちになりました。

今現在108キロとはいえややたるんでるところもありますが、結局どう仕上げていくか

自分でも楽しみながら体作りしていこうと思います。最強への道はつづく...

 

2018.7.23

ここで私もコンピュータを嫌いなわけではないですが、コンピュータが絶対出来ない人たる人の才能として

例えば人が人の顔を見た時どんな人か感じ取ることがあります。それをあたかも知ってるかのように

いいあてるのも一種の天才で、コンピュータなら人の顔の目がこうで、鼻がこうでと弾きだしますが

それこそくるくる変化する人の表情なんて読み解けません。人ならなんか接してたら感じ取って

わかり合うことはあれど、コンピュータには表情の心の動きすら感じずわかり合うというのは無理かも

しれませんね。コンピュータはあくまで道具であって、擬人化するのもどうかと思います。以上。

 

2018.7.24

ここで私の心の中にいる心の友、英国のジョン・レノンについて少し。

ジョンが数十年前も先にやろうとしてたことは、私も読解すれば要はユートピアです。

人類の世界の遠い先の姿をユートピアを想像するからこそ、その方向へ世界をちょっとづつよくしていくことで

世界がよくなっていき皆んな少しずつ幸せになっていくという思想です。

そのためにジョンも数十年前自らシンボルとなり世界に掲げ歌い続けた偉人です。

私もそのジョンの魂を継いでいるとは思いますが、要はこの世界の将来を想像してごらんってとこです。

間違いなくジョンは現代の偉人だと思います。以上。

 

2018.7.25

ここでいわゆる勉強の話。

私からいわせればはっきりいって勉強とは、才能の裁定です。

全世界規模で共通して子供にさせて、それで子供の時に才能を裁定してます。

要するに才能の裁定を勉強でさせてるわけですが、それがいやなら何で才能を裁定するかって話です。

私が思うに歌の上手さなんかで裁定すれば人生を謳歌するタイプが集まるとも思いますが

まぁ何千年前からの定説の勉強でもいいんじゃないですかって感じですが、とりあえず世界共通なので

参加もしない方が馬鹿です。一応やってからいった方がいいと思います。以上。

 

2018.7.26

ここでいわゆる漫画についての話。

そもそも私は漫画とは子供の見るものという考えが多少あります。

実在の人間像では表現できないところも踏まえて子供にいいキャラ像を見せて

こういう男や女の子がいいよねぇと面白く描いていい影響を与えさせる役割を持ってます。

実際私は子供の時にキン肉マンや孫悟空のキャラ像を見て影響を受けて育った世代ですが

今の子達もいいキャラ像を見せて育てないと駄目だと思います。

漫画というのは特に子供にとって重要なものなのをお忘れなく。以上。

 

2018.7.27

ここで釈迦の説法の輪廻転生について少し解説。

いわずもがな輪廻転生とは生命が星があり続けるかぎりサイクルする理念でもありますが

その起因として私が説けば、天の雲こそその象徴です。

我々が生きていけるのも天の雲が雨を降らせて水があるからです。

要するに雲が雨を降らせて水があるから我々も生きていく、その後生きている我々が天に昇って雨を降らす。

それこそ輪廻転生でもあり天国の正体であると私は考えます。

要するに生命として地上と天とでサイクルしてる感じですが、上昇気流もあれば下降気流もあるのが地獄も

通説ですが、自然現象として生命のサイクルもあります。今回は簡易ですがここらへんで。以上。

 

2018.7.28

先に少しつけましたが、私、今現在精神科とか通ってるところあるんですが

私は要は脳の内科的ニュアンスのつもりで通っています。

例えば肝臓なんかでも腫瘍やガンの外科的悪さがなくとも数値の以上で内科的悪さもあります。

それと同じように脳の数値的なものが軽く異常があるかなということで通ったりしてます。

まぁなにかと薬でももらって安定させとくのもいいので当分は通うこともあるかなぁといった感じです。以上。

 

2018.7.29

ここで再び現代の科学では解きあかせてないであろうことの一つを少し。

最近暑くなってきて台風の季節ですが、台風って構造上反時計回り、左回転しかないのをご存知でしょうか?

台風とは左回転なものだとしかいいようがないですが、あとトイレなんかで排泄してる時

腹を右回転にさすると排泄しやすくなることも皆さんご存知だと思います。

そういう世界の自然現象的記述がまだまだ科学は追いつかない現状ではありますが

再三いう神の記述もそういうとこの読解からだと思われます。よい旅を。

 

2018.7.30

昨日の右回転、左回転からの話を一つ。

そもそも日本の和文こそ右回転です。西洋こそ左回転ですが、ちょっと確認とってみないと分かりませんが

雲の流れ方がどっち回転だから、その上、地動説だからどっち回転が正しいって話ですが

雲の流れ方は気象観測すれば分かると思いますが、はっきりいって私、天動説だと思います。

星の動きのVTRや、この前見た太陽が踊ってるとこなんて、天動説なんじゃないかと思ったりします。

はっきりいって天動説ならどっち回転が正しいか間違ってる可能性あります。

ここで軽く世界に警鐘を鳴らしたとこで今日の手記はこのへんで。

 

2018.7.31

ここで先日の右回転、左回転の話から、大方人なんかも右巻きか左巻きか

頭のつむじをみりゃ分かります。私は右巻きの右の人間ですが

右巻き、左巻き、やっぱり何か違うのかもしれませんね。

実は右すぎたりする喧嘩番長ですが、左巻きの人はあんまり無理しない方がいいですよ。

どっちが正しいかは、やっぱり先日の話から紐解けるかもしれませんね。以上。

 

 

8月上巻

2018.8.1

先行して手記が8月に入りましたが、ここでいわゆる性のことの統括の考えを少し。

そもそもなにかと人を不幸にする人なんて地獄に落ちて殺されたいんじゃないかといいましたが

性交渉も通説やる、やりたい人なんてやられたいんじゃないかに繋がり

殺されたくもあるが当の竿のように死ぬ間際の一瞬の快楽、ようするにそれが欲しいんじゃないかと

いうところから、実際の死の間際って一瞬快楽ありますか?

哲学としてはそんなところですが、私は生きて天国いきたいので総じてあんまりやりません。

個人的思想なのであしからず。以上。

 

2018.8.2

昨日の性交渉の話に続いてこういう角度からの哲学はどうでしょう。

性交渉をする際、男の棒を女の穴にいれます。

穴、いいかえれば急所を棒で突く行為なんて例えるなら指で目をつくようないけないことです。

なにかに例えても性交渉とは魔であり、カラーも黒の地獄落ちの行為かもしれません。

昨日の解説を交えて、皆さんも哲学してみるのもいいかもしれません。以上。

追記:女はやられることによって自分の分身を作ります。

 

2018.8.3

ここで釈迦のいわれる因果応報の理屈の例として一つ。

例えばよっぽど酒の飲みたい人なんて酒に飲まれたい人でもあり

案の定、酒にのまれて泥酔します。

そういう例えをあげればきりがないですが、断食なんてのもよっぽど食いたいから食われたくない理念から

じゃないかと思います。私は腹が減れば一応食べますが、要は欲がそうさせるのでしょうね。

たまには欲を捨てるために禅でも組むのもいいもんです。以上。

 

2018.8.4

ここで昨日の因果応報のことについて補足。

食うから食われるといっても、例えば果実でも食うから果実から食われるように

果実の栄養なんかが体にめぐります。

要は馬鹿なもんじゃなけりゃ断食なんてしなくてもいいと思いますが

いろいろ因果応報で考えてみれば何かと世の哲学も見えてくるもんです。以上。

 

2018.8.5

昨日の話でもう少し補足。

例えば果実でも食うから果実から食われるように果実の栄養が体にまわるのも含めて

やっぱり果実といえども地球の命ならやっぱり果実的な命から食われることもありますか?

誰か一度徹底的に検証してみればいいんじゃないかと思いますが

まぁ因果応報が嘘なわけないですが、私も結構適当に生きてるもんです。以上。

 

2018.8.6

ここでだいぶ先行してますが、この地球という星の誕生からの経緯についてひとつ。

そもそも地球という星が生きている以上、星が誕生した時におそらく生命の源の雲も広がっていた

と思います。その雲が雨を降らせることによって生きている土から最初の地上の生命の草木が誕生し

その草木も繁殖をつづけ草木の命も天にのぼることも相まって雨が降り続けでっかい水たまり

海が誕生し、その海から太陽の恵をうけて最初の動く生命が誕生し、その動く生命も進化分岐していき

その動物たちも天にのぼるものは天にのぼって雨を降らし、あたらしい地上の生き物も生きていけるという

地球の誕生からの歴史を軽く仮説をたてましたが、昔の賢人なんかもそう思考してるはずなので

なにかと思考してみるのもいいもんです。以上。

 

2018.8.7

ここで昨日の話についての追記。

昨日の話からしてもそもそも雲が雨を降らすから生命が誕生しましたが、今でも雨を降らすこと自体

生命もまた天にのぼって雲になるんでしょうが、その雲がまた雨を降らすから生命が誕生しますが

昨日の記述の信憑性なんかもタイムテレビでも作れれば確認が取れます。

その結果間違いない確認がとれた結果、啓示的にイエスの時代のヨハネに伝えたんじゃないかという

やっぱり本当の話という方が有力だと思います。私も当然神を信奉してます。よい旅を。

 

2018.8.8

ここで性交渉についてもう一つ追記。

性交渉というのはニュアンスとして、やるの他に抱くというニュアンスもあります。

やっぱり抱いてたら抱かれるし、抱いて生まれた子こそ世界を抱こうとします。

逆にやられて生まれた子なんて世界をやろうとします。たぶん。

そここそ肝心かもしれませんが、私の信奉するジョンレノンが生前、性交渉を白のイメージで

抱くニュアンスでカメラに納めたのが正にアートです。

現代で日本のロックの代表としてRYUICIあたりがそれやればいいんじゃないかといったところで

今日の手記はこのへんで。以上。

 

2018.8.9

連日の性交渉の話から、子の男と女にも言及すれば

連日の話からでも男が抱いてるから世界を抱こうとする男、女が抱いてるから世界を抱こうとする女

が誕生することもありますか?軽く検証してみればいいと思いますが

要はやっぱり本番ですね。本番いかんによってどういう子が誕生するかという重要なとこだと思います。

子いかんによって人生も大きく変わりますし、やっぱり本番が重要です。以上。

 

2018.8.10

ここで連日の子の誕生の言及のことでもう少しいえば

絶対いけないですが、いわゆるクローン人間なんて設計上は同じでも

親の本番の時のマインドが入らないゆえ、おそらく絶対駄目です。

いわゆる精神科の部分でもあるとは思いますが、マインドの解析も今後期待してます。

まぁ結局は一言でいえば世界はやっぱり愛でしたね。以上。

 

2018.8.11

ここでご当地料理の話。

例えば私の住む広島の名物料理といえばお好み焼きなんかありますが

要するに土地柄的にお好み焼き的にいろんなのがおるのがいい的なとこでもあります。

当然いろんなのが入ってるのを食べるから、いろんなのが入ってるのがいい的な人にもなるんじゃないかと

思いますが、食の研究なんてのも結構重要なとこありますが、その土地柄なんて風土料理見れば

わかるかもしれませんね。以上。

 

2018.8.12

昨日のお好み焼きの話から、お好み焼きの広島、大阪、ちゃんぽん麺なんかの長崎あたり見ても

結構西日本こそいろんなのがあるのがいいというとこがあるんじゃないかと思います。

東日本こそ結構一色を好むとこがあるんじゃないかと思いますが、結局はその違いは

西の豊臣、東の徳川の違いなのかもしれませんね。

当然私は西の秀吉公の方を好みますが、やっぱいろんなのがある方がいいと思いますよ。以上。

 

2018.8.13

ガンガン先行して手記をつけていますが、いわゆる目のこと。

目がいいとはいろんな意味もありますが、普通2つある目をひとつにすると距離感がつかめません。

ようするに独眼竜とかの類は距離感のつかめない駆け引きの苦手な人なのかもしれません。

逆に三つ目の表現こそ距離感の抜群のかけひきに長じる表現だと思います。

戦国武将でいえば秀吉こそ三つ目的なんじゃないかと思いますが、かけひきの苦手な独眼竜もどうかと

思いますが、いわゆる神も三つ目の表現を受けるのをお忘れなく。以上。

追記:かけひきに長ける方が器用だと思います。器用な方が才能あると思いますよ。

 

2018.8.14

結局昨日の話からしても結局人間の違いなんて

母親の中で赤ん坊が一番最初に出来上がるのが目でしたっけ?

つまりやっぱり目こそが重要で、目の違いこそが人の違いにも大きく影響してるかもしれませんね。

目を見れば分かるなんて人もいますが、目ってやっぱり一番重要なとこかもしれません。

目を大切に。以上。

 

2018.8.15

ここでついでに目の解析の話をひとつ。

目の良さなんて思いつくとこをあげれば、視力なんかの解像度

三つ目とかの表現の距離感、あと視野の広さなんてのもありますが

一番重要なのはやっぱり神の例えなんかにしても距離感ですか?

昨日の話からしても距離感に長けるからかけひきも上手く器用で才能があるのかもしれません。

広さなんてのも重要ですが、やっぱりスポーツにでもすればサッカーがいいような気もします。以上。

 

2018.8.16

連日の目の話から、戦国武将あたりで目がいいであろう秀吉の雑記的手記をつければ

当初足軽で出陣した秀吉も軽く敵を打ち倒しつつ信長に草履でも温めて取り入り

なんか陣の敷くタイミングや射撃のタイミングを測る役でもやってたこともあるかなぁなんて。

それで戦果もあげれば目がいいのでかけひきも上手かろうということで指揮でも取らせて

やっぱり戦果あげて昇進していったんじゃないかとか。

やっぱり秀吉のかけひきをする上で重要な距離感を測る目がよかったんじゃないかと思います。

なんかそういう役もやってたかなぁなんて想像するのも面白いです。以上。

 

 

8月下巻

2018.8.17

まだ7月下旬ですが、私の中では先行して8月下巻の手記の執筆です。

この世の中平和になったようでまだまだ争いも多いですが、いわゆる敵国同士の戦いなんて

しまいには災害なんだから文句がないだろうとかの言い分の魔法攻撃とかになってくるんじゃないかと思います。

いわゆる魔法の記述でメガフレアやメテオなんてのもありますが、要は太陽なんかで起きている

自然現象のフレア現象なんかを自然のエネルギーを活用してはなつ極大呪文ですが

まぁメガフレアあたりは自然現象でフレアなんてこの地球にはないので文句いわれますが

この日本にも召喚魔法とか使ってたら恐ろしいですね。災害の打ち合いなんて末期です。良い旅を。

 

2018.8.18

ここで釈迦のいわれる因果応報の理屈から哲学をひとつ。

私も絵や歌を売っていますが、歌なんか売ろうと思えば自分が歌をたくさん買うからこそ

自分の売る歌だってたくさん買っていただけるという理屈にもつながりますか?

当然歌をよく買って聴く人なんてよく歌のよさが分かっていることもありますが

私もかなり買って聴くタイプですが、そのうち売れることもあるかなぁなんていって今日はこのへんで。以上。

 

2018.8.19

ここで天国と地獄の理念について語れば、要は天国とは母体の地球に愛されることです。

片や地獄こそ地球に殺されることです。なぜ地球に愛されるかというと

当然、因果応報の理屈からこの世で総じて地球を愛してきたからです。

地上の生命なんかも結局は地球なので、結局命、地球を愛してきたからでもあります。

まぁ結局は愛し愛されの愛でしたね。良い旅を。

 

2018.8.20

先日、今現在精神科で薬を処方してもらってるといいましたが

そもそも今からだいぶ昔、私一人暮らししてることがあって、その時、金もなくろくに食事もとらず

仕事を過労気味にがんばってる時に、徐々に脳が異常をきたしだして、ひどい時はいわゆる減量中の

ボクサーのように寝る時も神経過敏でちょっとした音でも目がぎらつくような状態でした。

その時の脳の状態の異常が今だに薬で正常な状態に近づけてますが、やっぱり薬もらってると多少しんどいです。

脳の状態の異常が完治する薬はまだないような気がしますが、完治すれば大方私の場合、食事と睡眠に

気をつければいいと思うので、いい薬の開発期待してます。しんどい仕事はまだ無理かなぁ。。。

 

2018.8.21

ここで久しぶりに間もなく登場するかもしれない神の話ですが

ヨハネの黙示録では全能者という記載で、ソクラテスの哲学では超人の誕生ともいい

あと、神話のゼウスやユピテル、アトムも同一人物ですか?

おこがましいですが、私も結構全能者的な上軽く超人的です。

あとゼウス像なんかにもあの独特の体型が私ももうちょっと引き締めれば似かよることあります。

結局私が神ですか?w

なんてこといってみて今日の手記はこのへんで。以上。

 

2018.8.22

ここで人として大事な精神をひとつ。

戦国時代、上杉と武田はお互いの力を競うように戦い、相手が塩に困っていれば塩でも送って戦い

結局勝った武田を上杉もエールを送ったはずです。

いわゆるそういう精神こそが大事で、何事においても勝つためにはいわゆる卑劣なり悪辣な手法を

使うものをいわゆる人の心のない豚と例えます。総じてそういう豚は神にも愛されずなにもないのも

定説なので文字通り豚ですが、結局そういう類のやからがぶちこまれるところをブタ箱というのもお忘れなく。

豚に気をつけてよい旅を。

 

2018.8.23

私は音の他に絵も描いてますが、私が絵を描くにあたってデジタルで描くにも

そのうち画壇みたいなしっかりしたとこでもデジタル部門を創設するんじゃないかと思って

画家的なアーティスティックな絵も数多く描いてます。

漫画やイラスト的絵も描いてますが、本陣はそのうち画壇投稿用です。

とはいえ何かとまだまだなので精進に励みたいと思います。以上。

 

2018.8.24

ここで恒例の定説の1000年生きるという神の話。

1000年生きるなんて、まぁ早い話が強すぎるだけです。

ご長寿の秘訣なんてよくテレビでもやってますが、滋養強壮でもして強けりゃ長生きなんじゃないかと

思います。1000年級なんて強すぎますが、神なんて最強の番長みたいな人なんじゃないかと思います。

私も結構、全能的でもあり番的ですが、結局誰が本物かはお楽しみに。よい旅を。

 

2018.8.25

ここで世界の話。

世界の人というのは昔から大きく分けて猿犬に分類されます。

世界はずっと猿犬の両党で喧嘩しつつ仲良くして存続してきましたが

どちらか一方の猿、または犬の世界になんてしようと思わない方がいいですよ。

文字通り犬猿の中で世界中で大げんかになると思います。

世界は結構ありのままでありつつちょっとずつ改善する方がいいと思います。以上。

 

2018.8.26

ここで人生の悟りをひとつ。

人生というのは総じて戦いの連続です。それゆえ子供達にも戦うことを教えますが

少年漫画なんかでも描かれるように善徳のために戦ってるんならまだしも、悪のために戦えば

歳をとり戦いから引退するように生活し軽く神のことを思った時、自分でも間違ってると思ってることで

戦い続けた結果、得るものもなにもなければ自分はなんの為に戦い続けた人生だったのかと思います。

当然悪のために戦い続けた結果、地獄にも落ちると思想するからですが、戦い続けてる若い時には

気づかないものです。私もまだ若いですが、神の説法に思いをはせれば軽く悟ることもあります。よい旅を。

 

2018.8.27

先日、猿と犬の話をしましたが、軽く解説すれば

自己主張が激しくなにかと上のいうことをきかなかったりするのが猿です。

自己主張もせず上に忠実なんて飼いならされた犬ですが、結局猿と犬のバランスだと思います。

上のいうことをきくのも大切ですが、自己主張することも必要だと思います。

バランスのとれたとここそ一番いいかもしれませんね。以上。

 

2018.8.28

ここで世の中を何もわかってない愚かな連中にひとこと。

そもそも世の中をひとつの人体にでも置き換えれば、総じて悪いとわかってる上で

金なりのために悪行を行ういわゆる豚だのがん細胞を正常化をうながすなり

しまいには駆逐をする役のある薬の役がヤクザであって、そういうのが組に所属する世ですが

組に所属してるヤクザなのかどうか知らないですが、あんたが世のガンだみたいなアホが多いのを憂います。

そもそも地元の組長あたりもわきまえてないと散々狂った世界といわれるのも当たり前だと思います。

結局孫悟空もがん細胞を駆逐し続けて天竺いったヤクザですよ。以上。

 

2018.8.29

昨日の話の流れから、私の住む広島も神のいわれる三途の川とかけて聖地のひとつ的ところなので

本来神の一軍のヤクザも多く出入りし、取り締まっていいとこなのも定説なはずですが

それこそ対極的にいつぞや分かった上で自分の馬鹿さ加減に逆ギレして魔王を名乗り

日本のデスパレスおったてたとこあたりこそ、おそらく風水的な検証からしても魔の区域です。

はっきりいって私はああいうとこ死ぬまで行きませんが、広島あたりいいとこなの当たり前です。

当然裏で活躍してる神の一軍のヤクザも多いからなはずです。よい旅を。

 

2018.8.30

私は絵や歌なども手がけて色々才能もあるとは思うんですが

一番の才能は昔からやっぱり体育じゃないかと思います。

小学校の頃から運動神経抜群といえば私も名があがるでしょうし、6年の時の運動会でも白組の大将的

ポジションやってます。あと中学後も体育の成績は常に学年でもトップ級でしたし、高校の時は

スピードキングにも輝いてます。自慢話のようですが、結局今もウェイトが110キロを超える体で

ビルドアップの最中ですが、やっぱり私、体育じゃないかと思います。

やっぱ格闘家とかが天職だったかな。以上。

 

2018.8.31

定説の因果応報の理屈から、人、総じて地球を愛する人こそ地球から愛されるように

地球の天の神にも愛され才能があります。逆に人なり地球を殺す人は地球からも殺され何もありません。

よっぽど地球に愛されて才能抜群の人を愛することによって自分も愛されすぎることをあやかるといいます。

逆に愛されすぎてる人を斬ることによって地球からやられすぎることをたたられるといいます。

よっぽど愛されてる天才を怒らせるなんて、地球の神が怒るように天災がおこることもあるかもしれませんね。

天才なんて人を中心に地球を愛しすぎてるものです。以上。

 

 

9月上巻

2018.9.1

総じて才能の話。

古典的な考えでは我々地上の人間の中で、天に昇られたそれこそ齢1000才も超えるようなご先祖

いわゆる神に愛されるからこそ才能が与えられるなんて考えもありますが

現代の科学的な私の考えでは、先にも記しましたが人間なり動物なり地球を愛するからこそ

因果応報で地球の天なりに愛され才能を与えられるという科学式になりますが

要は天というのは我みたいなものがあるかないかというとこですが、だとしても結局は愛です。

雲なんかのまだ見ぬ愛の成分の発見こそ期待してます。以上。

 

2018.9.2

例の全能者の記述のヨハネの黙示録にこういう記述があります。

何か式典が進む中、登場させるさい「出てこい」と記載されてますが

私が例えば全能者なら、それはたぶん高田延彦さんの「出てこいやぁ」だと思いますが

なんで高田さんのかというと、私ならば私の親友に高田という縁のあるやつがいるからですが

はっきりいって妄想ですか?w高田延彦の出てこいヤァは受けるということで以上。

 

2018.9.3

最近ユーチューブの動画を整理して15本くらいにまとめてみましたが

このサイトとは別にユーチューブで私の動画を見るのも楽しめるかと思います。

ユーチューブでも検索は YUSUKE TAGAMI で出てくると思いますが

チャンネル登録でもしてくれれば何かと新作なんかも楽しめますが

まぁユーチューブの方は結構適当です。このサイトを中心によろしくお願いします。

 

2018.9.4

ここでネット検索してたら見つけた面白い話をひとつ。

戦国時代の信長の居城の岐阜城のお膝元に田神駅というのを置いてます。

空想すれば信長の魔城のお膝元に田上の駅を置くというのもなんか興味深いです。

信長公張本人からいわせても私達田上、田神はなにか意味があるのかもしれませんねw

まぁ田上って魔城の関係というより天空城の関係の方のような気もするんですがねw

追記;そもそも信長の岐阜城って山頂にある稲葉山城とも別名がありますし、魔城のようで天空城?

よく知りませんが魔城も天空城も紙一重なのかなということで以上。

 

2018.9.5

ここで社会人といわず国民なら常識の話をひとつ。

そもそも国の運営というのは結局国の外から稼いでこなければ国が豊かになりません。

仲間内の中で多少金が移動しても外から稼いで来なければ国はいずれ滅びます。

結局今の日本を豊かにして外から稼いできてるとこは何にしても学業も優等な天才達なのをお忘れなく。

まぁ天才達のおかげであまり才能がなくてもそこそこの生活ができるこの国はいい国なはずですよ。以上。

 

2018.9.6

少し前にも記しましたが、人を食べ物や動物に例えると面白いこともあります。

動物に例えたならば人の世というのは、街に出てくりゃ猿の群れがいたり

猫が歩いていたりと例えりゃ面白いですが、私はさしずめ虎あたりかなぁといってみる。

私が人里に出てくりゃ虎が出たなんて例えは面白いかぎりですが

まぁライオンこそ百獣の王だし、最底辺は豚あたりかといったところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.9.7

最近嫌な話でもありますが、中国なんかとの仲もまだまだ良くないとこもありますか?

中国とは70年代頃に角栄が友好条約取って戦争はないとしたとき多いに国も湧きましたが

今中国との友好条約ってどうなってますか?たち消えてるんなら戦争もまだまだある可能性もある中

はっきりいって中国と日本の喧嘩を世界が日本を助けてたら中国を助けるとこも出てきて

それこそ世界大戦になり一番いけないので、日本が自立してなんとかしなければならない中

あんまり本当に優等でもないとこがいいですか?という感じも今だやや受けます。

国が自立するためにもまだまだ強く鍛えなきゃと思うんですが。。。以上。

 

2018.9.8

日本国古来に編み出した伝統の技に干支にあてはめるという技があります。

生まれ年もそうですが、時の刻なんかにも干支の特性が出るともいいます。

その干支の技を世界の閣僚国にでもあてはめれば我が日本はやっぱりねずみです。

おそらく牛なんかがビーフのアメリカでもあり、虎は中国といったところです。

それで日本の干支の話でもねずみが結局一等を取った戦術なんか結構有用ではといってみる。

とはいえ中国あたりでも虎なのでねずみとしては接し方は考えた方がいいと思います。以上。

 

2018.9.9

私が歌を中心とした音楽の魅力にとりつかれ出して、はや数十年経ちますが

歌なり音楽の力の証明として、まずあげたいのはどこの国の軍にも音楽隊が存在します。

それくらい軍を鼓舞するには音楽が重要ですし、中国の史実なんかにも

漢の高祖、劉邦は敵の強行軍の項羽を最後、いわゆる四面楚歌、要するに楚歌という歌を歌って

項羽の軍を落としました。現代でも熱狂的な支持を受けるバンドなんてのも日本にもいましたが

それくらい音楽というのはものすごい力があります。私は個人的には本当に頭が良けりゃ

歌でも作って音楽やると思ってますが、絵とかのたぐいはその次あたりかなぁとか。

結局私も絵と音の二刀流のアーティストやってますが、人生最後まで尽力する覚悟です。よろしく。

 

2018.9.10

唐突ですが学問というのは例えば物理学を例にあげれば

そもそも礎の単純な物理的なメカニズムの計算式の誕生から、新たな物理的な理屈の論文の発表。

その理屈の検証から裏付けられた事柄から新たな公式の誕生。その積み重ねで学問を使いこなして

作ったりしたのがアインシュタインのあの爆弾とかですが、いわゆる神のとかれる理屈の検証なんてのは

やっぱり新たな単純な公式からの新たな学問なんてのを作って検証してみた方がいいかもしれません。

現存の学問では分からないことでも新たな学の発展でとけることもあるかと思います。

はっきりいって研究者達もそういうことに力入れてみたらいいかもしれません。以上。

 

2018.9.11

ここでロックに関する話。

私は個人的に軽めのロックを歌ってたりしますが、これまでの人生は結構ハードロックです。

これまでの人生の過程で、少年期こそ全力で駆け抜け疾走し続けた為、一度くだけちってますw

いわゆる精神科でダウンしましたが、また治療もほどよく再び二度目の疾走に入ってますが

次砕け散るともう復活できないかなぁと思うので、あんまり勢いつけすぎないように気をつけたいと思います。

ロックなんて勢いが肝心ですが、いちいちロックのこと語り出せば長くなるので割愛しますが

日本のロックの祖なんて戦国時代の信長あたりなもんです。人生を疾走しつづけ最後くだけちっていくなんて

まさに勢いのありすぎるロックですが、私も次のアルバムあたりしっかりした勢いのあるロックアルバムを

作ってみようかと思っています。よろしく。

 

2018.9.12

ここで昨日のロックの話の続き。

私も個人的にロックをやってますが、ロックをやるにしても私のパートは

やっぱり現在の体型的にもベースがいいようで、実はディープパープルのイアンギランや

ガンズのアクセルあたりの若い時は軽くスタイリッシュから歳とって太っちゃったタイプの

勢いのあるヴォーカル的でもあるんじゃないかと自分では思ってますが

まぁベースなりで最強バンド的なバンドでもお誘いがあれば入って弾いてもいいことありますが

しばらくは打ち込みも使用したソロ活動でいこうと思ってます。

まぁ誰かと組んでやるのもいいもんですがね。以上。

 

2018.9.13

ここでちょっと古いですが、何かと話題の将棋の話。

当然将棋の駒なんて自軍の将達ですが、私を将にでも例えればいいようにいえば

強い将でもある飛車、角あたりでいけば私の動きは正面なようで結構斜めなとこもあり

いわゆる主体というより、斜道のシャドウ、影な方なきらいがあるようで

やっぱ直線的な動きの飛車?はっきりいって自分のことって分からないこともありますが

やっぱ私が立つなんて角も立たないし、いや、立ったりするかなぁ。

まぁ今度私は飛車か角か投票箱開いてみようかなぁということで以上。それとも弱い将ですか?w

 

2018.9.14

ここで久々に神についての話。

いわゆるヨハネの黙示録による人類の最初であり最後でもあるアルファでありオメガですが

それは要するにこの地球という星の化身みたいないわゆるアーサーみたいなとこですが

星の化身にあまり悪いことしてれば星から仕返し受けるのも当然だと思いますが

それがいわゆる星の天の落とすゼウスの怒り、つまり雷であったり嵐であったりしますが

アルファでありオメガである方がどこまでこの地球の化身かは分かりませんが

あまりめったなことはしない方がいいと思います。むしろ星の化身なんて愛した方が星から愛されます。

そういう話でそれが私だとはいいませんが、なんか私も全能者的なとこもあったり

なんか私も名乗りあげてみようかなってとこですが、証明するのはオメガでもある人類の最後でもあるという

寿命だけが証明になると思います。結局はどうなのか知りませんが軽く楽しみにしてます。以上。

 

2018.9.15

先日の話の続きからアルファでありオメガであるとは星の化身であり

厳密には天の神とはちょっと違います。時々天の神の代表だから地獄の悪魔からすればなんて

馬鹿な表現をする人もいますが、ヨハネの黙示録でも終始天の代表の神はイエスであり

アルファでありオメガである全能者は要するに星全体の化身であり

地獄の悪魔であっても星の一端なので、星の化身の為に攻撃することもあります。

要するに星の化身なんて天の天使軍と地獄の悪魔軍を束ねる総長みたいなものですが

そんな化身、私なら無条件くらい愛します。星の化身なんてうらやましい限りですが誰ですかその人?w以上。

 

 

 

9月下巻

2018.9.17

ここで趣向を変えて、負け犬の遠吠えという言葉をご存じでしょうか?

文字通り負け犬が遠くからギャンギャン吠えることですが、なぜ遠くから吠えるというなら

私が自分に置き換えても負けてる劣等感、やっぱり負け犬だから遠くから吠えると思います。

要するに負け犬に遠吠え受けるのは戦わずして勝っているからなので、しっかり戦ってみても

勝つはずのまさに戦わずして勝負に勝った小次郎敗れたりといったところです。

あんまりみっともないので負け犬の遠吠えなんてしない方がいいと思いますよ。以上。

 

2018.9.18

昨日の犬の話についてもう一つ。

いわゆる何かと世間様なんかにも勝ってる犬がめったなことで吠えたりしません。

弱い犬ほどよく吠えるとはよくいったもので、何かと世間様にも負けてる弱い犬ほどよく吠えます。

よくしゃべって話すのはやっぱりよく鳴くかなぁってニュアンスですが、まぁ吠えるとは違います。

まぁ私はよく鳴いたりしますが、あんまり吠えません。まぁニュアンスの問題ですが、それ吠えてますよって

こともあったり、まぁ勝ってる犬は吠えません。なにかと勝っていきたいものです。以上。

 

2018.9.19

先日からの犬の例えの話ははっきりいって生物学的なもので

それこそ地球という動物の世界を科学してみれば分かるとおり、文字通り百獣の王の強いライオンなんかが

めったなことで吠えたりしないし、食物連鎖の世界において弱い動物こそよく吠えるものです。

要するに先日いったとおり弱い犬こそよく吠えるであり、強くて勝ってる人なんてあまり吠えないですよ。

生物学的に見ても犬なんかを代表に遠くから吠えるなんて相手に負けてる証拠すぎるので

動物学的な生物学なんかも結構人の世界に必要であったりするので、何かと勉強って大事です。以上。

 

2018.9.20

唐突ですが、私のこれまでの人生、遊んでばっかの人生だなぁと振り返ることもあります。

子供の頃は子供の遊びを遊び尽くし、軽く大人になってきた頃にいわゆる女の子とも結構デートなんかして

遊んでます。最近は女の子のたぐいはあまりないですが、結構音楽とかずっと聴いて遊んでんなぁとか思います。

ドラクエの哲学では遊び人って悟りの書がなくてもレベルがあがると賢者になれますが、実は私がそういう

タイプかぁとかちょっと思ったんですが、いややっぱ戦士の類かなぁとか思ったり。

まぁ私結構勇者なとこもありますが、実は正体は遊び人なんじゃないかと思ったんでw何かと皆さんよい冒険を。

 

2018.9.21

ここで我々人類を動物学的に科学してみると

いわゆる我々の使う紙幣あたり、どのアニマルに見せてもなんの効力もありません。

しかし我々人類にちらつかせると何かと従うこともあったりするものですが

じゃあ我々人類もおそらくアニマルなんですが、我々人類に何が芽生えたんでしょう?

それを知力というのは容易いですが、はっきりいって我々人類いわゆるサタンに呪われてんじゃないかとか

いってみたりしますが、生物学でいえばはっきりいって我々なんでしょう?

我々の歴史は呪われた歴史ならこの呪いは解けることもあるのでしょうか?

いわゆる人類はどこからきてどこへいくのかというとこですが、この回答は永遠に謎なようで

恐ろしいことをいえばやっぱりこの星まるごと身を滅ぼして気づけば、やっぱり我々呪われてましたねw

あんまりめったなことをいうのはやめときますが、まぁ常識の範中で適当に生きるのがいいかもしれません。以上

 

2018.9.22

ここで私自身の話でちょっと趣向をこらした面白い話。

そもそも私、高校あたり広島の名門校に通ってたんですが、その頃から私の特性としては

体育祭なんかでMVP級の活躍をするスピードキングのタイプのちょっとした将軍です。

その頃はディープパープルのイアンギランの若い頃の様な中級あたりでスピードの長の武で名のある

武将を束ねる将軍的タイプだと自分では思ってますが、しっかり今現在ウェイトも最重量級まであげて

戦闘力も校内一級だと自負する武将を束ねる将軍的と自分でも思ってるようで

好きで音楽や絵も作るところは今現在ですが、やっぱり私の天職なんかなぁとか思ったりします。

いわゆる学校の将軍タイプって何の仕事したらいいんでしょうね。おそらく私迷子ですw以上。

 

2018.9.23

ここで先日に続いて私自身の歴史の話。

そもそも先日私は高校の頃は将軍的と称しましたが、いわゆるロックをやったりする中級の

ソードマスターのタイプであったと思いますが、その後ソードマスターでありつつ多少のモデルチェンジ的に

進んだ後、私にとっての革命的取り込み要素がずばりアメプロです。

まだちょっとがんばってるジョン・シナやランディー・オートンあたりのアメプロへの信仰が

私を大きくモデルチェンジさせました。結局キン肉マンなんかもアメプロ的要素を取り入れているので

結局はアメプロです。アメプロ非常に面白いので是非おすすめします。興味のある方はどうぞ。以上。

 

2018.9.24

ここでちょっと話を巻き戻して才能の話の総括。

要は愛こそ大事といいましたが、総じて人の幸せを願える人こそその人の幸せも願われ神から才能を

与えられます。人の不幸を笑うようなものこそその人の不幸も笑わられ才能を与えられません。

結局は愛ですが、それを考察した結果我が国の戦前教育、神童、神道教育がそうじゃないかというのが

私の以前の話ですが、要は才能なんて愛、愛とは才能なのをお忘れなく。良い旅を。

 

2018.9.25

かなり先行して手記をつけていますが、もう一つ面白い話題でもあげれば

来年我が国は新たな時代、要するに新天皇が即位されますが

新天皇とは新しいこの国の国王みたいなもので、新時代の元号こそ要注目です。

新元号なんて新国王が即位するにあたって新しい国づくりの抱負みたいなもんじゃないかと思いますが

あんまり面白くない抱負を聞かされても困ります。はっきりいってこの30年間の国王の平成という抱負は

私はあんまり好まないとこがあったようで、結局もう終焉なのであまりいいませんが

新国王こそと期待してるとこあります。そりゃみんな自分にとっての都合のいい抱負が聞きたいですよね。以上。

 

2018.9.26

ここでいわゆる運命の話として、以前少し話したこともありますが

そもそも我々人間一人や地球、太陽系と宇宙の誕生こそ運命のはじまりです。

宇宙が誕生した際、ビッグバンを起こして誕生したというのが定説ですが、その時の元祖的成分なりなんなりの

飛び散り方や生成から全てが作られ、星によっては地球の様に生命も誕生し、とはいえ全てが森羅万象で

全てがそうなるからそうなるように全てが宇宙の誕生から終焉まで一本の道でつむぐのが運命です。

それゆえ運命を見通そうと思えば、さっきいった宇宙の誕生の際のなんらかの物質の拡散の仕方の計算式だのが

宇宙の真理の計算式であり、そこから起因して運命を見通せることもあるかもしれません。

あと手がかりとして現在の宇宙地図もそうですが、巨人みたいな尊大な人が流れるとき巨星が流れるなんてのも

宇宙のメカニズムとしても一つの連動するとこかもしれない手がかりかもしれません。

軽く予言を行う上での草案を書いてみましたが、NASAあたりでも研究してみたらいいかもしれない。以上。

 

2018.9.27

ここでちょっと面白い話。

いわゆる私にしてもそうですが、何かひらめく時ってよく頭に雷が落ちる表現しますが

実際雷とは神の怒りの攻撃でもあるといわれ、実際には体に落ちると黒焦げになって死にます。

それが頭に落ちる表現とは、頭に巣食う悪魔なんかが雷でうち死ぬことで足かせがはずれる感じでひらめきます。

要は人間なんて誰しも頭に魔でも巣食ってる部分もありますが、その悪魔が雷の表現でうたれることで

ひらめくという感じかなと。要するにひらめきの天才なんて頭に魔があまり巣食ってないとこがあるかも

しれませんね。是非ご参考までに。以上。

 

2018.9.28

ここでジョンの魂を注いだ私からセントラル・パークの住民たちにひとこと。

セントラル・パークの住民の影響が、世界が結局平和に進んでユートピアに近づくと思います。

理念をいえばセントラル・パークの住人こそ平和を望む種族でもあり

どこの国も争わないのならばセントラル・パークの住人こそ力になって世界はよりよくなります。

セントラル・パークの拡大なんかも世界をよりよくするにはいいのかもしれない。以上。

 

2018.9.29

ここで私独自の推測による近年のロック史の解説。

そもそも私、80年代の頃を中心にいわゆる何かとできるタイプでもある頭もいいのかなというタイプでしたが

その反面、なんというか自分でも馬鹿だったんじゃないかというような通称ロックの部分も多分にある

筋金入りのロッカーの類でしたが、その後ロック史に異変があったのが世界的にも代表して歌った

90年代中頃のレニークラヴィーッツのロックンロールイズデッドの頃から世界的にも何かあります。

いわゆるその頃からロッカー達のロックの部分でも消していったんじゃないかとロッカー自身でもある

私もなんとなく感じますし、いわゆる安全弁でも付けたといえば聞こえはいいですが

やっぱロック死にましたかね。世界的にロックが復活する日は永遠に来ないかもしれませんが

軽くエセロッカーとして何かと愛でも歌っていくかもしれません。ロックよ永遠に。以上。

 

2018.9.30

ここで昨日ロックの話が出たのでもう少しロックのことに言及。

いわゆる我が国の花火をご存知でしょうか?文字通りわずかな期間だけ打ち上がった後

大きく綺麗に大空に咲いた後散っていきます。その花火を見て我々も総じて「たまや〜」なんて

掛け声をあげる要するにそういう花火の人生をたまと掛け声かける民族でもあります。

いわゆる我々日本人、人生を疾走しきって最後ちっていったロック番長信長あたりを筆頭に

ロックな民族なんですが、そのロックが死んだなんて実は先人の神様達もなげいているかもしれません。

ロック絶対主義ではないですが、実はロックの精神こそ我が日本人の心なのをお忘れなく。以上。

 

 

10月上巻

2018.10.1

ここで昔からの格言の話を一つ。

あんまりこういう言い方するもんじゃないですが、いわゆる食う寝るやるだけで何にもない類を豚の生活に

なぞらえて豚といいますが、結局豚なんて生まれる前から結局地獄で焼き豚にされる運命でも

もってんじゃないかということを受けても豚なんですが、その何も気づかないまま地獄に落ちてる

豚の類に神の悟りや哲学を与えてみても、なんの意味もないことを豚に真珠とはよくいったものです。

豚にとっては神の悟りが真珠のような宝石ではなく何に見えるのかという格言ですが

あんまり豚に豚というもんじゃないですが、結局いろいろ学ばれて考えてみるのがいいと思います。以上。

 

2018.10.2

ここで先行して手記の上ではもう10月に入ってますが

いわゆるボクシングだの格闘技なんかの類を私自身も好むところはあるんですが

その格闘技なんかの世界での履き違えた哲学のあり方が軽く気になることがあります。

そもそも武力での戦う男の哲学にしても、土台となる神の悟りを踏まえた上での戦う魂の哲学でもあり

そもそも土台となる神の悟りを知らない人の戦う哲学が軽く馬鹿なのかなぁと思うことがあります。

いわゆるなんの影響を受けたのか浅はかな生兵法的人生哲学ですが、そもそも神の悟りを踏まえた方が

いいと思います。結局再三話する孫悟空だって結局は天竺、天国のために戦い続けたのであって

なんか哲学が生兵法に感じることがあります。基礎が肝心です。以上。

 

2018.10.3

ここで先行してますが、息抜き的に雑談な話。

この私の運営するYUSUKE TAGAMI CULTURE CLUBですが、そのネーミングの由来を一つ。

そもそもこのサイト、自身の歌や絵を紹介するサイトでしたが、おおざっぱに絵や歌の文化を紹介するサイト

というニュアンスでもありましたが、近年いわゆるこの手記をつけだしたあたりから

このDIARYこそ本陣的でもあり、このDIARYでの手記の文が化けてどこぞの文化にでもなればお手の物といった

まさに私YUSUKE TAGAMIのカルチャークラブなんですが

どうでもいい話ではありますが今後とも皆さんご愛顧のほどをよろしく。

 

2018.10.4

ここで私の考察するちょっとしたリーダー学の面白い話。

そもそも90年代あたりのこの日本国、90年代初頭頃、国が疾走してた感じがします。

その結果中頃から終盤にかけてあたかも疾走しすぎて、カーブでも曲がりきれず国がクラッシュした感じも

受けます。余談ですが私も90年代中頃から国と共にクラッシュした感がありますが

その後現代に入ってきて私も国も再疾走段階にあるかもしれません。

私も国とともに生きてきましたが、要は結局は何が言いたいのかというと、国の牽引役なんて

国を加速しつつスピード調整もしながらハンドルを切っていくレーサーのような血も必要なんじゃないかと

思います。国を強くするためには当然アクセルも踏みますし有能なレーサーみたいなタイプもいいかもしれない

とかいってみて今日の手記はこのへんで。以上。

 

2018.10.5

私は生粋の日本人でもありますが、ここで近年の日本とアメリカあたりの気になる違いをひとつ。

そもそもアメリカ人が頭が悪いというのは間違いです。

アメリカの性質は私が思うにいわゆる重箱の隅をつつくとこがないだけで頭もいいです。

むしろ近年の我が日本国が要は重箱の隅をつつくような精神してるだけで、別にそれはなんも

頭がよくないこともあると思ったりします。むしろ重箱の隅なんてアメリカのように

そんなとこほっとけという精神の上での技能やらなんやらの高さが頭がいいと思います。

近年の我が国の重箱の隅をつつくような精神ははっきりいって私はあまり好みません。

やっぱりなんだかんだいってアメリカあたりが一番進んでるとこあると思います。

皆さんも一度考えてみるといいかもしれません。以上。

 

2018.10.6

ここで美しき名前の世界の話をひとつ。

そもそも以前記したことがあるように、名前がそうだがらそういうストーリーをたどる漫画のネームや

そもそも漫画やゲームのキャラなんて名前ありきでキャラを作ってるとこがあったりします。

要は名が体を語るでもあり、私もあんまり詳しいことは知りませんが、いわゆる魔術なんかでも

名前って重要なんじゃないかと思います。いわゆる名前の魔力の詳しい話は知りませんが

結局名前がそうだからそうなるとこあるかもしれませんね。名前はいい名前を。以上。

 

2018.10.7

昨日の名前の魔力の話から私自身のことをひとつ。

名が体を語ることがあるのは昨日の話ですが、私、ゆうすけって名前で40年生きてますが

結局私のゆうすけって考えてみると、なんか英雄的な雄なとこもあるようで

すけの部分が女とも出れば、いわゆる遊女だとかのたぐいであったり・・・

考えてみると私の40年の歴史もしっかりゆうすけなんじゃないかとか思ったりします。

いやー、今後の人生もやっぱり私ゆうすけなんでしょうね。ゆうすけフォーエバー。以上。

 

2018.10.8

名前の考察からの話でもうひとつ。

そもそも詳しい話は知りませんが、映画なんかでも千尋という名をを千という名に変えて働かすところあたりとか

そもそも名前を変えることとかが魔術のたぐいですか?

名が体を語ることを逆手にとる術ですが、それってネットなんかでもハンドルで書き込むとか

あんまりよくないことにも繋がるんじゃないかと思います。例えるなら自分で自分に術でもかけて

現実の生活なんかに支障が出るような感じですが、ネット情勢はともかく何かと本名を大切に。以上。

 

2018.10.9

ここで私自身の記憶を振り返った話。

ここんとこ名前の話がつづいてますが、いわゆるハンドルなんかのたぐいも名が体を語ることを

逆手にとった、とまではいいませんがそういうニュアンスもあるんじゃないかと思いますが

私昔、レノンなんてハンドルを使ってたことがあるんですが、その頃の記憶でたしか

レノンのハンドルで名を語り出したあたりに、ギターでの作曲のセンスが和から洋の変化を

自分でもなんかセンス変わったかななんてなんとなく記憶してますが

それって私、知らず知らず自分に魔術でもかけた感じなんでしょうか・・・

私、今でもレノンといわれればなんとなく自分だと思うとこがあるとこが

私の中にゆうすけとレノンがいますか?あと長く名乗ってたハンドルあたりがと思い起こしますが

私なんか魔術師みたいなとこもあんのかなぁとか思います。それとも馬鹿ですか?w

皆さん名前は慎重に。以上。

 

2018.10.10

ここで突然思い出したようにゲームの話。

私の記憶に残るゲームとしてファイアーエムブレムの聖戦の系譜がありますが

そのゲーム読解すると、地域紛争的に戦っているシグルトの軍と邪悪な敵軍との土地に

結局エンディングに深い意味の隠されていた風のレヴィンが風のようにあらわれ、シグルトの軍の方に加勢します。

その結果レヴィンのものすごい強さも定説ですが、それでシグルトの軍に勝利をもたらした後

また風のように違う土地へ去っていくレヴィンこそいわゆる神でもあり

結局神は正しい理念で戦うシグルトに助力したという間接的表現でもある奥深く考えれば傑作ゲームですが

そのゲームの作り方もやっぱり道徳的なものだけでなく、歴史学にもとづいてもそんなものです。

結局、神のレヴィンも邪悪な敵軍の方につきゃ世が狂ってる証ですが、やっぱり世界は正しい。

悪なんていずれ滅びるものでもあり、世界はどこまでいっても神の統治する世界です。以上。

 

2018.10.11

ここで例の1000年生きるともいわれるアルファでありオメガの全能者の話ですが

1000年生きるというとこなんかも踏まえて、今までと別の読解でもすれば

もしかしたら以前少しいったように、この世界は7日で創造された真の神みたいな方がおられて

その真の神が特別気に入ったお気に入りみたいな人が全能者かもしれません。

それゆえ特別に1000年の寿命や能力を与えるような、なんか真の神からすれば面白い人なのかも

しれませんね。なんか世界を創造された真の神ってテレビでも見てる感覚で世界を見てるかもしれません。

お気に入りにされた方はうらやましい限りですが、なんか案外そういうもんなのかもしれません。以上。

 

2018.10.12

最近連絡の取れてない親友に告ぐ。

私にとって小学校時代の相方が盗賊の鍵でもあり

高校時代の音楽の相方が魔法の鍵でもあり

君は両方併用できるやっぱり最後の鍵でした。

是非連絡を待っている。*公式サイトでの私信ですがすみません*

 

2018.10.13

ここで定例の神のことでどうしても神のことが信じられない人に告ぐ。

神のいうことがなんか嘘じゃないかというのも、神が2000年前、人間界や人間のことを考察していて

その発展であろうことからふとしたことから結局は死後の天国、地獄の検証まで行き着きましたが

信じられないという人はおそらく、東釈迦あたりでも神の記述の裏付けや検証が甘いといっておられる

のだと思います。そういうのならば昔の人というのは、古代の天文台を見てもまったくもって誤差のない

天文台を作ってたりするのをご存知でしょうか?私はそのうち科学でも神のいわれることを検証すれば

裏付けられると思っています。皆さんよい旅を。

 

2018.10.14

日本古来の伝統の技に干支の話を以前少ししましたが

そもそもこの技、人そのものにも適用できたりします。

私も以前この技に適用すると、筆頭どころのねずみかなぁとか勘違いしてた時あったりするんですが

やっぱり私、世の3番手あたりのタイガーマスクだとかの虎かなぁと思います。

まぁ虎のたぐいとしても結構上の方なのでいいですが、思い起こせばねずみと勘違いしたことが

何かいけなかったかなぁと思います。虎にしてもねずみにしても強い弱いもありますが

おそらく結構強い虎だと私自身は思っているんですが皆さんも少し考えてみるのも面白いかもしれません。以上。

 

2018.10.15

ここで昨日の話から人を干支に例えた、私の属するであろう虎のちょっとした解説。

当然虎は世の格付けで3番手ですが、虎は龍と軽くコンビを組むこともあったり

逆に時々大きいガラス窓に特攻しかけてくる鳥のように、虎と鳥って軽く相性悪いです。

なぜかというと、戸が裸なのが虎に対して、鳥は戸はら離れます。

まぁ私も虎として鳥とも仲良くしたいところではありますが、同じ虎の仲間よろしくw以上。

 

 

10月下巻

2018.10.16

ここでちょっとした精神科の解説。

私も少し栄養失調からであろう脳の軽い異変を薬で治療していますが

いわゆる私のような脳の異変や、いわゆる恋煩いなんかで気を病むのも精神科です。

精神科といってもいろいろなケースがありますが、要は最近では総じて脳の病気だそうです。

私の場合はくどいようですが、おそらく栄養失調が原因ですが、いろいろケースもあるのかなといったところ。

脳のことの解析はまだ遅れていますが、そのうちいろいろ分かってくることを期待しつつ。以上。

 

2018.10.17

ここで昨日の精神科の話で私流の解説の補足。

そもそも精神科といっても脳の異変からくる伝達物質なんかの不足で体がしんどくなったりするのが

病気の大元ですが、はっきりいって人の性質なんてのは人体の内臓から大元でくるものであって

別に気が小さいだの肝が小さいだのいっても心臓や肝臓が小さく弱いだけで別に病気でもないです。

そんなもんはっきりいや直しようもあるわけないのが定説で、それこそ心臓を大きくする薬でも

作りますか?まぁ精神科といや脳の伝達物質の異常なだけです。以上。

 

2018.10.18

昨日の精神科の話もうけて、そもそも気質や性質の違いは内臓の大きさや

昔の人は虎だの鳥に分類したり、東の神も人の性質の違いの分類をシヴァやガネーシャに例えてみたりする

いわゆる人間というのは誰しも皆同じではないと神もいっているといってるのにも関わらず

人間を皆ロボットの様に同じものにしようとするのも、神のいわれる自然の姿にそこまで立ち入って

手を加えてはいけないという、いわゆる神にも喧嘩売ってるような行為だと思います。

まぁ自然の姿をあまりどうこうしようとするのはあまり良くないという話です。以上。

 

2018.10.19

ここで定例の神の説法の違った角度からの解説。

いわゆるあの世の世界なんて母なる大地、地球というお母さんにいい子には万年のご褒美を与え

悪い子には1000年のおしおきを与えられるというまさに母なる地球の所業でもあります。

地球も太陽と比べれば小さいとはいえ、地球だってものすごいでかさがあるのは当たり前ですが

そんなデカすぎるお母さんに逆らおうなんて絶対思わない方がいいと思いますが

総じて絶対的にいい子の方が利口なものです。あんまり悪い子も考えものかな。以上。

 

2018.10.20

ここでロックの歌に関するちょっとした悲劇も交えた話。

まぁ、はっきりいうのもなんですが、昔からどこの国でもいわゆるあっちのことって豚っていうのか

そんな歌あんまり世界に広めてたら豚にされたんじゃないかとか思ったりしますが

あとそういうアルバムに豚が飛んでる絵使ってみたりと、まぁあんまりそういうこと歓迎されないようです。

いわゆる秘め事でもありあんまりおおっぴらに歌うもんでもないんじゃないんでしょうね。以上。

 

2018.10.21

ここでちょっとした面白い人間考察の話。

結構私にしてもそうなんですが、街でも歩いてりゃ飛んでるやつなんて

なにかと富んでて何か持ってることがあることがあります。

それが金であったり才能であったりしますが、私の場合金は持ってないですが

実はここだけの話、5番勝負くらいの万能さで競わせれば結構地上最強くらいの才能を

持っている自信もありますw実際試してもらっても構わないですが、私かなり強いですw

まぁあんまり自慢話もやめときますが飛んでるやつ探してみるのもいいかもしれませんね。以上。

 

2018.10.22

ここでちょっとした重大発表。

私、結構ぶっ飛んでるとことかあるんですが、それってもしかしたら詳しいことは知りませんが

私が昔、小学校低学年の頃ケガして傷ができた時、裏山に生えてるヨモギを採って練りこんだことが

あるんですが、あれがもしかしたらよく知りませんがトリカブトだったんじゃないかとか・・・

トリカブトって毒とも定説ですが、もしかしたら名前から鳥頭にでもなる野草だったのかなぁとか・・・

あんまり真似しない方がいいと思いますが、やっぱその後ぶっ飛んでるとこあんのあの時のせいかなぁとか

思ったりします。むー、運命ですね。以上。

 

2018.10.23

昨日の話のトリカブトの話もやっぱそんなことないかなぁと補足しておきますが

今回は定例の世界の話、神の話でもあります。

例えば今現在でも世界の金なんかにしろ富豪的に持ってる閣僚たたちこそ

世界に残る本物の絵なんかに本気の額を付けます。

本気の絵なんて本気の人たちの神のことにもまつわる絵も多いですが、その意味のわからないところが

いわゆる一般庶民なんかがそうでしょうね。世界の重鎮たちこそその意味がわかるところが

世界の理由を説いていると思います。あんまり神を馬鹿にしない方がいいですよ。以上。

 

2018.10.24

ここで素人ではありますが、ちょっとした私流の医療の解説。

最近NHK出版の医療書を読んだんですが、それによると人体というのはこれまで臓器なんか

車に例えると部品のようなもので、心臓なんかが動いていてエンジンの役を果たしている的な考えでしたが

最先端の医学で、臓器はおのおのある意味生きていてそれぞれの臓器がメッセージを送ってたりして

そのやりとりで人体ができあがってるそうです。その理屈で考えればやっぱり精神科って

肝臓あたりの臓器のメッセージで精神に悪いとこが出てきたりするんじゃないかと思いますが

やっぱり東洋医学の精神の異常の原因は肝臓あたりにあるというのも踏まえて医療を考えた方がいいと思います。

肝臓の他にも連鎖している臓器の役割なんかもあると思うので、今後の医療に期待してます。以上。

 

2018.10.25

以前神のとかれることなんて今の学問で無理なら新しい学問でも作ってみればいいといいましたが

その際、自然現象なんかを学問にするにしても、学問というのは総じて数学なんかにしても絶対的法則が

あります。例えば数字というのもプラス、マイナス、かける、わるの因数分解なんかにしても

式にすると式をそうあつかえばそう出るという絶対的自然の法則があります。

それを数字ではなく風や火や水といったものを自然の法則に当てはめながら式にして新たな定理なんかも

踏まえて学問を発展させれば神のいわれることもとけるかもしれないという感じです。

一度世界で本気で検討してもいいんじゃないかとか思ったりします。自然を科学する。以上。

 

2018.10.26

ここで勝負事に関する軽く過激な話。

勝負というのは決して正々堂々とクリーンファイトで勝たないとなんの意味もありません。

いわゆる汚い手を使う汚いやつは、通称汚物とかけてうんこといいます。

そんな汚いやつが汚い手法で勝ち上がっても、そんな話、うんこ物語にしかなりません。

それで汚物なんかに毒されたら結局通説の地獄で焼かれて消毒を受けるのも哲学です。

軽く常識の範中のファールはあってもものすごい汚い手なんかあるわけないだろってことで。以上。

 

2018.10.27

人類の原因。それは脈々と流れる血に原因があります。

もし再三いっているアルファでもありオメガの全能者、要するに人の世の神が誕生した際

その神のどういういきさつか誕生した人類史上究極の血は脈々と伝え広めるべきです。

その逆でそういう神の血が誕生した際、どこかで人類史上いけない血、悪魔の血も誕生するものなのも哲学です。

悪魔の血の誕生なんて、結局そんな血世界に広めては絶対いけないですが、総じて結局は血なんです。

血の結合での新たな血の誕生の歴史が人類の歴史でもあり、神の血の誕生の際の悪魔の血の誕生でもあり

血のことをあまり馬鹿にしてはいけません。私にもいい血が流れることを願いつつ。以上。

 

2018.10.28

ここで私も格闘のプロ的立場としてちょっとした助言。

そもそもいつも怠けてらくしたがる奴に強いやつはいません。

逆に自虐的なやつの方がいつも自分の体を酷使して鍛えられてる分強いです。

結局なんだかんだいって鍛えてるから強いのであって、不良じみてるから強いにはなりません。

まぁ私にしても軽くそうですが、鍛えてる類もいますが、あんまり不摂生がたたってるようなやつに

強いやつはいません。まぁ大抵体を見れば分かります。以上。

 

2018.10.29

ここで定例のアルファでありオメガである全能者の話。

ヨハネの黙示録による全能者って、やっぱり神話のゼウスだとかの類じゃないかとは以前も書きましたが

実は私の名前、和名ではありますがそういう名前してます。

私、本名、田上雄介なんですが、それって田上の通説の太陽の一族の雄介、結構ゼウスですw

なにかと全能的に才能もあると自負してますが、やっぱ私がゼウスですか?w

名は体を語るも通説ですが、なんか私そういう運命でもあるかなぁとか思ったりします。多少期待して以上。

 

2018.10.30

ここでドラクエ的に爪の話。

爪というのは能ある鷹は隠すといわれていますが、結構私もここでのサイトでは

結構表現も多いですが、現実的なとこでは結構隠していたりすることもあります。

私も結構な爪を持ってると思いますが、案外あくまの爪的なとこもあったりするようで

やっぱ私の爪はオリハルコンの爪に持っていきたいようで、結構敵も招く黄金の爪かなぁとかw

どこにでもある鉄の爪よりは強い爪だと思ってるんですが、結構オリハルコンでは?w

実はものすごい爪してんなぁって人も中にはいるので、まぁ隠してる方が無難です。以上。

 

2018.10.31

人間というのは人は誰しもまっさらな右も左も分からないまま生まれてきます。

その結果自分の人生を経験しながら先人の偉大な記したことや現代の作家なんかにも教えてもらい

なんかしら影響を受けて育つものです。その結果人類史上偉大な東西お二人の記したことは

東の釈迦あたりを例に出せば、通説で壮絶な時代に壮絶な人生を送りながら悪戦苦闘を繰り返し悟り

たしかな検証のもと記したまさに人類の代表的存在なのが今だお分かりにならないでしょうか。

そんな人が馬鹿でもなんんでもなければ、そんな人のいわれることにこそ学ばなければ

誰に学ぶというのでしょう。何も分からないまま馬鹿な哲学でも唱える馬鹿作家にでも聞いてみますか?以上。

 

 

11月上巻

2018.11.1

私達のまわりを流れる時間というのは、一時も止まることなく絶え間なく流れています。

そんな中その時間の波を上手に泳いで先頭集団あたりで泳いでいるところが通説天才達です。

逆に絶え間なく流れている時間の中で立ち止まっていては、先頭で泳いでるとこからますます遅れていって

通説馬鹿と言うのか知りませんが結構馬鹿の理論になります。何かと先頭あたりを泳いでいても

古いものでいいものは残そうとするのはいいですが、立ち止まってる表現だと結構馬鹿です。

まぁ何かと新しいものを取り入れる方が頭いいともいいます。以上。

 

2018.11.2

私は中国の三国志なんかも好きですが、同じ中国の紀元前の春秋時代の話も結構好きです。

春秋時代は項羽と劉邦の2強の話なんですが、項羽というのは正面衝突の強さは天下一品です。

片や劉邦は敗走も多いですが、狙いのある敗走であったり決着を付けた四面楚歌の歌戦法であったりと

何かと技があります。私もその昔結構、項羽のタイプ的でもあったかなぁなんて思い出しますが

なんか最近劉邦のタイプでもあります。劉邦のタイプとしては正面衝突でも一応ウェイトも110キロくらいある

とこの最上級どこじゃないかと思っていますが、片や本気の項羽なんてごくたまに見ることもあるんですが

推定ウェイトも120、130キロ級のはっきりいって極道ですねw

まぁ結局劉邦が天下統一して、この国でも使われてる漢字の漢王朝を開きましたが、やっぱり何かと

劉邦的な方がいいこともあるようでって感じです。まぁおそらく私は劉邦でいきます。以上。

 

2018.11.3

ここで頭の良さ、頭脳の話。

頭脳と一口にいってもいろいろあったりしますが、いわゆる戦争なんかに置き換えてみると

いわゆる机上の空論で計算式とかで計算するタイプは兵器開発などの技術班です。

片や将たる将はいわゆる鼻がきくなどの野生のエナジーみたいなのがないと兵を率いて勝てません。

現場で勘を駆使して戦う将と裏で机上の空論で兵器を開発する技術班、まぁどっちが欠けても戦争には

勝てませんが、最近鼻のきく勘なんかに長ける将軍的なタイプが少ないと思います。

いわゆるそういうタイプがガキ大将のタイプだったりするんですが、何かと最近少ないですね。

もうちょっと子供の頃からの教育も見直してみてもいいかもしれません。以上。

 

2018.11.4

ここで昨日の戦争に例えた話も受けて、ここで私の考える現実のガンダム的ニュータイプ部隊の話。

漫画ではありますが、ガンダムの中で一際主人公の所属するニュータイプ部隊は強かったですが

現実にニュータイプ部隊並強さの部隊を作ろうと思えば、ずばり無人艇の中の有人艇です。

おそらく強いような気がするんですが、コンピュータ制御の戦法をとる無人艇と人の操縦による有人艇で

軽く撹乱も踏まえるとかなり撃ち落とせる確率もあがるようでどうですか?

まぁ無人艇の開発はまだまだだと思いますが、その中に有人艇を混ぜる。これですね。以上。

 

2018.11.5

ここで喧嘩の哲学についてひとつ。

何かと人間、不愉快になってくると喧嘩っぱやくなってくるものです。

いつもニコニコして幸せそうな人があまり喧嘩なんかふっかけてきません。

喧嘩っぱやい人なんか文字通りいつも不愉快そうな顔してるもんですが

そういう人いわゆる不幸な人でもあります。まぁ幸せな人が喧嘩なんかしないもんですが

愉快になって幸せになりたきゃ誰か愉快にして幸せにする。そうしめて今日の手記はこのへんで。以上。

 

2018.11.6

ここで定例の神の説法の解析ですが、東の神のいわれる自分のしたことが自分に返ってくる因果応報ですが

それもいつぞや話した自然をとりあえず簡素な公式から学問を設立し、いろいろな検証からの定理の開発

そして結果的には数式あたりのプラス、マイナス、かける、わるの因数分解的な数式の絶対的法則から

結局自分のしたことが自分に返ってくるという自然現象がとりあえず机上の空論でとけるはずです。

その結果現実でも記録をつけて検証すれば間違いないと出るはずと私は空想しますが

とりあえず手始めに自然を科学する学問を設立するのもいいです。誰か作りませんか?w以上。

 

2018.11.7

ここで私も多様しているコンピュータの話。

時々コンピュータをいけないものと愚直にいう人がいますが、私はそれは間違いだと思います。

そもそもコンピュータも道具というのは分かると思いますが、要は道具なんて使い方です。

道具というのは使い方次第で天使にもなったり悪魔にもなったりするものです。

コンピュータを正しく使う人ばかりなら非常に便利な文明の利器でもあり魅力的なものでもあります。

結局コンピュータがいけないというのも現代でも使い方を間違えてる人が多いからだと思います。

何かとコンピュータにしろネットにしろ正しく使いたいところですが、今だ賛否両論も多いですね。

私は正しく使う分には賛成派です。以上。

 

2018.11.8

ここで話を変えて言霊の話。

言葉というのは意外にも魔力を秘めてるものです。

言葉というのは口にした瞬間魂を持ち、幸や不幸を招き寄せたりするという学ですが

いわゆる呪文なんかのたぐいも言葉に魔力を込める言霊的なとこがあります。

それゆえ口にするだけでなく、心の中でさえ嫌な言葉を思わないようにして幸を招き寄せようというのが

究極の言霊論だそうですが、私もなるだけ嫌な言葉なんて出来るだけ心の中でさえ思わないよう

にしようと生きています。言霊を馬鹿にするでなかれ。以上。

 

2018.11.9

ここで頭の解説。

私が考えるに頭というのは土台の聡明さがあります。

その上でどのくらい頭を活用しているかで頭の良さというのは変わります。

そもそも健康な透き通った聡明な頭していても使わなくてはやっぱり馬鹿です。

それで土台の頭がなんか頭曇ってんなぁ的なのもあまり良くないです。

まぁ自分のことでもいえば寝て起きて2秒でダッシュできるくらい聡明で結構使ってるので

結構いいはずなんですがね。以上。

 

2018.11.10

再三に渡って神の話、因果応報なんかを話してきましたが

ここでちょっと考え直しましたが、いわゆるいじめなんかも、まったく人をいじめたことなんかないのに

いじめられるなんてのも、いろいろ深すぎるんですが、いろいろケースもあるようで

そもそも世界って男が女をいじめてますか?もし男が女をいじめる世界なら世界からいじめはなくならない?

そのいじめのある世界の犠牲でも受けてる?まぁそもそも自分のしたことが全部自分に返ってきているだけでなく

いわゆる困難なんてのも降りかかる世界かというのが解析の前提ですが、その困難を生み出しているのが

いわゆる地獄落ちの要素の魔であり、その魔の生み出した困難が降りかかっている?

そうすると先にいったように男が女をいじめている表現なら世界から魔はなくならず

その男に魔を返す為に魔をもつやつが現れ、その魔をもつやつにまた魔を持つやつがあらわれ

結果的にどこからともなく誰しもが困難を持ってる世界でもありますが

その困難に負けて自分が魔で困難を作り出していたら

魔で自分が地獄に落ちる。

まぁいろいろ組み合わせてみるとそう出ると思うんですが、男と女がいる限り世界から困難はなくならないって

ことでしょうか。というよりいじめるやつが魔で困難を生み出しているのかな?困難に負けずよい旅を。以上。

追記:その困難の発生のメカニズムが人体のガン発生のメカニズムにつながるかもしれませんね。

 

2018.11.11

ここで私の個人的意見ではありますが、世界なり人なりの哲学を唱える際

最近、等身大の視点で描きすぎるような気がします。

等身大すぎる故、重箱の隅でもつつくようなはっきりいってどうでもいいようなことを議論します。

むしろ壮大なスケールの宇宙空間の中の何十億年級の時間軸の中で考える人の一生

要するに何も気にすることなく、しいていえば神のいわれる天国行きのことくらい気にして生きる方が

有意義だと思います。まぁあんまり小さいことは気にしなくていいってことです。以上。

 

2018.11.12

再三神のいわれる因果応報の理論をといてきましたが

因果応報の果ての理論として、やっぱり避けて通れないのが男と女の因果応報の理論です。

例えば顔のいい男とデートでもすることで女が喜ばれてんなら、その男にも喜びが返ってくる

善徳みたいなものになりますか?という顔も才能なのかという議論から

終いにはいわゆる性交渉なんかでもまったくもって喜んでる女の人なんてのも存在するのか?という

生物学的な観点で考察してもそういうこともありますか?という果ての討論ですが

いわゆる先の困難、ガンの発症メカニズムが証明されればやっぱ善徳として男と女の交わりはないとかどうかとか

いろいろ検証してみることもあると思いますが、まぁ因果応報が証明されてもやっぱり男と女の関係こそ

最後の砦的読解に検証がかかりますか?なにかと研究材料はありますが、誰か実際研究してみては?以上。

 

2018.11.13

人の為に何かするというのは確かに偽りだということもあるかもしれません。

しかしながら多少偽りであってもその偽りによって喜ばれる人もおられるものです。

何かと善行なんて多少偽りも含みますが、それで喜ばれている人がいる以上喜びも返ってくるものです。

その喜びの連鎖が結局人生の終局、天国につながると思いますが、何もまったくもって本心じゃなくとも

多少偽りを含めていい行いをするのも別に悪いことではないってことです。以上。

 

2018.11.14

ここで金にまつわる値段の話。

物の値段というのは、そもそも作っているとこがつけています。

例えば食べ物なんかなにも食品連盟みたいなのがあって、うまければうまいほど高い値段が

ついてるわけでもありません。たとえ安くともうまいものなんていくらでもあります。

その結果物にしろ食べ物にしろいいものだからいいのであって、何も値段が基準ではありません。

まぁ人それぞれ思考はありますが、高級思考でもいいですが、私はいいものがいいという考えをしてます。

まぁ結局人それぞれです。以上。

 

2018.11.15

ちょっと小耳に挟んだ話ですが、通説の天国地獄が大気圏あたりまで昇って焼かれるのが天国で

その下あたりの雲あたりが地獄だと馬鹿なことをいう人がいる。

そもそも雲そのものが天国で、地獄というのは土星のサターンあたりの衛星を引き合いにしても

地震や火山を巻き起こす核付近のマントルあたりなはずです。

はっきりいってデマなので信じない方がいいですよ。以上。

 

 

11月下巻

2018.11.16

ここで定例の神の説法の解説。

そもそも天国と地獄の話ですが、地獄に落ちる理念として人にうらまれるからというのがあります。

しかしここで勘違いしてはいけないのが、うらやましがられている、要するに嫉妬の類は

嫉妬する側が地獄に落ちると思います。うらまれるとうらやましがられるというのは実は大違いで

うらやましがるというのは当の本人がしない方がいいこともあります。

そこが本人が気づいてなくとも、自然現象でそう出るもんです。そこに注意してよい旅を。以上。

 

2018.11.17

ここで以前も少し書きましたが、人は皆それぞれ違うものです。

理屈も書けば起因するのは中身、要するに内臓の大きさや強さ性質が人それぞれ故皆違います。

それを皆同じロボットの様にするというのならば、皆の内臓を取り替えて一緒のにしますか?

起因するのはおそらく内臓が大元なので、人それぞれ違うと神も説法します。

間違っても人類ロボット化なんてしない方がいいですよ。以上。

 

2018.11.18

その昔、中国の三国志の時代に大勝負の赤壁の戦いの際、孔明がここ一番で風を吹かせて

火計で大勝利したという逸話がありますが、それを現実的にやろうと思えば

以前いった自然を学問にして数式にでもすれば、プラス、マイナス等の数式の絶対的法則を活用して

風を吹かす数式にでもすれば実際風も吹くこともありますか?

孔明もその季節の自然風を知っていたんでもなく、自然学的に大風を吹かせたんじゃないかという話ですが

もしかしたら学も推し進めれば可能ですか?誰かやってみればいいと思います。以上。

 

2018.11.19

ここで人の役割についての話。

社会にはいろいろ仕事はあれど、結局は体なことがあります。

軽く車にでも例えれば、家族のために働く自家用車を含め、軽く大型のはたらく車など

総じて何かの役に立たせるのが車ですが、私級にでもなればはっきりいって戦車ですねw

戦車の役割としては、やっぱり有事の時の戦闘も定説ですが、まぁ家族のために働く自家用車もありです。

役に立たない車こそ意味のないものもありませんが、何かとボディを車に例えるのもありです。以上。

 

2018.11.20

ガンガン先行して手記をつけていますが、ここで戦についてひとつ。

戦いというのは孫子あたりの兵法からいわせても、義というのが重要項目です。

いわゆる大義名分ですが、その昔徳川家が豊臣家に喧嘩ふっかけた大義名分が結構むちゃくちゃです。

よくそんな大義名分で徳川が勝ったなぁなんて思いますが、結構豊臣も反感買ってたかなぁとか。

いわゆる東徳川、西豊臣ですが、大義名分も大切ですが、いわゆる反感をあまり買わないことも大切。以上。

 

2018.11.21

世界には夜になると月が出ます。

月というのは面白く毎日結構どこに出るかわからないことがあります。

昼出てたりすることもありますが、それを昔のガリレオあたりからいわせれば地球と月、太陽がこうあって

こう回って更にこう回ってるからそう出るとか結構むちゃくちゃな理論じゃないかと思います。

本当にそれで計算できて、まだ家庭用とはいえファミコンもない時代に月にロケット飛んだんですか?

そんな昔からなんだと言われる月に行けるわけないのが定説なら、まだまだ世界なんて

なんも分かってないですよ。世界のことは人類史上最高栄誉賞ものの神にきくのも当たり前です。以上。

 

2018.11.22

世の中にはどこの歴史に習っても繁栄のあとに衰退があります。

神の作られる世界でも通称1000年王国で、1000年の繁栄が限度です。

そんな中永遠の繁栄なんてありもしないのに、それを望もうとするのは間違いです。

繁栄の後には衰退もあると気を引き締めて経営なりしてなければ衰退も早いです。

間違っても永遠の繁栄なんて望まない方がいいですよ。以上。

 

2018.11.23

ここで幸せについての話。

当然ですが、私はそんな大金持ってませんが、人の世というのはどんな人であれ大金を持ってると

絶対良からぬことを考えるものも表れます。その結果金持ちだからといって毎日つきまとわれるのも

結局楽しいものでもありません。結局金なんて生活に困らないくらい程よくあって

結局幸せというのは幸せな家族に決まっています。良妻賢母みたいな人でもめとってなにかといい子に

恵まれて過ごす幸せな家庭こそ幸せです。あんまり金なんか持ってても面白くないですよ。以上。

 

2018.11.24

ここでこの前いった月の話。

月というのは毎日どこに出るかわからない上晴れた日でも夜出ないこともあります。

昼出てたりすることも定説ですが、ほんとにガリレオの計算式で計算できるのか不明ですが

それ故昔の学者というのは本気の学者ほど天文学をやります。

要するに天文を観測して、天文がなんたるかと哲学して、天文が何か分かれば世界も何かわかるという

理念ですが、結局月にロケット飛ばしたなんて嘘なんじゃないかと思いますが

要は世界ってなんなんでしょうね?そりゃ神のといたことこそ聞くのは当たり前ですが

以前記したように昔の記述で真の神が7日でこしらえた世界ならこの世界はやっぱり

神のテレビか何かですか?w真の神のお気に入りこそ特別に1000年の寿命を与えられる

全能者なのかもしれないと以前考察して記しましたが、世界の理念なんて不明だらけです。

まぁ神にならうのがいいかもしれませんね。困難に気をつけてよい旅を。以上。

 

2018.11.25

ここで才能についての話。

才能というのは結局は愛と以前書きましたが、その理念としては愛がある人は体が暖かいのが通説です。

軽くウォームアップできてる体とウォームアップ前の体を比べても分かる通り

愛のあるところが血が暖かく何かと体が動いて器用なんじゃないですか。

いわゆる逆の冷血こそどれだけウォームアップしても体が温まらず、何かと不器用なとこが才能が

ないんじゃないかとか。まぁ愛のあるところが神に愛されるなんて考えもありますが

何にしても私は才能は愛だと思います。愛を持ってよい旅を。以上。

 

2018.11.26

昨日の血の温度の話の続き。

何かと愛が血を暖かくさせて才能になるんじゃないかと昨日いいましたが

ついでにいわゆる年齢のわりには若い人なんて、血が暖かいこともありますか?

まぁ私も結構若いタイプですが、要するに愛のある人、才能のある人が若い姿してるかもしれませんね。

なにかと血の研究の話ですが、まぁ以前少しいったようになにが違うって内臓なんかもそうですが

結局血が違うんじゃないですか?血がいいなんて絶対いいもんです。以上。

 

2018.11.27

ここで私の側面、絵の世界の話。

絵を描く人で巨人も多数おられますが、現代にほど近いゴッホの話。

私も詳しいことは知りませんが、ゴッホというのはまさに不屈の精神です。

何のためかはおそらく私も再三いっている神のいわれることに決まってます。

耳を切り落としたのか切り落とされたのか、そして最後凄絶な死にいたるまで不屈です。

そういう人の傑作にものすごい値をつける人も意味が分かってます。

世界というのは再三神がもうといてるといっても分からない人がいるための悲しい過去です。

ゴッホなんて私にとっては同じ同士として尊敬しすぎる人です。ご冥福を。以上。

 

2018.11.28

ここで定例の天国と地獄についての理念をひとつ。

そもそも自分のしたことが全部自分に返ってくる因果応報の世界ですが

以前テレビで見たアメリカの富豪、ロックフェラーあたりの行動を見てても、おそらく天国地獄の理念というのは

いわゆる終わりよければ全て良しみたいなとこがありますが?要するに過去の悪行もこの世で自分に返ってきて

清算できていれば、死ぬ間際の清算してないとこを善徳で埋めればあの世で天国に行ける理念とか。

まぁロックフェラーみたいな富豪の方が理念をよく知ってることもあると思いますが

私が以前テレビで見た感じではそう映りました。要するにまだまだ諦めるのも早いこともあります。

清算するだけ清算して死ぬ間際の善徳で天国に行ければ結果オーライです。よい旅を。以上。

 

2018.11.29

ここで天国と地獄についてのまだ未解決の三途の川のたとえについてひとつ。

いつぞや以前、この世にある3本の川なんて酸性、アルカリ性、中性のことかもしれないと書きましたが

昨日の考察から、やっぱり3本の川とは過去、現在、未来の時の流れの3本の川かもしれないと思います。

要するに昨日いったように、自分のしたことが自分に返ってくる世界とはいえ、過去の自分の行動が清算

できていれば、要は今現在なりの清算できてないとこがあの世に通じるという理念ですが

それゆえ過去に過ちを犯していても諦めるのは早いです。しっかり清算して今現在善徳をつんでいれば

結局あの世での清算は天国に行けるかもしれないという理念なので、最後まで諦めずよい旅を。以上。

 

2018.11.30

突然ですがダークマターというのをご存知でしょうか?

詳しいことは知りませんが要は同じ体積なり大きさしてるのに重いなんてダークマターの仕業と

いわれています。軽く私も見かけは多少小さく見えるのに110キロあって重いのが

ダークマターとか持ってるかなぁってとこですが、それを考察すると

ダークマターって要は地獄から呼ぶ声なんじゃないかとか。地獄から呼ばれて重力がかかる分重いとか

考えましたが、それは要するにやっぱり天国行きだからよばれるのであって、それゆえ善良な正義こそ

地獄から呼ばれて重く、それゆえ地上で格闘も強い理念とか。まぁ私は戦闘の強い人って正義と

考えたりしますが、何かと間違ってる方が弱いものです。喧嘩上等ですねw以上。

 

 

12月上巻

2018.12.1

まだ今現在秋真っ最中ですが、ここでは勝手に冬に入ってもう12月の手記です。

マルコポーロの東方見聞録というのをご存知でしょうか?

文字通り東へ旅していった記録ですが、要はあれは、東に行くほど、右に行くほど世界はどうなってるかという

手記です。東の果ての我が国ジパングも当時黄金の国と記したほど、右の方が正しい理念なのは

あの当時でも分かっていたにも関わらず、西洋がガリレオあたりが地動説を唱えて左が正しいなんて

いいだしてのあの大戦です。私は毎晩、月なんか観測していてもやっぱりガリレオの計算式じゃ

月には行けないんじゃないかと根強く思っていますが、大戦は悲しい過去でしたね。

天動説で右が正しい理念なら今からでもジパングに合わせた方がいい理念でもあると思います。以上。

 

2018.12.2

ここで釈迦の六道の解説。

六道とはやっぱりこの世の6つの道と思いますが、一応全部あげておくと

この世でも地獄の苦しみを味わう地獄界、金がなくいつも腹を減らしている餓鬼界

まるで豚のような本能のまま暮らしている畜生界、戦いをしかけるから戦いをしかけられる

戦いの連続の修羅界、善でも悪でもないごく一般的な生活をしている人界

最後に、愛を振りまくゆえ愛が返ってくる至極いい世界、天界。

まぁこの世の生き様なんて大方釈迦のいわれるとおりこの6つに分かれますが

絶対愛を振りまくゆえ愛が返ってくる天界がいいに決まってますが、なんかいろんな人いるなぁと思います。

まぁ90年代あたりに戦いの連続の修羅界の修羅をはやらせたのが何かと少し気がかりりですが。

まぁよい旅を。以上。

 

2018.12.3

ここで最近古典の技のこととか書いてるので、ついで以前記したこともありますが明鏡止水の話。

明鏡止水とは早い話が屈強な精神力です。明鏡止水の取得は大方体を鍛錬することにあります。

体を鍛え続けて体が大きくなると、人体の縦隔膜の弁がはずれてエアリークをおこすとこから

精神力が屈強になる技です。(たしかそうだったはずです。)

中国の三国志の敵の大軍の中に単騎で突入して奥方を救出する趙雲や敵国に乗り込んで弁舌をふるって

同盟をとりつける孔明あたりも明鏡止水の技もってんじゃないかと思いますが

早い話が強い精神力が欲しけりゃ体を鍛えることです。なにかとよい旅を。以上。

 

2018.12.4

釈迦の理想とする世界の構築のための説法にこういうのがあります。

世界はアートマンがブラフマンになればよい。要するに世界は音楽や絵を作るアーティストが

主張となって世の人たちを覚醒させてひっぱっていけばよい世界になるという思想ですが

その反対に金なんかが世の主張となって世界を作れば世は地獄落ちの世界の理念になります。

最近はどうかと思いますが、やっぱり世は歌など絵などのアーティストたちが隠れたところで

影響をあたえる世界の方がより皆が天国に行ける世界の理想に近づけるわけですが

なにかと金でもないですよ。芸術こそかもしれませんね。以上。

 

2018.12.5

最近釈迦の説法の話がつづいているので、ついでにもうひとつ。

釈迦からいわせれば世の苦しみは全て無知から始まると言われます。

知らないがゆえ結局何かと苦しむという説法ですが、地獄に落ちるなんかも知らないがゆえ

地獄に落ちて苦しむのかもしれませんね。何かと知るために勉強するというのはよいことで

結局この世の全ては勉強です。勉強しないなんてもったいないと思いますよ。よい旅を。

 

2018.12.6

ここで天の星座というより聖闘士星矢の話。

そもそも天の星座の理念はあまり詳しくないことありますが、聖闘士星矢流では

いわゆる神にお仕えする神を信奉する人達をブロンズ、シルバー、ゴールドの階級に分けて

星座の守護で表しています。いわゆる聖闘士のなりそこねというより聖闘士じゃないとこに

暗黒聖闘士やアニメーション版では車の聖闘士とか。。。

まぁ要は神を信奉する漫画ですが、星座自体は結構人の世を88星座で表してるとこもありますか?

星座に詳しい人の解説を待ちますが、まぁなにかと昔の人はたとえが好きですね。

まぁ一応いっておくと私はゴールドランクの星座通りの射手座かといったとこで以上。

 

2018.12.7

ここでちょっとした発表。

今年頭あたりから付けてきた手記ですが、濃厚な内容でお送りし続けた結果

結局年内に終わらせて、結局「ボクたちの一年戦争」とでも副題をつけようと思います。

まぁなかなか為になる話から妄想的話、1冊の本にでもならんかなぁといったところ。

今までご愛顧くださった皆さんありがとうございました。次があれば「ゆうすけのほのぼの日記」でも

書くつもりです(嘘)まだもう少し続きます。以上。

 

2018.12.8

神剣ファルシオンというのをご存知でしょうか?

天馬のペガサスにもゲームでは例えますが、要はペガサスの扱う声ではと。

ファルセットなんかにもかかるような声とも思いますが、その声が魔王を退治するといわれてます。

実は私結構ファルシオンもってますか?wまぁあとペガサス的でもあるかなぁなんて思いますが

なにかと私、伝説の勇者的ですなぁw真相は知りませんが今後の人生、期待してます。以上。

 

2018.12.9

以前人の違いは内臓の違いの他に血の違いをあげましたが

血なんかも現代で分かってる限りでもかなり細分化されます。

その血の掛け合わせ、要するに競馬の馬のように血液学なんかで優秀な子もできます。

神の血の誕生こそ神の誕生と以前記しましたが、そういう時には魔王の血の誕生もあるともいいましたが

まぁ何かと私が何かという人がいれば私の血を現代でも分かってるかぎり

分析してみればいいんじゃないですか?wまぁお前の血の色は何色だぁなんてくだりもありますが

血の性質が大元で、あと内臓の大きさや強さが人を区別するんじゃないですか。まぁよい旅を。以上。

 

2018.12.10

ここで人生に必要な目に見えないこと。

ずばり信用です。よくいわれますが、信用とは金で買えるものでもなく

信用されて信頼の厚い人こそみんなの中央のリーダーであったりします。

逆にすぐ裏切るような信用のない人こそみんなの仲間に入れてもらえないものです。

そのことが分かってない人もままいるようで、結局この人何たくらんでんだなんて信用されないのを

お忘れなく。結局心です。以上。

 

2018.12.11

以前、生きたいからこそ何かと生きることをし、死にたいから何かと殺すことをするんじゃないかと

いいましたが、要するに生きたいんですか、死にたいんですかですが

その何があっても生きたい心、要するに生命力みたいなものが結局行動でも生きる善の行動をし

その生命力なり善の行動が神に愛されるなりで才能があるんじゃないかとか。

要するに才能のある人なんて生きたい人だから善なものであるということです。

悪なんかに才能ある人いませんよ。以上。

 

2018.12.12

先日神剣ファルシオンの話をしましたが、ファルシオンとはおそらく声ですが

いつぞやの淡谷のりこ氏のファルシオンはおそらく偽です。

私もあまり詳しいことは知りませんが、ファルシオンを持ってる人って世界で1人ですか?

いわゆる世界で一人のそれですが、私も結構ファルシオンじゃないかと思ったり。

今後の展開に期待しますが、淡谷氏のファルシオンはもはや伝説ですねw以上。

(追記:初めの頃の音源では確認できません。おそらく私のファルシオンは最近です)

 

2018.12.13

ここで東京オリンピックも近いことだし、オリンピックの理念をひとつ。

オリンピックとはずばり神に愛されてるのは誰だ、ということです。

正々堂々とスポーツマンシップに乗っ取り、真に強い神に愛されてるのは誰かを決める大会ですが

通説ですが、やっぱり神に愛されるというのは残念ながら強いです。

そもそも人間も所詮アニマル、強い人こそ真にアニマルとしての才能がある理念からです。

オリンピックの本気の競技は早い話が格闘技です。無差別で戦って真に強いのがオリンピックの勝者です。

まぁ天下一武道会の優勝者が一番神に愛されてるという話ですが、結論をいえば腕力というのは才能です。

才能に気をつけてよい旅を。以上。

 

2018.12.14

私の話をガセビアという人もいるようで、またガセビアのようでおそらく真相の話をひとつ。

世界の代表的なフレーズにLOVE & PEACE も定説ですが、こういうのもあります。

世界のキーフレーズはYOU & I ようするにあなたと私ですが、これを別読解すれば

愛を持って言う。なにかとこれが世界の共通キーワードであったりします。

結局連日の説法話でも愛をもって言うことこそが自分に愛も返ってきて天国行きの理念かもしれませんね。

愛を持って言う。これにつきます。以上。

 

2018.12.15

ここで定例の神の解説。

神の好むものとして、言い伝えでは酒、処女、音楽とありますが

その表現は軽く豚と対比すれば真逆の豚がバクバク食べるなら神は酒を飲んで身を清め

豚が女をやりまくるんなら神は女を処女のまま側においておき

豚がガーガー寝てんなら神は寝てるというより音楽聴いてんじゃないかという

豚がなにもない種族なら神はなんでもある最高です。通説のヨハネのとこの全能者がそうじゃないかと

思いますが、結構私もそうですよwよい旅を。以上。

 

 

12月下巻

2018.12.16

ここで顔についての考察。

顔というのは何かと重要でもありますが、やっぱり顔で一番肝心なのは感じがいいということです。

感じのいい顔というのは結構誰からも好感をもたれ人気があったりします。

逆になんか2枚目的だけど感じ悪いなぁって顔は私もあまり好みません。

まぁ2枚目的要素もありつつ感じのいい顔こそはっきりいって異性にも同性にもモテますが

清潔感は保っていた方がいいですよ。まぁ顔なんて内面も表れるものと考察しますが

なにかと感じのいい顔がいいもんです。私的な意見かもしれませんが。。。以上。

 

2018.12.17

ここでまだ書いてなかったと思いますが、私の思う天才の理論をひとつ。

天才の理論もいくつかありますが、科学的な考察にもとづいて理論を説くと

要は天才とはまるで石臼でもガンガン回転させて軽く思考が停止してる時でも惰性で石臼が回ってる感じで

考えてなくとも高速で回転させてるのと同じような理論じゃないかと思うんですがどうでしょう。

逆に普段あまり頭を使わない人は石臼が重くてそもそも回転させだすのにしんどいという

要は天才って普段からガンガン頭使ってんじゃないかとかいう理論ですが、いわゆる惰性で頭が動いてると

いった感じです。まぁ結局はよい旅を。以上。

 

2018.12.18

ここでちょっとお笑いのことについて。

お笑いなんてはっきりいって、馬鹿なんじゃないかこの人的な馬鹿の笑いが笑えます。

個人的かもしれませんが笑いなんて馬鹿だから笑えんじゃないかと思いますが

はっきりいって馬鹿といってもただの馬鹿じゃないです。

テレビなんかでも馬鹿なことやれば値もつきます。いわゆるただの馬鹿じゃないタイプが面白いですが

結局芸能なんかもただの馬鹿じゃない人たちがなんかトップの方ですし、ただの馬鹿じゃないって

いいかもしれない。ただの馬鹿じゃないってなんかすごいこともするかもしれないなんて定説です。

まぁそれが天才かどうかはさておき、ただの馬鹿じゃないって有用です。以上。

 

2018.12.19

ここでものの言い方なんて結局は言いようのたとえをひとつ。

いつぞやの麻雀漫画に、あんた背中がすすけてるぜ。なんて表現が軽くローカルブームでしたが

要はそれは言い換えてみれば、分かりやすい人。ようするに素直で好感も持てる人なもんです。

まぁ背中がすすけてるぜなんて軽く馬鹿にする人もいれば、素直で好感がもてるなんて人もいるもんです。

結局は物事なんていい側面もあれば悪い側面もある表裏一体なので、あんまり馬鹿にされても気にしない

方がいいと思います。悪い側面があるならいい側面もある。これ定説。以上。

 

2018.12.20

ここでまだまだ戦争なんてのもなきにしろあらずな中、実際戦争なんかになった場合

戦争というのは総力戦ゆえ日本人全体で日本軍にあたることになると思います。

それゆえ軍というのは序列を正しておかなければ統制がとれない定説をわきまえれば

日本人全体の日本軍はやっぱり年功序列含め結局は学業なんかで序列つけなければ

結局何で統制をとるんですかという事態にもなりかねないゆえ、やっぱり学業なんてのも決して

馬鹿でもなんでもないものだと思うんですが、私が思うに実際中国あたりとあるかもしれないと思ってます。

神の説法をきくことも大事ですが、戦争になっても生き延びていかなければならない

まさにこの間のNHKの坂の上の雲こそ人生です。なにかとよい旅を。以上。

 

2018.12.21

人間の器なんていいかたをすることがあると思いますが

器というのもいわゆるどれだけストレスなんかも受け止められるかも器です。

器の小さい人こそ少しストレスが溜まっただけで切れて怒ります。

まぁ器の大きいストレスを許容できる人でも、さすがに発散して処理しきれなくなると

怒り出すこともありますが、現代のストレスの溜まりやすい社会もなんとかならないものか。

おのおのストレス発散方法を持ってるものの、処理しきれなくなるとみんなが怒り出す

なんか世界おかしいんじゃないかと思いますが。。。以上。

 

2018.12.22

ここで男を代表してこんなこといっていいのか悪いのかの話をひとつ。

はっきりいって男なんて女をどうでもいいと思ってる子こそ無茶苦茶やります。

大事な子であればあるほどそんなことできないと思います。

はっきりいって性交渉なんかも大事であればあるほど何もできないものです。

あんまり馬鹿な男に騙されない方がいいですよ。以上。

 

2018.12.23

ここで世の絶滅種族、オヤジなんてのははっきりいって黄門の邪魔をするとこから

親のヂというニュアンスでオヤジといったりします。

オヤジの特徴も数あれど、オヤジなんてヂなので絶滅していいもんですが

何かと私は個人的にはアーティストを推進します。

アーティストというのは芸術を作る人なのはいうまではないですが、その芸術を作る思想や理念がいいです。

そういう人が増えれば世はよくなります。いわゆる先にいったアートマンとブラフマンの融合ですが

まぁ世の増える人種としては芸術、人間ゆえの人種が一番いいです。皆さんもどうですか?以上。

 

2018.12.24

最後の話として昨日、オヤジの話を黄門の邪魔をする親のヂみたいなもんと表現しましたが

結局親の邪魔をするヂといっても、その親結局総じて国民なら天皇家の国王こそ親です。

要するに国王の邪魔になるようなのがオヤジの類にあたり、日本国民ならお国の為にとまではいいませんが

何かと日本国の為にならなければ国民として認めてもらえないこともあるものです。

来年、日本国は新時代を迎えますが新時代こそいい世界にしてもらいたいものですね。

何かと皆さん日本人としてよい旅を。以上。

 

2018.12.25

神の生誕した今日をもってボクたちの一年戦争の手記は最後です。

この一年間いろいろな記述を続けてきましたが、要するに生まれたからには

生きていくのに困難もつきまとうものですが、いつも愛を忘れずに天国の為に生きていく。

生きる意味なんて天国行く為に決まってんじゃなーいということで、神の説法を聞きつつ

何かとこの世でも天国にいけるように生きていきたいものです。

神のいうことを馬鹿にするでなかれ。東西、人類最高栄誉賞もののお二人です。

信じるものは救われる、よい旅を。以上。

 

2018.12.26

昨日大円団を持って終了しましたが、プラスワンで最後のメッセージ。

東釈迦の時代、世界は大きく分けて4階級あります。見識も深くあらゆることに精通しているバラモン

ごく一般的な一般(なんだっけ)、才能がないとこが大きいようで小さいが体や顔があるのが

一つ有用なスードラ、まったくもって何もないのがバリア。

要はその差は才能ですが、何で違いが出るかというと結局勉強です。

勉強するゆえバラモンですが、勉強しないからスードラやバリアになります。

それゆえ昔の時代なら泣いてでも勉強を教えてくれというのが勉強ですが、勉強して頭使ってるから

才能があるという理論でもあります。勉強しないと何もないですよ。以上。

 

2018.12.27

ここでもう一年戦争は終結してますが、月の民についてひとつ。

月というのは以前いったように夜出ない日もあったり昼出てたりするゆえ、本当にガリレオあたりの理論から

計算式で行けるのか不明ですが、昔から月には兎がいるも定説です。

いうまでもないですが、地球の民が亀なら月の民は兎という意味ですが

月の民というのは我が国から古来から、よいよいと歌います。月がー出た出たーですね。

私の新たな思想では一度月の民と地球の民って接触してんじゃないかと思います。

それが西暦の始まりでもあり、もしかしたらイエスって月の民でもあるのかなぁとか。

再び月の民と接触することがあってもおそらく、いい意味のインベーダーかと思いますが

その後のヨハネの黙示録の全能者とも何か関わりがあるかもしれませんね。何かとよい旅を。以上。

 

2018.12.28

一年戦争が終結して久しいですが、もうひとつおまけ。

昨日イエスは月の民じゃないかと言いましたが、それでひとつ思想。

世には才能がある人ない人ってやっぱり分けられるなら、そもそも才能って勉強することによって開花する

みたいなことも書きましたが、もしかしたら才能を感じるとこって月の民の血も混じってますか?

要するに月の民イエスの子の末裔ですが、そもそもイエスが子を残したかは知らないですが

才能って月の民の性質なんじゃないかとか。純粋な地球人ってやっぱり頭がいいといっても

ライオンや虎なんかと同じように何か違うんじゃないかとか。月の民の血がそうさせるなら

イエスの再臨、要するに月の民の再臨に備えて月の民の血を広めるのがいいですが

才能の正体ってなんでしょうね。やっぱ血が違うんでしょうか。。。

まぁそのうち月の民も再臨して地球上に全能者も誕生するのが定説のシナリオなのでそれに備えてよい旅を。

以上。

 

2018.12.29

ここで最後に自慢話的話を交えて終焉。

そもそも学校というのは偏差値が付けられていますが、あれはIQと深く関係します。

IQが100なら偏差値が大方50くらいの学校に合格できるという目安ですが

東大あたりの偏差値75くらいがIQ150くらいが総じて集まります。

一応言っときますが、私も今までこの手記で妄想的話も含め書いてきましたが

偏差値70オーバーの学校に通ってました。別に馬鹿じゃないんですよ、私。

よい旅を。以上。

 

2018.12.30

最後にこの後登場するかもしれないヨハネの黙示録の中の全能者の方の為にもひとつ。

全能者というのはいくら全能的な才能や1000年級の寿命を与えられるからといっても

ヨハネの黙示録でも終始、人の子と記し、そもそもごく普通の人の子でもあるものです。

それが全能的な才能や寿命が与えられるなんて、やっぱりなんかこの世を創造したような真の神に

気に入られてるお気に入りなんじゃないですか。全能者が本当に今後あらわれるなら

結局は人の子であって、間違えることなんかもあると思うので、真の神のお気に入りなんだなくらいに

思ってる方がいいかもしれませんね。真の神こそ謎ですが、結構我々の世界なんてそんなものかもしれません。

とはいえ自然現象の天国と地獄に気をつけてよい旅を。以上。

 

2018.12.31

一年戦争の終結後も少し付け足して結局今年いっぱいまでかかりましたが、この世界の最後の考察。

こういうのをご存知でしょうか。いわゆる鏡の中の鏡の中のと続いていく世界です。

それを投影していると不吉なことがあるなんて聞いたことがありますが、それはおそらく私からいわせれば

この世界を7日くらいで作られモニター的に覗いてる真の神の存在に気づかせない為ではないかと。

そもそも不吉なことがおこること事態、理論としては神の封印だとかの何かの意図があってのことなので

やっぱりこれまで付けてきたように、世界なんてけっこうそんなものなんだということかもしれません。

真の神のお気に入りの全能者を代表にこの地球もどう続いていくのかは私はあまり知りませんが

何かと小市民としては神が覗いていて面白くするための流動的な法則かもしれない天国と地獄の理念に

気をつけてなにかと天国にいけるようによい旅を。

今日をもって一年戦争終結です。以上。

 

2019.1.1

一年戦争を来年まで延長して、本当に最後の難局の話。

いわゆる男と女の性の話。女性の股間の呼び名を日本國では真ん中的意味でもいうのは現代ですが

そもそも観音開きにも掛けて観音様といいます。いわゆる神の一種ですが、男としてはそんな神々しいものに

触れることはおろか棒を突き立ててズコズコなんて到底私には出来ません。

実はちょっと試しているんですが、やっぱり正味な話出来ません。いわゆる言い伝えの神

ヨハネのところの全能者も処女を好むという言い伝えも、以前いったように経験のない処女を好みますが

別にやるわけでもなく処女のまま置いておいて歌でも歌って遊ぶのが好きなんじゃないですか。

まぁ総括すると男と女の性交渉なんて快楽をもって仕掛けた真の神の罠ですが、それで以前いったように

神なり神々が流動的な人間のこの世をご覧になって楽しまれてるかもしれませんね。

ヨハネのところの全能者なんて真の神のお気に入りみたいなもんだといいましたが、全能者を代表に

自然現象としてルールを定めた天国に行きたければ、はっきりいってやらない方がいいかもしれませんね。

東釈迦の説法でもそういうものはいけないことが定説ですし、まぁ神が男と女の二種族作ったのも

やっぱり世界をご覧になられて面白くする為でもあるのが真相かもしれないですねなんて思います。

我々人間一人の力なんて結局なんもないみたいなもんです。

とはいえ個人レベルで世界の法則の地獄に落ちて焼き殺されても面白くないので

何かと善徳をよしとするのがいいと思います。今度こそ最後の話として一年戦争終結です。以上。

 

2019.1.2

これで本当に本当に最後の話。

我々はみんな生きています。生きている以上生命力のある強く、明るく、元気でなんでも自分の力でやろう等

総じて元気すぎる方が天の才能です。それとは逆に生命力がないゆえ、弱く、暗く、病弱ですぐ徒党を組みたがる

なんて総じてなにもない方ですよ。当然再三つけた全能者、神の話も神は1000年級の生命力があるくらい

生命力も抜群です。神の方が1000パーセント天才で、生命力のない方がはっきりいって馬鹿ですよ。

世界の姿もそもそも生命力の強い番長連中が世界の中心で、生命力のない根暗な連中が陰でこそこそなんてのが

世界の姿ですが、それで生命力の強い番長が生命力のない根暗をいじめて鍛えてやってるなんてのも

昔から定説ですし、根暗が前に出てきて歌えば番長もなにがいいたい根暗なんてのがそもそものような気も

する中、なんか最近の芸能って根暗が多い傾向に見えますね。

生命力の強い明るく元気な方が神とかけても天才ですよ。当然私も元気です。これで最後。以上。

 

2019.1.3

これで本当に本当に最後の話。

我々当然みんな生きている以上、生命力こそ全てです。

要するにエネルギーですが、エネルギーがものすごい象徴して筆頭なのは当然太陽です。

太陽というのはものすごいエネルギーしているゆえ、ものすごい輝いています。

結局真理をつけば、ものすごいエネルギーしてるからこそ光を放ち輝いてます。

逆に生命力がない方が死んでいる世界、魔界や死界なもんですが

はっきりいって生きている以上生命力が全てです。元気なのがなにりより。死んでしまってはなにもない。

以前いったように神も生命力がものすごいゆえ神です。それゆえ神を太陽に掛けます。

みんな元気にがんばりましょう。元気こそ全て。以上。

(追記:食べることこそ元気の源の神道、女は逆に生命力の減退する魔道、死道なのをお忘れなく)

 

2019.1.4

昨日で最後の話でしたが、もうひとつ最後に世を生きる上で重要な話。

我々も自然の中で暮らしている動物なのはいうまでもないですが、自然の掟というのをご存知でしょうか?

自然の掟というのはいわゆる弱肉強食です。当然なにが弱くてなにが強いかは才能意外あるわけないですが

はっきりいって才能のない弱者が才能の強者に抗うというのは、いわゆる掟破りで自然にたたられます。

三国志の話で中国全土に鳴り響くほどの才能の持ち主の関羽を名もなき才能のない将が斬り倒したことによって

才能のない名もなき将はたたられるように死んだというのもあながち馬鹿な話でもないです。

才能とは目に見えないものですが、才能のない人が才能のある人にはあまり逆らわない方がいいですよ。

自然の摂理です。人間も所詮動物、弱肉強食の法則には逆らえないことをお忘れなく。以上。

 

2019.1.5

最後の手記として今後の私の運勢を占ってみて終了しようかと思います。

そもそも占いといえども昔なら易学というれっきとした学問ですが、易学を活用してみれば

世界の極東、日出ずる国、神の島の田上一族であり、誕生月が77年12月3日誕生となかなかいい易してますが

名前を英語表記してみるとYUSUKE TAGAMI 77/12/3 となんの運勢かなぁなんて思います。

結構神々しい運勢してんなぁとか思いますが、現在今だ鳴かず飛ばずですが、今後に期待したいところ。

以上をもって終了したいと思います。これからも皆さん応援よろしく。以上。

 

2019.1.6

最後におまけの話。

私の属する田上一族、大方太陽の一族も定説ですが、現存する一族には大きく分けて2種類ありますが

ここでは、勝ち続けて生き残った種族の末裔と逃げ続けて生き残った種族の末裔と記した上で

私の田上一族も大方勝ち続けすぎて生き残った豊臣家の末裔かもしれないなぁなんて妄想も以前しましたが

まぁどうしても勝ち続けて生き残る家と逃げ続けて生き残る家の2タイプがどうしてもあるのも世の常かも

しれませんね。最後のメッセージとして、逃げちゃダメだ。と記して以上。

 

2019.1.7

最後の最後にここだけの話のおまけの話。

世は1000パーセント才能です。時々、顔といわれる人がおられるが、何もわかってないです。

80年代に私も愛好するキン肉マンという漫画に実力者の喧嘩マンが荘厳なネプチューンマスクを被って

実力がないだけでワーキャーいわれるアイドル超人のマスクを狩っていくという話がありましたが

そのマスクというのがいわゆる顔なんかを作る道具だといわれてましたが、私はおそらく本当だと思います。

顔なんて道具で作って芸能をやってたりするものです。まぁ結局は才能です。

真の実力者が報われる日が来ることを願って、よい旅を。以上。

 

2019.1.8

最後の世の真理の話。

世というのは光と闇、プラスとマイナス、火と水、総じてバランスのとれた均等な世界です。

それゆえ男は女より強い分あの世では不利なこともあり、おんなは有利なこともあり

いじめればいじめるほどあの世では地獄に落ち、いじめられればいじめられれるほど天国に昇ります。

要するに世の中収支が0の世界であり、貯金もなければ借金もない、それが真理です。

生きているからこそ生きているのであって、勝ち続けるなんて所詮不可能です。

儲ければ儲けるほど損害も出、貧しければ貧しいほど富みます。

結局損害を受けるとは地獄であり、富むとは天国かもしれませんね。

常にバランスのとれた世界。それが世です。

世で生きる以上いいことがあれば悪いこともある、悪いことがあればいいこともある。

それをお忘れなきよう。。。あなたが天国で楽しむか否かは結局は運命しだい。よい旅を。以上。

 

2019.1.9

思い起こせば数十年前、昭和の時代は確かに漢の時代だった。

しかし平成になってどうだ。なにかと女々しく卑怯なんではないだろうか。

私も人のことは言えないが、今こそ神の名を高らかに叫ぶ時ではないだろうか。

ゼウス。要するに是ウスであるが、神の名を何か勘違いされてるのではないだろうか。

世界を悪魔にでも売り渡したのなら今こそ魔王を討つ時である。

一年戦争の終結の記念日に魔王討伐を宣言して終了したいと思います。以上。

 

2019.1.10

本気の最後の最後の話として世の男女の真理の話。

軽く国でも検証してみればすぐ分かると思いますが、いわゆる男女の真髄、性交渉はやればやるほど

きれいな体とは逆の腐ります。当然腐るから地獄落ちの行為ですが、それゆえ男女自体を考察すると

世に男と女の2種族を世界を作られた神からすると、例えば自然界にある原始的なトラップの崖なんかの

上級のトラップにあたります。世には原始的なものから男女みたいな上級なものまでトラップも多いですが

トラップに引っかかってると、知能の低いアニマルのように総じて結局地獄に落ちる理念でもあります。

われわれ人間もトラップを作ったりして軽く地獄に落としたりしますが、神も総じてそうなのをお忘れなく。

結局は世の神や人の作るトラップに気をつけてよい旅を。生きてるからには天国が全てです。以上。

 

2019.1.11

最後のとどめの考察。

我々人間を例えばミカンに例えてみれば、腐ったミカンこそ我々人間は焼いて捨てます。

要するに我々がミカンなら神に焼いて捨てられる、要するに地獄に落ちるんですが

それとは逆に綺麗でおいしいミカンこそ神に食べていただく、要するに神と同化してるみたいなとこもあり

総じて神的な神の一部みたいなもんかもしれません。その結果が神と同化してるゆえ天国みたいな理念でも

ありますが、以前記したとおりこの世界を創造された神なり自然的な神なり神というのはこの世界に

絶対あるものであり、神を主体とした思想のもとの世界作りこそが絶対いい世界に決まってます。

腐ってるなんて総じて結局神に焼いて捨てられますよ。お忘れなく。以上。

 

2019.1.12

締めくくりの話として、我が日本国のことを多少ひとつ。

そもそも100年くらい前の我が国は、我が国の誇る天才作家、夏目漱石や芥川龍之介の

我輩は猫である。が大ベストセラーおこすような、軽くなんていうか、我が国の国民性でもあります。

芥川は軽く病んでましたが、軽く闇がかった表現で蜘蛛の糸なんてのも定説です。

要するに我が国の先人なんて当たり前のように当然神も信奉し、それでいてなんていうか漱石のような猫のような

別に怠惰でもなく、要するに徳作り主体の国民性ではないかと思います。

前にも記しましたが国家をあげてご唱和を願う国ですし、つい昨今の我が国は何か

間違ってんじゃないでしょうか。当然天に昇られたご先祖様からいわせてもどういう人物像を好んで

才能を貸し与え天才であるかという話でもあります。いわゆる神童教育でもありますが

まぁ私はアメリカのいう教育も否定はしないですが、そもそもの我が国の神童教育の方が

いい理念でもあり確かと思ってんですがね。今後の我が国を憂いて以上。

 

2019.1.13

最後の最後の話として、釈迦のとかれる自分のしたことが自分に返ってくる因果応報ですが

その理念の検証は私が思うにわが日本国としても昭和以前に国家で検証してんじゃないかと思います。

短的にいえば総じて人を幸せにしてる人は幸せに生きてるし、人を不幸にする人は不幸なものです。

その検証がおそらくほとんどどころか1000パーセント結果として出るので

その後釈迦の教えのもと国家で昭和を掲げたんじゃないかと思います。

はっきりいって現代でもどうなのかは知らないですが、軽く国家でサンプル的に検証してみれば

おそらく1000パーセントそうでるんじゃないかと思うんですが、そんな中釈迦の他の説法あたりも

おそらく1000パーセント検証してみれば本当だと思います。

最後になりましたが、神のいわれることを馬鹿にしない方がいいですよ。信じるものは救われる。以上。

 

2019.1.14

最後になりましたが、神の神生のまねをすることについてひとつ。

時々現代でも神様の真似をして生きているという人もいますが、神様の生き様をひとつ解説しておくと

音楽、酒、処女ですが、それは神社の巫女のように若くて綺麗な女性の処女をつかえさせて

綺麗なエネルギーをいただきつつ、酒で身を清めつつ、音楽で心の健康をたもち

神様は笑いの神というところから普段は人を笑わせたりして人を楽しませ幸せにしてる分

自分も笑って楽しく幸せに生き、結局あの世でも善徳の愛で天国にいこうという

まさに最高の生き様をするのが神様ですが、その神様に習うのは非常に有用だと私も思うのですが

あまり間違った読解しない方がいいですよ。要するに神様というのは幸せなんです。以上。

 

2019.1.15

一年戦争終結の最後の総まとめの話として

要は神のいわれることは腐るから地獄に落ちます。

心に魔を持つこともそうですが、肉を食らうのもはっきりいって身も心も腐ります。

あと性のことに関してもいわゆる穴に棒を入れる行為が自然科学的なもので

穴に棒入れてたら蛇が出るといわれるように、腐ります。

結局は欲望みたいなものから腐る行為も多少するものですが

逆に清める方法として、当然太陽の光を浴びることもそうですが、ほどよく酒で身を清め

あと心には愛を持っておくのがいいかもしれません。

要するに綺麗だと何かと軽く天に昇り、腐ってると何かと重く地獄に落ちるという理念じゃないかと思いますが

おそらく神の説法なんてそんなものだと私は思います。

要は腐っていてはダメだということで、そりゃ綺麗な方がいいですよということです。

それゆえ何かと健全で健康で綺麗な方がいいですよ、結局は。

最後のしめくくりとして一年戦争終結したいと思います。長い間ありがとうございました。

これからもサイトともどもよろしく。以上。

 

おまけ

私を含め私の一族は田上一族、読解すれば太陽王一族みたいな王族でもあるところあります。

太陽王一族の筆頭的であろう私こそキング的なとこあると思いますが

片や芸能でも出川とか軽く馬鹿みたいな基地外一族に負けるわけはないですが

結局は古来から名が体を表わし、漫画でもネームによってストーリーが作られます。

名前選びは重要ですが、やっぱ私の名、田上雄介はキングですか?w

よっぱらいのおまけ話でした。以上。

 

 

 

2018 DIARY ボクたちの一年戦争

1月上巻

2018.1.12

今日から新しくフォームを一新してこちらに記述していくことにしました。

過去のログは倉庫に置いているので、見たい人はそちらに行って見てください。

それでは気分も一新して、出来るだけ面白く有用なことを書いていこうと思いますが

相変わらず気まぐれ的に自論を説いてみたり、近況を書いていくと思います。

それではみなさん、改めてよろしく。

 

2018.1.13

過去ログの方にまわした2014から2017の日記的手記ですが

実は2017の7月頃から年末あたりまで、このサイトの桶狭間と称して神のことを中心に

有益な自論を展開していったんですが、内密ですが訪問者数もやや増えたかなぁってとこです。

結局このサイトも、そのうちCM流して商用的に展開すると思いますが、有益な情報を含め

出来る限り楽しめるサイトをめざします。それでは皆さんよろしく。

 

2018.1.14

ここで先行して真の天才の理論を一つ。

そもそも世の中はありとあらゆるものの存在と相互関係で出来ている、いわゆる釈迦の森羅万象ですが

真の天才とは、その命の誕生が森羅万象の中において誕生した命が存在、相互関係が天にあたるゆえ天才です。

それゆえ天才の発言や挙動がぴったりはまるなんてことはしばしばだと思います。

当然、天の存在ゆえ相互関係的にも自然と能力なんかも、いわゆる天才的になるのも当然だと思います。

はっきりいって私も天才一派の一人なんじゃないかなんて自惚れていったりしますが、皆さんよろしくw

 

2018.1.15

先行してせっかくだから森羅万象のことから一つ。

あなたには世の中に嫌いな人いますか?はっきりいってその人はその人があなたに何かするから嫌いなのであって

その人に似ているから嫌いなんてたまったもんじゃないとも思いますが

結局あなたなり、嫌いなその人なり、その人に似てる人なりその相互関係でなりたってる森羅万象の世ゆえ

結局はつき詰めると自分のしたことが自分に返ってくる、いわゆる因果応報の理屈もなりたつと思います。

神とも称される方を馬鹿にしない方がいいですよ。徳のある言動をおすすめします。

 

 

1月下巻

2018.1.16

先行して次々手記を付けていますが、ここで世界規模の嘘か真かの衝撃的話。

皆さんギリシャ神話やローマ神話、エジプト神話をご存知でしょうか?

通説によると全部同じ話で、いわゆる文字通り神のお話を小説的に描いたものです。

あと聖書なんかにヨハネの黙示録に登場する、そのうち世界を統治する全能者だのがありますが

要するにもうすぐ世に伝説の神が登場するなんて、嘘か真かな話でいわゆる、何かと主人公的に

歌われたり描かれたりしているのが自分がそうじゃないかという、それ俺じゃないか派閥w

かくいう私も多少なんとなくそんなことも思ってたりする、それ俺じゃないか派閥の一人であるようで

結局、俺じゃなかった、ぶべっ。的な話も次々と登場するとは思いますが、結局どうなるかちょっと期待してます。

お楽しみに。

 

2018.1.17

先行して付けてますが、ふと私はなんだと問い直してみました。

当然今現在、このサイトで絵と音の二刀流でアーティストとしてがんばっていますが

そもそも私、スポーツなんかをたしなむ中量級の格闘家みたいなきらいもある感じだった記憶もありますが

格闘家の線なら今現在、100キロ超級の柔道家といったところでしょうが

絵や音の芸術をたしなむとこが、軽く日本の武蔵派閥かなぁなんてw

あんまり自慢話はよしときますが、やっぱどっか入れないですか?連絡お待ちしておりますw

 

2018.1.18

先行してあくまでネタとしての軽い妄想話を一つ。

我が国は戦国の世の終焉に東徳川、西豊臣の全土を二分して合戦し、今現在も勝利した東徳川の世なのは

ご存知だと思いますが、世も世なら西の豊臣の世なら豊臣の末裔の名が中田説も聞いたことありますが

実は私の名、田上なら結構、西に遷都とした広島の豊臣の末裔として皇族だったかもしれないなぁとか

いってみたりするwはっきりいって私自身の都合からすると秀吉勢が勝ってた方が都合が良かったですが

敗れた秀吉勢だって有能なものだといってみたりして今日の手記はこのへんで。

 

2018.1.19

先行して先にちょっと記述しましたが、体に取り入れたらいいと思うものの検証を一つ。

そもそも代表的にアルコールなんて体に入れたら酔っ払うのは当たり前ですが、先に記述した油なんかも

体に取り込むと余った油売り出すんじゃないかとか、水は当然体のほとんどが水なので何かしらいいだろうし

炭酸なんかのガス類も体に影響を及ぼすだろうし、考えてみるといろいろありますね。

意外なとこ検証していくと絶対体にいいもんとかありそうですよね、たとえば果汁とか。

一度誰か人体にまつわる食の解説本とか書いてくれないかなぁ、絶対決定版になりそうですが。。。

 

2018.1.20

唐突ですが、人は皆同じなんて偽善的なのか何なのかをいわれる方がいる。

私からいわせれば、そもそも神の釈迦あたりでも人の世をキャラクターなんかにして表現してるのを

ご存知でしょうか?例えば有名どこではシヴァだとかガネーシャだとか。

はっきりいって私は神も言われるようにむしろ皆違うと思います。

そりゃ人間という点は同じですが、あんまり偽善的なことはいわない方がいいですよ。

p.s.私は釈迦の例えだとガネーシャかなぁ。。。

 

2018.1.21

いつぞやの未来日記的に先行して記述していますが、ちょっと過去ログを見返してみたんですが

12月頃とか内容を詰め込みすぎで自分でも読み返してるとめんどくさくなってきますねw

もうちょっとあたりさわりのない雑談を交えて展開していこうと思うんですが

ちょっと笑えるような展開にしていこうとも思います。

よろしく。

 

2018.1.22

実はこれを付けてる現在、18日の深夜でガンガン先行して付けてますが

なんとなく氷室京介の音楽聴いて過ごしてたんですが、なんか昔、熱烈な氷室ファンだった頃を思い出しました。

そもそもヒムロックは中学生の頃BOOWYなんかにはまって聴いてたんですが

その後94年あたりのSHAKE THE FAKEツアーあたりで恋い焦がれて見に行ったのを覚えてます。

その時、音の迫力もあって氷室さん見た時恥ずかしながらなんか泣いちゃったの覚えてます。

なんで涙なんか出たんですかね、今覚えば純情な少年でした。

 

2018.1.23

もうちょっと氷室さんにまつわることを思い出したので先行して付けたいと思います。

今思っても氷室さんの歌はBOOWYの頃が最高だと思いますが、高校時代あまりに熱狂しすぎて

自分のテーマソングを「やーる気がないだけさー♪」で始まるON MY BEATをテーマソングにしてみたり

勢い余って「やっちまえ今すぐー♪」のSCHOOL OUTを実際やってみたり、馬鹿でしたw

その後私の歴史は95年末のアンソロジーの放送でビートルズ、特にジョンの影響を多大に受けますが

ジョンにまつわる話はまたいつの日か。

 

2018.1.24

影響を多大に受けたBOOWYが出たので、高校時代もう一つ影響を受けすぎたアルバムを一つ。

それが何かと尋ねられたならばZIGGYのオーダーメイドですが、はっきりいってオーダーメイドのベスト盤

一枚だけなら、BOOWYも上回るんじゃないかというくらい非常に影響を受けました。

ソングライティングのギターの人(名前忘れた)もセンスありありですし、ヴォーカルの森重氏の作詞も

「ダイヤモンドの眩い光よりまどろみをくれー♪」や「光の渦の中ー♪」とものすごい破壊力あるはずです。

はっきりいって聴いてみりゃ分かりますが、大げさに言うならば日本のロック史にかかせない

アルバムの一つだと思います、ほんと。ロック好きは是非。

 

2018.1.25

影響の受けたロックのこと書き出したら結構きりないですが、ついでにもう一つ。

高校時代、今も現役のLUNA SEAあたりのヴィジュアル系にも影響受けました。

LUNA SEAはファーストこそはまりましたし、今もファーストが最高だなぁと思いますが

決まって名アルバムはソングライティングも当然ですが、隆一氏の詩もすごい。

「ラララ 今は狂っていたいー♪」だの「足のない二人が微笑みながら近づき女神が気をつけろと笑うー♪」だの

まさに狂気みたいな世界を描いてるLUNA SEAの才能を感じずにはいられない作品です。

はっきりいって隆一さん、あの頃どうだったんでしょうね、私も人のこといえませんが。。。

 

2018.1.26

絵と音の二刀流でやってる割には音の話の方が多かったので、絵の方、特に漫画の話を先行して一つ。

まぁなんにつけてもキン肉マンですw

その後のDRAGON BALLなんかも当たり前ですが、キン肉マンがこの世になかったら今の私はいないと

言い切れるほど今現在にもいえるくらい影響をうけました。

キン肉マンブームの頃はみんなでキン消し集めてキン肉マンごっこも当たり前でしたが

とにかく作者のゆでたまごの哲学がいい。キン肉マンというのはどう争っても最後は仲間になるとここそ

重要です。それこそまた神の説法じゃないが、みんな地球の命であり人間なので当たり前だと思います。

とりあえずの終了の際のキン肉マンのブッチギリのパワーの表現に感動したのを覚えてます。

やっぱり死ぬまで私のもう一つのバイブルです。

 

2018.1.27

調子にのって1週間以上分くらい先行して付けてますが、もう一つ絵、漫画の話。

キン肉マンこそ私にとって当たり前すぎますが、もう一人。当然鳥山さんですね。

鳥山さんのドクタースランプの頃から素敵な世界観を描き思想しますが

ドラゴンボールの孫悟空の表現こそ漫画史に残る金字塔ですね。

まだちっちゃい悟空が世界を牛耳ろうとするピッコロ大魔王に「おまえいったい・・・」と言わせるとこなんか

ヒーロー漫画の王道だと思います。世界的凶悪私設軍隊、レッドリボン軍に一人で単騎突入し壊滅させるとこには

少年ながら胸が踊りすぎました。私はいつか鳥山さんに会うことがあったら鳥山さんに私は鳥山チルドレンですというつもりですw

 

2018.1.28

唐突ですが、絵と音の二刀流のアーティスト活動を90年代からやってると公表してますが

ちょっといいわけがましいこと言えば、私、高校中退後、専門学校にも少しの期間行ってたんですが

その後、ちょっとブラブラしつつギター弾いたり絵描いたりでしたが、その後いわゆるフリーターの期間も含め

サラリーマンやってた期間が5、6年あります。その期間ははっきりいって稼いだ金で遊ぶだけで

あんまギターも触ってなかったし絵もかいてませんでした。はっきりいや90年代からアーティスト活動してる

なんて嘘っぱちに近いですが、はっきりそういった方がいいかなぁなんて思っちゃたんでw

今となってはアーティスト人生送りたい所存ではあります。

 

2018.1.29

雑談が続きましたが、先行してまた偉そうなことでも言い出せば

あなたは生きたいですか?死にたいですか?

はっきりいって突き詰めればそこに行き着きます。なぜかというと、生きたければ自分のやったことが

帰ってくる因果応報の理屈を潜在的に分かってそんなことして自分が殺されたくないし、ましてや

地獄で焼き殺されたくもないはずです。なんかそういう人は潜在的に死にたいという自殺願望でもあるのが

突き詰めれば世界もそうですが、家、特に生まれてこの方の親なんか重要すぎると思います。

親なら世の中が楽しくてまだまだ生きたいと思わせるような親になりたいものです。

 

2018.1.30

時の流れの速さを感じずにはいられません。

いつぞやセガのメガドライブが16ビットの高性能を謳い文句売り出して久しいですが

最近の一般的なパソコンってプロセッサにトランジスタを10億積んでます。

要するに10億ビットのはずですが、こんな、んなアホなー的話が現実です。

メガドライブで分かりにくければ、いわゆるファミコンが8ビットだったはずです。

性能が段違いすぎて恐ろしいくらいの日進月歩です。

んなアホなー。(本当です。間違ってたらすみません。)

 

2018.1.31

昨日の話からついでに、今現在の一般的なパソコンが10億ビットの性能とすると

80年代の一般的なゲーム機とはいえファミコンやメガドライブが8ビット、16ビット?

じゃ、さらにさかのぼってアポロが月面に到着したなんて時のコンピューターの性能って

どのくらいだったんでしょうか。はっきりいって月面到着できますか?

はっきりいって嘘だったんなら世の中嘘が多すぎて困りますね。。。

というより真の月の姿が気になります。やっぱなんかいますか?w

 

 

 

 

2月上巻

2018.2.1

先行しすぎてまだ1月中旬なのにもう2月の日記ですが、ここでホラー的ほんとの話。

やまびこって知ってますか?山に登って向こうに見える山にヤッホーとでもいうと

向こうの山から自分の声でヤッホーって帰ってきます。私も昔子供の頃実際やってみたので本当ですが

声がはね返って返ってくるんなら、学校の校舎にでもヤッホーっていったらはね返える?

要するに山って何か、何かいるのか、はっきりいって私も詳しいこと知りませが

なんかよく分かってないことも多いんじゃないかと思い直します。

人類の歴史はまだまだですね。

 

2018.2.2

ここで、ここまで再三してきた神の悟りの総括。

要は前も書いてますが、皆地球の上で生まれた地球の子だということです。

地球という命から誕生し進化し分類し増えていきましたが、みんな地球の子です。

それゆえ同じ地球の子にしたことが同じ地球の子の自分にも返ってくるという釈迦の因果応報ですが

そこを悟ったとこから全てを悟られたんだと思います。

私もその理念に世界が狭くなり、釈迦のキーワードもあったからこそ軽く悟りましたが

それこそ2000年ほど前のおそらくテレビも何もない世界でそこに気づいた釈迦はでかいです。

我が国でも釈迦のデカさを奈良あたりに大仏として描いてます。

はっきりいって私ももう一度奈良に行って見てこようと思います。みなさんもどうですか?w

 

2018.2.3

ここで先行して絵と音、二刀流でやるこについての有用性を一つ。

そもそも二刀流でやってると間口が広がります。絵から入ってもいいし、もちろん音でも結構です。

それに加えて、絵の表現に加えて音、音の表現に加えて絵を表現することによって

表現の幅が非常に広がり、かつ鮮明になります。アーティストとしてやっていくには有効だと思ってます。

結局ビジネスとしては絵はポスター販売やアナログ絵の販売、音はアルバムの販売といったところですが

売り上げとしてはまだまだ全然すぎます。皆さんよろしくおねがいしますw

 

2018.2.4

唐突ですが、私はその昔いわゆるお勉強の出来るタイプでもありました。

しかしながら当時は詰め込み教育的に詰め込んで、あまり勉強が意味をなしてなかったところがありますが

歳をとって勉強とは、芸術なんかと同じように心の豊かさを育むためにするものだと気付いた時

勉強の有用性がわかりました。いわゆる国算理社、四教科ともども何かと心の豊かさを育むものでもあります。

勉強するって楽しいですよ。

 

2018.2.5

ここで新渡戸稲造以上の武士道の解説をオリジナルの読解で一つ。

そもそも武士道とは天国に行けることが確定してることが最大の条件です。

その為、ここで死のうとも正しい理念の為に戦って、いっそ死んで天に登ることこそ武士道です。

その為、編み出すためには日常で天に行く為、徳を積むのには礼も必要でしょうし、いざという時の為にも

丹を鍛えます。あと追記ですが、武士道を編み出した武士はあまり生に執着しません。

それゆえ性にも執着しないと出ます。生、性に執着するのこそなんもないともいともいいます。

我が国の心をまた武士道にしてみるのもいいとも思いますが。。。

 

2018.2.6

体なんかは大きさや強さの違いは見りゃ分かるとこありますが、頭の良し悪しはなかなか分かりづらいことも

あるようで、要は頭がいいとは、聡明です。自然の中で頭がスーとして透き通るように頭がいいから

簡単な計算をさせてもガンガン正解を出してiQなんか高い値も出るし、視界も広く先を見通せるのも

頭がいいからです。頭が悪いとはそれの反対ですが、はっきりいって頭の良し悪しをいうと怒る人がいますが

要は頭の良し悪しとはそういうとこで、体の強い弱いと同じニュアンスです。

頭の良し悪しが知りたけりゃ、やっぱIQ測定とかがてっとりばやいんじゃないかと思います。

 

2018.2.7

以前最近のパソコンは10億ビットの性能があると、メガドライブの16ビットと対比させて

とんでもないこと書きましたが、要はメガドライブは表現の色数なんかが16ビットだそうだので

要は性能としてはもうちょっとあるそうです。

実はあんまりコンピューターのこと知ってるようで知らないなぁと浮き彫りになりましたが

勘違いした人はすみません。以後気をつけます。

 

2018.2.8

声の話ですが、総じて上にあがってる方と下に落ちてる声ってあると思いますが

スラング的に上にあがってる方は歌が好きです。方や下に落ちてる方はシモを好むそうです。

それを歌が好きなのを子供、シモが好きなのを大人ともいわないと思います。

いつまでたっても歌が好きでありたいし、私は個人的にあまりシモは好まないとこもあります。

結局人それぞれだと思いますよ。

 

2018.2.9

世の中にはいろいろなことを型どった競技があります。

その中の一つ、ボーリングにこそ世を写す真実が隠されてたりします。

10本のピンをたおしてもたおしても倒しきれず立ち上がってくる。

そこにこそ世の真相があり、決して全てのピンを倒しきるなんてのは不可能だという哲学が含まれてます。

はっきりいってボーリングなんて、私は参加しても投げないなんてのが正解かもしれませんねw

 

2018.2.10

まだこれを付けてる現在1月ですが、次々先行して付けてはいますが

また手記が理屈っぽく哲学的なことが多くなってきたので、読み返してたらめんどくさくなってきましたw

すぐめんどくさくなることをいう癖なんてなかったはずですが、毎日一つ有用なことを、と思うと

なんかすぐ理屈っぽくなるので、もうちょっと今日はこれが美味かった的なことを交えていこうと思います。

やっぱ笑える方がいいですか?ご意見ご感想などもメールで受けつけてますw

 

2018.2.11

世の中はまだ間違ってるでしょうか?

先にも付けたことですが、我が国でも東の釈迦を讃える奈良あたりの大仏は国宝です。

大仏を建立した我が国のおじいさん、そしてそれを国宝指定したお父さんたち

世界の至るところで西のイエス、東の釈迦を信奉するものがおのおのの国で国宝です。

要するに世界のいたるところのお父さんがイエス、釈迦、総じて天国、地獄のことを教えてるのに

残された現代の子供の我々はお父さんのいうこともきかない馬鹿でしょうか?

真相究明を是非聞きたいところです。

 

2018.2.12

昨日の国宝の話で、世界のいたるところの国宝が政治利用ではないということについての証明。

そもそも昨日の話にもあるとおり、我が国を引き合いに出せば、奈良の大仏は1000年単位で前のことです。

その1000年単位もの期間、建立から国宝と指定するまでの現代まで、あらゆる時代で閣僚が政治利用してきた

のでしょうか?しかもそれが我が国にとどまらず世界規模のあらゆる国です。

それが本当なら1000年単位もの間、世界のどの国からしても神にまつわることは政治利用に使うのがセオリー?本当?

裏を返せば神のいわれることが本当だからだ、と私は思います。

 

2018.2.13

もういよいよ大詰め。最後の神のいわれる信憑性の駄目押しです。

おとつい、昨日と付けてきて、それでも神のいわれることはデタラメだが、どこの国でも政治利用するのが

セオリーというのなら、世界の歴史、特に今の世界を見ても分かることが一つ。

政治利用のために神を利用するというが、神のために国家で戦う国も歴史を見れば多数のはずです。

そういう我が国も先の大戦、やっぱり神のために国家で戦ったんじゃないかなんて思うとこもあります。

それこそ先の昭和、唱和の話のように。結局は自分自身のことですが、私は信じます。

信じるものは救われる。。。

 

2018.2.14

久しぶりにゲーセン行ってパンチングマシーンやってきたんですが

ソニックブラストマンの新しいやつでしたが、記録がMAXで197だったと思います。

ランキングには9位あたりに入ったはずですが、あれ、店舗ランキングですか?全国ランキングですか?

全国ランキングなら私もたいしたもんだなぁ。記録のYUS、あれ私ですw

また今度鍛え直して挑戦してみるつもりです。

 

2018.2.15

ここで神についての余談ですが、伝説によると神の登場も間近といわれてることもありますが

その神について時々、神の顔は酷いなんていう人がいる。何を参考資料にされたんでしょう?

そもそも神の姿を描いた神話のゼウス像にしても、あと漫画家の手塚さんなんかは神のアトムを

かわいらしい少年的に描いてますが、そもそも私は神が醜いなんて聞いたことがありません。

一応神話やらを中心に資料を元に想像された方がいいと思いますよ。

 

 

2月下巻

2018.2.16

また私自身のことながら気づいてみれば私自身でも驚くような自慢話になれば

世界も広く天下に覇を唱える強豪も数多くいれど、私も天下に覇を唱える強豪に負けていない一派の一人だと

思うんですが、気づいてみればとりあえず常人の3倍の能力のあるシャアくらいいってますか?w

仏道にそえば腕が6本ある阿修羅といったところでもあるんでしょうが、やっぱりこの先、世界規模で

天下を掌握するのは伝説の全能者といったところになってくるかもしれませんが、一応私も名乗り上げて

みようかなぁとか思ったりしますw

はてさて伝説は本当か、現代に生きるこの世の楽しみですね。

 

2018.2.17

ここで大昔書かれた神話の話ですが、神話といってもその土地の先祖を題材にしたわけではなく

これからおこる話としての一般的な確証として、ギリシャ神話、エジプト神話、ローマ神話.

代表的な神話、全て同じ話だといわれています。要するにギリシャやエジプト、ローマが同じ人を

祖にしてますか?って話ですが、私はおそらくこれから登場するのだと思います。

イエスの聖書のヨハネの黙示録でいうところの全能者です。

私も名乗りあげてみようかなぁと先にいいましたが駄目ですか?w

 

2018.2.18

いろいろと先行して付けていますが、ここでちょっといってなかったですが

これまでの20年に及ぶであろう絵と音の二刀流の活動の集大成を発表してます。

絵の方はartのコーナーでプレイリストにして、音の方はITUNESでアルバムにして発売してます。

絵、音とも20年に及ぶ活動のベストセレクション15作品でつづってます。

是非見てってください。

 

2018.2.19

我が国の歴史には朝廷の将軍や天皇が統括する世が全てなようで、いわゆる一般的な武闘派層

いわゆる武家が席巻した世があるのはご存知でしょうが、一応解説しとくと鎌倉時代の

2大武家集団の源氏や平氏とかが結局幕府開いて統括しましたが、さて現代はどうでしょう。

当然国王や貴族が治めているようで、なんか最近武家も強い傾向にあるのはうすうす感じていますが

そこで私の家ですが、うちってどっちかなぁと思います。将軍派なようで武家みたいなとこもあります。

なにかと私はセンター寄りなとこが多いです。

 

2018.2.20

またソニックブラストマンのパンチングマシーンに挑んできました。

今回は前回を上回る205ポイントが出ましたが、月間ランキングが面白くない。

現時点で月間14位ランクインでしたが、そもそもあれ店舗ランキングでしたか?

私かなり腕自慢ですが、なんかランキングが面白くないです。

トップの240オーバーなんて誰が出したんだ。化けもんかw

 

2018.2.21

ここで指針をしっかり出しておこうと思うんですが

もうかれこれ5、6年サラリーマンやってた時期を除けば、20年くらいアーティスト歴があって

アーティストとしては中堅ですが、今後20年も出来ればアーティスト業一本でやっていきたいですが

どうしても生活に困る時はバイトなりなんなりですが、私の人生、私の好きなように描きたいと思います。

あと、金がないなりに、生涯の伴侶なんてのもいれば十分です。そろそろ立候補がいれば是非w

 

2018.2.22

先日complete best A.D.2018が出て久しいですが

オリジナルニューアルバムの製作を地道にやってます。

今回は私の母校をなんとなくモチーフにした「修道(仮)」ですが

いろいろと学校生活にまつわる歌を集めて製作しております。

今年中には発表できるかと思います。お楽しみに。

 

2018.2.23

突如昨日の夜頃からサイトがダウンしてバグってましたが

なんとかいろいろと取り付けて復旧しました。

実はサイバー攻撃かとも思い警察にも相談したんですが、結局どこが悪かったのか

よく分からないですが、おそらくドメインの関係だったのかなぁとか。

もうちょっとコンピュータのことにも詳しくならないといけないかなぁと思います。

 

2018.2.24

自宅でドラム叩いてます。ミニドラム。

スティックを持って軽快に叩いてると楽しくなってきますね。

CDに合わせて叩けばより楽しくなってきます。

音が多少大きいですが、昼間ならなんてことないです。

今度スタジオのドラム叩きに遊びにいくのもいいかもしれない。

 

2018.2.25

長期間製作にとりかかっていた音のニューアルバムですが

本日ようやく一応の完成になりました。

なかなか面白い出来じゃないかと思いますが、発売は卒業入学に合わせた

3月末日を予定しております。

音のファンの方は楽しみに待っていてください。

 

2018.2.26

久しぶりに体重のことを付けておきたいと思います。

ついさっきの測定で170センチ110キロと出ました。

はっきりいって身長をもう10センチくらい引き延ばせればしっかり大巨漢だと自負しておりますが

私の場合、上からハンマーで殴られでもしたように、170程度の高さゆえ軽くタンク的です。

パワーは半端なしと自負しておりますので、試したい方は是非w

 

2018.2.27

いまいち妄想の域を出ない神の考察ですが

またなんか理論を考えてみれば、そもそも東の釈迦は死後の世界へ渡る前に三途の川を渡るという。

要するに3又の川ってことでしょうが、要は1か0あるかないかじゃなく

その中間の要素、要するにデジタルでは一生解き明かせないなんらかの要素とかも必要ですか?

例えばリトマス紙でアルカリでも酸性でもない中和するアンモニアとか。

まぁ私からいわせればそのうち科学でも証明できるのは当たり前ですね。

 

2018.2.28

昨日の見解からもう少し推し進めた理論をひとつ。

要は酸性でもアルカリ性でもないとは、消毒液が酸性だったと思うので、消毒でも毒でもないです。

要するに消毒でもあり毒でもあるとは、ある人には必要でしょうし、ある人にはいらないです。

どういうことかというと、消毒されてる人にはアンモニアの毒の要素がいらないし、毒されてる人には

それでもアンモニアの消毒要素が欲しいものです。

要するにアンモニアの排出量でなんか分かるかもしれませんが、要はすっぱいもんとかいいんじゃないですかw

まぁ食べ物だけが要素じゃないのは当たり前だと思いますが、一応今回のレポートはこれくらいでw

そもそも三途の川ってなんでしたっけってことなので、まぁ妄想の域を出ません。

 

3月上旬

2018.3.1

だいぶ昔にも書いたことあるんですが、JAZZの魅力の一つに

タイトルを表して、そのタイトルの表情を音だけで表現したりするのがJAZZの魅力です。

このごろクロマニオンというJAZZバンド聴いたりしますが、表情の付け方を感じると面白いです。

JAZZといわず音楽にはタイトルありきですが、私がキングにでもなれれば絶対出したい課題曲として

「I CAN SING RAIBOW」なんてネタもありますが、一流の音楽家には脱帽します。

私もアーティストとしてそれくらい表現したいところです。

 

2018.3.2

最近毎日オレンジジュース飲んでます。

以前、体に取り入れたらいいもので果汁なんかいいんじゃないかと書きましたが

果汁100パーセントのオレンジジュースを毎日おいしく飲んでます。

なんか飲みだして、すっかり柑橘系気取りですが、オレンジのパンツなんか気に入って履いてます。

小橋健太、武藤敬司に続いてムーンサルトの打つ練習でもしとこうって感じw

 

2018.3.3

最近流行りのburn系サプリメントですが、実際効くやつは結構効きます。

私170センチ110キロですが、ちょっと前結構もたついてるところもありましたが

burn系のサプリ飲み出して結構締まったんじゃないかと思います。

結構夜のパンツ一丁のスタイルのままK-1とか出れんのかなぁとか思ったりw

歳も近いアーツとかと結構互角に戦える?試してみたいこともありますw

 

2018.3.4

時々、自宅でPA機器を用意してマイク立ててホームライブやるんですが

最近の曲目はビートルズをギター一本で歌うことが多いです。

日本の尾崎やミスチルなんかをやるのもいいですが、ビートルズなんかやるとちょっとかっこいいですよね。

もう最近すっかりプロミュージシャンでもある二刀流のアーティストですが

なんかミュージシャン一本に絞った方がいいかなぁなんて思うこともありますが

とりあえず現状維持でいきたいと思います。よろしく。

 

2018.3.5

バイトで、母親の送迎を請け負っているんですが

今日は朝から市内のデパートへ送迎を請負い

その後なんか具合が悪いそうなので、病院への送迎も請負いました。

微々たる額ですが、私にとっちゃいいバイトなんですが、具合が悪くて病院への送迎が多くなっても

困りものですが、元気なうちは遊びに行くのに私が送迎を請け負う所存でございます。

 

2018.3.6

キャンバス印刷した絵の販売をはじめました。

一個こっちの方で試し刷りしてみたんですが、やはり画面から見る絵と

キャンバスに印刷して額なんかに飾ると見栄えが違います。

キャンバス印刷はものとしての価値も十分ありそうなので1万円の値段設定ですが妥当だと思います。

欲しい方はメールで問い合わせてください。見本市なんかがあると面白いですが。。。

 

2018.3.7

ここで時折記してる神についての記述ですが

そもそも東釈迦、西イエスあともろもろの剣豪たちって2000年前くらいに集結してるのをご存知ですか?

ようするに確かに今現在からすれば2000年も前のことですが、誰が新しいほど進んでるといったでしょうか?

そもそも人類の絶頂期こそが2000年前にあり、神も誕生した結果なんかしぼんでいくイメージも

私はありますが、その後また拡大するように違う技術を持った現代なんて考えも十分あります。

手塚漫画じゃないですが、人類の歴史なんて発展しては縮小しての繰り返しかもしれませんよ。

 

2018.3.8

なんか最近コンスタンスにトレーニングを開始しました。

繰り返しつけてたりしますが、私170センチ110キロの結構な巨漢なんで

結構最強のランクにいると思いますが、コンスタンスにトレーニングも積んで

なんかいっぺん格闘技かなんかの世界で最強とか目指してみるのもありかなぁとか。

ネックとなるのはやはり寄る年波ですが、まだまだ行けそうならいっぺんマジで考えてみます。

まぁ歌や絵のアーティスト活動と並行するとは思いますが。。。

 

2018.3.9

なんか最近いろんな楽器弾いてます。

この前購入したミニドラムも叩いていて結構上手くなりましたが

結構大分前のピアノなんかも弾いてると上手くなるもんですね。

ギターやベースは音楽はじめた頃からなので、まぁ結構上手いはずですが

あとサックスとかの管楽器なんかも手を出してみようかななんて思ったり。

まぁいろんなことに手を出すのが昔から私の特性なので、しまいには例の全能者になるはずですw

 

2018.3.10

私は釈迦の因果応報にならって出来るだけ愛を表現することをポリシーにしている。

自分が愛を表現しないと人からも愛をもらえないし

愛を表現し受け取ることが神のいわれる天につながると信じています。

しかしたまには怒りを表現し喧嘩だってすることもある。私だって人間だ。

いつも愛のある人でいたいものです。

 

2018.3.11

私は冗談でもなんでもなく本気で後世に残る世界的アーティストを目指しています。

名画というのは時間が経てば経つほどその時代を写していた絵が名画として残るものです。

ルネサンス期のダヴィンチだってピカソやゴッホ、アンディウォーホールだってその時代を

写しているからこそ名画として残っています。

そこで現代。現代は私は絵は絶対コミックやデジタルは欠かせないものだと思っています。

それにコミックやデジタルといえば日本人みたいなとこもあります。

日本人として現代を写す世界的アーティストとして本気で考えていますがスポンサーがいれば是非。

 

2018.3.12

最近中学の参考書とか買って読み直してます。

中学時代、一応しっかり勉強してたはずですが、歴史とかまた中学の参考書買って学び直してます。

義務教育の勉強なので、役にたつであろうことばかりなので、読んでいて楽しいですが

現代を考察するうえでも日本や世界の歴史が役に立つかなぁと思って読んでいます。

あとついでに地理なんかもやって、もう一度日本の風土なんか学ぶのもいいですね。

 

2018.3.13

携帯買い換えました。

私の携帯は3Gの頃からアイフォンですが、今回最新の8に乗り換えました。

もうこれでアイフォン5台目ですが、途中7だけ穴があるだけで全部のナンバリング持ってます。

8の印象はもう熟年美おびすぎてありきたりであるようで、細かな良さも感じます。

ただフォンジャックなくしたのは絶対失敗だと思いますよ、アップルさん。

 

2018.3.14

アーティスト活動の一貫として、私の絵と音の即売会の出来るフリマスペースを探しています。

とりあえず私の地元あたりのスペースを探していますが、売れるようなら

それこそ東京の例のビッグサイトで即売やってみるのもありかなぁなんて。

絵はデジタルで描いた絵をキャバスにプリントしたのを物として売ります。

それと同時に音のアルバムも売るつもりですが、どこかいいスペース知ってたらご一報を。

 

2018.3.15

ここで三国志の孔明ばりに私の考える本気の国家戦略を一つ。

いわゆるインターネットですが、我が国でも浸透したようでまだまだなところもありますが

それこそ世界をのぞいてみりゃ、まだまだすぎるとこなんて多いもんです。

そこでインターネットに欠かせないネットワーク機器その他もろもろ。

はっきり言ってこっちはメイドインジャパン・ブランドの技術大国日本です。

我が国をネットワーク大国にもし、高品質のネットワーク機器を世界に輸出し

それこそ遅れている国に国家絡みで売れればいつぞやのバブルの比じゃないですぜ。

もうそれこそいつぞやの黄金の国ジパング並の破壊力ですよw

はっきりいや本気で国家で取れいれて国民の生活を豊かにして欲しいところですが

誰か国家閣僚みてないかなぁ。。。w

 

 

 

 

3月下巻

2018.3.16

最近だいぶ暖かくなってきましたね。

すっかりダウン着込むのはやめて、軽くシャツ一枚のことも多いですが

もうじき桜も開花するでしょう。

うちの裏庭の桜はまだ花は咲かせてはいませんが、もう秒読み段階ですね。

今年は裏庭の桜で花見なんてのもありかなぁ。。。

 

2018.3.17

ちょっと今日久しぶりに今まで自分で作ったオリジナルアルバムを聴き直していました。

自分でいうのもなんですが、オリジナルアルバムのどれもなかなかいい出来で

自分のアルバムながらなかなか楽しめましたが、皆さんもどうですか?w

20日にニューアルバム「修道」の発売が控えてますが、それまで今までのアルバムを楽しむのもいいもんです。

ニューアルバムよろしくw

 

2018.3.18

私の昔から好きなゲームにプロレスゲームのファイプロがありますが

ファイプロの最新作がプレステ4で発売されるらしいですが

はっきりいって携帯機のVITAで出して欲しいです。

ファイプロ的なゲームは十分VITAでも出せるはずですが、是非出して欲しいところ。

VITAで出すんなら発売日に並んで買いますよ、スパイクさんw

 

2018.3.19

昨日に引き続いてゲームの話。

皆さんご存知のように今やテレビゲームといえども、ものすごい性能でリアルですが

リアルになればなるほど面白いのが個人的にはレースゲームだと思っています。

ファミコン時代もF-Iやりましたが、ファミコンのF-1はっきりいって面白くないです。

しかしながら昨今のレースゲームはリアルな描写、挙動で、走らせてるだけで、気分爽快です。

メーカーさんに新手のレースゲームなんか出して欲しいところでもあります。

 

2018.3.20

本日私のオリジナルニューアルバム「修道」の発売となりました。

本作は私の母校をモデルにしつつ、学校生活全体をイメージするように制作しました。

なかなかバラエティに富んだ仕上がりで面白いんじゃないかと思いますが

itunesより yusuke tagami で検索していただければ購入して聴けます。

過去の名作と合わせて楽しんで聴いてみてください。

 

2018.3.21

酒は毎日コンスタンスに晩酌して少し飲んでたりするんですが

最近、焼酎を水で割らずに生地のままストレートで飲んでます。

水で割るとどれだけ飲んでも酔わないので、ストレートで飲んでみたりするんですが

さすがにストレートだとコップ3、4杯くらい飲むといい気持ちになってきます。

今のところそれくらいで止めてますが、もっとガブガブ飲めば泥酔でしょうが、そこまでは飲まないです。

酒との上手な付き合い方をおすすめします。

 

2018.3.22

私、外出する時に底の厚いブーツ履いて外出します。

ヒールソール合わせると高めの10センチくらいの靴なので

私の身長からすると、地面から180センチくらいの高さあります。

外で靴を履いて歩いてる時は名実ともに180センチ110キロのかなりの巨漢です。

しかしながらそれでも身長の高い人なんかも多いですが、私も結構なもんって感じ。

 

2018.3.23

実は私、いわゆる無呼吸の障害で悩んでいます。

この前はじめて医者に相談して検査したところ、はっきりいって重症の無呼吸と診断されました。

調べてみると寝てる時、いちいち呼吸が止まって長い時だと30秒くらい止まってるそうです。

はっきりいって寝てる時、息が止まってる時の方が多いのでそりゃ睡眠がろくにとれず調子もあがらないです。

ほんと死んでてもおかしくないような感じの診断でしたが、ようやく治療開始しました。

治りゃいいですが。。。

 

2018.3.24

ここのサイトとは別にユーチューブなんかにもこのサイトのCM動画とかアップロードしてます。

このサイトのCM動画も結構制作しましたが、最近も人知れず新作をアップロードしてるので

見てみると面白いと思いますが、ユーチューブも検索は YUSUKE TAGAMI で出るはずです。

最近の新作の最強への道編がお気に入りですが、ここ20年の連続写真でお送りする

最強への過程が見れば多少わかるとは思います。

そのうちまた人知れず新作動画制作するかもしれないのでお楽しみに。

 

2018.3.25

最近夜はガウン着てます、黒のガウン。

パンツ一丁の格闘家スタイルの上にガウンまとって、もう気分は格闘家です。

ついでにグラサンもかけて、勝手にシャドウなんてリングネーム名乗ってますが

結構アメプロあたりの日本人レスラーとして、いけんじゃないかなんて思ってたりしますが

私としてはこのシャドウスタイルでアンダーテイカーあたりとタッグ組むのを希望しますw

 

2018.3.26

ここで時折する神のいわれることの信憑性の話をひとつ。

西のイエスの伝説で、病気の方の手に触れるだけで病を直されたなんて伝説もありますが

私が考えればそれは、当時の病気の人らも含めそれだけイエスを熱狂的に支持していたからです。

そこまで恋い焦がれる人に実際対面して触れようものなら人体にもなんかしら変化もあります。

しかし病を直すほど熱狂する人もいるほどイエスのしたこととは、やっぱり定説の天国と地獄を

確証を持ってといたからだと私は思います。

いろんな角度から検証しても絶対私は神の言われることは本当だと思います。

 

2018.3.27

唐突ですが、皇族でも貴族でもなく一般人としてこの国に生まれて

この国でいきつくとこはどこかと考えたら、当然総理大臣なんてのも国のトップですが

いわゆるメディアを中心とした産業、テレビ、音楽、漫画、ゲーム、スポーツ界などなどの

いわゆる業界、その業界の総権力者、ドンこそおそらく総理大臣、しまいには国王以上の影響力があり

あたかも現代の征夷大将軍並の地位があるんじゃないかと思いますが、いつぞやの羽賀じゃだめw

今からでも業界入りして征夷大将軍のポジション狙うのもいいかもしれないなぁ。。。まぁ冗談ですw

 

2018.3.28

唐突ですが、こんなこといっちゃいけないですが、いわゆる覚醒剤って戦前あたりの

大日本帝国とかあたりの開発だと思いますが、私も詳しくは知りませんが

現代の研究者って一応、精神がなんたるかで、それを覚醒させる理論もわかってんのか知りませんが

ほんの100年前ならそういうことも分かってる上でいろいろ作りますが

やっぱり別に現代が万能じゃないなんて思います。覚醒剤のように戦前の方が進んでることがあるものも

多いですか?それこそ釈迦、イエスあたりの2000年前が気になりますが。。。

 

2018.3.29

先行して付けてますが、再三つけてますがやっぱり私ちょっと体重重すぎますかね。

データとしては今現在170センチ112キロですが、やっぱりそこまで重いと

腹なんかも出てやっぱり結構不恰好なので、現在から15キロ痩せると宣言します。

はっきりいや15キロ落としても97キロなので、それくらいでいこうかと思います。

いわゆるタイガーマスクスタイルに改変することを宣言します。

 

2018.3.30

私の家の裏庭の桜が開花してます。

ほぼ満開といったところですが、そもそもこの裏庭の桜

私の両親が、私がまだ小さい時にここに引っ越して来た時に植えたそうです。

それから40年近くすっかりでかい幹はらせて大きく成長しました。

まるで私と一緒に成長してきたようですが、最近あまりにでかくなりすぎて枝とか両親が切ってます。

桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿。。。

 

2018.3.31

ネットの歴史も20年を超えてきましたが、ここ20年のネットの歴史を振り返れば

そもそも20年前なら20くらいの私の世代、小さい頃よりファミコンやジャンプ漫画

の教育を国から受けて来たいわゆるコンピュータともあい通じる世代なので

そう教育されてそう育つ天才どここそ参入してたので、ネットが勝って当たり前だと思います。

そもそもそう育ててもそう育たない人こそいわゆる、ね。

 

 

 

 

 

4月上巻

2018.4.1

これまで神のことやらなんやらいろいろと付けてきましたが

やっぱり素直なのが一番です。素直とは自分でもそう思うのならそうするというのが素直です。

自分でもそう思うのにまるで逆のことをするのをはっきりいや馬鹿といいます。

そもそも突き詰めればそこにいきつくんじゃないかと思いますが、自分でもそう思うんなら

1000パーセントそうした方がいいと思います。その為にそう思いませんかということを

いろいろと解説してる手記ではありますが。。。

 

2018.4.2

ここで新社会人におくる軽くためになる社会の常識をひとつ。

そもそもどこの会社も大抵株式会社、つまり株もってる人がいるのをご存知でしょうか?

その上でどこの会社も自分らで自分の会社のもの買って株あげて儲けてます。

そもそも社会自体がそうなので、別に私が自分の曲を多少自分で買って聴いて売り上げたって

何も問題ないとは思いますが、やっぱりいわゆるサラリーマンにはなりたかねぇですかねw

 

2018.4.3

私のもう一つのバイブルにキン肉マンがあるのは先に書いてますが

そのキン肉マンの表現の私もすっかり超人に成長したなぁと思います。

そもそも解説しとけば超でもありつつ鳥でもある人が超人で、人間こそやっぱり人の間にいるんじゃないですか。

私は超人で満足だし、これからも超人のままで生きるつもりではいますが

やっぱり目指すからには超人王キン肉マンそのものですね。それとももうなってる?w

 

2018.4.4

ここで前述の株式会社の話で、いわゆる株にまつわる話の秘伝の書。

そもそも先に記した通り株式会社である以上、売り上げの他に株を上げて儲けを出しますが

それこそ100円ショップを代表に、こんな値段で売って売り上げ出るんですか?的な会社こそ

売り上げというより株を上げて儲ける手法です。それゆえ順当に会社が成長する見込みもあるなら

確実に株も上がります。はっきりいって株で儲けるなら安い値段で売ってる会社かもしれませんね。

まぁ例外もありますが。。。

 

2018.4.5

先行して付けてますが、以前旧仕様のdiaryで書きましたが

今から20年くらい前まだ私が19の時に私一時、声優の事務所に所属していて

順当にいけば風のうわさでは広島ローカルのラジオの仕事もらえるはずだったそうです。

そのままがんばってれば今頃ベテランDJですが、あの頃ギター弾いて歌いたかったのでやめましたが

すっかりギター弾いて歌って絵なんかも描いてます。

あの頃一応業界登録みたいなのしてると思うので、一応業界人の端くれ的扱いでもあるのかなぁって感じ。

 

2018.4.6

先日ちょっと母校の高校を訪ねたんですが、ここで私のことを書いておけば

母校ではサッカー部と陸上部に在籍していたんですが、サッカー部時代は一応母校のエースやってました。

陸上部では短距離の代表やってましたが、サッカー部では結局全国大会出れてないし

陸上部でも高2の春の大会とはいえ100メートル12.0じゃ通用しなかったとはいえ結構な武闘派でした。

結局アーティストやってますが、進路はスポーツ方面でもよかったかなぁって感じです。

 

2018.4.7

先日減量宣言して減量しだして1週間くらい経ちますが

軽いトレーニングに加えて食事制限をして落としていますが

1週間経って気持ち落ちて170センチ110キロってとこですが

これから順当にいけば結構落ちていくと思います。

夏頃には減量を完成させておきたいところではありますが。。。

 

2018.4.8

私、1977年12月3日に誕生した時、グラム数ではあまり大きくありませんでしたが

内臓、特に心臓が大きく生まれたんじゃないかということがあります。

結局内臓がそうだから、中身がそうだからそういう人なんだということが定説で

内臓が成長の過程で突然変異的に強く大きくでもならないかぎり、小学生の頃がそうなら

大人になったって死ぬまで何も変わりません。やっぱり心臓こそが人間の核ですね、残念ながら。。。

 

2018.4.9

ここで三国志好きに送るとってもありがたい話。

三国志といえば武力の高い豪傑達が花ですが、そもそも三国志の武力パラメータなんてはっきりいや

体重のことです。武力100の呂布なんて体重が100キロだし、武力98なら体重98キロです。

はやい話がでかい奴には勝てんって話ですが、そこで私の話ですが、身長170センチ体重110キロなんて

通説のやや低身長でありながら武力の裁定が98くらいの趙雲かなぁってとこですが

武力60、70程度の人で戦ってみたい人がいればどうぞ。1000パーセント私が勝ちますよw

といってみたところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.4.10

以前の旧仕様の手記でもちょっと書きましたが、実は私勉強してた頃、大学教授とか学者になりたかったんですが

その学者的血で唐突ですが先の大戦を解説すると、そもそも我が国こそ昭和、唱和をかかげる国です。

それで想像ですが、国際連盟なんかに参加した時、米帝や大英帝国こそなんか神を軽んじた感じだと思います。

しまいには神を馬鹿にしてんのかと決闘する為我が国も帝国化を計りますが

はっきりいって神の為の仁徳のある戦いでも、朝鮮あたりなど犠牲の怨念で自滅しました。

まさに因果応報です。当時の閣僚連中からするとおそらくしっかり分かってる上でのプラスマイナス的な

考えだったとおもわれますが、馬鹿でも何でもの理論でもそんなことしてはダメというのが教訓です。

もちろん天才なんかにそんなことできるわけないというのが当たり前です。以上。

 

2018.4.11

昨日の記述の追記ですが、先の大戦で朝鮮あたり犠牲をはらってプラスマイナスで勝とうとしたのは

昨日の話ですが、そもそもプラスの徳の歩幅よりマイナスの怨念の歩幅の方が超過するのが教訓ですが

そもそも犠牲をはらおうとした命の価値みたいなものでも、馬鹿こそ命の価値が小さいというが

現代のお勉強が多少できないというのも別にそこまで馬鹿じゃないし、結局人を不幸にし続ける人こそ馬鹿です。

人を不幸にした分自分も不幸になるし、その流れで地獄に落ちます。はっきりいって馬鹿です。

それでしっかり指導してもどうしても人を不幸にし続ける人をしまいには地獄の炎そのものにたとえた

地獄の業火で処刑していたのもそもそもヤクザ、極道です。馬鹿とはやっぱり人を不幸にする人だと思います。

今日の手記はこのへんで。

 

2018.4.12

以前の旧サイトの手記でもちょっと記しましたが

私結構ヤクザなもんで、地元を中心としたチームの総長の兄、もしくは総長そのものだったりします。

今現在も続くチームなので、総勢1000人を束ねる長でもありますが、実権みたいなもんは別にないんですが

実際地元なんかの組に入った本物のヤクザも多数なはずですが、こういうこというのはイメージ悪い?w

まぁ総長の弟も私もそんなに悪くないですが、あんまりナメてると怒ります。

まぁタイマンこそ私に勝てる奴はまずいないですが。。。

 

2018.4.13

最近以前書いたことを巻き戻してる感じがありますが、もう一つちょっと昔に書いたこと。

みなさん世界最古(?)の文学、西遊記は知ってると思いますが

さしずめ私は師匠の釈迦のいわれることを忠実に守り、神が馬鹿じゃなくてお前が馬鹿に決まってんだろ

的に命をかけて戦う孫悟空一派の一人といったところですが、それでも神のいうことを信じてないのか

なんなのか的に横暴をふるう鬼爆コンビの金閣銀閣、番長の牛魔王と仇も多数登場しますが

私は最強の戦闘力を持つ孫悟空の代表的に何かあれば金閣銀閣、牛魔王とも戦闘するつもりです。

一応いっとくと神が馬鹿なはずがない。以上。

 

2018.3.14

さっき外に出て星空を眺めたら、北極星がまたたいてました。

そりゃ北極星は夜空でひときわ輝く星ですが、またたくって何なんでしょう。

チカチカ光が文字通りまたたいてんですが、北極星で何かおこってんですか?

やっぱり現代では分からないことも多いですが、昔の人からすると分かってることもあるんでしょうね。

何回も繰り返しいいますが、神のいわれることは本当です。

困難に気をつけてよい旅を。。。

 

2018.4.15

昔ちょっと読んでたコミックに萩原氏のBASTARDがあるんですが

久しぶりに一番最後の巻買って読んでみたんですが、相変わらずエロ表現も多いですが

漫画の見せ方がなんかすごいですね。大きなカット割を映画的に使ってみせて

漫画の限界に挑んでるなぁって感じです。はっきりいって漫画の表現がよく分からないこともありますが

一応まだ続くんですか?あれで終わりだったらそっけないなぁ。。。

 

2018.4.16

ついさっきも走らせてきたんですが、最近車の後ろにこのサイトのアドレス貼り付けて

街宣車よく走らせてます。広島市内中心部から郊外あたりを気の向くまま走らせて街宣してます。

とくに用のない時は暇つぶし的に走らせたりしてんですが、これが実は意外と効果あります。

アクセス解析してみると、意外と街宣車を見て来たであろう人も多くちょっとした集客になってます。

メニューページに広告募集を出して久しいですが、おそらく宣伝効果も多少あるので希望者は是非。

 

 

 

 

4月下巻

2018.4.17

ここでいわゆる才能の話。

才能とはやっぱり才能であり、才能があるんならなんでも出来るのは当たり前ですが

天才ともなればまさしく天の才能を持ってるので、なんでも結局は天才なはずです。

そこで特技的に一つの技能が特化してるタイプは職人芸の可能性があります。

職人芸ってのは結構誰でも身につけれるので結局天才とは万能が基本です。

まさしくドラえもんでいうところの出来杉ですね。私も天才一派の一人のはずですが。。。

 

2018.4.18

昨日の話の続きですが、天才とは結局神に愛されてるところがあります。

昔のたとえなら天才を天の使い、天使に例えることも多いです。

天才とはやっぱりこの世にある種の使命を持って生まれてきます。

天才すぎる人ほどものすごい使命を持って生まれてきているものです。

自分のことを保護するわけではないですが、天才は大切にした方がいいですよ。

 

2018.4.19

ここで私のいわゆる性の目覚め、女の子に興味を持ち出した時の話。

実は私、名門校に中学受験して進学してんですが、その時有名どこ3校受験したんですが

受験始めのそもそもの私の母校を受験し合格発表あったあと当時週間少年ジャンプにBASTARDの

エロ表現が掲載され、それではっきりいって目覚めた記憶ありますw

その後の2校の受験ははっきりいって体の力が入らなくなるようにやる気も出ず大惨敗だった記憶あります。

はっきりいって結局母校に通うことになったのも萩原氏の影響もかなりあるというアホみたいな話ですw

これから受験しようと思う子はエロなんてかなり気をつけた方がいいと思いますよ。

 

2018.4.20

私高校時代、私は喧嘩してたといいたいんですがクラスメイトに仇がいて

かなりデカイやつだったので、ひよってたりしてたこともありますが

結局私が体を鍛えようと思ったいきさつでも、軽く私の特性からタイガーマスクなんかモデルにしましたが

高校の時のあいつと再び会うことがあったときでも喧嘩で負けないくらいにしようということを指針に

しました。結局どうかとも思いますが、私からいわせれば私は更に指針を上げて、世界最強のモデルとして

ブロックレスナーなんかにも勝てるくらい鍛えようとやってましたが、ちょっと行き過ぎたかなぁって感じなので

ちょっと減量して締め上げる意向です。まぁ高校の時のあいつも何らしかおかげでもあんのかなぁって感じです。

私はポジティブに考えることを信条にしてるのであの時のこともそんなものです。

 

2018.4.21

三つ子の魂百までとはよくいったものです。

そもそも幼稚園の時ぐらいから暴れん坊のわんぱくな子なら、小学校、中学、高校、大人になるまで

わんぱくで暴れん坊です。逆におとなしい子は死ぬまでそんなもんです。

大人になるからといって別に何の変化もありません。多少世の中のことがわかるくらいです。

私の場合、幼稚園の頃から結構暴れん坊で小学校入学時の幼稚園側の大将でしたが、大人になっても

そんなに変わってません。今現在でもどっか集団に加われば大将的なものです。

結局3才までの育て方が肝心かもしれませんね。。。

 

2018.4.22

今回は神のいわれる死後の天国と地獄の考察ですが

そもそも皆さん寒い日なんかに息を吐くと白い蒸気があがるのをご存知だと思いますが

そもそもそれ、その人の魂みたいなものであって、死後すぐにも寒いところに遺体を置いておけば

白い蒸気が上にあがったり下に落ちたりすることがあるとどこかで聞いたことあるんですが

おそらくそれが天国、地獄の正体であり、上の方に登っていきゃ気持ちよく、下に落ちると

もがき苦しむんだということなのも、その頃の特殊な事例から導き出したんだと思います。

死後すぐに寒いとこだと蒸気があがるかどうかはすぐ確認できると思うので確認してみたらいいかもしれません。

以上。

 

2018.4.23

皆さん男なら誰かと喧嘩をすることもあるとは思いますが

そもそも喧嘩のタンカで迫真にせまって殺すぞなんて脅したら

本当に殺されると思ってびびって逃げ出すなんていいお客さんですw

はっきりいってあまりに馬鹿なことしてたら殺されることはあれど、そう簡単に人なんて殺さないです。

ささいなことで殺すぞと脅して実際人を殺す人なんて当然地獄に落ちますしどっかおかしいんだと思います。

まぁそこまで馬鹿なことしてなければ世の中そんなものです。

 

2018.4.24

世の中オスメスの2種族にわかれるのは当然ですが、そのオスメスに分かれるのは

結局世の中一つになろうとするため2種族に分かれるんだと思います。

いわゆる阿吽の呼吸ですが、その阿吽の呼吸も阿の方がオスともメスとも

吽の方がオスともメスともいえますが、要は呼吸があってお互い仲良くするための呼吸です。

世の中のいたるところでこの阿吽の呼吸が成り立てば世の中一つだという呼吸だと思います。

下手にどっちがオスともメスともで喧嘩するのは得策じゃないと進言します。以上。

 

2018.4.25

昨日の阿吽の呼吸の話からここで一つ面白い話。

皆さんサッカー好きな人は多いと思いますが、サッカーでポジション決める際

阿でよく走る人こそフォワードに置き、吽でどっしり守る人こそディフェンダーに置きます。

それで阿になったり吽になったりしてチームを指揮するのが中盤で、総じてチームとやや別のとこに

立ってる感じで鍵を握るのがキーパーです。強いチームこそ各々しっかり役割を果たしチーム全体が

まとまってるチームの方が強いですが、サッカー部でストライカーやってた時のチームも結構いい

チームだったんだけどなぁってとこで今日の手記はこのへんで。

 

2018.4.26

皆さん釈迦の説法でこういうのを知ってるでしょうか?

この世を6つの世界に例えた六道ですが、要は自分の言動が全てだということを教えています。

例えば軽くこの世の地にあたる修羅界なんて、自分が人に喧嘩ふっかけていくから自分もなにかと

ふっかけられ、絶え間なく戦闘の世界ですが、そんなもんがいいとしたいつぞやのヤンキー漫画なんかも

どうかと思いますが、一応の最上層の天界の人間こそ常に人の幸せを考えるゆえ自分にも幸せがやってきて

ほがらかに暮らしています。私も一度修羅界に落ちてたような感じが17年前バイブルを手に入れて悟り

天界にでも登ってればお手の物。絶対天界の暮らしの方がいいですよ。

 

2018.4.27

唐突ですが、今だに世界が滅びるなんていう人がいる。

私からいわせれば1000パーセント滅びないし、神の登場の間違いじゃないですか?

そもそも滅びるとかいうんなら、予言の大御所ファティマの予言を知ってますか?

ファティマ第三の予言で世は地獄に変わるともいいますが、そもそもそれがまだだいぶ先だと思います。

そんなファティマの予言も実現しない中、世は絶対滅びないですよ。

私たちの世代は余裕を持って楽しんで生きればいいと思います。以上。

 

2018.4.28

食というのはそもそも哲学を含んで食らうのは皆さんも分かると思いますが

特に肉というのは食らっていただくとこはいただいて糞尿にして地獄に落としていいというのを食らいます。

代表的に豚なんて食らっていいし、暴れ牛的なのから、鳥は食らっていい鳥を食らいます。

そうすることによって、人の世の統制を目に見えないとこでとってるという哲学で食らうものを決めます。

しかしながら各々百花繚乱して誰も何の肉も喰らわないことこそ真の善徳でもあるとするのが仏門の食事です。

人の世を形成するためにもライオンや猫の肉なんて絶対食ってはいけないですよ。まぁまずそうですしw

 

2018.4.29

ここで有用な美容のお話。

昔そういうタイプも多く軽く私もそういうタイプだった、最近でも時々見かける

なんか薄汚れた感じの人。かたや時々透き通るような肌で綺麗な人もいますが

その要因はおそらく風呂です。綺麗な人は1日に何遍でも風呂に入ってることがあります。

逆に薄汚れてる人は風呂を入り忘れたりしてんじゃないかなぁといったとこあるので

風呂は少なくとも1日一回絶対入った方がいいですよ。昔の私も人のこといえませんが。。。

 

2018.4.30

今まで再三にわたって神の天国と地獄について考察してきましたが

大方善徳こそ天国で罪を犯せば地獄ですが、いわゆるカルマというのをご存知でしょうか?

カルマとは端的にいえばいきすぎた正義で、そこまでのことをしてないのにいきすぎた懲罰を与えたりする

ことをカルマといいます。このカルマも罪という読解で地獄に落ちるというのが定説ですが

あと嫉妬なんかの感情で攻撃したりするのも嫉妬に焼かれるというし大方地獄落ちの要因です。

犯罪だけでなくカルマや嫉妬にも気をつけてよい旅を。

 

 

 

5月上巻

2018.5.1

ここでいわゆる金についての話。

釈迦やイエスも金についても言及してますが、私からいわせても金のためだけだと身を滅ぼします。

なぜかというと金儲けというのは収益のあがって調子のいい時はいいですが、それがいつまでも続かないのが

世の常です。損害が出始めるといままでの収益を確保するためなにかと非道な手にも染めてしまうものです。

それがますます損害を出ししまいには身を滅ぼし地獄に落ちるものです。

間違いなくこの世は金のためじゃないですよ。よい旅を。

 

2018.5.2

手記が先行してますが、私、約20年ぶりくらいに髪を長くしてみようかとも思います。

目指すとことして、アメプロのレインズといったところですが

なんか失敗してやばくなっても困るなぁってとこですが、それならそれでまたすぐバリカンでカットすりゃいいし

一度20年ぶりに長髪に試してみようと思います。

しっかりロックアーティスト的に見えれば大成功ってとこで。

 

2018.5.3

ここで私にピアノのが弾けたならばりに私が大富豪ならの話w

私が大富豪ならアメリカの富豪ばりに財団を設立して神の研究をします。

神が1000パーセント嘘をいわれてるはずがないし、私自身で理論を構築しても

神のコーナーを見ても分かるとおり、おそらく本当です。

有能な研究生雇っていろいろ検証してみたいところですが

そのためにはとりあえず私の作品買ってくださいねw

 

2018.5.4

この前長髪宣言したばっかですが、やっぱやめました。

長髪に久しぶりに試してもいいとこもあったんですが

長髪にしたらしたで何かと手入れも面倒ですし、あまつさえハゲても困るので

何かと坊主がやっぱ一番楽だなぁということで、ばっさりカットしました。

まぁ坊主も格闘家的に似合うと思うのでやっぱ私は坊主でいいですw

 

2018.5.5

今日から一泊二日で奈良・大阪へと行ってきました。

今日は奈良についた足でそのまま大仏みてきましたが、やけに人が多いのがかなり疲れました。

大仏は一度小学校の修学旅行で見てますが、久しぶりの大仏は正直そこまで大きくないなぁといった印象。

まぁ当時めいっぱいのでかさにしたんだとは思いますが、もっと迫力あってもいいかなぁって感じ。

それにしても中国人やら外人やらが多いとこだなぁって感じでした。

 

2018.5.6

今日は朝早く奈良のホテルを後にして大阪入って大阪城見てきました。

大阪城も以前きたことがあるようなないような記憶ですが、今日はしっかり見ました。

大阪の街も広島と比べりゃそりゃ大きいわなぁって感じですが、やけに有料道路あたり複雑で

初心者にはまずわからないなぁってとこでしたが、なんか大阪は楽しかったです。

道も広いし大阪結構いいとこだなぁって見てきました。

久しぶりの旅行で全体的に楽しかったなぁって感じです。

 

2018.5.7

GW旅行の追記として、大阪城あたりで私も結構な体格ですが

私より輪をかけてでかい体格の人もちらほら目立ちましたが

私が110キロ級なら120キロ130キロ級といったところですが

そういったところと戦うなら、足使ってスピードで撹乱しないと勝てないだろうなぁといったところ。

私110キロでも結構動けますが、120キロ130キロ級が俊敏に動かれたら勝てないw

最強への道はまだまだこれからですw

 

2018.5.8

ここで国家を揺るがす衝撃の証言。

まぁこの国、平成時代を掲げてみんないっしょなんてといてますが

はっきりいって三国志になぞらえりゃ張角の太平道に決まってるような気もしますが

案の定、黄巾党らしき賊党なんてのも多いですが、その後のシナリオは国家倒壊のあと群雄割拠です。

誰がこんな時代を掲げたのか知りませんが、手遅れならおそらく私はアメリカに渡りますw

まぁ冗談じゃないですよ、おそらく。。。

 

2018.5.9

先日国家のことについてちょっと言及したので、もう一筆。

そもそも平成に入ってみんな一緒といって序列をなくし、元気もないように見えますが

はっきりいってそんなことすれば昭和の頃の序列をただしみんなが快活で強かった時代の逆で

がんがん弱くなってしまいには滅びます。あと神のことについても昭和の頃はしっかりしてましたが

平成になってなんか悪魔教でも崇拝してんのか的なとこもあります。

はっきりいって手遅れになれば滅びます。私はやっぱり自分が天国にいけることを考えて生きます。

 

2018.5.10

ここで私には子供なんていませんが私の思う教育論を一つ。

私はこの40年間結構私の思うように、のびのびやってきましたが

のびのびやりたいことばっかり大抵やってきた結果、結構今強いはずです。

逆に押さえつけられて何かとやりたいことやってないと非常に弱いです。

常識は必要ですが、やりたいことやって自由にのびのび生きるのがいいと思うんですがどうでしょう。

さらに10年後20年後を楽しみにしてますw

 

2018.5.11

この世界はいわゆる神の統治する世界です。

要するに神に愛された才能ある戦士が世で力を握ることによって統治されています。

しかしながら昨今の私も愛する音楽や漫画などを中心に才能あるはずの人の作品が面白くないです。

なんか本気で作りゃ作れるのが、誰かにあえて面白くないものでも作らされてるようにも思えます。

要するに神の統治する世界にアンチかかげてんじゃないかと思いますが、誰なんだその魔帝w

いいかげん世界で才能ある人が面白いことやってくれ。

 

2018.5.12

ここで唐突ですが、柔道家の三四郎の話。

三四郎って小柄ながら巨人を次々投げたって記述があるらしいですが

考察するとあの当時、体重計ってあまり一般的には広く出回ってないと思います。

それゆえ、小柄なようで、私のように身長はやや低身長でも体重が重かったんじゃないかと思います。

私も一見するとやや小柄なようで170センチ112キロとかなりでかい部類でもあります。

私みたいなのが現代の三四郎かなぁ。。。w

 

2018.5.13

ここで久々に神のいわれることの特に愛についての話。

以前も少し書きましたが、いわゆる自然の農作物なんかをみても分かるとおり

同じ条件で同じように育てても、出来のいいのやら出来の悪いのやらいろいろ育つのは事実です。

その条件として私に思うに、大気の中にまだ未発見のいわゆる愛の成分なんてのもあるかもしれません。

特に自然の風なんて愛の成分も含まれてんじゃないかなんておそらく事実のような気もします。

人体なんかにしても、まだまだ未発見だった物質が現代でも発見されてるそうなんで

そのうち愛の視覚化によって全てがとかれていくと思います。お楽しみに。

 

2018.5.14

昨日の話の続きで愛についての話。

おそらく愛の要素が人を育て、愛が起因して天国に登ったりすると思うんですが

要するに天の雲なんかが意識の集合体、天国そのもので、愛で出来てんじゃないかという思想になりますが

地上から見ても雲なんか色がありますし、なんかありますが、おそらくまだその成分は未発見です。

その愛の成分の発見こそ全てがとかれると思います。

愛は白いですよw

 

2018.5.15

ここ4、5年くらい絵と音と世界的アーティストを目指して

駆け抜けてきましたが、最近もうバテ気味です。

レベルも多少上がりましたが、上には上がいますし、なんか疲れてきました。

ちょっとここらで一息いれて、旅行にでも行きたいところですが

まぁ徐々に人生つむいでいければと思います。

あんまり高望みはしてないですが。。。

 

 

5月下巻

2018.5.16

以前三国志に例えると私は趙雲かなぁなんて書いたことありますが

私の一家の将も出てくると、私の弟や近親の親しい弟が武力70くらいで

なかなか勇猛な馬岱、馬鉄で、私が武力100を上回る馬超かなぁなんて。

あと当主の馬騰あたりが私の父親くらいかなぁなんて私の一家、馬一族みたいなとこあります。

馬一族もなかなか有能なのでいいですが、曹家や劉家なんてどこかなぁなんて近隣で探すのも楽しいですが

今度、馬一族で三国志のゲームプレイするのもいいなぁといったところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.5.17

昨日、私の一家を馬一族に例えましたが

ここでバカな例えでもすれば、私現在、馬一族で鹿みたいな暮らしをしているアーティストです。

そうすると、私やっぱり馬一族の鹿、馬鹿かなぁなんてw

馬鹿ってうけるので別に馬鹿でもいいですが、とはいいませんが

やっぱ馬鹿最高ですねw

 

2018.5.18

昨日の馬鹿の話をうけて、野球でもしまっていこうぜともいいますが

開けてると結構馬鹿ですwその例えでいくと、土地なんかでも開けてるとこの方が馬鹿ですw

逆に閉じてる過疎地こそしまっているものですが、私の住んでるとこは広島のやや郊外とはいえ

結構開けてるとこなので、結構馬鹿な性質してますが、かなりの馬鹿ならやっぱ更に開けてるとこの方

がいいこともあります。まぁあんまり閉めてる人って田舎にいった方がいいこともあるかもしれませんね。。。

 

2018.5.19

先行してつけていますが、唐突ですが、勉強できる人って頭いいと思います。

勉強ができてもという人がいますが、そもそも軍の関係者にしたって勉強が抜群にできる人が

軍を動かしていますし、いわゆるインテリなんちゃらだって勉強が抜群にできるところです。

勉強ってやらなきゃできないところありますが、頭が良けりゃやればできます。

やりもしないでどうこういうのも考えものですが、一応やってみてからいう方がいいと思いますよ。

 

2018.5.20

ここで通説のいわゆる才能の話。

漫画なんかのジョジョのスタンドやペルソナなんか、ようは才能で力を貸してる天の神でもあります。

昔から才能とは神が与えるものが通説なんですが、才能が抜群なら神に愛されすぎてる証拠でもあります。

はっきりいやよく調べりゃどういう人かという人が、神に愛されず才能がないのが定説です。

それゆえ神に愛されてる才能のある人が世界を動かすのが当たり前ですが

神に愛されたけりゃ心を入れ替えて行動を正すのがいいと思いますよ。

 

2018.5.21

先日の話から、ジョジョのスタンドにかけての話。

スタンドとは力を借りてる神、つまり才能とときましたが

このサイトで表現しきれてないこともありますが、さしずめ私はスタンドが10体くらいついてんじゃないか

という帝王的なようで、世の中には強力なスタンド使いもいますが

はて最強のスタンド使いは誰でしょう?

私も自信があるのでそのうち機会があれば名乗りでようかと思いますw

 

2018.5.22

ここで人間を形成する上で重要な教育の話。

戦後日本はアメリカのGHQのもと教育をしてきましたが、要は現在の義務教育の教育なんて

文明の発展のための教育で、人間としての教育なら日本の戦前教育の方がいいような気がします。

一応触れておくと亡くなったおばあちゃんなんかの話を聞いてると、神童教育、神に愛されてなんぼ

みたいなとこがありますが、大方神に愛されて才能を与えられて活躍しようといったところだったと思います。

間違えてるとこあるかもしれませんが、たぶんそんな感じです。

その方が人間としてもいいし、世もよくなりそうですが、アメリカの教育なんとかならないですかね。

まぁ文明の発展も欠かせませんが。。。

 

2018.5.23

私常々書いてますが、結構戦闘力、最強ランクと自負しておりますが

日々のトレーニングとしては余裕を持った重さで70キロをペンチプレスしてます。

やや無理すれば80キロでのトレーニングでも可能ですが、それを言い換えれば

70キロくらいのミドル級の相手なら軽々持ち上げてバックドロップとかかけれますw

逆に私の110キロくらいってまず持ち上げれないと思うので

試しにトレーニングジムとかで試してみるといいと思いますよw

 

2018.5.24

ここで以前も記したことがあるんですが、宇宙の真理についてひとつ。

そもそもこの地球、宇宙の星ですが、その中心部こそ誰が名付けたか知らないですが

理念をといても核といいます。その核に地上から近づくように落ちるのが地獄です。

逆に核に地上から反発するのが天国です。それこそ宇宙の法則ですが、それゆえ

いくら自分のこととはいえ自分のことばかりを優先するのは核、つまり地獄の理念になることを

覚えていた方がいいいと思います。なにかとよくいわれる道徳なんて、なにかとそういう理念です。

困難に気をつけてよい旅を。

 

2018.5.25

ここで現代のあまりにも忙しすぎる世界についてひとつ。

そもそもこんなに働いてがんがんがんばらなきゃいけないのも、戦争の歴史ゆえです。

敵国より我先に進まないとやられるという理念が、世界全体を忙しすぎるものにしています。

世界全体でもう金輪際戦争はしないと協定を結んで、もうちょっとみんなでのんびり生きれないか

なんて思います。誰も奴隷みたいに働きたくないし、なんでこんなに働かなきゃいけないのかと思います。

アメリカのトランプあたりなんとかしてくれw

 

2018.5.26

ここ最近のことを思うと90年代後半ごろから、いわゆるCOOLなのが増えてますが

いわゆるCOOLって閉じてるってことで開いてるよりは暗く頭も良ろしくない傾向にあります。

しかしながら現代でもクールなのってまだ根強いですが、私個人のことをいえば開いてる

明るく元気なことを好むようで、夜くらいクールでもいいなぁって感じでもあります。

あとクールな人は嫌がると思いますが、クールもクールすぎればロボットで、逆に喜怒哀楽の激しい

熱すぎる人の方が人間です。なにかと私は元気な方を好みますが。。。

 

2018.5.27

ここで先行して最近よく話題に出している世界最古の文学、西遊記の解説をひとつ。

そもそも悪童でもあった孫悟空を腕力に長けるとこに目をつけて

釈迦そのものの象徴でもある三蔵法師が牢獄から解放し、一応頭に輪っかを付けてお供にします。

その後現代でいえば技術者的な八戒もお供に地獄行きの悪魔を成敗することによって善徳を積み上げます。

その結果孫悟空一行は天竺、要するに天国にいかれたといういろいろな人を哲学して盛り込んだ

文学の金字塔です。まぁ神のとかれた真の世界の姿を写し出した最高栄誉賞ものの文学ですが

さしずめ私もいつぞや犯罪者的だった人間が神に触れて天竺のために戦う孫悟空といったところですが

神は嘘をとかれない。神が馬鹿じゃなくてあなたが馬鹿だと思います。以上。

 

2018.5.28

昨日の釈迦にまつわる話をうけてもう一つ。

先日、奈良に行って大仏を見てきましたが、釈迦なんて世界の真相をといた結果

今まで悪童でも天国のため善徳をつんで戦う姿を受け入れる姿としては

世界の重役を担いつつもそれこそ無我の境地、そういう顔をしてられました。

そういう本気の最高権威の立場なら自分のことは無みたいなものです。

責任を負う最高権威の人は我なんてだせないものでもあるそういう顔の大仏でした。

体躯もでかかったですが、精神性もでかいツラ、まさに神でしたよ。

みなさんも一度行って見ることをおすすめします。

 

2018.5.29

ここで先行して、たいした話じゃないですが

私常々、自分の体型を170センチ112キロと公言してますが、実は身長が正確に測ると

170よりやや足りない168でもあるんですが、170といった方がかっこいいかなぁなんてw

外出する時もサンダルのこともありますが、大抵厚底のブーツ履いて誤魔化してますw

重さは間違いなく今現在110くらいですが、体型としてはできる限り引き締めてます。

まぁやっぱりタイガーマスクや三四郎といったところかなぁといった感じです。

 

2018.5.30

ここでまだ言ってなかった秘密の話。

自慢話のようですが、私の母校の高校、広島でもかなりエリート高校なんですが

そこで測定したIQ、つまり知能指数ですが、理系の測定がたぶん学年でトップだったと思います。

そんなもんだから入学時は多分中学入試時の算数、満点とってんじゃないかと思います。

入試の時は調子も良く全体的に良く出来た記憶あるので、もしかしたら首席だったかもしれませんねw

大学行ってれば東大ってとこですが、私はアーティスト志望してたので悔いはありません。

まぁそのうちなんとかならないかなぁなんて思ってます。

 

2018.5.31

最近のいわゆるフィギュアは安いのか知りませんが

キン肉マンの30センチくらいの結構なフィギュアが2000円くらいであったので

購入して釈迦観音像ばりに飾って拝んでいますw

まぁ私にとってはキン肉マン像こそ釈迦像にあたるくらいの威力ですが

私にとってはキン肉マンはおそらく死ぬまでもう一つのバイブルです。

 

 

 

6月上巻

2018.6.1

ここで禁断のいわゆる性交渉についての神のいわれること。

いわゆる性交渉はいけないことというのが通説で、文字通りいけません。

しかしながら現代で性交渉をやってはいけないなんて難儀なようで

私自身は若い時にどんなものかは試していますが、まずやることはないようで

こんなこといいたくないことですが、一番避けては通れないところかなぁなんて。

はっきりいって私も間違いない確証が欲しいですw

 

2018.6.2

以前も記したことですが、国民的ゲーム、ドラクエくらい誰でも知ってるゲームですが

ああいう勇者が魔王を討伐する手としては、そもそも人なら同じ人の幸せを願うのが当たり前という

理念をもとに作られています。要するに人を不幸にしようと思うのは同じ人ではなくモンスターという

読解で、モンスターなんかが立ちはだかった時、魔、つまり天国いきの要素、要するにMPとかですが

それを使って撃退しますが、あまりに使いすぎると地獄落ちます。はっきりいってモンスターなんて

出くわしたくないこともありますが、どうしてもせっかく神がといた世を分かっていないモンスターがいます。

その結果代表者の勇者が旅をして諸悪の根源、魔王を討伐する話のゲームですがもうドラクエも30年です。

いいかげん世に気づかれた方がいいと思います。以上。

 

2018.6.3

ここでかなり重要なことの記述。

そもそもひらめきとは人を幸せにする理念の言動でなければひらめきといいません。

むしろ不幸にする理念の言動を思いつくことを魔がさすといいます。

それで魔がさしたことにしっかり言動なりで表に出すことを、悪魔に従うともいいます。

悪魔に従い続けると悪魔に魅入られ魔ばっかさして、しまいには地獄に落ちるというのが定説です。

魔がさした時は表に表さないのが対処法だったと思うんですが、そうしてるうちに悪魔も退散するという

とこですが、ひらめいてるのと魔がさしてるとの違いははっきり把握しておいた方がいいと思いますよ。

 

2018.6.4

手記も新展開させて、神にかかわる記述なんかもいろいろ書いてきましたが

要は人として大事なのは、それこそのび太じゃないですが、人の幸せを喜ぶことができ

人の不幸を憎めるところこそが全ての根源です。

まぁ私なんかも私はまず嫉妬の理念で魔がささないですが、幸せな人がいればますます幸せになってくれたまえ

くらいなもので、結果みんなが幸せになることによって自分も幸せになるという考えなので

まぁ幸せな人はますます幸せになってくれたまえw不幸な人は幸せになれるといいですねってとこで。

 

2018.6.5

命あるものはいずれ滅びる。誰しもいつかは死にます。

これまで神の記述もいろいろつけてきましたが、私が死ぬ時のイメージはもう出来ています。

間違いなく善徳をつむように生きているはずなので、死ぬ時は天国にいけると確信して

死を恐れることなく満面の笑みでちょっと遊びにいってきます、そういうイメージです。

その時こそ人生のクライマックスで、その瞬間のために生きているといっても過言ではありません。

それでしっかり天国いって楽しめれば本望ですし、それまでの人生の過程でも天国にいきたいものでは

ありますが、結局は人生総じて坂の上の雲、そういうイメージで皆さんも生きていかれるのが

いいと思います。困難に気をつけてよい旅を。

 

2018.6.6

神に関する記述を続けた次で何ですが、愛好するレスラーについての話。

そもそも我々人間だって所詮アニマルなのは誰しも分かってるとは思いますが

アニマルの世界で才能といえば1000パーセント腕力です。

あんなゴツい体して才能がないわけがないですが、アメリカではレスラーって芸能の代表くらい

立ち位置が高いですが、我が国でのレスラーの境遇の悪さがどうなのかなぁと思います。

はっきりいって男なら才能たる才能は武力だと思います。以上。

 

2018.6.7

ここで以前も少し記しましたが、私の解析した宇宙の法則ですが

要はこの地上から核の理念に落ちるのが地獄で、核と反発するのが天国という自然現象的

宇宙の法則ですが、おそらくこの人類の叡智が仮に土星の魔王軍や火星のバケモノが

この地球に攻めて来てもこの人類の叡智の解説で引き上げることでしょう。

おそらくこの宇宙の法則の叡智、人類としてメモっといた方がいいですよw

 

2018.6.8

普段私はあんまりテレビのことは話しませんが、軽く提案すれば

フジのいつぞやのハンマープライスこそまさに錬金企画です。

それこそしょうもないものでもなく、大型の人気タレントの絵や愛車とか売ってみたりすれば

すぐ財源が確保できそうなものですが、それこそいつぞやのフジを狙ったホリエモンあたりも

この埋蔵金企画が狙いだったんじゃないでしょうか、というのはいいすぎですか?w

やはりそう考えるとテレビの力もまだまだ健在だなぁと思います。

 

2018.6.9

ここでいわゆるシモの話ですが、ちょっと面白い話。

そもそも男性の性器ってすぐみんな同じと思いがちですが、いろいろあったりします。

私の場合いわゆる勃起しても皮があまってたりする性器してます。

それゆえいわゆる一人遊びですが、はっきりいってビデオや漫画の表現で実際皮がそういう役割をはたし

プレイしてたりする以上の性器してたりすることもあります。

それゆえ私実際は多少経験してるだけですが、ものすごいヤリチンみたいな表現になるんじゃないかと

思いますwすいません馬鹿な話でした、以後気をつけますw

 

2018.6.10

唐突ですが人の考え方なんてメディアの作品から作られることも多いですが

そもそもこの世界、再三いっている東、西、同じことをいわれる神のといた理念を教える作品が主流です。

そんな中神のといたことに満たされない、いわゆるなぐさめ的な隙間作品を源流とする現代の作品なんかを

信奉しておそらく地獄に落ちるであろう間違っている人も多いです。

そもそもメディアの役割としても、神のといた理念を愚直に教えるのが役割で、隙間的作品が

現代でも地獄落ちの人間を作っているんじゃないかと思います。

そもそもそんな馬鹿作品、満たされない人の心を埋めるような隙間作品なだけで1000パーセント

神のいわれることが本当ですよ。困難に気をつけてよい旅を。

 

2018.6.11

先行して次々つけていますが、ここで自分のことでも振り返ってみれば

そもそも私、ちょっとした下級戦士みたいなとこで、小覇王的なとこあったんですが

ここんとこ戦闘力が増大して、今や最強ランクのむしろ最強じゃないかといったところが

覇王そのものもいけんじゃないかとか思ったりする風格が歳もとって出てきたんじゃと思いますが

なにかと今現在立ち位置がないので、そのうちと思ってたりするんですが

どうにかならないかなぁといったところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.6.12

ちょっと昔のことを思い出したので書いてみれば

私高校時代、陸上部に少しいたんですが、結構な走力自慢で校内最速ではありましたが

大会に出たら高二の時の大会とはいえ、タイムが100メートル12秒0でまったく歯がたたず

上には上がいることを思い知らされましたが、結局陸上部で最後までがんばってタイムを鍛えるのも

ありだったようで、オリンピックには出れなかっただろうなぁといったところです。

その後高校の後輩でオリンピックに出たのもいるようですが、私は結局戦闘力を鍛える方向にいったので

もうあの頃のようなスピードは出ないようで、意外とスピード出るかなぁといったところ。

懐かしい学生時代のクラブ活動の話でした。

 

2018.6.13

ここで今まで隠していた本当の話。

私今でも多少精神科で治療受けてるんですが、2001年の新世紀幕開け頃こそ病状も最悪で

それこそ体重も今の半分くらいの50キロ台まで落ちて死にかけていましたw

その後とにかく体を鍛え続けましたが、今や再三いっているように110キロを上回る体で

今現在はとにかく引き締め作業に入っています。

まぁ体重から換算すれば戦闘力も2倍くらい上がっていますが、やっぱ私サイヤ人ですか?w以上。

 

2018.6.14

ここで再び神の話に巻き戻れば、そもそも西遊記の孫悟空なんかをみても分かるとおり

地獄落ちの悪をこらしめるという理念は善徳にあたります。

例えるなら世界全体を人体にでも例えれば地獄落ちの悪をガン細胞にでもしましょう。

それでそのガン細胞を駆逐するというのは人体にとって善徳、ようするに善とでます。

地獄落ちそうな人もますます悪いことしてたら正しい人にいじめられますよ。以上。

 

2018.6.15

昨日に続いてもう一つ神にまつわる話の記述。

そもそも人を楽しませるという行為は善徳です。

いわゆる面白い人というのは文字通り白い、要するに善です。

当然人を楽しませた分因果応報で自分も楽しい思いしますし、何かと楽しい人ってのはいいです。

誰だって面白くないよりは面白い方がいいのも当然ですし、何か人を楽しませてみるのがいいかもしれませんね。

以上。

 

2018.6.16

ここでアホなようでおそらく本当の話。

男性にはいわゆる金玉が2つ付いてますが、要するに睾丸です。

その睾丸、抗ガンでもあり金玉が元気ないわゆる絶倫こそ抗ガンも強く

精力もあって元気で病気知らずです。何かと元気な方がいいこともありますが

あんまり竿が元気すぎて馬鹿なことでも考えないようにしたいものです。

まぁ私はいい歳なのであんまり元気はありませんが。。。w

 

2018.6.17

以前も少し記しましたが、神の話にまつわる記述でもありますが

昔の時代、地獄落ちの罪悪を犯した場合、もう立ち直れないという判断なら

地獄で焼かれる炎に例えた特別な火、業火で焼いて処刑してたりしてました。

当然そういうことを取り仕切るのがいわゆる極道でもありますが、現代のヤクザも何かと理念を

間違えられてても困りますが、そんなに地獄落ちても平気といわれるのなら

指をライターで燃やしてみるといいですよ。それが全身です。以上。

 

 

6月下巻

2018.6.18

ここで再び神のとかれた天国と地獄の理念ですが

要は地球のためにいいことをしてきたから天国で、地球のために悪いから地獄です。

我々人間を代表し犬や猫だって地球自身なのは先に解説しましたが

そのみんな、つまり地球のために貢献したから地球自身からご褒美でももらうのが天国かもしれません。

その逆も地球自身、みんなのために悪をつんできたから地球に地獄で焼かれるのかもしれませんね。

なにかと人間を代表しみんなの意見が地球の声かもしれません。以上。

 

2018.6.19

ここで再び私の一族の話。

私の名、田上ですが田上とは田神でもあり田の上でもありつまり太陽だときいたことあります。

つまるところ太陽の一族ですが、先人でそんな生命力もあり太陽的といえば

もしかしたらやっぱり秀吉の末裔なのかもしれませんねw

豊臣家って何になったのか知りませんがもし私のところならやっぱ世も世なら王族的だなぁw

まぁそんなこといってみて今日の手記はこのへんで。

 

2018.6.20

昨日の名前の話からもう一つ。

漫画なんかでしっかり描く前の原本みたいなのをネームというのをご存知でしょうか?

ネームがダメだとしっかり話にしてもダメなんですけど、やっぱり名前とかかりますか?

名は体を表すというし、名前が結局その人を物語ってるのかもしれません。

私、親から田上雄介と昨日の話からすれば太陽の雄みたいな名なのでいい人生なのかもしれません。

いい名をくれた親に感謝ですねw

 

2018.6.21

先行してますが、最近よくユーチューブ用の動画を作っています。

ユーチューブでYUSUKE TAGAMI で検索すればいろいろ出てくると思います。

何かと面白い動画を作るのを目指していますが

暇だったら覗いて楽しんでいってください。

また知らない間に新しい動画上げてることもあるとは思いますが。。。

 

2018.6.22

ここでまた禁断の私の性体験の話。

はっきりいって私もやってない時はそんなにいいもんかなぁと悶々してたりしましたが

やってみれば何もない、ブタと知った時から私の生きる喜びは馬鹿なことやって笑うことや

音や絵の芸術を楽しむことに変わってはや数十年経ちました。

すっかり私も馬鹿なことの方が好きだったりするいわゆる童貞なようで、はっきりいってやってるからこそ

馬鹿なことの方が好きなんであって、まぁ悶々してる方が童貞ですよ。

やってりゃ知ってます。みんな同じようなもんと思うがいいものしてる人もいますか?w

 

2018.6.23

ここで20年前のことを振り返ってひとつ。

90年代の中頃から何かとロックを中心に毒された歌、要するに地獄落ちの理念の歌が流行っていましたが

はっきりいってそんな歌信奉してれば地獄落ちるんですが、そんな中やっぱりビートルズがやってくれました。

96年あたりのビートルズアンソロジーでリバイバルしてる頃、新曲の一つで「REAL LOVE」というのを

制作してますが、はっきりいってそっちの方が愛で、天国行きの理念です。

私は何かとその後ビートルズ寄りのU.K.ROCKを信奉したので、おそらく助かっていますw

もう日本のロックもやり直すしかないでしょうね。以上。

 

2018.6.24

ここでもう一つ禁断の性交渉についての話。

そもそも男と女は違います。性交渉の最中でも男ってなんかいわゆる呼吸って魔です。

女こそ蒸気もあがりますが、要するに女はやられると天国いけるんですが男ってやると地獄落ちます。

その理念が女が着飾って男を誘惑し、やられようとしますが男ははっきりいってやると地獄落ちます。

その男と女の天国地獄のバランスで世界がなりたってると思うんですがどうでしょう。

あと女ってやられると生気いただくともいうし、男ってやってると生気がなくなります。

まぁバランスが肝心なんでしょうねってことです。何かとよい旅を。

 

2018.6.25

ここで天国と地獄についてのことにもう一つ。

やっぱり生きるとは息と深くつながってきます。

どういう息してるかでイキもよく快活で元気で天国いけるかということになります。

それゆえ昨日の性交渉の話でも息がかかわってき、それゆえ天国地獄に分かれます。

結局息を魂ということもあるんじゃないかと思いますし、それが死後天にのぼれば天国

地に落ちれば地獄ですが、何かと声なんかも元気な声出した方がいいですよ。以上。

 

2018.6.26

神に関わる話もいろいろしてきましたが、もう集大成的話です。

世の真理として天と地、光と闇は均等です。どちらにも傾くことはありません。

それゆえ楽しいことが続きすぎたんならそのうち困難が待ってます。

苦労続きこそそのうち幸せになるものです。その理念が苦労した人生の方が天国にいけることもあると

思いますよ。世のバランスが崩れることは世が続くかぎりありません。よい旅を。

 

2018.6.27

ちょっとここで昨日記したことの補足。

やっぱり取り直すようですが、人を幸せにし続ければ幸せ続きでその勢いで天国に行く

という理念の方が正しいような気もします。要するにこの星の天にあたる存在で

人を幸せにし続けるからこそ因果応報の理念でも幸せ続きかもしれません。

やっぱり幸と不幸の均等はないかもしれないようで結局は自分の行動です。

要はこの星の何に当たるかかもしれません。詳しいことの解説そのうち誰かお願いしますw

 

2018.6.28

ここで私40年生きてきましたが、振り返ってみれば

最初の昭和の頃は私を含め孫悟空一派が強く金閣銀閣、牛魔王連中を弱くしてましたが

平成に入って何を考えたと思いましたが、逆に孫悟空一派が弱く、金閣銀閣連中が強いです。

その結果次の時代を先読みすれば、おそらくまた神の説法を中心に

孫悟空一派、金閣銀閣、牛魔王連中の共闘です。やっぱり平成の時代、そのための予備工作だったんだろう

なぁと思いますが、孫悟空一派としてはあんまりいい思いはしませんでした。

まぁ仲良くやろうやぁってことでw

 

2018.6.29

ここ近年世が狂ってる感じになって久しいですが

その元凶をたどってみるとやはり日本のヤクザやアメリカのマフィアだったりします。

そもそもヤクザやマフィアなんて役、薬の座でもあり、魔を恐れる集団の神の軍団でもあるんですが

おそらく警察、ポリスの誕生こそヤクザ、マフィアが狂いだした原因でもあり

強いとこが入るヤクザやマフィアが狂えば世も狂います。

それゆえ裏家業の警察、表との調和こそが世が正常に戻る策です。

何かと裏の警察というのも定説なので、しっかり統括してほしいところです。以上。

 

2018.6.30

ここで以前書いたような気もしますが、私のこれからのアーティストとしての戦略。

そもそもアーティストとして成功するには作者のタレント性も必要になってくるものだと思いますが

私は今現在スーパーヘビー級の喧嘩番長的ルックスで、あと売りとしてはダヴィンチばりの万能さ

それでアートの表現を絵と音の二刀流で表現するアーティストということで世界を目指します。

私も結構歳とってきましたが、アートの世界なんて遅咲きも多いのでまだまだこれからです。

アートの世界を目指す同士諸君、がんばっていきましょう。

 

 

 

7月上巻

2018.7.1

この間今後の将来の展望を二刀流のアーティストでいくと展望しましたが

ちょっと変更して今後10年計画で人類最強を目指してみようかと思います。

武力の戦闘力に加えて絵、音の芸術、あと語学やコンピュータなんかも10年計画で鍛えて

10年後の齢50くらいでとりあえず地上最強くらいいってたら世に出る計画でいきます。

まぁ地上最強くらい強かったら財にもなるだろうというおおまかな試算でいきます。

結婚とかはその後という計画でいくかもしれません。10年後お楽しみに。

 

2018.7.2

ここで以前も記しましたが、まだおそらく科学で分かってないこととして

宝石なんてのも一つです。そもそも漫画の海賊なんかにしてもお宝といえば宝石も多々ですが

そもそも綺麗な石だからってあんな小さなかけらに本当に何十万も出しますか?

おそらく宝石なんてのもこの地球という星の何かにあたるからこその値打ちだと思います。

まぁこの地球の自然の輝く綺麗なもの、要するに何か特殊なこともあるかもしれませんが

おそらく何か効能みたいなものもあるからじゃないかと思いますがそういうとこが今の科学は未熟です。

今後期待してます。

 

2018.7.3

ここで久々に新渡戸稲造以上の武士道の解説w

そもそも武士道は私もおそらく編み出してるとは思いますが要は敢闘精神です。

いざ死に直面しても神のいわれる天のために正しい理念の為に戦う精神で

いっそ正しい理念で戦って死んで天に昇ることこそ武士道と見つけたりといったところですが

要はいざという時戦う精神で、普段は別に私も普通の暮らししてます。

まぁ体くらい鍛えてますが、やっぱ戦う時は戦わないと駄目ですね。以上。

 

2018.7.4

ここでちょっと誰にも話してなかったマジで世界が衝撃する話。

たしか数年くらい前だったと思いますが、田舎の公園で何気なく空見上げてる時

太陽が踊ってましたよwはっきりいってマジなので、その時は太陽って何かなぁと思いましたが

あんまり気にしてませんでしたが、なんか思い出したので書いてみましたが

あの太陽が踊ってるところNASAあたりは確認してるんでしょうかね。

はっきりいって世界ってなんなのかとも思いますが、とりあえず神のいわれることを信じます。以上。

 

2018.7.5

先日人類最強を目指す方向でいくといいましたが

人類最強を目指すからにはユーチューブなんかで撮影した裸とか見ると

胸や腹がたるんでるなぁといったところ。

消した方がいいかと思いますが、出来るだけ今くらいのウェイトでめいっぱい締め上げるつもりです。

人類最強を10年後にめどをたてましたが、10年かけりゃなんとかなるかな。お楽しみに。

 

2018.7.6

ここで神に関する考察の解説。

そもそもヨハネの黙示録によればそろそろ全能者といわれるいわゆる神が誕生するともいわれますが

その神もソクラテスなんかの哲学によればあくまで超人のたぐいであって

母体となるこの地球そのものの天と地なんかひっくり返せないのは当たり前ですが

要は全能者の神自身であっても愛をもっとうとしないと天国にいけないし、魔ばかり使ってては

地獄に落ちます。要するにいくら伝説の神でも母体の地球という星に勝てるわけないでしょってことで

全能者候補生みんなにいっておいて今日の手記はこのへんでw

 

2018.7.7

ここで音楽の話ですが、私は今までロックを好んで聴いてきましたが

ロックというのは早い話が軽く鬼気迫るものがあり軽くハードで、戦闘なんかに適してる音楽でしたが

ここにきて呑気にお気楽トンボな自由なレゲエに惹かれ始めました。

私にとっては人生の大化の改新並の革新ですが、やっぱり自由に呑気にってのがいいです。

最近はあんまり鬼気迫るのもどうかという感じなのでレゲエの魅力にはまりそうな予感がして

今日の手記はこのへんでw

 

2018.7.8

ここで人間ならではの道具についての話。

そもそもこのサイトを作ってるコンピュータだって道具ではありますが

コンピュータなんて結局楽器やペンなんかと同じ高度な道具であって決して馬鹿なもんでもないですが

古代文明の編み出した高度な道具の代表、言葉なんてのも当然現代でも重要ですが

要はどういう道具を使いこなしてるかであって、やっぱ高度な道具を使いこなせる人こそ頭いいと思います。

コンピュータなんかも頭のいい人が使いこなすものであって、決していけないわけはないと思います。

コンピュータを愛護したとこで今日の手記はこのへんでw

 

2018.7.9

唐突ですが人は皆同じなのでしょうか違うのでしょうか?

当然私の以前した話でも皆結局は地球、要するに皆自分なんですが

通ってる血なんかは細分化すれば膨大な型があるほど皆違います。

釈迦の説法でも人をいろんなキャラ、型に例えたりすることもありますが

要するに皆地球といっても虎やバッタくらいの違いはあるんじゃないでしょうか?

私はおそらくさしずめタイガーマスクの虎かなぁとかいったところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.7.10

昨日の話で人は皆同じか違うかの話しましたが

そりゃ血の型と同じ様に虎やバッタの違いはあれど皆ヒトです。

ヒトとして同じなのが大前提な上での話であってヒトがヒトを不幸にしていては

そのヒトが何かと地獄に落ちるものです。

何辺もいいます。同じヒトならヒトの幸せを願えるのがヒトです。以上。

 

2018.7.11

ここで釈迦の説法ばりに本気の答弁。

仮に人を始めとした生命が死んだら無に返るのなら何故天の雲は雨を降らし続けるのでしょう?

天の雲が雨を降らせるからこそ生命が生きていけ、実もなり花も咲かせます。

要するに生命が天に昇って雨を降らせるからこそまた生命が生きていきという生命のサイクル

なのにお気づきでしょうか?それが通説の転生輪廻であり天国ですが、また釈迦からすれば

上昇気流もあれば下降気流もある、ようするに地獄もあるのも定説です。

この自然の理念こそが神のとかれることです。そのうち科学でも裏付けます。よい旅を。

 

2018.7.12

ここで禁断のシモについての話を再び。

いわゆる童貞でもないかぎり女が漫画やゲームの類の表現にならないのは知ってるはずですが

要は漫画の表現なんてかめはめ波でもうって無茶苦茶強い表現と同じで

あくまで漫画の表現、ある意味夢の表現でもありますが、ビデオの類でもその夢の表現が先行してるだけで

女だって馬鹿じゃあるまいし才覚もあるのにあんな風になるわけないですが

私は薬なんてのは知らないし、薬使ったってどうかとも思いますが

そんなに夢の表現が楽しみたければ要はヴァーチャルで再現に決まってます。

ヴァーチャル技術期待してますw

 

2018.7.13

ここでちょっとした昔の偉大な技術の話。

いわゆるそこそこの土地名なんてのもおそらく昔の古代文明の学術にのっとって

名づけられてることもあると思いますが、それこそ現代の科学文明では

はっきりいってなんでそこの土地がこういう名の意味合いの土地なのかとかちょっと分からないこともあります。

そういう現代では埋もれた昔の学術こそ偉大で、おそらく神なんかもそういう類の学術で

世をといたんじゃないかと思われます。今後の科学の発展もそういうとこの検証に期待します。以上。

 

2018.7.14

ちょっと昨日の話の追記。

土地の名前なんてなんでそういう名になるかなんて学術も昔あったといいましたが

そういや我が国でも結構最近に廃藩置県なんてのをしいて、新しい県の名前つけていきましたが

やっぱり国の方はなんでそこの土地がそういう名の県になるかとか分かってますか?

そもそも藩を県にしないといけない意味も私にはちょっと分からないこともありますが

やっぱり国の上層の方は結構分かってることもあるんでしょうか?

はっきりいって一般にも広くそういうことを教えて欲しいですが、誰か教えて欲しいですねw以上。

 

2018.7.15

ここで手記でもよく付けているヨハネの黙示録の全能者についての話。

通説では全能者こそ世界最強な上1000年の命があるといわれていますが

それを漫画にでも例えれば例のドラゴンボールで永遠の命でも叶えようと思ってる

世界最強候補のフリーザ一味やら単独で集めてるベジータやらといったところですが

さしずめ私はひょんなことからドラゴンボールのことを知って単独で集めてるベジータかなぁと。

本物なら要するに世界最強なら1000年の命といったところですがまだまだ決戦の地ナメックは続きますw

今後お楽しみにw

 

2018.7.16

ここであまりにもぶっ飛んだ話と分かっていてしてみたいと思います。

何かの記述にこの世界は神が7日で作られたなんて、なんの表現かと思う話がありますが

いつぞや私がした太陽が踊ってたのが錯覚でもなくまったくの本当なら

この世界やっぱ何ですか?そもそも太陽のあの動きも人為的な動きに見えたし

それこそ本当に神が7日で作り上げた箱庭的世界かもしれません。

あまりにも常識外れなのでこのくらいにしておきますが、私はそんな気もします。以上。

 

2018.7.17

ここで最近の世界の風潮についての話。

なんかここんところテレビでも見てるといわゆるマニュアル思考をとりざててるように感じます。

代表的にW杯のハリー・ケーンなんて当初からマニュアルタイプだなぁと見てましたが

そのハリー・ケーンが最近クラブ関係でも何かとクローズ・アップされてます。

90年代頃を中心に漫画の格闘家陸奥とかアイデアに富むファンタジスタが中心でしたが

何故ここにきてマニュアルなんでしょう。やっぱみんながファンタジスタだと世はまわらないのかなぁって

とこですが、今後の世界の動向としてはマニュアル対ファンタジスタの2極化かなぁなんて思います。

私はファンタジスタを信奉しますが、アイデアこそ全ての源流なのをお忘れなく。以上。

 

 

7月下巻

2018.7.18

古くから人、特に女性なんかをオレンジだのイチゴなどに例えたりすることありますが

総じて食べ物にでも置き換えてみれば、私も大好物だから私でもあるんだろう

例えばマクドナルドの人気で上手い和洋折中的バーガーのチキン竜田バーガーとかw

なんとなく私のテイストでもあるようで、そういうのが好きなとこが私も好むとこあるかなぁなんて。

まぁ人を食べ物に例えるのもどうかと思いますが、私でもあり私も好むとこといえば結構子供の好きなもの

多いなぁなんてwみなさんも何かに例えてみたら面白いかもしれません。以上。

 

2018.7.19

ここで私の考える歌なんかの売れる秘訣。

軽く私も好きなB'zなんかを例えに出してみれば、B'zの初期のブレイクしてた時のテイストは

その頃よく売れてたソーダバーとかのテイストに似てることもあります。

その後ソーダバーって最近あまり売れてないと、やっぱりソーダバーのテイストあまり売れません。

要するに今よく流行ってる味でも歌に再現すれば売れるんじゃないかとかw

はっきりいってそれが才能ですが、私プロデューサーでも志望しようかなぁw以上。

 

2018.7.20

昨日おとついと何かとセンスなりを食べ物の味に例えましたが

ここで私自身の話でもすれば、なにかと私の作る歌だの絵だのを交えて

私自身やっぱマックかなぁなんて思いましたw

歌なんかよく聴きゃフライドポテトやらコーラやら的なテイストかなぁなんて。

私自身もよく行きますが、マックユウスケにでも改名してみようかなぁw以上。

 

2018.7.21

ここ2、3日の食べ物の話をしているとなんか面白いので、もうちょっと考察してみれば

先日、私をマックテイストにも例えましたが、その実結構うまいものなら和洋中食べるところが

バイキング、海賊的かもしれないなぁなんて思いましたw

現代ではバイキング勢多いですが、なにかと漫画でも主人公を海賊に例えるのもなんとなく分かります。

結局うまいもんならジャンルにとらわれず何でも食うって主力の海賊班だなぁといったところで

今日の手記はこのへんで。

 

2018.7.22

私は今現在、やや減量して108キロくらいあるんですが、それまでの鍛える過程を

思い起こせば、そもそも10年くらい前70キロ台をうろうろして80キロの壁を打ち破るのに

苦戦してましたが、ほんの数年前までも、95キロくらいのヘビー級の壁にぶち当たってましたが

その壁も気がついた時には打ち破ってる自分の可能性を感じずにはいられない不思議な気持ちになりました。

今現在108キロとはいえややたるんでるところもありますが、結局どう仕上げていくか

自分でも楽しみながら体作りしていこうと思います。最強への道はつづく...

 

2018.7.23

ここで私もコンピュータを嫌いなわけではないですが、コンピュータが絶対出来ない人たる人の才能として

例えば人が人の顔を見た時どんな人か感じ取ることがあります。それをあたかも知ってるかのように

いいあてるのも一種の天才で、コンピュータなら人の顔の目がこうで、鼻がこうでと弾きだしますが

それこそくるくる変化する人の表情なんて読み解けません。人ならなんか接してたら感じ取って

わかり合うことはあれど、コンピュータには表情の心の動きすら感じずわかり合うというのは無理かも

しれませんね。コンピュータはあくまで道具であって、擬人化するのもどうかと思います。以上。

 

2018.7.24

ここで私の心の中にいる心の友、英国のジョン・レノンについて少し。

ジョンが数十年前も先にやろうとしてたことは、私も読解すれば要はユートピアです。

人類の世界の遠い先の姿をユートピアを想像するからこそ、その方向へ世界をちょっとづつよくしていくことで

世界がよくなっていき皆んな少しずつ幸せになっていくという思想です。

そのためにジョンも数十年前自らシンボルとなり世界に掲げ歌い続けた偉人です。

私もそのジョンの魂を継いでいるとは思いますが、要はこの世界の将来を想像してごらんってとこです。

間違いなくジョンは現代の偉人だと思います。以上。

 

2018.7.25

ここでいわゆる勉強の話。

私からいわせればはっきりいって勉強とは、才能の裁定です。

全世界規模で共通して子供にさせて、それで子供の時に才能を裁定してます。

要するに才能の裁定を勉強でさせてるわけですが、それがいやなら何で才能を裁定するかって話です。

私が思うに歌の上手さなんかで裁定すれば人生を謳歌するタイプが集まるとも思いますが

まぁ何千年前からの定説の勉強でもいいんじゃないですかって感じですが、とりあえず世界共通なので

参加もしない方が馬鹿です。一応やってからいった方がいいと思います。以上。

 

2018.7.26

ここでいわゆる漫画についての話。

そもそも私は漫画とは子供の見るものという考えが多少あります。

実在の人間像では表現できないところも踏まえて子供にいいキャラ像を見せて

こういう男や女の子がいいよねぇと面白く描いていい影響を与えさせる役割を持ってます。

実際私は子供の時にキン肉マンや孫悟空のキャラ像を見て影響を受けて育った世代ですが

今の子達もいいキャラ像を見せて育てないと駄目だと思います。

漫画というのは特に子供にとって重要なものなのをお忘れなく。以上。

 

2018.7.27

ここで釈迦の説法の輪廻転生について少し解説。

いわずもがな輪廻転生とは生命が星があり続けるかぎりサイクルする理念でもありますが

その起因として私が説けば、天の雲こそその象徴です。

我々が生きていけるのも天の雲が雨を降らせて水があるからです。

要するに雲が雨を降らせて水があるから我々も生きていく、その後生きている我々が天に昇って雨を降らす。

それこそ輪廻転生でもあり天国の正体であると私は考えます。

要するに生命として地上と天とでサイクルしてる感じですが、上昇気流もあれば下降気流もあるのが地獄も

通説ですが、自然現象として生命のサイクルもあります。今回は簡易ですがここらへんで。以上。

 

2018.7.28

先に少しつけましたが、私、今現在精神科とか通ってるところあるんですが

私は要は脳の内科的ニュアンスのつもりで通っています。

例えば肝臓なんかでも腫瘍やガンの外科的悪さがなくとも数値の以上で内科的悪さもあります。

それと同じように脳の数値的なものが軽く異常があるかなということで通ったりしてます。

まぁなにかと薬でももらって安定させとくのもいいので当分は通うこともあるかなぁといった感じです。以上。

 

2018.7.29

ここで再び現代の科学では解きあかせてないであろうことの一つを少し。

最近暑くなってきて台風の季節ですが、台風って構造上反時計回り、左回転しかないのをご存知でしょうか?

台風とは左回転なものだとしかいいようがないですが、あとトイレなんかで排泄してる時

腹を右回転にさすると排泄しやすくなることも皆さんご存知だと思います。

そういう世界の自然現象的記述がまだまだ科学は追いつかない現状ではありますが

再三いう神の記述もそういうとこの読解からだと思われます。よい旅を。

 

2018.7.30

昨日の右回転、左回転からの話を一つ。

そもそも日本の和文こそ右回転です。西洋こそ左回転ですが、ちょっと確認とってみないと分かりませんが

雲の流れ方がどっち回転だから、その上、地動説だからどっち回転が正しいって話ですが

雲の流れ方は気象観測すれば分かると思いますが、はっきりいって私、天動説だと思います。

星の動きのVTRや、この前見た太陽が踊ってるとこなんて、天動説なんじゃないかと思ったりします。

はっきりいって天動説ならどっち回転が正しいか間違ってる可能性あります。

ここで軽く世界に警鐘を鳴らしたとこで今日の手記はこのへんで。

 

2018.7.31

ここで先日の右回転、左回転の話から、大方人なんかも右巻きか左巻きか

頭のつむじをみりゃ分かります。私は右巻きの右の人間ですが

右巻き、左巻き、やっぱり何か違うのかもしれませんね。

実は右すぎたりする喧嘩番長ですが、左巻きの人はあんまり無理しない方がいいですよ。

どっちが正しいかは、やっぱり先日の話から紐解けるかもしれませんね。以上。

 

 

8月上巻

2018.8.1

先行して手記が8月に入りましたが、ここでいわゆる性のことの統括の考えを少し。

そもそもなにかと人を不幸にする人なんて地獄に落ちて殺されたいんじゃないかといいましたが

性交渉も通説やる、やりたい人なんてやられたいんじゃないかに繋がり

殺されたくもあるが当の竿のように死ぬ間際の一瞬の快楽、ようするにそれが欲しいんじゃないかと

いうところから、実際の死の間際って一瞬快楽ありますか?

哲学としてはそんなところですが、私は生きて天国いきたいので総じてあんまりやりません。

個人的思想なのであしからず。以上。

 

2018.8.2

昨日の性交渉の話に続いてこういう角度からの哲学はどうでしょう。

性交渉をする際、男の棒を女の穴にいれます。

穴、いいかえれば急所を棒で突く行為なんて例えるなら指で目をつくようないけないことです。

なにかに例えても性交渉とは魔であり、カラーも黒の地獄落ちの行為かもしれません。

昨日の解説を交えて、皆さんも哲学してみるのもいいかもしれません。以上。

追記:女はやられることによって自分の分身を作ります。

 

2018.8.3

ここで釈迦のいわれる因果応報の理屈の例として一つ。

例えばよっぽど酒の飲みたい人なんて酒に飲まれたい人でもあり

案の定、酒にのまれて泥酔します。

そういう例えをあげればきりがないですが、断食なんてのもよっぽど食いたいから食われたくない理念から

じゃないかと思います。私は腹が減れば一応食べますが、要は欲がそうさせるのでしょうね。

たまには欲を捨てるために禅でも組むのもいいもんです。以上。

 

2018.8.4

ここで昨日の因果応報のことについて補足。

食うから食われるといっても、例えば果実でも食うから果実から食われるように

果実の栄養なんかが体にめぐります。

要は馬鹿なもんじゃなけりゃ断食なんてしなくてもいいと思いますが

いろいろ因果応報で考えてみれば何かと世の哲学も見えてくるもんです。以上。

 

2018.8.5

昨日の話でもう少し補足。

例えば果実でも食うから果実から食われるように果実の栄養が体にまわるのも含めて

やっぱり果実といえども地球の命ならやっぱり果実的な命から食われることもありますか?

誰か一度徹底的に検証してみればいいんじゃないかと思いますが

まぁ因果応報が嘘なわけないですが、私も結構適当に生きてるもんです。以上。

 

2018.8.6

ここでだいぶ先行してますが、この地球という星の誕生からの経緯についてひとつ。

そもそも地球という星が生きている以上、星が誕生した時におそらく生命の源の雲も広がっていた

と思います。その雲が雨を降らせることによって生きている土から最初の地上の生命の草木が誕生し

その草木も繁殖をつづけ草木の命も天にのぼることも相まって雨が降り続けでっかい水たまり

海が誕生し、その海から太陽の恵をうけて最初の動く生命が誕生し、その動く生命も進化分岐していき

その動物たちも天にのぼるものは天にのぼって雨を降らし、あたらしい地上の生き物も生きていけるという

地球の誕生からの歴史を軽く仮説をたてましたが、昔の賢人なんかもそう思考してるはずなので

なにかと思考してみるのもいいもんです。以上。

 

2018.8.7

ここで昨日の話についての追記。

昨日の話からしてもそもそも雲が雨を降らすから生命が誕生しましたが、今でも雨を降らすこと自体

生命もまた天にのぼって雲になるんでしょうが、その雲がまた雨を降らすから生命が誕生しますが

昨日の記述の信憑性なんかもタイムテレビでも作れれば確認が取れます。

その結果間違いない確認がとれた結果、啓示的にイエスの時代のヨハネに伝えたんじゃないかという

やっぱり本当の話という方が有力だと思います。私も当然神を信奉してます。よい旅を。

 

2018.8.8

ここで性交渉についてもう一つ追記。

性交渉というのはニュアンスとして、やるの他に抱くというニュアンスもあります。

やっぱり抱いてたら抱かれるし、抱いて生まれた子こそ世界を抱こうとします。

逆にやられて生まれた子なんて世界をやろうとします。たぶん。

そここそ肝心かもしれませんが、私の信奉するジョンレノンが生前、性交渉を白のイメージで

抱くニュアンスでカメラに納めたのが正にアートです。

現代で日本のロックの代表としてRYUICIあたりがそれやればいいんじゃないかといったところで

今日の手記はこのへんで。以上。

 

2018.8.9

連日の性交渉の話から、子の男と女にも言及すれば

連日の話からでも男が抱いてるから世界を抱こうとする男、女が抱いてるから世界を抱こうとする女

が誕生することもありますか?軽く検証してみればいいと思いますが

要はやっぱり本番ですね。本番いかんによってどういう子が誕生するかという重要なとこだと思います。

子いかんによって人生も大きく変わりますし、やっぱり本番が重要です。以上。

 

2018.8.10

ここで連日の子の誕生の言及のことでもう少しいえば

絶対いけないですが、いわゆるクローン人間なんて設計上は同じでも

親の本番の時のマインドが入らないゆえ、おそらく絶対駄目です。

いわゆる精神科の部分でもあるとは思いますが、マインドの解析も今後期待してます。

まぁ結局は一言でいえば世界はやっぱり愛でしたね。以上。

 

2018.8.11

ここでご当地料理の話。

例えば私の住む広島の名物料理といえばお好み焼きなんかありますが

要するに土地柄的にお好み焼き的にいろんなのがおるのがいい的なとこでもあります。

当然いろんなのが入ってるのを食べるから、いろんなのが入ってるのがいい的な人にもなるんじゃないかと

思いますが、食の研究なんてのも結構重要なとこありますが、その土地柄なんて風土料理見れば

わかるかもしれませんね。以上。

 

2018.8.12

昨日のお好み焼きの話から、お好み焼きの広島、大阪、ちゃんぽん麺なんかの長崎あたり見ても

結構西日本こそいろんなのがあるのがいいというとこがあるんじゃないかと思います。

東日本こそ結構一色を好むとこがあるんじゃないかと思いますが、結局はその違いは

西の豊臣、東の徳川の違いなのかもしれませんね。

当然私は西の秀吉公の方を好みますが、やっぱいろんなのがある方がいいと思いますよ。以上。

 

2018.8.13

ガンガン先行して手記をつけていますが、いわゆる目のこと。

目がいいとはいろんな意味もありますが、普通2つある目をひとつにすると距離感がつかめません。

ようするに独眼竜とかの類は距離感のつかめない駆け引きの苦手な人なのかもしれません。

逆に三つ目の表現こそ距離感の抜群のかけひきに長じる表現だと思います。

戦国武将でいえば秀吉こそ三つ目的なんじゃないかと思いますが、かけひきの苦手な独眼竜もどうかと

思いますが、いわゆる神も三つ目の表現を受けるのをお忘れなく。以上。

追記:かけひきに長ける方が器用だと思います。器用な方が才能あると思いますよ。

 

2018.8.14

結局昨日の話からしても結局人間の違いなんて

母親の中で赤ん坊が一番最初に出来上がるのが目でしたっけ?

つまりやっぱり目こそが重要で、目の違いこそが人の違いにも大きく影響してるかもしれませんね。

目を見れば分かるなんて人もいますが、目ってやっぱり一番重要なとこかもしれません。

目を大切に。以上。

 

2018.8.15

ここでついでに目の解析の話をひとつ。

目の良さなんて思いつくとこをあげれば、視力なんかの解像度

三つ目とかの表現の距離感、あと視野の広さなんてのもありますが

一番重要なのはやっぱり神の例えなんかにしても距離感ですか?

昨日の話からしても距離感に長けるからかけひきも上手く器用で才能があるのかもしれません。

広さなんてのも重要ですが、やっぱりスポーツにでもすればサッカーがいいような気もします。以上。

 

2018.8.16

連日の目の話から、戦国武将あたりで目がいいであろう秀吉の雑記的手記をつければ

当初足軽で出陣した秀吉も軽く敵を打ち倒しつつ信長に草履でも温めて取り入り

なんか陣の敷くタイミングや射撃のタイミングを測る役でもやってたこともあるかなぁなんて。

それで戦果もあげれば目がいいのでかけひきも上手かろうということで指揮でも取らせて

やっぱり戦果あげて昇進していったんじゃないかとか。

やっぱり秀吉のかけひきをする上で重要な距離感を測る目がよかったんじゃないかと思います。

なんかそういう役もやってたかなぁなんて想像するのも面白いです。以上。

 

 

8月下巻

2018.8.17

まだ7月下旬ですが、私の中では先行して8月下巻の手記の執筆です。

この世の中平和になったようでまだまだ争いも多いですが、いわゆる敵国同士の戦いなんて

しまいには災害なんだから文句がないだろうとかの言い分の魔法攻撃とかになってくるんじゃないかと思います。

いわゆる魔法の記述でメガフレアやメテオなんてのもありますが、要は太陽なんかで起きている

自然現象のフレア現象なんかを自然のエネルギーを活用してはなつ極大呪文ですが

まぁメガフレアあたりは自然現象でフレアなんてこの地球にはないので文句いわれますが

この日本にも召喚魔法とか使ってたら恐ろしいですね。災害の打ち合いなんて末期です。良い旅を。

 

2018.8.18

ここで釈迦のいわれる因果応報の理屈から哲学をひとつ。

私も絵や歌を売っていますが、歌なんか売ろうと思えば自分が歌をたくさん買うからこそ

自分の売る歌だってたくさん買っていただけるという理屈にもつながりますか?

当然歌をよく買って聴く人なんてよく歌のよさが分かっていることもありますが

私もかなり買って聴くタイプですが、そのうち売れることもあるかなぁなんていって今日はこのへんで。以上。

 

2018.8.19

ここで天国と地獄の理念について語れば、要は天国とは母体の地球に愛されることです。

片や地獄こそ地球に殺されることです。なぜ地球に愛されるかというと

当然、因果応報の理屈からこの世で総じて地球を愛してきたからです。

地上の生命なんかも結局は地球なので、結局命、地球を愛してきたからでもあります。

まぁ結局は愛し愛されの愛でしたね。良い旅を。

 

2018.8.20

先日、今現在精神科で薬を処方してもらってるといいましたが

そもそも今からだいぶ昔、私一人暮らししてることがあって、その時、金もなくろくに食事もとらず

仕事を過労気味にがんばってる時に、徐々に脳が異常をきたしだして、ひどい時はいわゆる減量中の

ボクサーのように寝る時も神経過敏でちょっとした音でも目がぎらつくような状態でした。

その時の脳の状態の異常が今だに薬で正常な状態に近づけてますが、やっぱり薬もらってると多少しんどいです。

脳の状態の異常が完治する薬はまだないような気がしますが、完治すれば大方私の場合、食事と睡眠に

気をつければいいと思うので、いい薬の開発期待してます。しんどい仕事はまだ無理かなぁ。。。

 

2018.8.21

ここで久しぶりに間もなく登場するかもしれない神の話ですが

ヨハネの黙示録では全能者という記載で、ソクラテスの哲学では超人の誕生ともいい

あと、神話のゼウスやユピテル、アトムも同一人物ですか?

おこがましいですが、私も結構全能者的な上軽く超人的です。

あとゼウス像なんかにもあの独特の体型が私ももうちょっと引き締めれば似かよることあります。

結局私が神ですか?w

なんてこといってみて今日の手記はこのへんで。以上。

 

2018.8.22

ここで人として大事な精神をひとつ。

戦国時代、上杉と武田はお互いの力を競うように戦い、相手が塩に困っていれば塩でも送って戦い

結局勝った武田を上杉もエールを送ったはずです。

いわゆるそういう精神こそが大事で、何事においても勝つためにはいわゆる卑劣なり悪辣な手法を

使うものをいわゆる人の心のない豚と例えます。総じてそういう豚は神にも愛されずなにもないのも

定説なので文字通り豚ですが、結局そういう類のやからがぶちこまれるところをブタ箱というのもお忘れなく。

豚に気をつけてよい旅を。

 

2018.8.23

私は音の他に絵も描いてますが、私が絵を描くにあたってデジタルで描くにも

そのうち画壇みたいなしっかりしたとこでもデジタル部門を創設するんじゃないかと思って

画家的なアーティスティックな絵も数多く描いてます。

漫画やイラスト的絵も描いてますが、本陣はそのうち画壇投稿用です。

とはいえ何かとまだまだなので精進に励みたいと思います。以上。

 

2018.8.24

ここで恒例の定説の1000年生きるという神の話。

1000年生きるなんて、まぁ早い話が強すぎるだけです。

ご長寿の秘訣なんてよくテレビでもやってますが、滋養強壮でもして強けりゃ長生きなんじゃないかと

思います。1000年級なんて強すぎますが、神なんて最強の番長みたいな人なんじゃないかと思います。

私も結構、全能的でもあり番的ですが、結局誰が本物かはお楽しみに。よい旅を。

 

2018.8.25

ここで世界の話。

世界の人というのは昔から大きく分けて猿犬に分類されます。

世界はずっと猿犬の両党で喧嘩しつつ仲良くして存続してきましたが

どちらか一方の猿、または犬の世界になんてしようと思わない方がいいですよ。

文字通り犬猿の中で世界中で大げんかになると思います。

世界は結構ありのままでありつつちょっとずつ改善する方がいいと思います。以上。

 

2018.8.26

ここで人生の悟りをひとつ。

人生というのは総じて戦いの連続です。それゆえ子供達にも戦うことを教えますが

少年漫画なんかでも描かれるように善徳のために戦ってるんならまだしも、悪のために戦えば

歳をとり戦いから引退するように生活し軽く神のことを思った時、自分でも間違ってると思ってることで

戦い続けた結果、得るものもなにもなければ自分はなんの為に戦い続けた人生だったのかと思います。

当然悪のために戦い続けた結果、地獄にも落ちると思想するからですが、戦い続けてる若い時には

気づかないものです。私もまだ若いですが、神の説法に思いをはせれば軽く悟ることもあります。よい旅を。

 

2018.8.27

先日、猿と犬の話をしましたが、軽く解説すれば

自己主張が激しくなにかと上のいうことをきかなかったりするのが猿です。

自己主張もせず上に忠実なんて飼いならされた犬ですが、結局猿と犬のバランスだと思います。

上のいうことをきくのも大切ですが、自己主張することも必要だと思います。

バランスのとれたとここそ一番いいかもしれませんね。以上。

 

2018.8.28

ここで世の中を何もわかってない愚かな連中にひとこと。

そもそも世の中をひとつの人体にでも置き換えれば、総じて悪いとわかってる上で

金なりのために悪行を行ういわゆる豚だのがん細胞を正常化をうながすなり

しまいには駆逐をする役のある薬の役がヤクザであって、そういうのが組に所属する世ですが

組に所属してるヤクザなのかどうか知らないですが、あんたが世のガンだみたいなアホが多いのを憂います。

そもそも地元の組長あたりもわきまえてないと散々狂った世界といわれるのも当たり前だと思います。

結局孫悟空もがん細胞を駆逐し続けて天竺いったヤクザですよ。以上。

 

2018.8.29

昨日の話の流れから、私の住む広島も神のいわれる三途の川とかけて聖地のひとつ的ところなので

本来神の一軍のヤクザも多く出入りし、取り締まっていいとこなのも定説なはずですが

それこそ対極的にいつぞや分かった上で自分の馬鹿さ加減に逆ギレして魔王を名乗り

日本のデスパレスおったてたとこあたりこそ、おそらく風水的な検証からしても魔の区域です。

はっきりいって私はああいうとこ死ぬまで行きませんが、広島あたりいいとこなの当たり前です。

当然裏で活躍してる神の一軍のヤクザも多いからなはずです。よい旅を。

 

2018.8.30

私は絵や歌なども手がけて色々才能もあるとは思うんですが

一番の才能は昔からやっぱり体育じゃないかと思います。

小学校の頃から運動神経抜群といえば私も名があがるでしょうし、6年の時の運動会でも白組の大将的

ポジションやってます。あと中学後も体育の成績は常に学年でもトップ級でしたし、高校の時は

スピードキングにも輝いてます。自慢話のようですが、結局今もウェイトが110キロを超える体で

ビルドアップの最中ですが、やっぱり私、体育じゃないかと思います。

やっぱ格闘家とかが天職だったかな。以上。

 

2018.8.31

定説の因果応報の理屈から、人、総じて地球を愛する人こそ地球から愛されるように

地球の天の神にも愛され才能があります。逆に人なり地球を殺す人は地球からも殺され何もありません。

よっぽど地球に愛されて才能抜群の人を愛することによって自分も愛されすぎることをあやかるといいます。

逆に愛されすぎてる人を斬ることによって地球からやられすぎることをたたられるといいます。

よっぽど愛されてる天才を怒らせるなんて、地球の神が怒るように天災がおこることもあるかもしれませんね。

天才なんて人を中心に地球を愛しすぎてるものです。以上。

 

 

9月上巻

2018.9.1

総じて才能の話。

古典的な考えでは我々地上の人間の中で、天に昇られたそれこそ齢1000才も超えるようなご先祖

いわゆる神に愛されるからこそ才能が与えられるなんて考えもありますが

現代の科学的な私の考えでは、先にも記しましたが人間なり動物なり地球を愛するからこそ

因果応報で地球の天なりに愛され才能を与えられるという科学式になりますが

要は天というのは我みたいなものがあるかないかというとこですが、だとしても結局は愛です。

雲なんかのまだ見ぬ愛の成分の発見こそ期待してます。以上。

 

2018.9.2

例の全能者の記述のヨハネの黙示録にこういう記述があります。

何か式典が進む中、登場させるさい「出てこい」と記載されてますが

私が例えば全能者なら、それはたぶん高田延彦さんの「出てこいやぁ」だと思いますが

なんで高田さんのかというと、私ならば私の親友に高田という縁のあるやつがいるからですが

はっきりいって妄想ですか?w高田延彦の出てこいヤァは受けるということで以上。

 

2018.9.3

最近ユーチューブの動画を整理して15本くらいにまとめてみましたが

このサイトとは別にユーチューブで私の動画を見るのも楽しめるかと思います。

ユーチューブでも検索は YUSUKE TAGAMI で出てくると思いますが

チャンネル登録でもしてくれれば何かと新作なんかも楽しめますが

まぁユーチューブの方は結構適当です。このサイトを中心によろしくお願いします。

 

2018.9.4

ここでネット検索してたら見つけた面白い話をひとつ。

戦国時代の信長の居城の岐阜城のお膝元に田神駅というのを置いてます。

空想すれば信長の魔城のお膝元に田上の駅を置くというのもなんか興味深いです。

信長公張本人からいわせても私達田上、田神はなにか意味があるのかもしれませんねw

まぁ田上って魔城の関係というより天空城の関係の方のような気もするんですがねw

追記;そもそも信長の岐阜城って山頂にある稲葉山城とも別名がありますし、魔城のようで天空城?

よく知りませんが魔城も天空城も紙一重なのかなということで以上。

 

2018.9.5

ここで社会人といわず国民なら常識の話をひとつ。

そもそも国の運営というのは結局国の外から稼いでこなければ国が豊かになりません。

仲間内の中で多少金が移動しても外から稼いで来なければ国はいずれ滅びます。

結局今の日本を豊かにして外から稼いできてるとこは何にしても学業も優等な天才達なのをお忘れなく。

まぁ天才達のおかげであまり才能がなくてもそこそこの生活ができるこの国はいい国なはずですよ。以上。

 

2018.9.6

少し前にも記しましたが、人を食べ物や動物に例えると面白いこともあります。

動物に例えたならば人の世というのは、街に出てくりゃ猿の群れがいたり

猫が歩いていたりと例えりゃ面白いですが、私はさしずめ虎あたりかなぁといってみる。

私が人里に出てくりゃ虎が出たなんて例えは面白いかぎりですが

まぁライオンこそ百獣の王だし、最底辺は豚あたりかといったところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.9.7

最近嫌な話でもありますが、中国なんかとの仲もまだまだ良くないとこもありますか?

中国とは70年代頃に角栄が友好条約取って戦争はないとしたとき多いに国も湧きましたが

今中国との友好条約ってどうなってますか?たち消えてるんなら戦争もまだまだある可能性もある中

はっきりいって中国と日本の喧嘩を世界が日本を助けてたら中国を助けるとこも出てきて

それこそ世界大戦になり一番いけないので、日本が自立してなんとかしなければならない中

あんまり本当に優等でもないとこがいいですか?という感じも今だやや受けます。

国が自立するためにもまだまだ強く鍛えなきゃと思うんですが。。。以上。

 

2018.9.8

日本国古来に編み出した伝統の技に干支にあてはめるという技があります。

生まれ年もそうですが、時の刻なんかにも干支の特性が出るともいいます。

その干支の技を世界の閣僚国にでもあてはめれば我が日本はやっぱりねずみです。

おそらく牛なんかがビーフのアメリカでもあり、虎は中国といったところです。

それで日本の干支の話でもねずみが結局一等を取った戦術なんか結構有用ではといってみる。

とはいえ中国あたりでも虎なのでねずみとしては接し方は考えた方がいいと思います。以上。

 

2018.9.9

私が歌を中心とした音楽の魅力にとりつかれ出して、はや数十年経ちますが

歌なり音楽の力の証明として、まずあげたいのはどこの国の軍にも音楽隊が存在します。

それくらい軍を鼓舞するには音楽が重要ですし、中国の史実なんかにも

漢の高祖、劉邦は敵の強行軍の項羽を最後、いわゆる四面楚歌、要するに楚歌という歌を歌って

項羽の軍を落としました。現代でも熱狂的な支持を受けるバンドなんてのも日本にもいましたが

それくらい音楽というのはものすごい力があります。私は個人的には本当に頭が良けりゃ

歌でも作って音楽やると思ってますが、絵とかのたぐいはその次あたりかなぁとか。

結局私も絵と音の二刀流のアーティストやってますが、人生最後まで尽力する覚悟です。よろしく。

 

2018.9.10

唐突ですが学問というのは例えば物理学を例にあげれば

そもそも礎の単純な物理的なメカニズムの計算式の誕生から、新たな物理的な理屈の論文の発表。

その理屈の検証から裏付けられた事柄から新たな公式の誕生。その積み重ねで学問を使いこなして

作ったりしたのがアインシュタインのあの爆弾とかですが、いわゆる神のとかれる理屈の検証なんてのは

やっぱり新たな単純な公式からの新たな学問なんてのを作って検証してみた方がいいかもしれません。

現存の学問では分からないことでも新たな学の発展でとけることもあるかと思います。

はっきりいって研究者達もそういうことに力入れてみたらいいかもしれません。以上。

 

2018.9.11

ここでロックに関する話。

私は個人的に軽めのロックを歌ってたりしますが、これまでの人生は結構ハードロックです。

これまでの人生の過程で、少年期こそ全力で駆け抜け疾走し続けた為、一度くだけちってますw

いわゆる精神科でダウンしましたが、また治療もほどよく再び二度目の疾走に入ってますが

次砕け散るともう復活できないかなぁと思うので、あんまり勢いつけすぎないように気をつけたいと思います。

ロックなんて勢いが肝心ですが、いちいちロックのこと語り出せば長くなるので割愛しますが

日本のロックの祖なんて戦国時代の信長あたりなもんです。人生を疾走しつづけ最後くだけちっていくなんて

まさに勢いのありすぎるロックですが、私も次のアルバムあたりしっかりした勢いのあるロックアルバムを

作ってみようかと思っています。よろしく。

 

2018.9.12

ここで昨日のロックの話の続き。

私も個人的にロックをやってますが、ロックをやるにしても私のパートは

やっぱり現在の体型的にもベースがいいようで、実はディープパープルのイアンギランや

ガンズのアクセルあたりの若い時は軽くスタイリッシュから歳とって太っちゃったタイプの

勢いのあるヴォーカル的でもあるんじゃないかと自分では思ってますが

まぁベースなりで最強バンド的なバンドでもお誘いがあれば入って弾いてもいいことありますが

しばらくは打ち込みも使用したソロ活動でいこうと思ってます。

まぁ誰かと組んでやるのもいいもんですがね。以上。

 

2018.9.13

ここでちょっと古いですが、何かと話題の将棋の話。

当然将棋の駒なんて自軍の将達ですが、私を将にでも例えればいいようにいえば

強い将でもある飛車、角あたりでいけば私の動きは正面なようで結構斜めなとこもあり

いわゆる主体というより、斜道のシャドウ、影な方なきらいがあるようで

やっぱ直線的な動きの飛車?はっきりいって自分のことって分からないこともありますが

やっぱ私が立つなんて角も立たないし、いや、立ったりするかなぁ。

まぁ今度私は飛車か角か投票箱開いてみようかなぁということで以上。それとも弱い将ですか?w

 

2018.9.14

ここで久々に神についての話。

いわゆるヨハネの黙示録による人類の最初であり最後でもあるアルファでありオメガですが

それは要するにこの地球という星の化身みたいないわゆるアーサーみたいなとこですが

星の化身にあまり悪いことしてれば星から仕返し受けるのも当然だと思いますが

それがいわゆる星の天の落とすゼウスの怒り、つまり雷であったり嵐であったりしますが

アルファでありオメガである方がどこまでこの地球の化身かは分かりませんが

あまりめったなことはしない方がいいと思います。むしろ星の化身なんて愛した方が星から愛されます。

そういう話でそれが私だとはいいませんが、なんか私も全能者的なとこもあったり

なんか私も名乗りあげてみようかなってとこですが、証明するのはオメガでもある人類の最後でもあるという

寿命だけが証明になると思います。結局はどうなのか知りませんが軽く楽しみにしてます。以上。

 

2018.9.15

先日の話の続きからアルファでありオメガであるとは星の化身であり

厳密には天の神とはちょっと違います。時々天の神の代表だから地獄の悪魔からすればなんて

馬鹿な表現をする人もいますが、ヨハネの黙示録でも終始天の代表の神はイエスであり

アルファでありオメガである全能者は要するに星全体の化身であり

地獄の悪魔であっても星の一端なので、星の化身の為に攻撃することもあります。

要するに星の化身なんて天の天使軍と地獄の悪魔軍を束ねる総長みたいなものですが

そんな化身、私なら無条件くらい愛します。星の化身なんてうらやましい限りですが誰ですかその人?w以上。

 

 

 

9月下巻

2018.9.17

ここで趣向を変えて、負け犬の遠吠えという言葉をご存じでしょうか?

文字通り負け犬が遠くからギャンギャン吠えることですが、なぜ遠くから吠えるというなら

私が自分に置き換えても負けてる劣等感、やっぱり負け犬だから遠くから吠えると思います。

要するに負け犬に遠吠え受けるのは戦わずして勝っているからなので、しっかり戦ってみても

勝つはずのまさに戦わずして勝負に勝った小次郎敗れたりといったところです。

あんまりみっともないので負け犬の遠吠えなんてしない方がいいと思いますよ。以上。

 

2018.9.18

昨日の犬の話についてもう一つ。

いわゆる何かと世間様なんかにも勝ってる犬がめったなことで吠えたりしません。

弱い犬ほどよく吠えるとはよくいったもので、何かと世間様にも負けてる弱い犬ほどよく吠えます。

よくしゃべって話すのはやっぱりよく鳴くかなぁってニュアンスですが、まぁ吠えるとは違います。

まぁ私はよく鳴いたりしますが、あんまり吠えません。まぁニュアンスの問題ですが、それ吠えてますよって

こともあったり、まぁ勝ってる犬は吠えません。なにかと勝っていきたいものです。以上。

 

2018.9.19

先日からの犬の例えの話ははっきりいって生物学的なもので

それこそ地球という動物の世界を科学してみれば分かるとおり、文字通り百獣の王の強いライオンなんかが

めったなことで吠えたりしないし、食物連鎖の世界において弱い動物こそよく吠えるものです。

要するに先日いったとおり弱い犬こそよく吠えるであり、強くて勝ってる人なんてあまり吠えないですよ。

生物学的に見ても犬なんかを代表に遠くから吠えるなんて相手に負けてる証拠すぎるので

動物学的な生物学なんかも結構人の世界に必要であったりするので、何かと勉強って大事です。以上。

 

2018.9.20

唐突ですが、私のこれまでの人生、遊んでばっかの人生だなぁと振り返ることもあります。

子供の頃は子供の遊びを遊び尽くし、軽く大人になってきた頃にいわゆる女の子とも結構デートなんかして

遊んでます。最近は女の子のたぐいはあまりないですが、結構音楽とかずっと聴いて遊んでんなぁとか思います。

ドラクエの哲学では遊び人って悟りの書がなくてもレベルがあがると賢者になれますが、実は私がそういう

タイプかぁとかちょっと思ったんですが、いややっぱ戦士の類かなぁとか思ったり。

まぁ私結構勇者なとこもありますが、実は正体は遊び人なんじゃないかと思ったんでw何かと皆さんよい冒険を。

 

2018.9.21

ここで我々人類を動物学的に科学してみると

いわゆる我々の使う紙幣あたり、どのアニマルに見せてもなんの効力もありません。

しかし我々人類にちらつかせると何かと従うこともあったりするものですが

じゃあ我々人類もおそらくアニマルなんですが、我々人類に何が芽生えたんでしょう?

それを知力というのは容易いですが、はっきりいって我々人類いわゆるサタンに呪われてんじゃないかとか

いってみたりしますが、生物学でいえばはっきりいって我々なんでしょう?

我々の歴史は呪われた歴史ならこの呪いは解けることもあるのでしょうか?

いわゆる人類はどこからきてどこへいくのかというとこですが、この回答は永遠に謎なようで

恐ろしいことをいえばやっぱりこの星まるごと身を滅ぼして気づけば、やっぱり我々呪われてましたねw

あんまりめったなことをいうのはやめときますが、まぁ常識の範中で適当に生きるのがいいかもしれません。以上

 

2018.9.22

ここで私自身の話でちょっと趣向をこらした面白い話。

そもそも私、高校あたり広島の名門校に通ってたんですが、その頃から私の特性としては

体育祭なんかでMVP級の活躍をするスピードキングのタイプのちょっとした将軍です。

その頃はディープパープルのイアンギランの若い頃の様な中級あたりでスピードの長の武で名のある

武将を束ねる将軍的タイプだと自分では思ってますが、しっかり今現在ウェイトも最重量級まであげて

戦闘力も校内一級だと自負する武将を束ねる将軍的と自分でも思ってるようで

好きで音楽や絵も作るところは今現在ですが、やっぱり私の天職なんかなぁとか思ったりします。

いわゆる学校の将軍タイプって何の仕事したらいいんでしょうね。おそらく私迷子ですw以上。

 

2018.9.23

ここで先日に続いて私自身の歴史の話。

そもそも先日私は高校の頃は将軍的と称しましたが、いわゆるロックをやったりする中級の

ソードマスターのタイプであったと思いますが、その後ソードマスターでありつつ多少のモデルチェンジ的に

進んだ後、私にとっての革命的取り込み要素がずばりアメプロです。

まだちょっとがんばってるジョン・シナやランディー・オートンあたりのアメプロへの信仰が

私を大きくモデルチェンジさせました。結局キン肉マンなんかもアメプロ的要素を取り入れているので

結局はアメプロです。アメプロ非常に面白いので是非おすすめします。興味のある方はどうぞ。以上。

 

2018.9.24

ここでちょっと話を巻き戻して才能の話の総括。

要は愛こそ大事といいましたが、総じて人の幸せを願える人こそその人の幸せも願われ神から才能を

与えられます。人の不幸を笑うようなものこそその人の不幸も笑わられ才能を与えられません。

結局は愛ですが、それを考察した結果我が国の戦前教育、神童、神道教育がそうじゃないかというのが

私の以前の話ですが、要は才能なんて愛、愛とは才能なのをお忘れなく。良い旅を。

 

2018.9.25

かなり先行して手記をつけていますが、もう一つ面白い話題でもあげれば

来年我が国は新たな時代、要するに新天皇が即位されますが

新天皇とは新しいこの国の国王みたいなもので、新時代の元号こそ要注目です。

新元号なんて新国王が即位するにあたって新しい国づくりの抱負みたいなもんじゃないかと思いますが

あんまり面白くない抱負を聞かされても困ります。はっきりいってこの30年間の国王の平成という抱負は

私はあんまり好まないとこがあったようで、結局もう終焉なのであまりいいませんが

新国王こそと期待してるとこあります。そりゃみんな自分にとっての都合のいい抱負が聞きたいですよね。以上。

 

2018.9.26

ここでいわゆる運命の話として、以前少し話したこともありますが

そもそも我々人間一人や地球、太陽系と宇宙の誕生こそ運命のはじまりです。

宇宙が誕生した際、ビッグバンを起こして誕生したというのが定説ですが、その時の元祖的成分なりなんなりの

飛び散り方や生成から全てが作られ、星によっては地球の様に生命も誕生し、とはいえ全てが森羅万象で

全てがそうなるからそうなるように全てが宇宙の誕生から終焉まで一本の道でつむぐのが運命です。

それゆえ運命を見通そうと思えば、さっきいった宇宙の誕生の際のなんらかの物質の拡散の仕方の計算式だのが

宇宙の真理の計算式であり、そこから起因して運命を見通せることもあるかもしれません。

あと手がかりとして現在の宇宙地図もそうですが、巨人みたいな尊大な人が流れるとき巨星が流れるなんてのも

宇宙のメカニズムとしても一つの連動するとこかもしれない手がかりかもしれません。

軽く予言を行う上での草案を書いてみましたが、NASAあたりでも研究してみたらいいかもしれない。以上。

 

2018.9.27

ここでちょっと面白い話。

いわゆる私にしてもそうですが、何かひらめく時ってよく頭に雷が落ちる表現しますが

実際雷とは神の怒りの攻撃でもあるといわれ、実際には体に落ちると黒焦げになって死にます。

それが頭に落ちる表現とは、頭に巣食う悪魔なんかが雷でうち死ぬことで足かせがはずれる感じでひらめきます。

要は人間なんて誰しも頭に魔でも巣食ってる部分もありますが、その悪魔が雷の表現でうたれることで

ひらめくという感じかなと。要するにひらめきの天才なんて頭に魔があまり巣食ってないとこがあるかも

しれませんね。是非ご参考までに。以上。

 

2018.9.28

ここでジョンの魂を注いだ私からセントラル・パークの住民たちにひとこと。

セントラル・パークの住民の影響が、世界が結局平和に進んでユートピアに近づくと思います。

理念をいえばセントラル・パークの住人こそ平和を望む種族でもあり

どこの国も争わないのならばセントラル・パークの住人こそ力になって世界はよりよくなります。

セントラル・パークの拡大なんかも世界をよりよくするにはいいのかもしれない。以上。

 

2018.9.29

ここで私独自の推測による近年のロック史の解説。

そもそも私、80年代の頃を中心にいわゆる何かとできるタイプでもある頭もいいのかなというタイプでしたが

その反面、なんというか自分でも馬鹿だったんじゃないかというような通称ロックの部分も多分にある

筋金入りのロッカーの類でしたが、その後ロック史に異変があったのが世界的にも代表して歌った

90年代中頃のレニークラヴィーッツのロックンロールイズデッドの頃から世界的にも何かあります。

いわゆるその頃からロッカー達のロックの部分でも消していったんじゃないかとロッカー自身でもある

私もなんとなく感じますし、いわゆる安全弁でも付けたといえば聞こえはいいですが

やっぱロック死にましたかね。世界的にロックが復活する日は永遠に来ないかもしれませんが

軽くエセロッカーとして何かと愛でも歌っていくかもしれません。ロックよ永遠に。以上。

 

2018.9.30

ここで昨日ロックの話が出たのでもう少しロックのことに言及。

いわゆる我が国の花火をご存知でしょうか?文字通りわずかな期間だけ打ち上がった後

大きく綺麗に大空に咲いた後散っていきます。その花火を見て我々も総じて「たまや〜」なんて

掛け声をあげる要するにそういう花火の人生をたまと掛け声かける民族でもあります。

いわゆる我々日本人、人生を疾走しきって最後ちっていったロック番長信長あたりを筆頭に

ロックな民族なんですが、そのロックが死んだなんて実は先人の神様達もなげいているかもしれません。

ロック絶対主義ではないですが、実はロックの精神こそ我が日本人の心なのをお忘れなく。以上。

 

 

10月上巻

2018.10.1

ここで昔からの格言の話を一つ。

あんまりこういう言い方するもんじゃないですが、いわゆる食う寝るやるだけで何にもない類を豚の生活に

なぞらえて豚といいますが、結局豚なんて生まれる前から結局地獄で焼き豚にされる運命でも

もってんじゃないかということを受けても豚なんですが、その何も気づかないまま地獄に落ちてる

豚の類に神の悟りや哲学を与えてみても、なんの意味もないことを豚に真珠とはよくいったものです。

豚にとっては神の悟りが真珠のような宝石ではなく何に見えるのかという格言ですが

あんまり豚に豚というもんじゃないですが、結局いろいろ学ばれて考えてみるのがいいと思います。以上。

 

2018.10.2

ここで先行して手記の上ではもう10月に入ってますが

いわゆるボクシングだの格闘技なんかの類を私自身も好むところはあるんですが

その格闘技なんかの世界での履き違えた哲学のあり方が軽く気になることがあります。

そもそも武力での戦う男の哲学にしても、土台となる神の悟りを踏まえた上での戦う魂の哲学でもあり

そもそも土台となる神の悟りを知らない人の戦う哲学が軽く馬鹿なのかなぁと思うことがあります。

いわゆるなんの影響を受けたのか浅はかな生兵法的人生哲学ですが、そもそも神の悟りを踏まえた方が

いいと思います。結局再三話する孫悟空だって結局は天竺、天国のために戦い続けたのであって

なんか哲学が生兵法に感じることがあります。基礎が肝心です。以上。

 

2018.10.3

ここで先行してますが、息抜き的に雑談な話。

この私の運営するYUSUKE TAGAMI CULTURE CLUBですが、そのネーミングの由来を一つ。

そもそもこのサイト、自身の歌や絵を紹介するサイトでしたが、おおざっぱに絵や歌の文化を紹介するサイト

というニュアンスでもありましたが、近年いわゆるこの手記をつけだしたあたりから

このDIARYこそ本陣的でもあり、このDIARYでの手記の文が化けてどこぞの文化にでもなればお手の物といった

まさに私YUSUKE TAGAMIのカルチャークラブなんですが

どうでもいい話ではありますが今後とも皆さんご愛顧のほどをよろしく。

 

2018.10.4

ここで私の考察するちょっとしたリーダー学の面白い話。

そもそも90年代あたりのこの日本国、90年代初頭頃、国が疾走してた感じがします。

その結果中頃から終盤にかけてあたかも疾走しすぎて、カーブでも曲がりきれず国がクラッシュした感じも

受けます。余談ですが私も90年代中頃から国と共にクラッシュした感がありますが

その後現代に入ってきて私も国も再疾走段階にあるかもしれません。

私も国とともに生きてきましたが、要は結局は何が言いたいのかというと、国の牽引役なんて

国を加速しつつスピード調整もしながらハンドルを切っていくレーサーのような血も必要なんじゃないかと

思います。国を強くするためには当然アクセルも踏みますし有能なレーサーみたいなタイプもいいかもしれない

とかいってみて今日の手記はこのへんで。以上。

 

2018.10.5

私は生粋の日本人でもありますが、ここで近年の日本とアメリカあたりの気になる違いをひとつ。

そもそもアメリカ人が頭が悪いというのは間違いです。

アメリカの性質は私が思うにいわゆる重箱の隅をつつくとこがないだけで頭もいいです。

むしろ近年の我が日本国が要は重箱の隅をつつくような精神してるだけで、別にそれはなんも

頭がよくないこともあると思ったりします。むしろ重箱の隅なんてアメリカのように

そんなとこほっとけという精神の上での技能やらなんやらの高さが頭がいいと思います。

近年の我が国の重箱の隅をつつくような精神ははっきりいって私はあまり好みません。

やっぱりなんだかんだいってアメリカあたりが一番進んでるとこあると思います。

皆さんも一度考えてみるといいかもしれません。以上。

 

2018.10.6

ここで美しき名前の世界の話をひとつ。

そもそも以前記したことがあるように、名前がそうだがらそういうストーリーをたどる漫画のネームや

そもそも漫画やゲームのキャラなんて名前ありきでキャラを作ってるとこがあったりします。

要は名が体を語るでもあり、私もあんまり詳しいことは知りませんが、いわゆる魔術なんかでも

名前って重要なんじゃないかと思います。いわゆる名前の魔力の詳しい話は知りませんが

結局名前がそうだからそうなるとこあるかもしれませんね。名前はいい名前を。以上。

 

2018.10.7

昨日の名前の魔力の話から私自身のことをひとつ。

名が体を語ることがあるのは昨日の話ですが、私、ゆうすけって名前で40年生きてますが

結局私のゆうすけって考えてみると、なんか英雄的な雄なとこもあるようで

すけの部分が女とも出れば、いわゆる遊女だとかのたぐいであったり・・・

考えてみると私の40年の歴史もしっかりゆうすけなんじゃないかとか思ったりします。

いやー、今後の人生もやっぱり私ゆうすけなんでしょうね。ゆうすけフォーエバー。以上。

 

2018.10.8

名前の考察からの話でもうひとつ。

そもそも詳しい話は知りませんが、映画なんかでも千尋という名をを千という名に変えて働かすところあたりとか

そもそも名前を変えることとかが魔術のたぐいですか?

名が体を語ることを逆手にとる術ですが、それってネットなんかでもハンドルで書き込むとか

あんまりよくないことにも繋がるんじゃないかと思います。例えるなら自分で自分に術でもかけて

現実の生活なんかに支障が出るような感じですが、ネット情勢はともかく何かと本名を大切に。以上。

 

2018.10.9

ここで私自身の記憶を振り返った話。

ここんとこ名前の話がつづいてますが、いわゆるハンドルなんかのたぐいも名が体を語ることを

逆手にとった、とまではいいませんがそういうニュアンスもあるんじゃないかと思いますが

私昔、レノンなんてハンドルを使ってたことがあるんですが、その頃の記憶でたしか

レノンのハンドルで名を語り出したあたりに、ギターでの作曲のセンスが和から洋の変化を

自分でもなんかセンス変わったかななんてなんとなく記憶してますが

それって私、知らず知らず自分に魔術でもかけた感じなんでしょうか・・・

私、今でもレノンといわれればなんとなく自分だと思うとこがあるとこが

私の中にゆうすけとレノンがいますか?あと長く名乗ってたハンドルあたりがと思い起こしますが

私なんか魔術師みたいなとこもあんのかなぁとか思います。それとも馬鹿ですか?w

皆さん名前は慎重に。以上。

 

2018.10.10

ここで突然思い出したようにゲームの話。

私の記憶に残るゲームとしてファイアーエムブレムの聖戦の系譜がありますが

そのゲーム読解すると、地域紛争的に戦っているシグルトの軍と邪悪な敵軍との土地に

結局エンディングに深い意味の隠されていた風のレヴィンが風のようにあらわれ、シグルトの軍の方に加勢します。

その結果レヴィンのものすごい強さも定説ですが、それでシグルトの軍に勝利をもたらした後

また風のように違う土地へ去っていくレヴィンこそいわゆる神でもあり

結局神は正しい理念で戦うシグルトに助力したという間接的表現でもある奥深く考えれば傑作ゲームですが

そのゲームの作り方もやっぱり道徳的なものだけでなく、歴史学にもとづいてもそんなものです。

結局、神のレヴィンも邪悪な敵軍の方につきゃ世が狂ってる証ですが、やっぱり世界は正しい。

悪なんていずれ滅びるものでもあり、世界はどこまでいっても神の統治する世界です。以上。

 

2018.10.11

ここで例の1000年生きるともいわれるアルファでありオメガの全能者の話ですが

1000年生きるというとこなんかも踏まえて、今までと別の読解でもすれば

もしかしたら以前少しいったように、この世界は7日で創造された真の神みたいな方がおられて

その真の神が特別気に入ったお気に入りみたいな人が全能者かもしれません。

それゆえ特別に1000年の寿命や能力を与えるような、なんか真の神からすれば面白い人なのかも

しれませんね。なんか世界を創造された真の神ってテレビでも見てる感覚で世界を見てるかもしれません。

お気に入りにされた方はうらやましい限りですが、なんか案外そういうもんなのかもしれません。以上。

 

2018.10.12

最近連絡の取れてない親友に告ぐ。

私にとって小学校時代の相方が盗賊の鍵でもあり

高校時代の音楽の相方が魔法の鍵でもあり

君は両方併用できるやっぱり最後の鍵でした。

是非連絡を待っている。*公式サイトでの私信ですがすみません*

 

2018.10.13

ここで定例の神のことでどうしても神のことが信じられない人に告ぐ。

神のいうことがなんか嘘じゃないかというのも、神が2000年前、人間界や人間のことを考察していて

その発展であろうことからふとしたことから結局は死後の天国、地獄の検証まで行き着きましたが

信じられないという人はおそらく、東釈迦あたりでも神の記述の裏付けや検証が甘いといっておられる

のだと思います。そういうのならば昔の人というのは、古代の天文台を見てもまったくもって誤差のない

天文台を作ってたりするのをご存知でしょうか?私はそのうち科学でも神のいわれることを検証すれば

裏付けられると思っています。皆さんよい旅を。

 

2018.10.14

日本古来の伝統の技に干支の話を以前少ししましたが

そもそもこの技、人そのものにも適用できたりします。

私も以前この技に適用すると、筆頭どころのねずみかなぁとか勘違いしてた時あったりするんですが

やっぱり私、世の3番手あたりのタイガーマスクだとかの虎かなぁと思います。

まぁ虎のたぐいとしても結構上の方なのでいいですが、思い起こせばねずみと勘違いしたことが

何かいけなかったかなぁと思います。虎にしてもねずみにしても強い弱いもありますが

おそらく結構強い虎だと私自身は思っているんですが皆さんも少し考えてみるのも面白いかもしれません。以上。

 

2018.10.15

ここで昨日の話から人を干支に例えた、私の属するであろう虎のちょっとした解説。

当然虎は世の格付けで3番手ですが、虎は龍と軽くコンビを組むこともあったり

逆に時々大きいガラス窓に特攻しかけてくる鳥のように、虎と鳥って軽く相性悪いです。

なぜかというと、戸が裸なのが虎に対して、鳥は戸はら離れます。

まぁ私も虎として鳥とも仲良くしたいところではありますが、同じ虎の仲間よろしくw以上。

 

 

10月下巻

2018.10.16

ここでちょっとした精神科の解説。

私も少し栄養失調からであろう脳の軽い異変を薬で治療していますが

いわゆる私のような脳の異変や、いわゆる恋煩いなんかで気を病むのも精神科です。

精神科といってもいろいろなケースがありますが、要は最近では総じて脳の病気だそうです。

私の場合はくどいようですが、おそらく栄養失調が原因ですが、いろいろケースもあるのかなといったところ。

脳のことの解析はまだ遅れていますが、そのうちいろいろ分かってくることを期待しつつ。以上。

 

2018.10.17

ここで昨日の精神科の話で私流の解説の補足。

そもそも精神科といっても脳の異変からくる伝達物質なんかの不足で体がしんどくなったりするのが

病気の大元ですが、はっきりいって人の性質なんてのは人体の内臓から大元でくるものであって

別に気が小さいだの肝が小さいだのいっても心臓や肝臓が小さく弱いだけで別に病気でもないです。

そんなもんはっきりいや直しようもあるわけないのが定説で、それこそ心臓を大きくする薬でも

作りますか?まぁ精神科といや脳の伝達物質の異常なだけです。以上。

 

2018.10.18

昨日の精神科の話もうけて、そもそも気質や性質の違いは内臓の大きさや

昔の人は虎だの鳥に分類したり、東の神も人の性質の違いの分類をシヴァやガネーシャに例えてみたりする

いわゆる人間というのは誰しも皆同じではないと神もいっているといってるのにも関わらず

人間を皆ロボットの様に同じものにしようとするのも、神のいわれる自然の姿にそこまで立ち入って

手を加えてはいけないという、いわゆる神にも喧嘩売ってるような行為だと思います。

まぁ自然の姿をあまりどうこうしようとするのはあまり良くないという話です。以上。

 

2018.10.19

ここで定例の神の説法の違った角度からの解説。

いわゆるあの世の世界なんて母なる大地、地球というお母さんにいい子には万年のご褒美を与え

悪い子には1000年のおしおきを与えられるというまさに母なる地球の所業でもあります。

地球も太陽と比べれば小さいとはいえ、地球だってものすごいでかさがあるのは当たり前ですが

そんなデカすぎるお母さんに逆らおうなんて絶対思わない方がいいと思いますが

総じて絶対的にいい子の方が利口なものです。あんまり悪い子も考えものかな。以上。

 

2018.10.20

ここでロックの歌に関するちょっとした悲劇も交えた話。

まぁ、はっきりいうのもなんですが、昔からどこの国でもいわゆるあっちのことって豚っていうのか

そんな歌あんまり世界に広めてたら豚にされたんじゃないかとか思ったりしますが

あとそういうアルバムに豚が飛んでる絵使ってみたりと、まぁあんまりそういうこと歓迎されないようです。

いわゆる秘め事でもありあんまりおおっぴらに歌うもんでもないんじゃないんでしょうね。以上。

 

2018.10.21

ここでちょっとした面白い人間考察の話。

結構私にしてもそうなんですが、街でも歩いてりゃ飛んでるやつなんて

なにかと富んでて何か持ってることがあることがあります。

それが金であったり才能であったりしますが、私の場合金は持ってないですが

実はここだけの話、5番勝負くらいの万能さで競わせれば結構地上最強くらいの才能を

持っている自信もありますw実際試してもらっても構わないですが、私かなり強いですw

まぁあんまり自慢話もやめときますが飛んでるやつ探してみるのもいいかもしれませんね。以上。

 

2018.10.22

ここでちょっとした重大発表。

私、結構ぶっ飛んでるとことかあるんですが、それってもしかしたら詳しいことは知りませんが

私が昔、小学校低学年の頃ケガして傷ができた時、裏山に生えてるヨモギを採って練りこんだことが

あるんですが、あれがもしかしたらよく知りませんがトリカブトだったんじゃないかとか・・・

トリカブトって毒とも定説ですが、もしかしたら名前から鳥頭にでもなる野草だったのかなぁとか・・・

あんまり真似しない方がいいと思いますが、やっぱその後ぶっ飛んでるとこあんのあの時のせいかなぁとか

思ったりします。むー、運命ですね。以上。

 

2018.10.23

昨日の話のトリカブトの話もやっぱそんなことないかなぁと補足しておきますが

今回は定例の世界の話、神の話でもあります。

例えば今現在でも世界の金なんかにしろ富豪的に持ってる閣僚たたちこそ

世界に残る本物の絵なんかに本気の額を付けます。

本気の絵なんて本気の人たちの神のことにもまつわる絵も多いですが、その意味のわからないところが

いわゆる一般庶民なんかがそうでしょうね。世界の重鎮たちこそその意味がわかるところが

世界の理由を説いていると思います。あんまり神を馬鹿にしない方がいいですよ。以上。

 

2018.10.24

ここで素人ではありますが、ちょっとした私流の医療の解説。

最近NHK出版の医療書を読んだんですが、それによると人体というのはこれまで臓器なんか

車に例えると部品のようなもので、心臓なんかが動いていてエンジンの役を果たしている的な考えでしたが

最先端の医学で、臓器はおのおのある意味生きていてそれぞれの臓器がメッセージを送ってたりして

そのやりとりで人体ができあがってるそうです。その理屈で考えればやっぱり精神科って

肝臓あたりの臓器のメッセージで精神に悪いとこが出てきたりするんじゃないかと思いますが

やっぱり東洋医学の精神の異常の原因は肝臓あたりにあるというのも踏まえて医療を考えた方がいいと思います。

肝臓の他にも連鎖している臓器の役割なんかもあると思うので、今後の医療に期待してます。以上。

 

2018.10.25

以前神のとかれることなんて今の学問で無理なら新しい学問でも作ってみればいいといいましたが

その際、自然現象なんかを学問にするにしても、学問というのは総じて数学なんかにしても絶対的法則が

あります。例えば数字というのもプラス、マイナス、かける、わるの因数分解なんかにしても

式にすると式をそうあつかえばそう出るという絶対的自然の法則があります。

それを数字ではなく風や火や水といったものを自然の法則に当てはめながら式にして新たな定理なんかも

踏まえて学問を発展させれば神のいわれることもとけるかもしれないという感じです。

一度世界で本気で検討してもいいんじゃないかとか思ったりします。自然を科学する。以上。

 

2018.10.26

ここで勝負事に関する軽く過激な話。

勝負というのは決して正々堂々とクリーンファイトで勝たないとなんの意味もありません。

いわゆる汚い手を使う汚いやつは、通称汚物とかけてうんこといいます。

そんな汚いやつが汚い手法で勝ち上がっても、そんな話、うんこ物語にしかなりません。

それで汚物なんかに毒されたら結局通説の地獄で焼かれて消毒を受けるのも哲学です。

軽く常識の範中のファールはあってもものすごい汚い手なんかあるわけないだろってことで。以上。

 

2018.10.27

人類の原因。それは脈々と流れる血に原因があります。

もし再三いっているアルファでもありオメガの全能者、要するに人の世の神が誕生した際

その神のどういういきさつか誕生した人類史上究極の血は脈々と伝え広めるべきです。

その逆でそういう神の血が誕生した際、どこかで人類史上いけない血、悪魔の血も誕生するものなのも哲学です。

悪魔の血の誕生なんて、結局そんな血世界に広めては絶対いけないですが、総じて結局は血なんです。

血の結合での新たな血の誕生の歴史が人類の歴史でもあり、神の血の誕生の際の悪魔の血の誕生でもあり

血のことをあまり馬鹿にしてはいけません。私にもいい血が流れることを願いつつ。以上。

 

2018.10.28

ここで私も格闘のプロ的立場としてちょっとした助言。

そもそもいつも怠けてらくしたがる奴に強いやつはいません。

逆に自虐的なやつの方がいつも自分の体を酷使して鍛えられてる分強いです。

結局なんだかんだいって鍛えてるから強いのであって、不良じみてるから強いにはなりません。

まぁ私にしても軽くそうですが、鍛えてる類もいますが、あんまり不摂生がたたってるようなやつに

強いやつはいません。まぁ大抵体を見れば分かります。以上。

 

2018.10.29

ここで定例のアルファでありオメガである全能者の話。

ヨハネの黙示録による全能者って、やっぱり神話のゼウスだとかの類じゃないかとは以前も書きましたが

実は私の名前、和名ではありますがそういう名前してます。

私、本名、田上雄介なんですが、それって田上の通説の太陽の一族の雄介、結構ゼウスですw

なにかと全能的に才能もあると自負してますが、やっぱ私がゼウスですか?w

名は体を語るも通説ですが、なんか私そういう運命でもあるかなぁとか思ったりします。多少期待して以上。

 

2018.10.30

ここでドラクエ的に爪の話。

爪というのは能ある鷹は隠すといわれていますが、結構私もここでのサイトでは

結構表現も多いですが、現実的なとこでは結構隠していたりすることもあります。

私も結構な爪を持ってると思いますが、案外あくまの爪的なとこもあったりするようで

やっぱ私の爪はオリハルコンの爪に持っていきたいようで、結構敵も招く黄金の爪かなぁとかw

どこにでもある鉄の爪よりは強い爪だと思ってるんですが、結構オリハルコンでは?w

実はものすごい爪してんなぁって人も中にはいるので、まぁ隠してる方が無難です。以上。

 

2018.10.31

人間というのは人は誰しもまっさらな右も左も分からないまま生まれてきます。

その結果自分の人生を経験しながら先人の偉大な記したことや現代の作家なんかにも教えてもらい

なんかしら影響を受けて育つものです。その結果人類史上偉大な東西お二人の記したことは

東の釈迦あたりを例に出せば、通説で壮絶な時代に壮絶な人生を送りながら悪戦苦闘を繰り返し悟り

たしかな検証のもと記したまさに人類の代表的存在なのが今だお分かりにならないでしょうか。

そんな人が馬鹿でもなんんでもなければ、そんな人のいわれることにこそ学ばなければ

誰に学ぶというのでしょう。何も分からないまま馬鹿な哲学でも唱える馬鹿作家にでも聞いてみますか?以上。

 

 

11月上巻

2018.11.1

私達のまわりを流れる時間というのは、一時も止まることなく絶え間なく流れています。

そんな中その時間の波を上手に泳いで先頭集団あたりで泳いでいるところが通説天才達です。

逆に絶え間なく流れている時間の中で立ち止まっていては、先頭で泳いでるとこからますます遅れていって

通説馬鹿と言うのか知りませんが結構馬鹿の理論になります。何かと先頭あたりを泳いでいても

古いものでいいものは残そうとするのはいいですが、立ち止まってる表現だと結構馬鹿です。

まぁ何かと新しいものを取り入れる方が頭いいともいいます。以上。

 

2018.11.2

私は中国の三国志なんかも好きですが、同じ中国の紀元前の春秋時代の話も結構好きです。

春秋時代は項羽と劉邦の2強の話なんですが、項羽というのは正面衝突の強さは天下一品です。

片や劉邦は敗走も多いですが、狙いのある敗走であったり決着を付けた四面楚歌の歌戦法であったりと

何かと技があります。私もその昔結構、項羽のタイプ的でもあったかなぁなんて思い出しますが

なんか最近劉邦のタイプでもあります。劉邦のタイプとしては正面衝突でも一応ウェイトも110キロくらいある

とこの最上級どこじゃないかと思っていますが、片や本気の項羽なんてごくたまに見ることもあるんですが

推定ウェイトも120、130キロ級のはっきりいって極道ですねw

まぁ結局劉邦が天下統一して、この国でも使われてる漢字の漢王朝を開きましたが、やっぱり何かと

劉邦的な方がいいこともあるようでって感じです。まぁおそらく私は劉邦でいきます。以上。

 

2018.11.3

ここで頭の良さ、頭脳の話。

頭脳と一口にいってもいろいろあったりしますが、いわゆる戦争なんかに置き換えてみると

いわゆる机上の空論で計算式とかで計算するタイプは兵器開発などの技術班です。

片や将たる将はいわゆる鼻がきくなどの野生のエナジーみたいなのがないと兵を率いて勝てません。

現場で勘を駆使して戦う将と裏で机上の空論で兵器を開発する技術班、まぁどっちが欠けても戦争には

勝てませんが、最近鼻のきく勘なんかに長ける将軍的なタイプが少ないと思います。

いわゆるそういうタイプがガキ大将のタイプだったりするんですが、何かと最近少ないですね。

もうちょっと子供の頃からの教育も見直してみてもいいかもしれません。以上。

 

2018.11.4

ここで昨日の戦争に例えた話も受けて、ここで私の考える現実のガンダム的ニュータイプ部隊の話。

漫画ではありますが、ガンダムの中で一際主人公の所属するニュータイプ部隊は強かったですが

現実にニュータイプ部隊並強さの部隊を作ろうと思えば、ずばり無人艇の中の有人艇です。

おそらく強いような気がするんですが、コンピュータ制御の戦法をとる無人艇と人の操縦による有人艇で

軽く撹乱も踏まえるとかなり撃ち落とせる確率もあがるようでどうですか?

まぁ無人艇の開発はまだまだだと思いますが、その中に有人艇を混ぜる。これですね。以上。

 

2018.11.5

ここで喧嘩の哲学についてひとつ。

何かと人間、不愉快になってくると喧嘩っぱやくなってくるものです。

いつもニコニコして幸せそうな人があまり喧嘩なんかふっかけてきません。

喧嘩っぱやい人なんか文字通りいつも不愉快そうな顔してるもんですが

そういう人いわゆる不幸な人でもあります。まぁ幸せな人が喧嘩なんかしないもんですが

愉快になって幸せになりたきゃ誰か愉快にして幸せにする。そうしめて今日の手記はこのへんで。以上。

 

2018.11.6

ここで定例の神の説法の解析ですが、東の神のいわれる自分のしたことが自分に返ってくる因果応報ですが

それもいつぞや話した自然をとりあえず簡素な公式から学問を設立し、いろいろな検証からの定理の開発

そして結果的には数式あたりのプラス、マイナス、かける、わるの因数分解的な数式の絶対的法則から

結局自分のしたことが自分に返ってくるという自然現象がとりあえず机上の空論でとけるはずです。

その結果現実でも記録をつけて検証すれば間違いないと出るはずと私は空想しますが

とりあえず手始めに自然を科学する学問を設立するのもいいです。誰か作りませんか?w以上。

 

2018.11.7

ここで私も多様しているコンピュータの話。

時々コンピュータをいけないものと愚直にいう人がいますが、私はそれは間違いだと思います。

そもそもコンピュータも道具というのは分かると思いますが、要は道具なんて使い方です。

道具というのは使い方次第で天使にもなったり悪魔にもなったりするものです。

コンピュータを正しく使う人ばかりなら非常に便利な文明の利器でもあり魅力的なものでもあります。

結局コンピュータがいけないというのも現代でも使い方を間違えてる人が多いからだと思います。

何かとコンピュータにしろネットにしろ正しく使いたいところですが、今だ賛否両論も多いですね。

私は正しく使う分には賛成派です。以上。

 

2018.11.8

ここで話を変えて言霊の話。

言葉というのは意外にも魔力を秘めてるものです。

言葉というのは口にした瞬間魂を持ち、幸や不幸を招き寄せたりするという学ですが

いわゆる呪文なんかのたぐいも言葉に魔力を込める言霊的なとこがあります。

それゆえ口にするだけでなく、心の中でさえ嫌な言葉を思わないようにして幸を招き寄せようというのが

究極の言霊論だそうですが、私もなるだけ嫌な言葉なんて出来るだけ心の中でさえ思わないよう

にしようと生きています。言霊を馬鹿にするでなかれ。以上。

 

2018.11.9

ここで頭の解説。

私が考えるに頭というのは土台の聡明さがあります。

その上でどのくらい頭を活用しているかで頭の良さというのは変わります。

そもそも健康な透き通った聡明な頭していても使わなくてはやっぱり馬鹿です。

それで土台の頭がなんか頭曇ってんなぁ的なのもあまり良くないです。

まぁ自分のことでもいえば寝て起きて2秒でダッシュできるくらい聡明で結構使ってるので

結構いいはずなんですがね。以上。

 

2018.11.10

再三に渡って神の話、因果応報なんかを話してきましたが

ここでちょっと考え直しましたが、いわゆるいじめなんかも、まったく人をいじめたことなんかないのに

いじめられるなんてのも、いろいろ深すぎるんですが、いろいろケースもあるようで

そもそも世界って男が女をいじめてますか?もし男が女をいじめる世界なら世界からいじめはなくならない?

そのいじめのある世界の犠牲でも受けてる?まぁそもそも自分のしたことが全部自分に返ってきているだけでなく

いわゆる困難なんてのも降りかかる世界かというのが解析の前提ですが、その困難を生み出しているのが

いわゆる地獄落ちの要素の魔であり、その魔の生み出した困難が降りかかっている?

そうすると先にいったように男が女をいじめている表現なら世界から魔はなくならず

その男に魔を返す為に魔をもつやつが現れ、その魔をもつやつにまた魔を持つやつがあらわれ

結果的にどこからともなく誰しもが困難を持ってる世界でもありますが

その困難に負けて自分が魔で困難を作り出していたら

魔で自分が地獄に落ちる。

まぁいろいろ組み合わせてみるとそう出ると思うんですが、男と女がいる限り世界から困難はなくならないって

ことでしょうか。というよりいじめるやつが魔で困難を生み出しているのかな?困難に負けずよい旅を。以上。

追記:その困難の発生のメカニズムが人体のガン発生のメカニズムにつながるかもしれませんね。

 

2018.11.11

ここで私の個人的意見ではありますが、世界なり人なりの哲学を唱える際

最近、等身大の視点で描きすぎるような気がします。

等身大すぎる故、重箱の隅でもつつくようなはっきりいってどうでもいいようなことを議論します。

むしろ壮大なスケールの宇宙空間の中の何十億年級の時間軸の中で考える人の一生

要するに何も気にすることなく、しいていえば神のいわれる天国行きのことくらい気にして生きる方が

有意義だと思います。まぁあんまり小さいことは気にしなくていいってことです。以上。

 

2018.11.12

再三神のいわれる因果応報の理論をといてきましたが

因果応報の果ての理論として、やっぱり避けて通れないのが男と女の因果応報の理論です。

例えば顔のいい男とデートでもすることで女が喜ばれてんなら、その男にも喜びが返ってくる

善徳みたいなものになりますか?という顔も才能なのかという議論から

終いにはいわゆる性交渉なんかでもまったくもって喜んでる女の人なんてのも存在するのか?という

生物学的な観点で考察してもそういうこともありますか?という果ての討論ですが

いわゆる先の困難、ガンの発症メカニズムが証明されればやっぱ善徳として男と女の交わりはないとかどうかとか

いろいろ検証してみることもあると思いますが、まぁ因果応報が証明されてもやっぱり男と女の関係こそ

最後の砦的読解に検証がかかりますか?なにかと研究材料はありますが、誰か実際研究してみては?以上。

 

2018.11.13

人の為に何かするというのは確かに偽りだということもあるかもしれません。

しかしながら多少偽りであってもその偽りによって喜ばれる人もおられるものです。

何かと善行なんて多少偽りも含みますが、それで喜ばれている人がいる以上喜びも返ってくるものです。

その喜びの連鎖が結局人生の終局、天国につながると思いますが、何もまったくもって本心じゃなくとも

多少偽りを含めていい行いをするのも別に悪いことではないってことです。以上。

 

2018.11.14

ここで金にまつわる値段の話。

物の値段というのは、そもそも作っているとこがつけています。

例えば食べ物なんかなにも食品連盟みたいなのがあって、うまければうまいほど高い値段が

ついてるわけでもありません。たとえ安くともうまいものなんていくらでもあります。

その結果物にしろ食べ物にしろいいものだからいいのであって、何も値段が基準ではありません。

まぁ人それぞれ思考はありますが、高級思考でもいいですが、私はいいものがいいという考えをしてます。

まぁ結局人それぞれです。以上。

 

2018.11.15

ちょっと小耳に挟んだ話ですが、通説の天国地獄が大気圏あたりまで昇って焼かれるのが天国で

その下あたりの雲あたりが地獄だと馬鹿なことをいう人がいる。

そもそも雲そのものが天国で、地獄というのは土星のサターンあたりの衛星を引き合いにしても

地震や火山を巻き起こす核付近のマントルあたりなはずです。

はっきりいってデマなので信じない方がいいですよ。以上。

 

 

11月下巻

2018.11.16

ここで定例の神の説法の解説。

そもそも天国と地獄の話ですが、地獄に落ちる理念として人にうらまれるからというのがあります。

しかしここで勘違いしてはいけないのが、うらやましがられている、要するに嫉妬の類は

嫉妬する側が地獄に落ちると思います。うらまれるとうらやましがられるというのは実は大違いで

うらやましがるというのは当の本人がしない方がいいこともあります。

そこが本人が気づいてなくとも、自然現象でそう出るもんです。そこに注意してよい旅を。以上。

 

2018.11.17

ここで以前も少し書きましたが、人は皆それぞれ違うものです。

理屈も書けば起因するのは中身、要するに内臓の大きさや強さ性質が人それぞれ故皆違います。

それを皆同じロボットの様にするというのならば、皆の内臓を取り替えて一緒のにしますか?

起因するのはおそらく内臓が大元なので、人それぞれ違うと神も説法します。

間違っても人類ロボット化なんてしない方がいいですよ。以上。

 

2018.11.18

その昔、中国の三国志の時代に大勝負の赤壁の戦いの際、孔明がここ一番で風を吹かせて

火計で大勝利したという逸話がありますが、それを現実的にやろうと思えば

以前いった自然を学問にして数式にでもすれば、プラス、マイナス等の数式の絶対的法則を活用して

風を吹かす数式にでもすれば実際風も吹くこともありますか?

孔明もその季節の自然風を知っていたんでもなく、自然学的に大風を吹かせたんじゃないかという話ですが

もしかしたら学も推し進めれば可能ですか?誰かやってみればいいと思います。以上。

 

2018.11.19

ここで人の役割についての話。

社会にはいろいろ仕事はあれど、結局は体なことがあります。

軽く車にでも例えれば、家族のために働く自家用車を含め、軽く大型のはたらく車など

総じて何かの役に立たせるのが車ですが、私級にでもなればはっきりいって戦車ですねw

戦車の役割としては、やっぱり有事の時の戦闘も定説ですが、まぁ家族のために働く自家用車もありです。

役に立たない車こそ意味のないものもありませんが、何かとボディを車に例えるのもありです。以上。

 

2018.11.20

ガンガン先行して手記をつけていますが、ここで戦についてひとつ。

戦いというのは孫子あたりの兵法からいわせても、義というのが重要項目です。

いわゆる大義名分ですが、その昔徳川家が豊臣家に喧嘩ふっかけた大義名分が結構むちゃくちゃです。

よくそんな大義名分で徳川が勝ったなぁなんて思いますが、結構豊臣も反感買ってたかなぁとか。

いわゆる東徳川、西豊臣ですが、大義名分も大切ですが、いわゆる反感をあまり買わないことも大切。以上。

 

2018.11.21

世界には夜になると月が出ます。

月というのは面白く毎日結構どこに出るかわからないことがあります。

昼出てたりすることもありますが、それを昔のガリレオあたりからいわせれば地球と月、太陽がこうあって

こう回って更にこう回ってるからそう出るとか結構むちゃくちゃな理論じゃないかと思います。

本当にそれで計算できて、まだ家庭用とはいえファミコンもない時代に月にロケット飛んだんですか?

そんな昔からなんだと言われる月に行けるわけないのが定説なら、まだまだ世界なんて

なんも分かってないですよ。世界のことは人類史上最高栄誉賞ものの神にきくのも当たり前です。以上。

 

2018.11.22

世の中にはどこの歴史に習っても繁栄のあとに衰退があります。

神の作られる世界でも通称1000年王国で、1000年の繁栄が限度です。

そんな中永遠の繁栄なんてありもしないのに、それを望もうとするのは間違いです。

繁栄の後には衰退もあると気を引き締めて経営なりしてなければ衰退も早いです。

間違っても永遠の繁栄なんて望まない方がいいですよ。以上。

 

2018.11.23

ここで幸せについての話。

当然ですが、私はそんな大金持ってませんが、人の世というのはどんな人であれ大金を持ってると

絶対良からぬことを考えるものも表れます。その結果金持ちだからといって毎日つきまとわれるのも

結局楽しいものでもありません。結局金なんて生活に困らないくらい程よくあって

結局幸せというのは幸せな家族に決まっています。良妻賢母みたいな人でもめとってなにかといい子に

恵まれて過ごす幸せな家庭こそ幸せです。あんまり金なんか持ってても面白くないですよ。以上。

 

2018.11.24

ここでこの前いった月の話。

月というのは毎日どこに出るかわからない上晴れた日でも夜出ないこともあります。

昼出てたりすることも定説ですが、ほんとにガリレオの計算式で計算できるのか不明ですが

それ故昔の学者というのは本気の学者ほど天文学をやります。

要するに天文を観測して、天文がなんたるかと哲学して、天文が何か分かれば世界も何かわかるという

理念ですが、結局月にロケット飛ばしたなんて嘘なんじゃないかと思いますが

要は世界ってなんなんでしょうね?そりゃ神のといたことこそ聞くのは当たり前ですが

以前記したように昔の記述で真の神が7日でこしらえた世界ならこの世界はやっぱり

神のテレビか何かですか?w真の神のお気に入りこそ特別に1000年の寿命を与えられる

全能者なのかもしれないと以前考察して記しましたが、世界の理念なんて不明だらけです。

まぁ神にならうのがいいかもしれませんね。困難に気をつけてよい旅を。以上。

 

2018.11.25

ここで才能についての話。

才能というのは結局は愛と以前書きましたが、その理念としては愛がある人は体が暖かいのが通説です。

軽くウォームアップできてる体とウォームアップ前の体を比べても分かる通り

愛のあるところが血が暖かく何かと体が動いて器用なんじゃないですか。

いわゆる逆の冷血こそどれだけウォームアップしても体が温まらず、何かと不器用なとこが才能が

ないんじゃないかとか。まぁ愛のあるところが神に愛されるなんて考えもありますが

何にしても私は才能は愛だと思います。愛を持ってよい旅を。以上。

 

2018.11.26

昨日の血の温度の話の続き。

何かと愛が血を暖かくさせて才能になるんじゃないかと昨日いいましたが

ついでにいわゆる年齢のわりには若い人なんて、血が暖かいこともありますか?

まぁ私も結構若いタイプですが、要するに愛のある人、才能のある人が若い姿してるかもしれませんね。

なにかと血の研究の話ですが、まぁ以前少しいったようになにが違うって内臓なんかもそうですが

結局血が違うんじゃないですか?血がいいなんて絶対いいもんです。以上。

 

2018.11.27

ここで私の側面、絵の世界の話。

絵を描く人で巨人も多数おられますが、現代にほど近いゴッホの話。

私も詳しいことは知りませんが、ゴッホというのはまさに不屈の精神です。

何のためかはおそらく私も再三いっている神のいわれることに決まってます。

耳を切り落としたのか切り落とされたのか、そして最後凄絶な死にいたるまで不屈です。

そういう人の傑作にものすごい値をつける人も意味が分かってます。

世界というのは再三神がもうといてるといっても分からない人がいるための悲しい過去です。

ゴッホなんて私にとっては同じ同士として尊敬しすぎる人です。ご冥福を。以上。

 

2018.11.28

ここで定例の天国と地獄についての理念をひとつ。

そもそも自分のしたことが全部自分に返ってくる因果応報の世界ですが

以前テレビで見たアメリカの富豪、ロックフェラーあたりの行動を見てても、おそらく天国地獄の理念というのは

いわゆる終わりよければ全て良しみたいなとこがありますが?要するに過去の悪行もこの世で自分に返ってきて

清算できていれば、死ぬ間際の清算してないとこを善徳で埋めればあの世で天国に行ける理念とか。

まぁロックフェラーみたいな富豪の方が理念をよく知ってることもあると思いますが

私が以前テレビで見た感じではそう映りました。要するにまだまだ諦めるのも早いこともあります。

清算するだけ清算して死ぬ間際の善徳で天国に行ければ結果オーライです。よい旅を。以上。

 

2018.11.29

ここで天国と地獄についてのまだ未解決の三途の川のたとえについてひとつ。

いつぞや以前、この世にある3本の川なんて酸性、アルカリ性、中性のことかもしれないと書きましたが

昨日の考察から、やっぱり3本の川とは過去、現在、未来の時の流れの3本の川かもしれないと思います。

要するに昨日いったように、自分のしたことが自分に返ってくる世界とはいえ、過去の自分の行動が清算

できていれば、要は今現在なりの清算できてないとこがあの世に通じるという理念ですが

それゆえ過去に過ちを犯していても諦めるのは早いです。しっかり清算して今現在善徳をつんでいれば

結局あの世での清算は天国に行けるかもしれないという理念なので、最後まで諦めずよい旅を。以上。

 

2018.11.30

突然ですがダークマターというのをご存知でしょうか?

詳しいことは知りませんが要は同じ体積なり大きさしてるのに重いなんてダークマターの仕業と

いわれています。軽く私も見かけは多少小さく見えるのに110キロあって重いのが

ダークマターとか持ってるかなぁってとこですが、それを考察すると

ダークマターって要は地獄から呼ぶ声なんじゃないかとか。地獄から呼ばれて重力がかかる分重いとか

考えましたが、それは要するにやっぱり天国行きだからよばれるのであって、それゆえ善良な正義こそ

地獄から呼ばれて重く、それゆえ地上で格闘も強い理念とか。まぁ私は戦闘の強い人って正義と

考えたりしますが、何かと間違ってる方が弱いものです。喧嘩上等ですねw以上。

 

 

12月上巻

2018.12.1

まだ今現在秋真っ最中ですが、ここでは勝手に冬に入ってもう12月の手記です。

マルコポーロの東方見聞録というのをご存知でしょうか?

文字通り東へ旅していった記録ですが、要はあれは、東に行くほど、右に行くほど世界はどうなってるかという

手記です。東の果ての我が国ジパングも当時黄金の国と記したほど、右の方が正しい理念なのは

あの当時でも分かっていたにも関わらず、西洋がガリレオあたりが地動説を唱えて左が正しいなんて

いいだしてのあの大戦です。私は毎晩、月なんか観測していてもやっぱりガリレオの計算式じゃ

月には行けないんじゃないかと根強く思っていますが、大戦は悲しい過去でしたね。

天動説で右が正しい理念なら今からでもジパングに合わせた方がいい理念でもあると思います。以上。

 

2018.12.2

ここで釈迦の六道の解説。

六道とはやっぱりこの世の6つの道と思いますが、一応全部あげておくと

この世でも地獄の苦しみを味わう地獄界、金がなくいつも腹を減らしている餓鬼界

まるで豚のような本能のまま暮らしている畜生界、戦いをしかけるから戦いをしかけられる

戦いの連続の修羅界、善でも悪でもないごく一般的な生活をしている人界

最後に、愛を振りまくゆえ愛が返ってくる至極いい世界、天界。

まぁこの世の生き様なんて大方釈迦のいわれるとおりこの6つに分かれますが

絶対愛を振りまくゆえ愛が返ってくる天界がいいに決まってますが、なんかいろんな人いるなぁと思います。

まぁ90年代あたりに戦いの連続の修羅界の修羅をはやらせたのが何かと少し気がかりりですが。

まぁよい旅を。以上。

 

2018.12.3

ここで最近古典の技のこととか書いてるので、ついで以前記したこともありますが明鏡止水の話。

明鏡止水とは早い話が屈強な精神力です。明鏡止水の取得は大方体を鍛錬することにあります。

体を鍛え続けて体が大きくなると、人体の縦隔膜の弁がはずれてエアリークをおこすとこから

精神力が屈強になる技です。(たしかそうだったはずです。)

中国の三国志の敵の大軍の中に単騎で突入して奥方を救出する趙雲や敵国に乗り込んで弁舌をふるって

同盟をとりつける孔明あたりも明鏡止水の技もってんじゃないかと思いますが

早い話が強い精神力が欲しけりゃ体を鍛えることです。なにかとよい旅を。以上。

 

2018.12.4

釈迦の理想とする世界の構築のための説法にこういうのがあります。

世界はアートマンがブラフマンになればよい。要するに世界は音楽や絵を作るアーティストが

主張となって世の人たちを覚醒させてひっぱっていけばよい世界になるという思想ですが

その反対に金なんかが世の主張となって世界を作れば世は地獄落ちの世界の理念になります。

最近はどうかと思いますが、やっぱり世は歌など絵などのアーティストたちが隠れたところで

影響をあたえる世界の方がより皆が天国に行ける世界の理想に近づけるわけですが

なにかと金でもないですよ。芸術こそかもしれませんね。以上。

 

2018.12.5

最近釈迦の説法の話がつづいているので、ついでにもうひとつ。

釈迦からいわせれば世の苦しみは全て無知から始まると言われます。

知らないがゆえ結局何かと苦しむという説法ですが、地獄に落ちるなんかも知らないがゆえ

地獄に落ちて苦しむのかもしれませんね。何かと知るために勉強するというのはよいことで

結局この世の全ては勉強です。勉強しないなんてもったいないと思いますよ。よい旅を。

 

2018.12.6

ここで天の星座というより聖闘士星矢の話。

そもそも天の星座の理念はあまり詳しくないことありますが、聖闘士星矢流では

いわゆる神にお仕えする神を信奉する人達をブロンズ、シルバー、ゴールドの階級に分けて

星座の守護で表しています。いわゆる聖闘士のなりそこねというより聖闘士じゃないとこに

暗黒聖闘士やアニメーション版では車の聖闘士とか。。。

まぁ要は神を信奉する漫画ですが、星座自体は結構人の世を88星座で表してるとこもありますか?

星座に詳しい人の解説を待ちますが、まぁなにかと昔の人はたとえが好きですね。

まぁ一応いっておくと私はゴールドランクの星座通りの射手座かといったとこで以上。

 

2018.12.7

ここでちょっとした発表。

今年頭あたりから付けてきた手記ですが、濃厚な内容でお送りし続けた結果

結局年内に終わらせて、結局「ボクたちの一年戦争」とでも副題をつけようと思います。

まぁなかなか為になる話から妄想的話、1冊の本にでもならんかなぁといったところ。

今までご愛顧くださった皆さんありがとうございました。次があれば「ゆうすけのほのぼの日記」でも

書くつもりです(嘘)まだもう少し続きます。以上。

 

2018.12.8

神剣ファルシオンというのをご存知でしょうか?

天馬のペガサスにもゲームでは例えますが、要はペガサスの扱う声ではと。

ファルセットなんかにもかかるような声とも思いますが、その声が魔王を退治するといわれてます。

実は私結構ファルシオンもってますか?wまぁあとペガサス的でもあるかなぁなんて思いますが

なにかと私、伝説の勇者的ですなぁw真相は知りませんが今後の人生、期待してます。以上。

 

2018.12.9

以前人の違いは内臓の違いの他に血の違いをあげましたが

血なんかも現代で分かってる限りでもかなり細分化されます。

その血の掛け合わせ、要するに競馬の馬のように血液学なんかで優秀な子もできます。

神の血の誕生こそ神の誕生と以前記しましたが、そういう時には魔王の血の誕生もあるともいいましたが

まぁ何かと私が何かという人がいれば私の血を現代でも分かってるかぎり

分析してみればいいんじゃないですか?wまぁお前の血の色は何色だぁなんてくだりもありますが

血の性質が大元で、あと内臓の大きさや強さが人を区別するんじゃないですか。まぁよい旅を。以上。

 

2018.12.10

ここで人生に必要な目に見えないこと。

ずばり信用です。よくいわれますが、信用とは金で買えるものでもなく

信用されて信頼の厚い人こそみんなの中央のリーダーであったりします。

逆にすぐ裏切るような信用のない人こそみんなの仲間に入れてもらえないものです。

そのことが分かってない人もままいるようで、結局この人何たくらんでんだなんて信用されないのを

お忘れなく。結局心です。以上。

 

2018.12.11

以前、生きたいからこそ何かと生きることをし、死にたいから何かと殺すことをするんじゃないかと

いいましたが、要するに生きたいんですか、死にたいんですかですが

その何があっても生きたい心、要するに生命力みたいなものが結局行動でも生きる善の行動をし

その生命力なり善の行動が神に愛されるなりで才能があるんじゃないかとか。

要するに才能のある人なんて生きたい人だから善なものであるということです。

悪なんかに才能ある人いませんよ。以上。

 

2018.12.12

先日神剣ファルシオンの話をしましたが、ファルシオンとはおそらく声ですが

いつぞやの淡谷のりこ氏のファルシオンはおそらく偽です。

私もあまり詳しいことは知りませんが、ファルシオンを持ってる人って世界で1人ですか?

いわゆる世界で一人のそれですが、私も結構ファルシオンじゃないかと思ったり。

今後の展開に期待しますが、淡谷氏のファルシオンはもはや伝説ですねw以上。

(追記:初めの頃の音源では確認できません。おそらく私のファルシオンは最近です)

 

2018.12.13

ここで東京オリンピックも近いことだし、オリンピックの理念をひとつ。

オリンピックとはずばり神に愛されてるのは誰だ、ということです。

正々堂々とスポーツマンシップに乗っ取り、真に強い神に愛されてるのは誰かを決める大会ですが

通説ですが、やっぱり神に愛されるというのは残念ながら強いです。

そもそも人間も所詮アニマル、強い人こそ真にアニマルとしての才能がある理念からです。

オリンピックの本気の競技は早い話が格闘技です。無差別で戦って真に強いのがオリンピックの勝者です。

まぁ天下一武道会の優勝者が一番神に愛されてるという話ですが、結論をいえば腕力というのは才能です。

才能に気をつけてよい旅を。以上。

 

2018.12.14

私の話をガセビアという人もいるようで、またガセビアのようでおそらく真相の話をひとつ。

世界の代表的なフレーズにLOVE & PEACE も定説ですが、こういうのもあります。

世界のキーフレーズはYOU & I ようするにあなたと私ですが、これを別読解すれば

愛を持って言う。なにかとこれが世界の共通キーワードであったりします。

結局連日の説法話でも愛をもって言うことこそが自分に愛も返ってきて天国行きの理念かもしれませんね。

愛を持って言う。これにつきます。以上。

 

2018.12.15

ここで定例の神の解説。

神の好むものとして、言い伝えでは酒、処女、音楽とありますが

その表現は軽く豚と対比すれば真逆の豚がバクバク食べるなら神は酒を飲んで身を清め

豚が女をやりまくるんなら神は女を処女のまま側においておき

豚がガーガー寝てんなら神は寝てるというより音楽聴いてんじゃないかという

豚がなにもない種族なら神はなんでもある最高です。通説のヨハネのとこの全能者がそうじゃないかと

思いますが、結構私もそうですよwよい旅を。以上。

 

 

12月下巻

2018.12.16

ここで顔についての考察。

顔というのは何かと重要でもありますが、やっぱり顔で一番肝心なのは感じがいいということです。

感じのいい顔というのは結構誰からも好感をもたれ人気があったりします。

逆になんか2枚目的だけど感じ悪いなぁって顔は私もあまり好みません。

まぁ2枚目的要素もありつつ感じのいい顔こそはっきりいって異性にも同性にもモテますが

清潔感は保っていた方がいいですよ。まぁ顔なんて内面も表れるものと考察しますが

なにかと感じのいい顔がいいもんです。私的な意見かもしれませんが。。。以上。

 

2018.12.17

ここでまだ書いてなかったと思いますが、私の思う天才の理論をひとつ。

天才の理論もいくつかありますが、科学的な考察にもとづいて理論を説くと

要は天才とはまるで石臼でもガンガン回転させて軽く思考が停止してる時でも惰性で石臼が回ってる感じで

考えてなくとも高速で回転させてるのと同じような理論じゃないかと思うんですがどうでしょう。

逆に普段あまり頭を使わない人は石臼が重くてそもそも回転させだすのにしんどいという

要は天才って普段からガンガン頭使ってんじゃないかとかいう理論ですが、いわゆる惰性で頭が動いてると

いった感じです。まぁ結局はよい旅を。以上。

 

2018.12.18

ここでちょっとお笑いのことについて。

お笑いなんてはっきりいって、馬鹿なんじゃないかこの人的な馬鹿の笑いが笑えます。

個人的かもしれませんが笑いなんて馬鹿だから笑えんじゃないかと思いますが

はっきりいって馬鹿といってもただの馬鹿じゃないです。

テレビなんかでも馬鹿なことやれば値もつきます。いわゆるただの馬鹿じゃないタイプが面白いですが

結局芸能なんかもただの馬鹿じゃない人たちがなんかトップの方ですし、ただの馬鹿じゃないって

いいかもしれない。ただの馬鹿じゃないってなんかすごいこともするかもしれないなんて定説です。

まぁそれが天才かどうかはさておき、ただの馬鹿じゃないって有用です。以上。

 

2018.12.19

ここでものの言い方なんて結局は言いようのたとえをひとつ。

いつぞやの麻雀漫画に、あんた背中がすすけてるぜ。なんて表現が軽くローカルブームでしたが

要はそれは言い換えてみれば、分かりやすい人。ようするに素直で好感も持てる人なもんです。

まぁ背中がすすけてるぜなんて軽く馬鹿にする人もいれば、素直で好感がもてるなんて人もいるもんです。

結局は物事なんていい側面もあれば悪い側面もある表裏一体なので、あんまり馬鹿にされても気にしない

方がいいと思います。悪い側面があるならいい側面もある。これ定説。以上。

 

2018.12.20

ここでまだまだ戦争なんてのもなきにしろあらずな中、実際戦争なんかになった場合

戦争というのは総力戦ゆえ日本人全体で日本軍にあたることになると思います。

それゆえ軍というのは序列を正しておかなければ統制がとれない定説をわきまえれば

日本人全体の日本軍はやっぱり年功序列含め結局は学業なんかで序列つけなければ

結局何で統制をとるんですかという事態にもなりかねないゆえ、やっぱり学業なんてのも決して

馬鹿でもなんでもないものだと思うんですが、私が思うに実際中国あたりとあるかもしれないと思ってます。

神の説法をきくことも大事ですが、戦争になっても生き延びていかなければならない

まさにこの間のNHKの坂の上の雲こそ人生です。なにかとよい旅を。以上。

 

2018.12.21

人間の器なんていいかたをすることがあると思いますが

器というのもいわゆるどれだけストレスなんかも受け止められるかも器です。

器の小さい人こそ少しストレスが溜まっただけで切れて怒ります。

まぁ器の大きいストレスを許容できる人でも、さすがに発散して処理しきれなくなると

怒り出すこともありますが、現代のストレスの溜まりやすい社会もなんとかならないものか。

おのおのストレス発散方法を持ってるものの、処理しきれなくなるとみんなが怒り出す

なんか世界おかしいんじゃないかと思いますが。。。以上。

 

2018.12.22

ここで男を代表してこんなこといっていいのか悪いのかの話をひとつ。

はっきりいって男なんて女をどうでもいいと思ってる子こそ無茶苦茶やります。

大事な子であればあるほどそんなことできないと思います。

はっきりいって性交渉なんかも大事であればあるほど何もできないものです。

あんまり馬鹿な男に騙されない方がいいですよ。以上。

 

2018.12.23

ここで世の絶滅種族、オヤジなんてのははっきりいって黄門の邪魔をするとこから

親のヂというニュアンスでオヤジといったりします。

オヤジの特徴も数あれど、オヤジなんてヂなので絶滅していいもんですが

何かと私は個人的にはアーティストを推進します。

アーティストというのは芸術を作る人なのはいうまではないですが、その芸術を作る思想や理念がいいです。

そういう人が増えれば世はよくなります。いわゆる先にいったアートマンとブラフマンの融合ですが

まぁ世の増える人種としては芸術、人間ゆえの人種が一番いいです。皆さんもどうですか?以上。

 

2018.12.24

最後の話として昨日、オヤジの話を黄門の邪魔をする親のヂみたいなもんと表現しましたが

結局親の邪魔をするヂといっても、その親結局総じて国民なら天皇家の国王こそ親です。

要するに国王の邪魔になるようなのがオヤジの類にあたり、日本国民ならお国の為にとまではいいませんが

何かと日本国の為にならなければ国民として認めてもらえないこともあるものです。

来年、日本国は新時代を迎えますが新時代こそいい世界にしてもらいたいものですね。

何かと皆さん日本人としてよい旅を。以上。

 

2018.12.25

神の生誕した今日をもってボクたちの一年戦争の手記は最後です。

この一年間いろいろな記述を続けてきましたが、要するに生まれたからには

生きていくのに困難もつきまとうものですが、いつも愛を忘れずに天国の為に生きていく。

生きる意味なんて天国行く為に決まってんじゃなーいということで、神の説法を聞きつつ

何かとこの世でも天国にいけるように生きていきたいものです。

神のいうことを馬鹿にするでなかれ。東西、人類最高栄誉賞もののお二人です。

信じるものは救われる、よい旅を。以上。

 

2018.12.26

昨日大円団を持って終了しましたが、プラスワンで最後のメッセージ。

東釈迦の時代、世界は大きく分けて4階級あります。見識も深くあらゆることに精通しているバラモン

ごく一般的な一般(なんだっけ)、才能がないとこが大きいようで小さいが体や顔があるのが

一つ有用なスードラ、まったくもって何もないのがバリア。

要はその差は才能ですが、何で違いが出るかというと結局勉強です。

勉強するゆえバラモンですが、勉強しないからスードラやバリアになります。

それゆえ昔の時代なら泣いてでも勉強を教えてくれというのが勉強ですが、勉強して頭使ってるから

才能があるという理論でもあります。勉強しないと何もないですよ。以上。

 

2018.12.27

ここでもう一年戦争は終結してますが、月の民についてひとつ。

月というのは以前いったように夜出ない日もあったり昼出てたりするゆえ、本当にガリレオあたりの理論から

計算式で行けるのか不明ですが、昔から月には兎がいるも定説です。

いうまでもないですが、地球の民が亀なら月の民は兎という意味ですが

月の民というのは我が国から古来から、よいよいと歌います。月がー出た出たーですね。

私の新たな思想では一度月の民と地球の民って接触してんじゃないかと思います。

それが西暦の始まりでもあり、もしかしたらイエスって月の民でもあるのかなぁとか。

再び月の民と接触することがあってもおそらく、いい意味のインベーダーかと思いますが

その後のヨハネの黙示録の全能者とも何か関わりがあるかもしれませんね。何かとよい旅を。以上。

 

2018.12.28

一年戦争が終結して久しいですが、もうひとつおまけ。

昨日イエスは月の民じゃないかと言いましたが、それでひとつ思想。

世には才能がある人ない人ってやっぱり分けられるなら、そもそも才能って勉強することによって開花する

みたいなことも書きましたが、もしかしたら才能を感じるとこって月の民の血も混じってますか?

要するに月の民イエスの子の末裔ですが、そもそもイエスが子を残したかは知らないですが

才能って月の民の性質なんじゃないかとか。純粋な地球人ってやっぱり頭がいいといっても

ライオンや虎なんかと同じように何か違うんじゃないかとか。月の民の血がそうさせるなら

イエスの再臨、要するに月の民の再臨に備えて月の民の血を広めるのがいいですが

才能の正体ってなんでしょうね。やっぱ血が違うんでしょうか。。。

まぁそのうち月の民も再臨して地球上に全能者も誕生するのが定説のシナリオなのでそれに備えてよい旅を。

以上。

 

2018.12.29

ここで最後に自慢話的話を交えて終焉。

そもそも学校というのは偏差値が付けられていますが、あれはIQと深く関係します。

IQが100なら偏差値が大方50くらいの学校に合格できるという目安ですが

東大あたりの偏差値75くらいがIQ150くらいが総じて集まります。

一応言っときますが、私も今までこの手記で妄想的話も含め書いてきましたが

偏差値70オーバーの学校に通ってました。別に馬鹿じゃないんですよ、私。

よい旅を。以上。

 

2018.12.30

最後にこの後登場するかもしれないヨハネの黙示録の中の全能者の方の為にもひとつ。

全能者というのはいくら全能的な才能や1000年級の寿命を与えられるからといっても

ヨハネの黙示録でも終始、人の子と記し、そもそもごく普通の人の子でもあるものです。

それが全能的な才能や寿命が与えられるなんて、やっぱりなんかこの世を創造したような真の神に

気に入られてるお気に入りなんじゃないですか。全能者が本当に今後あらわれるなら

結局は人の子であって、間違えることなんかもあると思うので、真の神のお気に入りなんだなくらいに

思ってる方がいいかもしれませんね。真の神こそ謎ですが、結構我々の世界なんてそんなものかもしれません。

とはいえ自然現象の天国と地獄に気をつけてよい旅を。以上。

 

2018.12.31

一年戦争の終結後も少し付け足して結局今年いっぱいまでかかりましたが、この世界の最後の考察。

こういうのをご存知でしょうか。いわゆる鏡の中の鏡の中のと続いていく世界です。

それを投影していると不吉なことがあるなんて聞いたことがありますが、それはおそらく私からいわせれば

この世界を7日くらいで作られモニター的に覗いてる真の神の存在に気づかせない為ではないかと。

そもそも不吉なことがおこること事態、理論としては神の封印だとかの何かの意図があってのことなので

やっぱりこれまで付けてきたように、世界なんてけっこうそんなものなんだということかもしれません。

真の神のお気に入りの全能者を代表にこの地球もどう続いていくのかは私はあまり知りませんが

何かと小市民としては神が覗いていて面白くするための流動的な法則かもしれない天国と地獄の理念に

気をつけてなにかと天国にいけるようによい旅を。

今日をもって一年戦争終結です。以上。

 

2019.1.1

一年戦争を来年まで延長して、本当に最後の難局の話。

いわゆる男と女の性の話。女性の股間の呼び名を日本國では真ん中的意味でもいうのは現代ですが

そもそも観音開きにも掛けて観音様といいます。いわゆる神の一種ですが、男としてはそんな神々しいものに

触れることはおろか棒を突き立ててズコズコなんて到底私には出来ません。

実はちょっと試しているんですが、やっぱり正味な話出来ません。いわゆる言い伝えの神

ヨハネのところの全能者も処女を好むという言い伝えも、以前いったように経験のない処女を好みますが

別にやるわけでもなく処女のまま置いておいて歌でも歌って遊ぶのが好きなんじゃないですか。

まぁ総括すると男と女の性交渉なんて快楽をもって仕掛けた真の神の罠ですが、それで以前いったように

神なり神々が流動的な人間のこの世をご覧になって楽しまれてるかもしれませんね。

ヨハネのところの全能者なんて真の神のお気に入りみたいなもんだといいましたが、全能者を代表に

自然現象としてルールを定めた天国に行きたければ、はっきりいってやらない方がいいかもしれませんね。

東釈迦の説法でもそういうものはいけないことが定説ですし、まぁ神が男と女の二種族作ったのも

やっぱり世界をご覧になられて面白くする為でもあるのが真相かもしれないですねなんて思います。

我々人間一人の力なんて結局なんもないみたいなもんです。

とはいえ個人レベルで世界の法則の地獄に落ちて焼き殺されても面白くないので

何かと善徳をよしとするのがいいと思います。今度こそ最後の話として一年戦争終結です。以上。

 

2019.1.2

これで本当に本当に最後の話。

我々はみんな生きています。生きている以上生命力のある強く、明るく、元気でなんでも自分の力でやろう等

総じて元気すぎる方が天の才能です。それとは逆に生命力がないゆえ、弱く、暗く、病弱ですぐ徒党を組みたがる

なんて総じてなにもない方ですよ。当然再三つけた全能者、神の話も神は1000年級の生命力があるくらい

生命力も抜群です。神の方が1000パーセント天才で、生命力のない方がはっきりいって馬鹿ですよ。

世界の姿もそもそも生命力の強い番長連中が世界の中心で、生命力のない根暗な連中が陰でこそこそなんてのが

世界の姿ですが、それで生命力の強い番長が生命力のない根暗をいじめて鍛えてやってるなんてのも

昔から定説ですし、根暗が前に出てきて歌えば番長もなにがいいたい根暗なんてのがそもそものような気も

する中、なんか最近の芸能って根暗が多い傾向に見えますね。

生命力の強い明るく元気な方が神とかけても天才ですよ。当然私も元気です。これで最後。以上。

 

2019.1.3

これで本当に本当に最後の話。

我々当然みんな生きている以上、生命力こそ全てです。

要するにエネルギーですが、エネルギーがものすごい象徴して筆頭なのは当然太陽です。

太陽というのはものすごいエネルギーしているゆえ、ものすごい輝いています。

結局真理をつけば、ものすごいエネルギーしてるからこそ光を放ち輝いてます。

逆に生命力がない方が死んでいる世界、魔界や死界なもんですが

はっきりいって生きている以上生命力が全てです。元気なのがなにりより。死んでしまってはなにもない。

以前いったように神も生命力がものすごいゆえ神です。それゆえ神を太陽に掛けます。

みんな元気にがんばりましょう。元気こそ全て。以上。

(追記:食べることこそ元気の源の神道、女は逆に生命力の減退する魔道、死道なのをお忘れなく)

 

2019.1.4

昨日で最後の話でしたが、もうひとつ最後に世を生きる上で重要な話。

我々も自然の中で暮らしている動物なのはいうまでもないですが、自然の掟というのをご存知でしょうか?

自然の掟というのはいわゆる弱肉強食です。当然なにが弱くてなにが強いかは才能意外あるわけないですが

はっきりいって才能のない弱者が才能の強者に抗うというのは、いわゆる掟破りで自然にたたられます。

三国志の話で中国全土に鳴り響くほどの才能の持ち主の関羽を名もなき才能のない将が斬り倒したことによって

才能のない名もなき将はたたられるように死んだというのもあながち馬鹿な話でもないです。

才能とは目に見えないものですが、才能のない人が才能のある人にはあまり逆らわない方がいいですよ。

自然の摂理です。人間も所詮動物、弱肉強食の法則には逆らえないことをお忘れなく。以上。

 

2019.1.5

最後の手記として今後の私の運勢を占ってみて終了しようかと思います。

そもそも占いといえども昔なら易学というれっきとした学問ですが、易学を活用してみれば

世界の極東、日出ずる国、神の島の田上一族であり、誕生月が77年12月3日誕生となかなかいい易してますが

名前を英語表記してみるとYUSUKE TAGAMI 77/12/3 となんの運勢かなぁなんて思います。

結構神々しい運勢してんなぁとか思いますが、現在今だ鳴かず飛ばずですが、今後に期待したいところ。

以上をもって終了したいと思います。これからも皆さん応援よろしく。以上。

 

2019.1.6

最後におまけの話。

私の属する田上一族、大方太陽の一族も定説ですが、現存する一族には大きく分けて2種類ありますが

ここでは、勝ち続けて生き残った種族の末裔と逃げ続けて生き残った種族の末裔と記した上で

私の田上一族も大方勝ち続けすぎて生き残った豊臣家の末裔かもしれないなぁなんて妄想も以前しましたが

まぁどうしても勝ち続けて生き残る家と逃げ続けて生き残る家の2タイプがどうしてもあるのも世の常かも

しれませんね。最後のメッセージとして、逃げちゃダメだ。と記して以上。

 

2019.1.7

最後の最後にここだけの話のおまけの話。

世は1000パーセント才能です。時々、顔といわれる人がおられるが、何もわかってないです。

80年代に私も愛好するキン肉マンという漫画に実力者の喧嘩マンが荘厳なネプチューンマスクを被って

実力がないだけでワーキャーいわれるアイドル超人のマスクを狩っていくという話がありましたが

そのマスクというのがいわゆる顔なんかを作る道具だといわれてましたが、私はおそらく本当だと思います。

顔なんて道具で作って芸能をやってたりするものです。まぁ結局は才能です。

真の実力者が報われる日が来ることを願って、よい旅を。以上。

 

2019.1.8

最後の世の真理の話。

世というのは光と闇、プラスとマイナス、火と水、総じてバランスのとれた均等な世界です。

それゆえ男は女より強い分あの世では不利なこともあり、おんなは有利なこともあり

いじめればいじめるほどあの世では地獄に落ち、いじめられればいじめられれるほど天国に昇ります。

要するに世の中収支が0の世界であり、貯金もなければ借金もない、それが真理です。

生きているからこそ生きているのであって、勝ち続けるなんて所詮不可能です。

儲ければ儲けるほど損害も出、貧しければ貧しいほど富みます。

結局損害を受けるとは地獄であり、富むとは天国かもしれませんね。

常にバランスのとれた世界。それが世です。

世で生きる以上いいことがあれば悪いこともある、悪いことがあればいいこともある。

それをお忘れなきよう。。。あなたが天国で楽しむか否かは結局は運命しだい。よい旅を。以上。

 

2019.1.9

思い起こせば数十年前、昭和の時代は確かに漢の時代だった。

しかし平成になってどうだ。なにかと女々しく卑怯なんではないだろうか。

私も人のことは言えないが、今こそ神の名を高らかに叫ぶ時ではないだろうか。

ゼウス。要するに是ウスであるが、神の名を何か勘違いされてるのではないだろうか。

世界を悪魔にでも売り渡したのなら今こそ魔王を討つ時である。

一年戦争の終結の記念日に魔王討伐を宣言して終了したいと思います。以上。

 

2019.1.10

本気の最後の最後の話として世の男女の真理の話。

軽く国でも検証してみればすぐ分かると思いますが、いわゆる男女の真髄、性交渉はやればやるほど

きれいな体とは逆の腐ります。当然腐るから地獄落ちの行為ですが、それゆえ男女自体を考察すると

世に男と女の2種族を世界を作られた神からすると、例えば自然界にある原始的なトラップの崖なんかの

上級のトラップにあたります。世には原始的なものから男女みたいな上級なものまでトラップも多いですが

トラップに引っかかってると、知能の低いアニマルのように総じて結局地獄に落ちる理念でもあります。

われわれ人間もトラップを作ったりして軽く地獄に落としたりしますが、神も総じてそうなのをお忘れなく。

結局は世の神や人の作るトラップに気をつけてよい旅を。生きてるからには天国が全てです。以上。

 

2019.1.11

最後のとどめの考察。

我々人間を例えばミカンに例えてみれば、腐ったミカンこそ我々人間は焼いて捨てます。

要するに我々がミカンなら神に焼いて捨てられる、要するに地獄に落ちるんですが

それとは逆に綺麗でおいしいミカンこそ神に食べていただく、要するに神と同化してるみたいなとこもあり

総じて神的な神の一部みたいなもんかもしれません。その結果が神と同化してるゆえ天国みたいな理念でも

ありますが、以前記したとおりこの世界を創造された神なり自然的な神なり神というのはこの世界に

絶対あるものであり、神を主体とした思想のもとの世界作りこそが絶対いい世界に決まってます。

腐ってるなんて総じて結局神に焼いて捨てられますよ。お忘れなく。以上。

 

2019.1.12

締めくくりの話として、我が日本国のことを多少ひとつ。

そもそも100年くらい前の我が国は、我が国の誇る天才作家、夏目漱石や芥川龍之介の

我輩は猫である。が大ベストセラーおこすような、軽くなんていうか、我が国の国民性でもあります。

芥川は軽く病んでましたが、軽く闇がかった表現で蜘蛛の糸なんてのも定説です。

要するに我が国の先人なんて当たり前のように当然神も信奉し、それでいてなんていうか漱石のような猫のような

別に怠惰でもなく、要するに徳作り主体の国民性ではないかと思います。

前にも記しましたが国家をあげてご唱和を願う国ですし、つい昨今の我が国は何か

間違ってんじゃないでしょうか。当然天に昇られたご先祖様からいわせてもどういう人物像を好んで

才能を貸し与え天才であるかという話でもあります。いわゆる神童教育でもありますが

まぁ私はアメリカのいう教育も否定はしないですが、そもそもの我が国の神童教育の方が

いい理念でもあり確かと思ってんですがね。今後の我が国を憂いて以上。

 

2019.1.13

最後の最後の話として、釈迦のとかれる自分のしたことが自分に返ってくる因果応報ですが

その理念の検証は私が思うにわが日本国としても昭和以前に国家で検証してんじゃないかと思います。

短的にいえば総じて人を幸せにしてる人は幸せに生きてるし、人を不幸にする人は不幸なものです。

その検証がおそらくほとんどどころか1000パーセント結果として出るので

その後釈迦の教えのもと国家で昭和を掲げたんじゃないかと思います。

はっきりいって現代でもどうなのかは知らないですが、軽く国家でサンプル的に検証してみれば

おそらく1000パーセントそうでるんじゃないかと思うんですが、そんな中釈迦の他の説法あたりも

おそらく1000パーセント検証してみれば本当だと思います。

最後になりましたが、神のいわれることを馬鹿にしない方がいいですよ。信じるものは救われる。以上。

 

2019.1.14

最後になりましたが、神の神生のまねをすることについてひとつ。

時々現代でも神様の真似をして生きているという人もいますが、神様の生き様をひとつ解説しておくと

音楽、酒、処女ですが、それは神社の巫女のように若くて綺麗な女性の処女をつかえさせて

綺麗なエネルギーをいただきつつ、酒で身を清めつつ、音楽で心の健康をたもち

神様は笑いの神というところから普段は人を笑わせたりして人を楽しませ幸せにしてる分

自分も笑って楽しく幸せに生き、結局あの世でも善徳の愛で天国にいこうという

まさに最高の生き様をするのが神様ですが、その神様に習うのは非常に有用だと私も思うのですが

あまり間違った読解しない方がいいですよ。要するに神様というのは幸せなんです。以上。

 

2019.1.15

一年戦争終結の最後の総まとめの話として

要は神のいわれることは腐るから地獄に落ちます。

心に魔を持つこともそうですが、肉を食らうのもはっきりいって身も心も腐ります。

あと性のことに関してもいわゆる穴に棒を入れる行為が自然科学的なもので

穴に棒入れてたら蛇が出るといわれるように、腐ります。

結局は欲望みたいなものから腐る行為も多少するものですが

逆に清める方法として、当然太陽の光を浴びることもそうですが、ほどよく酒で身を清め

あと心には愛を持っておくのがいいかもしれません。

要するに綺麗だと何かと軽く天に昇り、腐ってると何かと重く地獄に落ちるという理念じゃないかと思いますが

おそらく神の説法なんてそんなものだと私は思います。

要は腐っていてはダメだということで、そりゃ綺麗な方がいいですよということです。

それゆえ何かと健全で健康で綺麗な方がいいですよ、結局は。

最後のしめくくりとして一年戦争終結したいと思います。長い間ありがとうございました。

これからもサイトともどもよろしく。以上。

 

おまけ

私を含め私の一族は田上一族、読解すれば太陽王一族みたいな王族でもあるところあります。

太陽王一族の筆頭的であろう私こそキング的なとこあると思いますが

片や芸能でも出川とか軽く馬鹿みたいな基地外一族に負けるわけはないですが

結局は古来から名が体を表わし、漫画でもネームによってストーリーが作られます。

名前選びは重要ですが、やっぱ私の名、田上雄介はキングですか?w

よっぱらいのおまけ話でした。以上。

 

 

 

2018 DIARY ボクたちの一年戦争

1月上巻

2018.1.12

今日から新しくフォームを一新してこちらに記述していくことにしました。

過去のログは倉庫に置いているので、見たい人はそちらに行って見てください。

それでは気分も一新して、出来るだけ面白く有用なことを書いていこうと思いますが

相変わらず気まぐれ的に自論を説いてみたり、近況を書いていくと思います。

それではみなさん、改めてよろしく。

 

2018.1.13

過去ログの方にまわした2014から2017の日記的手記ですが

実は2017の7月頃から年末あたりまで、このサイトの桶狭間と称して神のことを中心に

有益な自論を展開していったんですが、内密ですが訪問者数もやや増えたかなぁってとこです。

結局このサイトも、そのうちCM流して商用的に展開すると思いますが、有益な情報を含め

出来る限り楽しめるサイトをめざします。それでは皆さんよろしく。

 

2018.1.14

ここで先行して真の天才の理論を一つ。

そもそも世の中はありとあらゆるものの存在と相互関係で出来ている、いわゆる釈迦の森羅万象ですが

真の天才とは、その命の誕生が森羅万象の中において誕生した命が存在、相互関係が天にあたるゆえ天才です。

それゆえ天才の発言や挙動がぴったりはまるなんてことはしばしばだと思います。

当然、天の存在ゆえ相互関係的にも自然と能力なんかも、いわゆる天才的になるのも当然だと思います。

はっきりいって私も天才一派の一人なんじゃないかなんて自惚れていったりしますが、皆さんよろしくw

 

2018.1.15

先行してせっかくだから森羅万象のことから一つ。

あなたには世の中に嫌いな人いますか?はっきりいってその人はその人があなたに何かするから嫌いなのであって

その人に似ているから嫌いなんてたまったもんじゃないとも思いますが

結局あなたなり、嫌いなその人なり、その人に似てる人なりその相互関係でなりたってる森羅万象の世ゆえ

結局はつき詰めると自分のしたことが自分に返ってくる、いわゆる因果応報の理屈もなりたつと思います。

神とも称される方を馬鹿にしない方がいいですよ。徳のある言動をおすすめします。

 

 

1月下巻

2018.1.16

先行して次々手記を付けていますが、ここで世界規模の嘘か真かの衝撃的話。

皆さんギリシャ神話やローマ神話、エジプト神話をご存知でしょうか?

通説によると全部同じ話で、いわゆる文字通り神のお話を小説的に描いたものです。

あと聖書なんかにヨハネの黙示録に登場する、そのうち世界を統治する全能者だのがありますが

要するにもうすぐ世に伝説の神が登場するなんて、嘘か真かな話でいわゆる、何かと主人公的に

歌われたり描かれたりしているのが自分がそうじゃないかという、それ俺じゃないか派閥w

かくいう私も多少なんとなくそんなことも思ってたりする、それ俺じゃないか派閥の一人であるようで

結局、俺じゃなかった、ぶべっ。的な話も次々と登場するとは思いますが、結局どうなるかちょっと期待してます。

お楽しみに。

 

2018.1.17

先行して付けてますが、ふと私はなんだと問い直してみました。

当然今現在、このサイトで絵と音の二刀流でアーティストとしてがんばっていますが

そもそも私、スポーツなんかをたしなむ中量級の格闘家みたいなきらいもある感じだった記憶もありますが

格闘家の線なら今現在、100キロ超級の柔道家といったところでしょうが

絵や音の芸術をたしなむとこが、軽く日本の武蔵派閥かなぁなんてw

あんまり自慢話はよしときますが、やっぱどっか入れないですか?連絡お待ちしておりますw

 

2018.1.18

先行してあくまでネタとしての軽い妄想話を一つ。

我が国は戦国の世の終焉に東徳川、西豊臣の全土を二分して合戦し、今現在も勝利した東徳川の世なのは

ご存知だと思いますが、世も世なら西の豊臣の世なら豊臣の末裔の名が中田説も聞いたことありますが

実は私の名、田上なら結構、西に遷都とした広島の豊臣の末裔として皇族だったかもしれないなぁとか

いってみたりするwはっきりいって私自身の都合からすると秀吉勢が勝ってた方が都合が良かったですが

敗れた秀吉勢だって有能なものだといってみたりして今日の手記はこのへんで。

 

2018.1.19

先行して先にちょっと記述しましたが、体に取り入れたらいいと思うものの検証を一つ。

そもそも代表的にアルコールなんて体に入れたら酔っ払うのは当たり前ですが、先に記述した油なんかも

体に取り込むと余った油売り出すんじゃないかとか、水は当然体のほとんどが水なので何かしらいいだろうし

炭酸なんかのガス類も体に影響を及ぼすだろうし、考えてみるといろいろありますね。

意外なとこ検証していくと絶対体にいいもんとかありそうですよね、たとえば果汁とか。

一度誰か人体にまつわる食の解説本とか書いてくれないかなぁ、絶対決定版になりそうですが。。。

 

2018.1.20

唐突ですが、人は皆同じなんて偽善的なのか何なのかをいわれる方がいる。

私からいわせれば、そもそも神の釈迦あたりでも人の世をキャラクターなんかにして表現してるのを

ご存知でしょうか?例えば有名どこではシヴァだとかガネーシャだとか。

はっきりいって私は神も言われるようにむしろ皆違うと思います。

そりゃ人間という点は同じですが、あんまり偽善的なことはいわない方がいいですよ。

p.s.私は釈迦の例えだとガネーシャかなぁ。。。

 

2018.1.21

いつぞやの未来日記的に先行して記述していますが、ちょっと過去ログを見返してみたんですが

12月頃とか内容を詰め込みすぎで自分でも読み返してるとめんどくさくなってきますねw

もうちょっとあたりさわりのない雑談を交えて展開していこうと思うんですが

ちょっと笑えるような展開にしていこうとも思います。

よろしく。

 

2018.1.22

実はこれを付けてる現在、18日の深夜でガンガン先行して付けてますが

なんとなく氷室京介の音楽聴いて過ごしてたんですが、なんか昔、熱烈な氷室ファンだった頃を思い出しました。

そもそもヒムロックは中学生の頃BOOWYなんかにはまって聴いてたんですが

その後94年あたりのSHAKE THE FAKEツアーあたりで恋い焦がれて見に行ったのを覚えてます。

その時、音の迫力もあって氷室さん見た時恥ずかしながらなんか泣いちゃったの覚えてます。

なんで涙なんか出たんですかね、今覚えば純情な少年でした。

 

2018.1.23

もうちょっと氷室さんにまつわることを思い出したので先行して付けたいと思います。

今思っても氷室さんの歌はBOOWYの頃が最高だと思いますが、高校時代あまりに熱狂しすぎて

自分のテーマソングを「やーる気がないだけさー♪」で始まるON MY BEATをテーマソングにしてみたり

勢い余って「やっちまえ今すぐー♪」のSCHOOL OUTを実際やってみたり、馬鹿でしたw

その後私の歴史は95年末のアンソロジーの放送でビートルズ、特にジョンの影響を多大に受けますが

ジョンにまつわる話はまたいつの日か。

 

2018.1.24

影響を多大に受けたBOOWYが出たので、高校時代もう一つ影響を受けすぎたアルバムを一つ。

それが何かと尋ねられたならばZIGGYのオーダーメイドですが、はっきりいってオーダーメイドのベスト盤

一枚だけなら、BOOWYも上回るんじゃないかというくらい非常に影響を受けました。

ソングライティングのギターの人(名前忘れた)もセンスありありですし、ヴォーカルの森重氏の作詞も

「ダイヤモンドの眩い光よりまどろみをくれー♪」や「光の渦の中ー♪」とものすごい破壊力あるはずです。

はっきりいって聴いてみりゃ分かりますが、大げさに言うならば日本のロック史にかかせない

アルバムの一つだと思います、ほんと。ロック好きは是非。

 

2018.1.25

影響の受けたロックのこと書き出したら結構きりないですが、ついでにもう一つ。

高校時代、今も現役のLUNA SEAあたりのヴィジュアル系にも影響受けました。

LUNA SEAはファーストこそはまりましたし、今もファーストが最高だなぁと思いますが

決まって名アルバムはソングライティングも当然ですが、隆一氏の詩もすごい。

「ラララ 今は狂っていたいー♪」だの「足のない二人が微笑みながら近づき女神が気をつけろと笑うー♪」だの

まさに狂気みたいな世界を描いてるLUNA SEAの才能を感じずにはいられない作品です。

はっきりいって隆一さん、あの頃どうだったんでしょうね、私も人のこといえませんが。。。

 

2018.1.26

絵と音の二刀流でやってる割には音の話の方が多かったので、絵の方、特に漫画の話を先行して一つ。

まぁなんにつけてもキン肉マンですw

その後のDRAGON BALLなんかも当たり前ですが、キン肉マンがこの世になかったら今の私はいないと

言い切れるほど今現在にもいえるくらい影響をうけました。

キン肉マンブームの頃はみんなでキン消し集めてキン肉マンごっこも当たり前でしたが

とにかく作者のゆでたまごの哲学がいい。キン肉マンというのはどう争っても最後は仲間になるとここそ

重要です。それこそまた神の説法じゃないが、みんな地球の命であり人間なので当たり前だと思います。

とりあえずの終了の際のキン肉マンのブッチギリのパワーの表現に感動したのを覚えてます。

やっぱり死ぬまで私のもう一つのバイブルです。

 

2018.1.27

調子にのって1週間以上分くらい先行して付けてますが、もう一つ絵、漫画の話。

キン肉マンこそ私にとって当たり前すぎますが、もう一人。当然鳥山さんですね。

鳥山さんのドクタースランプの頃から素敵な世界観を描き思想しますが

ドラゴンボールの孫悟空の表現こそ漫画史に残る金字塔ですね。

まだちっちゃい悟空が世界を牛耳ろうとするピッコロ大魔王に「おまえいったい・・・」と言わせるとこなんか

ヒーロー漫画の王道だと思います。世界的凶悪私設軍隊、レッドリボン軍に一人で単騎突入し壊滅させるとこには

少年ながら胸が踊りすぎました。私はいつか鳥山さんに会うことがあったら鳥山さんに私は鳥山チルドレンですというつもりですw

 

2018.1.28

唐突ですが、絵と音の二刀流のアーティスト活動を90年代からやってると公表してますが

ちょっといいわけがましいこと言えば、私、高校中退後、専門学校にも少しの期間行ってたんですが

その後、ちょっとブラブラしつつギター弾いたり絵描いたりでしたが、その後いわゆるフリーターの期間も含め

サラリーマンやってた期間が5、6年あります。その期間ははっきりいって稼いだ金で遊ぶだけで

あんまギターも触ってなかったし絵もかいてませんでした。はっきりいや90年代からアーティスト活動してる

なんて嘘っぱちに近いですが、はっきりそういった方がいいかなぁなんて思っちゃたんでw

今となってはアーティスト人生送りたい所存ではあります。

 

2018.1.29

雑談が続きましたが、先行してまた偉そうなことでも言い出せば

あなたは生きたいですか?死にたいですか?

はっきりいって突き詰めればそこに行き着きます。なぜかというと、生きたければ自分のやったことが

帰ってくる因果応報の理屈を潜在的に分かってそんなことして自分が殺されたくないし、ましてや

地獄で焼き殺されたくもないはずです。なんかそういう人は潜在的に死にたいという自殺願望でもあるのが

突き詰めれば世界もそうですが、家、特に生まれてこの方の親なんか重要すぎると思います。

親なら世の中が楽しくてまだまだ生きたいと思わせるような親になりたいものです。

 

2018.1.30

時の流れの速さを感じずにはいられません。

いつぞやセガのメガドライブが16ビットの高性能を謳い文句売り出して久しいですが

最近の一般的なパソコンってプロセッサにトランジスタを10億積んでます。

要するに10億ビットのはずですが、こんな、んなアホなー的話が現実です。

メガドライブで分かりにくければ、いわゆるファミコンが8ビットだったはずです。

性能が段違いすぎて恐ろしいくらいの日進月歩です。

んなアホなー。(本当です。間違ってたらすみません。)

 

2018.1.31

昨日の話からついでに、今現在の一般的なパソコンが10億ビットの性能とすると

80年代の一般的なゲーム機とはいえファミコンやメガドライブが8ビット、16ビット?

じゃ、さらにさかのぼってアポロが月面に到着したなんて時のコンピューターの性能って

どのくらいだったんでしょうか。はっきりいって月面到着できますか?

はっきりいって嘘だったんなら世の中嘘が多すぎて困りますね。。。

というより真の月の姿が気になります。やっぱなんかいますか?w

 

 

 

 

2月上巻

2018.2.1

先行しすぎてまだ1月中旬なのにもう2月の日記ですが、ここでホラー的ほんとの話。

やまびこって知ってますか?山に登って向こうに見える山にヤッホーとでもいうと

向こうの山から自分の声でヤッホーって帰ってきます。私も昔子供の頃実際やってみたので本当ですが

声がはね返って返ってくるんなら、学校の校舎にでもヤッホーっていったらはね返える?

要するに山って何か、何かいるのか、はっきりいって私も詳しいこと知りませが

なんかよく分かってないことも多いんじゃないかと思い直します。

人類の歴史はまだまだですね。

 

2018.2.2

ここで、ここまで再三してきた神の悟りの総括。

要は前も書いてますが、皆地球の上で生まれた地球の子だということです。

地球という命から誕生し進化し分類し増えていきましたが、みんな地球の子です。

それゆえ同じ地球の子にしたことが同じ地球の子の自分にも返ってくるという釈迦の因果応報ですが

そこを悟ったとこから全てを悟られたんだと思います。

私もその理念に世界が狭くなり、釈迦のキーワードもあったからこそ軽く悟りましたが

それこそ2000年ほど前のおそらくテレビも何もない世界でそこに気づいた釈迦はでかいです。

我が国でも釈迦のデカさを奈良あたりに大仏として描いてます。

はっきりいって私ももう一度奈良に行って見てこようと思います。みなさんもどうですか?w

 

2018.2.3

ここで先行して絵と音、二刀流でやるこについての有用性を一つ。

そもそも二刀流でやってると間口が広がります。絵から入ってもいいし、もちろん音でも結構です。

それに加えて、絵の表現に加えて音、音の表現に加えて絵を表現することによって

表現の幅が非常に広がり、かつ鮮明になります。アーティストとしてやっていくには有効だと思ってます。

結局ビジネスとしては絵はポスター販売やアナログ絵の販売、音はアルバムの販売といったところですが

売り上げとしてはまだまだ全然すぎます。皆さんよろしくおねがいしますw

 

2018.2.4

唐突ですが、私はその昔いわゆるお勉強の出来るタイプでもありました。

しかしながら当時は詰め込み教育的に詰め込んで、あまり勉強が意味をなしてなかったところがありますが

歳をとって勉強とは、芸術なんかと同じように心の豊かさを育むためにするものだと気付いた時

勉強の有用性がわかりました。いわゆる国算理社、四教科ともども何かと心の豊かさを育むものでもあります。

勉強するって楽しいですよ。

 

2018.2.5

ここで新渡戸稲造以上の武士道の解説をオリジナルの読解で一つ。

そもそも武士道とは天国に行けることが確定してることが最大の条件です。

その為、ここで死のうとも正しい理念の為に戦って、いっそ死んで天に登ることこそ武士道です。

その為、編み出すためには日常で天に行く為、徳を積むのには礼も必要でしょうし、いざという時の為にも

丹を鍛えます。あと追記ですが、武士道を編み出した武士はあまり生に執着しません。

それゆえ性にも執着しないと出ます。生、性に執着するのこそなんもないともいともいいます。

我が国の心をまた武士道にしてみるのもいいとも思いますが。。。

 

2018.2.6

体なんかは大きさや強さの違いは見りゃ分かるとこありますが、頭の良し悪しはなかなか分かりづらいことも

あるようで、要は頭がいいとは、聡明です。自然の中で頭がスーとして透き通るように頭がいいから

簡単な計算をさせてもガンガン正解を出してiQなんか高い値も出るし、視界も広く先を見通せるのも

頭がいいからです。頭が悪いとはそれの反対ですが、はっきりいって頭の良し悪しをいうと怒る人がいますが

要は頭の良し悪しとはそういうとこで、体の強い弱いと同じニュアンスです。

頭の良し悪しが知りたけりゃ、やっぱIQ測定とかがてっとりばやいんじゃないかと思います。

 

2018.2.7

以前最近のパソコンは10億ビットの性能があると、メガドライブの16ビットと対比させて

とんでもないこと書きましたが、要はメガドライブは表現の色数なんかが16ビットだそうだので

要は性能としてはもうちょっとあるそうです。

実はあんまりコンピューターのこと知ってるようで知らないなぁと浮き彫りになりましたが

勘違いした人はすみません。以後気をつけます。

 

2018.2.8

声の話ですが、総じて上にあがってる方と下に落ちてる声ってあると思いますが

スラング的に上にあがってる方は歌が好きです。方や下に落ちてる方はシモを好むそうです。

それを歌が好きなのを子供、シモが好きなのを大人ともいわないと思います。

いつまでたっても歌が好きでありたいし、私は個人的にあまりシモは好まないとこもあります。

結局人それぞれだと思いますよ。

 

2018.2.9

世の中にはいろいろなことを型どった競技があります。

その中の一つ、ボーリングにこそ世を写す真実が隠されてたりします。

10本のピンをたおしてもたおしても倒しきれず立ち上がってくる。

そこにこそ世の真相があり、決して全てのピンを倒しきるなんてのは不可能だという哲学が含まれてます。

はっきりいってボーリングなんて、私は参加しても投げないなんてのが正解かもしれませんねw

 

2018.2.10

まだこれを付けてる現在1月ですが、次々先行して付けてはいますが

また手記が理屈っぽく哲学的なことが多くなってきたので、読み返してたらめんどくさくなってきましたw

すぐめんどくさくなることをいう癖なんてなかったはずですが、毎日一つ有用なことを、と思うと

なんかすぐ理屈っぽくなるので、もうちょっと今日はこれが美味かった的なことを交えていこうと思います。

やっぱ笑える方がいいですか?ご意見ご感想などもメールで受けつけてますw

 

2018.2.11

世の中はまだ間違ってるでしょうか?

先にも付けたことですが、我が国でも東の釈迦を讃える奈良あたりの大仏は国宝です。

大仏を建立した我が国のおじいさん、そしてそれを国宝指定したお父さんたち

世界の至るところで西のイエス、東の釈迦を信奉するものがおのおのの国で国宝です。

要するに世界のいたるところのお父さんがイエス、釈迦、総じて天国、地獄のことを教えてるのに

残された現代の子供の我々はお父さんのいうこともきかない馬鹿でしょうか?

真相究明を是非聞きたいところです。

 

2018.2.12

昨日の国宝の話で、世界のいたるところの国宝が政治利用ではないということについての証明。

そもそも昨日の話にもあるとおり、我が国を引き合いに出せば、奈良の大仏は1000年単位で前のことです。

その1000年単位もの期間、建立から国宝と指定するまでの現代まで、あらゆる時代で閣僚が政治利用してきた

のでしょうか?しかもそれが我が国にとどまらず世界規模のあらゆる国です。

それが本当なら1000年単位もの間、世界のどの国からしても神にまつわることは政治利用に使うのがセオリー?本当?

裏を返せば神のいわれることが本当だからだ、と私は思います。

 

2018.2.13

もういよいよ大詰め。最後の神のいわれる信憑性の駄目押しです。

おとつい、昨日と付けてきて、それでも神のいわれることはデタラメだが、どこの国でも政治利用するのが

セオリーというのなら、世界の歴史、特に今の世界を見ても分かることが一つ。

政治利用のために神を利用するというが、神のために国家で戦う国も歴史を見れば多数のはずです。

そういう我が国も先の大戦、やっぱり神のために国家で戦ったんじゃないかなんて思うとこもあります。

それこそ先の昭和、唱和の話のように。結局は自分自身のことですが、私は信じます。

信じるものは救われる。。。

 

2018.2.14

久しぶりにゲーセン行ってパンチングマシーンやってきたんですが

ソニックブラストマンの新しいやつでしたが、記録がMAXで197だったと思います。

ランキングには9位あたりに入ったはずですが、あれ、店舗ランキングですか?全国ランキングですか?

全国ランキングなら私もたいしたもんだなぁ。記録のYUS、あれ私ですw

また今度鍛え直して挑戦してみるつもりです。

 

2018.2.15

ここで神についての余談ですが、伝説によると神の登場も間近といわれてることもありますが

その神について時々、神の顔は酷いなんていう人がいる。何を参考資料にされたんでしょう?

そもそも神の姿を描いた神話のゼウス像にしても、あと漫画家の手塚さんなんかは神のアトムを

かわいらしい少年的に描いてますが、そもそも私は神が醜いなんて聞いたことがありません。

一応神話やらを中心に資料を元に想像された方がいいと思いますよ。

 

 

2月下巻

2018.2.16

また私自身のことながら気づいてみれば私自身でも驚くような自慢話になれば

世界も広く天下に覇を唱える強豪も数多くいれど、私も天下に覇を唱える強豪に負けていない一派の一人だと

思うんですが、気づいてみればとりあえず常人の3倍の能力のあるシャアくらいいってますか?w

仏道にそえば腕が6本ある阿修羅といったところでもあるんでしょうが、やっぱりこの先、世界規模で

天下を掌握するのは伝説の全能者といったところになってくるかもしれませんが、一応私も名乗り上げて

みようかなぁとか思ったりしますw

はてさて伝説は本当か、現代に生きるこの世の楽しみですね。

 

2018.2.17

ここで大昔書かれた神話の話ですが、神話といってもその土地の先祖を題材にしたわけではなく

これからおこる話としての一般的な確証として、ギリシャ神話、エジプト神話、ローマ神話.

代表的な神話、全て同じ話だといわれています。要するにギリシャやエジプト、ローマが同じ人を

祖にしてますか?って話ですが、私はおそらくこれから登場するのだと思います。

イエスの聖書のヨハネの黙示録でいうところの全能者です。

私も名乗りあげてみようかなぁと先にいいましたが駄目ですか?w

 

2018.2.18

いろいろと先行して付けていますが、ここでちょっといってなかったですが

これまでの20年に及ぶであろう絵と音の二刀流の活動の集大成を発表してます。

絵の方はartのコーナーでプレイリストにして、音の方はITUNESでアルバムにして発売してます。

絵、音とも20年に及ぶ活動のベストセレクション15作品でつづってます。

是非見てってください。

 

2018.2.19

我が国の歴史には朝廷の将軍や天皇が統括する世が全てなようで、いわゆる一般的な武闘派層

いわゆる武家が席巻した世があるのはご存知でしょうが、一応解説しとくと鎌倉時代の

2大武家集団の源氏や平氏とかが結局幕府開いて統括しましたが、さて現代はどうでしょう。

当然国王や貴族が治めているようで、なんか最近武家も強い傾向にあるのはうすうす感じていますが

そこで私の家ですが、うちってどっちかなぁと思います。将軍派なようで武家みたいなとこもあります。

なにかと私はセンター寄りなとこが多いです。

 

2018.2.20

またソニックブラストマンのパンチングマシーンに挑んできました。

今回は前回を上回る205ポイントが出ましたが、月間ランキングが面白くない。

現時点で月間14位ランクインでしたが、そもそもあれ店舗ランキングでしたか?

私かなり腕自慢ですが、なんかランキングが面白くないです。

トップの240オーバーなんて誰が出したんだ。化けもんかw

 

2018.2.21

ここで指針をしっかり出しておこうと思うんですが

もうかれこれ5、6年サラリーマンやってた時期を除けば、20年くらいアーティスト歴があって

アーティストとしては中堅ですが、今後20年も出来ればアーティスト業一本でやっていきたいですが

どうしても生活に困る時はバイトなりなんなりですが、私の人生、私の好きなように描きたいと思います。

あと、金がないなりに、生涯の伴侶なんてのもいれば十分です。そろそろ立候補がいれば是非w

 

2018.2.22

先日complete best A.D.2018が出て久しいですが

オリジナルニューアルバムの製作を地道にやってます。

今回は私の母校をなんとなくモチーフにした「修道(仮)」ですが

いろいろと学校生活にまつわる歌を集めて製作しております。

今年中には発表できるかと思います。お楽しみに。

 

2018.2.23

突如昨日の夜頃からサイトがダウンしてバグってましたが

なんとかいろいろと取り付けて復旧しました。

実はサイバー攻撃かとも思い警察にも相談したんですが、結局どこが悪かったのか

よく分からないですが、おそらくドメインの関係だったのかなぁとか。

もうちょっとコンピュータのことにも詳しくならないといけないかなぁと思います。

 

2018.2.24

自宅でドラム叩いてます。ミニドラム。

スティックを持って軽快に叩いてると楽しくなってきますね。

CDに合わせて叩けばより楽しくなってきます。

音が多少大きいですが、昼間ならなんてことないです。

今度スタジオのドラム叩きに遊びにいくのもいいかもしれない。

 

2018.2.25

長期間製作にとりかかっていた音のニューアルバムですが

本日ようやく一応の完成になりました。

なかなか面白い出来じゃないかと思いますが、発売は卒業入学に合わせた

3月末日を予定しております。

音のファンの方は楽しみに待っていてください。

 

2018.2.26

久しぶりに体重のことを付けておきたいと思います。

ついさっきの測定で170センチ110キロと出ました。

はっきりいって身長をもう10センチくらい引き延ばせればしっかり大巨漢だと自負しておりますが

私の場合、上からハンマーで殴られでもしたように、170程度の高さゆえ軽くタンク的です。

パワーは半端なしと自負しておりますので、試したい方は是非w

 

2018.2.27

いまいち妄想の域を出ない神の考察ですが

またなんか理論を考えてみれば、そもそも東の釈迦は死後の世界へ渡る前に三途の川を渡るという。

要するに3又の川ってことでしょうが、要は1か0あるかないかじゃなく

その中間の要素、要するにデジタルでは一生解き明かせないなんらかの要素とかも必要ですか?

例えばリトマス紙でアルカリでも酸性でもない中和するアンモニアとか。

まぁ私からいわせればそのうち科学でも証明できるのは当たり前ですね。

 

2018.2.28

昨日の見解からもう少し推し進めた理論をひとつ。

要は酸性でもアルカリ性でもないとは、消毒液が酸性だったと思うので、消毒でも毒でもないです。

要するに消毒でもあり毒でもあるとは、ある人には必要でしょうし、ある人にはいらないです。

どういうことかというと、消毒されてる人にはアンモニアの毒の要素がいらないし、毒されてる人には

それでもアンモニアの消毒要素が欲しいものです。

要するにアンモニアの排出量でなんか分かるかもしれませんが、要はすっぱいもんとかいいんじゃないですかw

まぁ食べ物だけが要素じゃないのは当たり前だと思いますが、一応今回のレポートはこれくらいでw

そもそも三途の川ってなんでしたっけってことなので、まぁ妄想の域を出ません。

 

3月上旬

2018.3.1

だいぶ昔にも書いたことあるんですが、JAZZの魅力の一つに

タイトルを表して、そのタイトルの表情を音だけで表現したりするのがJAZZの魅力です。

このごろクロマニオンというJAZZバンド聴いたりしますが、表情の付け方を感じると面白いです。

JAZZといわず音楽にはタイトルありきですが、私がキングにでもなれれば絶対出したい課題曲として

「I CAN SING RAIBOW」なんてネタもありますが、一流の音楽家には脱帽します。

私もアーティストとしてそれくらい表現したいところです。

 

2018.3.2

最近毎日オレンジジュース飲んでます。

以前、体に取り入れたらいいもので果汁なんかいいんじゃないかと書きましたが

果汁100パーセントのオレンジジュースを毎日おいしく飲んでます。

なんか飲みだして、すっかり柑橘系気取りですが、オレンジのパンツなんか気に入って履いてます。

小橋健太、武藤敬司に続いてムーンサルトの打つ練習でもしとこうって感じw

 

2018.3.3

最近流行りのburn系サプリメントですが、実際効くやつは結構効きます。

私170センチ110キロですが、ちょっと前結構もたついてるところもありましたが

burn系のサプリ飲み出して結構締まったんじゃないかと思います。

結構夜のパンツ一丁のスタイルのままK-1とか出れんのかなぁとか思ったりw

歳も近いアーツとかと結構互角に戦える?試してみたいこともありますw

 

2018.3.4

時々、自宅でPA機器を用意してマイク立ててホームライブやるんですが

最近の曲目はビートルズをギター一本で歌うことが多いです。

日本の尾崎やミスチルなんかをやるのもいいですが、ビートルズなんかやるとちょっとかっこいいですよね。

もう最近すっかりプロミュージシャンでもある二刀流のアーティストですが

なんかミュージシャン一本に絞った方がいいかなぁなんて思うこともありますが

とりあえず現状維持でいきたいと思います。よろしく。

 

2018.3.5

バイトで、母親の送迎を請け負っているんですが

今日は朝から市内のデパートへ送迎を請負い

その後なんか具合が悪いそうなので、病院への送迎も請負いました。

微々たる額ですが、私にとっちゃいいバイトなんですが、具合が悪くて病院への送迎が多くなっても

困りものですが、元気なうちは遊びに行くのに私が送迎を請け負う所存でございます。

 

2018.3.6

キャンバス印刷した絵の販売をはじめました。

一個こっちの方で試し刷りしてみたんですが、やはり画面から見る絵と

キャンバスに印刷して額なんかに飾ると見栄えが違います。

キャンバス印刷はものとしての価値も十分ありそうなので1万円の値段設定ですが妥当だと思います。

欲しい方はメールで問い合わせてください。見本市なんかがあると面白いですが。。。

 

2018.3.7

ここで時折記してる神についての記述ですが

そもそも東釈迦、西イエスあともろもろの剣豪たちって2000年前くらいに集結してるのをご存知ですか?

ようするに確かに今現在からすれば2000年も前のことですが、誰が新しいほど進んでるといったでしょうか?

そもそも人類の絶頂期こそが2000年前にあり、神も誕生した結果なんかしぼんでいくイメージも

私はありますが、その後また拡大するように違う技術を持った現代なんて考えも十分あります。

手塚漫画じゃないですが、人類の歴史なんて発展しては縮小しての繰り返しかもしれませんよ。

 

2018.3.8

なんか最近コンスタンスにトレーニングを開始しました。

繰り返しつけてたりしますが、私170センチ110キロの結構な巨漢なんで

結構最強のランクにいると思いますが、コンスタンスにトレーニングも積んで

なんかいっぺん格闘技かなんかの世界で最強とか目指してみるのもありかなぁとか。

ネックとなるのはやはり寄る年波ですが、まだまだ行けそうならいっぺんマジで考えてみます。

まぁ歌や絵のアーティスト活動と並行するとは思いますが。。。

 

2018.3.9

なんか最近いろんな楽器弾いてます。

この前購入したミニドラムも叩いていて結構上手くなりましたが

結構大分前のピアノなんかも弾いてると上手くなるもんですね。

ギターやベースは音楽はじめた頃からなので、まぁ結構上手いはずですが

あとサックスとかの管楽器なんかも手を出してみようかななんて思ったり。

まぁいろんなことに手を出すのが昔から私の特性なので、しまいには例の全能者になるはずですw

 

2018.3.10

私は釈迦の因果応報にならって出来るだけ愛を表現することをポリシーにしている。

自分が愛を表現しないと人からも愛をもらえないし

愛を表現し受け取ることが神のいわれる天につながると信じています。

しかしたまには怒りを表現し喧嘩だってすることもある。私だって人間だ。

いつも愛のある人でいたいものです。

 

2018.3.11

私は冗談でもなんでもなく本気で後世に残る世界的アーティストを目指しています。

名画というのは時間が経てば経つほどその時代を写していた絵が名画として残るものです。

ルネサンス期のダヴィンチだってピカソやゴッホ、アンディウォーホールだってその時代を

写しているからこそ名画として残っています。

そこで現代。現代は私は絵は絶対コミックやデジタルは欠かせないものだと思っています。

それにコミックやデジタルといえば日本人みたいなとこもあります。

日本人として現代を写す世界的アーティストとして本気で考えていますがスポンサーがいれば是非。

 

2018.3.12

最近中学の参考書とか買って読み直してます。

中学時代、一応しっかり勉強してたはずですが、歴史とかまた中学の参考書買って学び直してます。

義務教育の勉強なので、役にたつであろうことばかりなので、読んでいて楽しいですが

現代を考察するうえでも日本や世界の歴史が役に立つかなぁと思って読んでいます。

あとついでに地理なんかもやって、もう一度日本の風土なんか学ぶのもいいですね。

 

2018.3.13

携帯買い換えました。

私の携帯は3Gの頃からアイフォンですが、今回最新の8に乗り換えました。

もうこれでアイフォン5台目ですが、途中7だけ穴があるだけで全部のナンバリング持ってます。

8の印象はもう熟年美おびすぎてありきたりであるようで、細かな良さも感じます。

ただフォンジャックなくしたのは絶対失敗だと思いますよ、アップルさん。

 

2018.3.14

アーティスト活動の一貫として、私の絵と音の即売会の出来るフリマスペースを探しています。

とりあえず私の地元あたりのスペースを探していますが、売れるようなら

それこそ東京の例のビッグサイトで即売やってみるのもありかなぁなんて。

絵はデジタルで描いた絵をキャバスにプリントしたのを物として売ります。

それと同時に音のアルバムも売るつもりですが、どこかいいスペース知ってたらご一報を。

 

2018.3.15

ここで三国志の孔明ばりに私の考える本気の国家戦略を一つ。

いわゆるインターネットですが、我が国でも浸透したようでまだまだなところもありますが

それこそ世界をのぞいてみりゃ、まだまだすぎるとこなんて多いもんです。

そこでインターネットに欠かせないネットワーク機器その他もろもろ。

はっきり言ってこっちはメイドインジャパン・ブランドの技術大国日本です。

我が国をネットワーク大国にもし、高品質のネットワーク機器を世界に輸出し

それこそ遅れている国に国家絡みで売れればいつぞやのバブルの比じゃないですぜ。

もうそれこそいつぞやの黄金の国ジパング並の破壊力ですよw

はっきりいや本気で国家で取れいれて国民の生活を豊かにして欲しいところですが

誰か国家閣僚みてないかなぁ。。。w

 

 

 

 

3月下巻

2018.3.16

最近だいぶ暖かくなってきましたね。

すっかりダウン着込むのはやめて、軽くシャツ一枚のことも多いですが

もうじき桜も開花するでしょう。

うちの裏庭の桜はまだ花は咲かせてはいませんが、もう秒読み段階ですね。

今年は裏庭の桜で花見なんてのもありかなぁ。。。

 

2018.3.17

ちょっと今日久しぶりに今まで自分で作ったオリジナルアルバムを聴き直していました。

自分でいうのもなんですが、オリジナルアルバムのどれもなかなかいい出来で

自分のアルバムながらなかなか楽しめましたが、皆さんもどうですか?w

20日にニューアルバム「修道」の発売が控えてますが、それまで今までのアルバムを楽しむのもいいもんです。

ニューアルバムよろしくw

 

2018.3.18

私の昔から好きなゲームにプロレスゲームのファイプロがありますが

ファイプロの最新作がプレステ4で発売されるらしいですが

はっきりいって携帯機のVITAで出して欲しいです。

ファイプロ的なゲームは十分VITAでも出せるはずですが、是非出して欲しいところ。

VITAで出すんなら発売日に並んで買いますよ、スパイクさんw

 

2018.3.19

昨日に引き続いてゲームの話。

皆さんご存知のように今やテレビゲームといえども、ものすごい性能でリアルですが

リアルになればなるほど面白いのが個人的にはレースゲームだと思っています。

ファミコン時代もF-Iやりましたが、ファミコンのF-1はっきりいって面白くないです。

しかしながら昨今のレースゲームはリアルな描写、挙動で、走らせてるだけで、気分爽快です。

メーカーさんに新手のレースゲームなんか出して欲しいところでもあります。

 

2018.3.20

本日私のオリジナルニューアルバム「修道」の発売となりました。

本作は私の母校をモデルにしつつ、学校生活全体をイメージするように制作しました。

なかなかバラエティに富んだ仕上がりで面白いんじゃないかと思いますが

itunesより yusuke tagami で検索していただければ購入して聴けます。

過去の名作と合わせて楽しんで聴いてみてください。

 

2018.3.21

酒は毎日コンスタンスに晩酌して少し飲んでたりするんですが

最近、焼酎を水で割らずに生地のままストレートで飲んでます。

水で割るとどれだけ飲んでも酔わないので、ストレートで飲んでみたりするんですが

さすがにストレートだとコップ3、4杯くらい飲むといい気持ちになってきます。

今のところそれくらいで止めてますが、もっとガブガブ飲めば泥酔でしょうが、そこまでは飲まないです。

酒との上手な付き合い方をおすすめします。

 

2018.3.22

私、外出する時に底の厚いブーツ履いて外出します。

ヒールソール合わせると高めの10センチくらいの靴なので

私の身長からすると、地面から180センチくらいの高さあります。

外で靴を履いて歩いてる時は名実ともに180センチ110キロのかなりの巨漢です。

しかしながらそれでも身長の高い人なんかも多いですが、私も結構なもんって感じ。

 

2018.3.23

実は私、いわゆる無呼吸の障害で悩んでいます。

この前はじめて医者に相談して検査したところ、はっきりいって重症の無呼吸と診断されました。

調べてみると寝てる時、いちいち呼吸が止まって長い時だと30秒くらい止まってるそうです。

はっきりいって寝てる時、息が止まってる時の方が多いのでそりゃ睡眠がろくにとれず調子もあがらないです。

ほんと死んでてもおかしくないような感じの診断でしたが、ようやく治療開始しました。

治りゃいいですが。。。

 

2018.3.24

ここのサイトとは別にユーチューブなんかにもこのサイトのCM動画とかアップロードしてます。

このサイトのCM動画も結構制作しましたが、最近も人知れず新作をアップロードしてるので

見てみると面白いと思いますが、ユーチューブも検索は YUSUKE TAGAMI で出るはずです。

最近の新作の最強への道編がお気に入りですが、ここ20年の連続写真でお送りする

最強への過程が見れば多少わかるとは思います。

そのうちまた人知れず新作動画制作するかもしれないのでお楽しみに。

 

2018.3.25

最近夜はガウン着てます、黒のガウン。

パンツ一丁の格闘家スタイルの上にガウンまとって、もう気分は格闘家です。

ついでにグラサンもかけて、勝手にシャドウなんてリングネーム名乗ってますが

結構アメプロあたりの日本人レスラーとして、いけんじゃないかなんて思ってたりしますが

私としてはこのシャドウスタイルでアンダーテイカーあたりとタッグ組むのを希望しますw

 

2018.3.26

ここで時折する神のいわれることの信憑性の話をひとつ。

西のイエスの伝説で、病気の方の手に触れるだけで病を直されたなんて伝説もありますが

私が考えればそれは、当時の病気の人らも含めそれだけイエスを熱狂的に支持していたからです。

そこまで恋い焦がれる人に実際対面して触れようものなら人体にもなんかしら変化もあります。

しかし病を直すほど熱狂する人もいるほどイエスのしたこととは、やっぱり定説の天国と地獄を

確証を持ってといたからだと私は思います。

いろんな角度から検証しても絶対私は神の言われることは本当だと思います。

 

2018.3.27

唐突ですが、皇族でも貴族でもなく一般人としてこの国に生まれて

この国でいきつくとこはどこかと考えたら、当然総理大臣なんてのも国のトップですが

いわゆるメディアを中心とした産業、テレビ、音楽、漫画、ゲーム、スポーツ界などなどの

いわゆる業界、その業界の総権力者、ドンこそおそらく総理大臣、しまいには国王以上の影響力があり

あたかも現代の征夷大将軍並の地位があるんじゃないかと思いますが、いつぞやの羽賀じゃだめw

今からでも業界入りして征夷大将軍のポジション狙うのもいいかもしれないなぁ。。。まぁ冗談ですw

 

2018.3.28

唐突ですが、こんなこといっちゃいけないですが、いわゆる覚醒剤って戦前あたりの

大日本帝国とかあたりの開発だと思いますが、私も詳しくは知りませんが

現代の研究者って一応、精神がなんたるかで、それを覚醒させる理論もわかってんのか知りませんが

ほんの100年前ならそういうことも分かってる上でいろいろ作りますが

やっぱり別に現代が万能じゃないなんて思います。覚醒剤のように戦前の方が進んでることがあるものも

多いですか?それこそ釈迦、イエスあたりの2000年前が気になりますが。。。

 

2018.3.29

先行して付けてますが、再三つけてますがやっぱり私ちょっと体重重すぎますかね。

データとしては今現在170センチ112キロですが、やっぱりそこまで重いと

腹なんかも出てやっぱり結構不恰好なので、現在から15キロ痩せると宣言します。

はっきりいや15キロ落としても97キロなので、それくらいでいこうかと思います。

いわゆるタイガーマスクスタイルに改変することを宣言します。

 

2018.3.30

私の家の裏庭の桜が開花してます。

ほぼ満開といったところですが、そもそもこの裏庭の桜

私の両親が、私がまだ小さい時にここに引っ越して来た時に植えたそうです。

それから40年近くすっかりでかい幹はらせて大きく成長しました。

まるで私と一緒に成長してきたようですが、最近あまりにでかくなりすぎて枝とか両親が切ってます。

桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿。。。

 

2018.3.31

ネットの歴史も20年を超えてきましたが、ここ20年のネットの歴史を振り返れば

そもそも20年前なら20くらいの私の世代、小さい頃よりファミコンやジャンプ漫画

の教育を国から受けて来たいわゆるコンピュータともあい通じる世代なので

そう教育されてそう育つ天才どここそ参入してたので、ネットが勝って当たり前だと思います。

そもそもそう育ててもそう育たない人こそいわゆる、ね。

 

 

 

 

 

4月上巻

2018.4.1

これまで神のことやらなんやらいろいろと付けてきましたが

やっぱり素直なのが一番です。素直とは自分でもそう思うのならそうするというのが素直です。

自分でもそう思うのにまるで逆のことをするのをはっきりいや馬鹿といいます。

そもそも突き詰めればそこにいきつくんじゃないかと思いますが、自分でもそう思うんなら

1000パーセントそうした方がいいと思います。その為にそう思いませんかということを

いろいろと解説してる手記ではありますが。。。

 

2018.4.2

ここで新社会人におくる軽くためになる社会の常識をひとつ。

そもそもどこの会社も大抵株式会社、つまり株もってる人がいるのをご存知でしょうか?

その上でどこの会社も自分らで自分の会社のもの買って株あげて儲けてます。

そもそも社会自体がそうなので、別に私が自分の曲を多少自分で買って聴いて売り上げたって

何も問題ないとは思いますが、やっぱりいわゆるサラリーマンにはなりたかねぇですかねw

 

2018.4.3

私のもう一つのバイブルにキン肉マンがあるのは先に書いてますが

そのキン肉マンの表現の私もすっかり超人に成長したなぁと思います。

そもそも解説しとけば超でもありつつ鳥でもある人が超人で、人間こそやっぱり人の間にいるんじゃないですか。

私は超人で満足だし、これからも超人のままで生きるつもりではいますが

やっぱり目指すからには超人王キン肉マンそのものですね。それとももうなってる?w

 

2018.4.4

ここで前述の株式会社の話で、いわゆる株にまつわる話の秘伝の書。

そもそも先に記した通り株式会社である以上、売り上げの他に株を上げて儲けを出しますが

それこそ100円ショップを代表に、こんな値段で売って売り上げ出るんですか?的な会社こそ

売り上げというより株を上げて儲ける手法です。それゆえ順当に会社が成長する見込みもあるなら

確実に株も上がります。はっきりいって株で儲けるなら安い値段で売ってる会社かもしれませんね。

まぁ例外もありますが。。。

 

2018.4.5

先行して付けてますが、以前旧仕様のdiaryで書きましたが

今から20年くらい前まだ私が19の時に私一時、声優の事務所に所属していて

順当にいけば風のうわさでは広島ローカルのラジオの仕事もらえるはずだったそうです。

そのままがんばってれば今頃ベテランDJですが、あの頃ギター弾いて歌いたかったのでやめましたが

すっかりギター弾いて歌って絵なんかも描いてます。

あの頃一応業界登録みたいなのしてると思うので、一応業界人の端くれ的扱いでもあるのかなぁって感じ。

 

2018.4.6

先日ちょっと母校の高校を訪ねたんですが、ここで私のことを書いておけば

母校ではサッカー部と陸上部に在籍していたんですが、サッカー部時代は一応母校のエースやってました。

陸上部では短距離の代表やってましたが、サッカー部では結局全国大会出れてないし

陸上部でも高2の春の大会とはいえ100メートル12.0じゃ通用しなかったとはいえ結構な武闘派でした。

結局アーティストやってますが、進路はスポーツ方面でもよかったかなぁって感じです。

 

2018.4.7

先日減量宣言して減量しだして1週間くらい経ちますが

軽いトレーニングに加えて食事制限をして落としていますが

1週間経って気持ち落ちて170センチ110キロってとこですが

これから順当にいけば結構落ちていくと思います。

夏頃には減量を完成させておきたいところではありますが。。。

 

2018.4.8

私、1977年12月3日に誕生した時、グラム数ではあまり大きくありませんでしたが

内臓、特に心臓が大きく生まれたんじゃないかということがあります。

結局内臓がそうだから、中身がそうだからそういう人なんだということが定説で

内臓が成長の過程で突然変異的に強く大きくでもならないかぎり、小学生の頃がそうなら

大人になったって死ぬまで何も変わりません。やっぱり心臓こそが人間の核ですね、残念ながら。。。

 

2018.4.9

ここで三国志好きに送るとってもありがたい話。

三国志といえば武力の高い豪傑達が花ですが、そもそも三国志の武力パラメータなんてはっきりいや

体重のことです。武力100の呂布なんて体重が100キロだし、武力98なら体重98キロです。

はやい話がでかい奴には勝てんって話ですが、そこで私の話ですが、身長170センチ体重110キロなんて

通説のやや低身長でありながら武力の裁定が98くらいの趙雲かなぁってとこですが

武力60、70程度の人で戦ってみたい人がいればどうぞ。1000パーセント私が勝ちますよw

といってみたところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.4.10

以前の旧仕様の手記でもちょっと書きましたが、実は私勉強してた頃、大学教授とか学者になりたかったんですが

その学者的血で唐突ですが先の大戦を解説すると、そもそも我が国こそ昭和、唱和をかかげる国です。

それで想像ですが、国際連盟なんかに参加した時、米帝や大英帝国こそなんか神を軽んじた感じだと思います。

しまいには神を馬鹿にしてんのかと決闘する為我が国も帝国化を計りますが

はっきりいって神の為の仁徳のある戦いでも、朝鮮あたりなど犠牲の怨念で自滅しました。

まさに因果応報です。当時の閣僚連中からするとおそらくしっかり分かってる上でのプラスマイナス的な

考えだったとおもわれますが、馬鹿でも何でもの理論でもそんなことしてはダメというのが教訓です。

もちろん天才なんかにそんなことできるわけないというのが当たり前です。以上。

 

2018.4.11

昨日の記述の追記ですが、先の大戦で朝鮮あたり犠牲をはらってプラスマイナスで勝とうとしたのは

昨日の話ですが、そもそもプラスの徳の歩幅よりマイナスの怨念の歩幅の方が超過するのが教訓ですが

そもそも犠牲をはらおうとした命の価値みたいなものでも、馬鹿こそ命の価値が小さいというが

現代のお勉強が多少できないというのも別にそこまで馬鹿じゃないし、結局人を不幸にし続ける人こそ馬鹿です。

人を不幸にした分自分も不幸になるし、その流れで地獄に落ちます。はっきりいって馬鹿です。

それでしっかり指導してもどうしても人を不幸にし続ける人をしまいには地獄の炎そのものにたとえた

地獄の業火で処刑していたのもそもそもヤクザ、極道です。馬鹿とはやっぱり人を不幸にする人だと思います。

今日の手記はこのへんで。

 

2018.4.12

以前の旧サイトの手記でもちょっと記しましたが

私結構ヤクザなもんで、地元を中心としたチームの総長の兄、もしくは総長そのものだったりします。

今現在も続くチームなので、総勢1000人を束ねる長でもありますが、実権みたいなもんは別にないんですが

実際地元なんかの組に入った本物のヤクザも多数なはずですが、こういうこというのはイメージ悪い?w

まぁ総長の弟も私もそんなに悪くないですが、あんまりナメてると怒ります。

まぁタイマンこそ私に勝てる奴はまずいないですが。。。

 

2018.4.13

最近以前書いたことを巻き戻してる感じがありますが、もう一つちょっと昔に書いたこと。

みなさん世界最古(?)の文学、西遊記は知ってると思いますが

さしずめ私は師匠の釈迦のいわれることを忠実に守り、神が馬鹿じゃなくてお前が馬鹿に決まってんだろ

的に命をかけて戦う孫悟空一派の一人といったところですが、それでも神のいうことを信じてないのか

なんなのか的に横暴をふるう鬼爆コンビの金閣銀閣、番長の牛魔王と仇も多数登場しますが

私は最強の戦闘力を持つ孫悟空の代表的に何かあれば金閣銀閣、牛魔王とも戦闘するつもりです。

一応いっとくと神が馬鹿なはずがない。以上。

 

2018.3.14

さっき外に出て星空を眺めたら、北極星がまたたいてました。

そりゃ北極星は夜空でひときわ輝く星ですが、またたくって何なんでしょう。

チカチカ光が文字通りまたたいてんですが、北極星で何かおこってんですか?

やっぱり現代では分からないことも多いですが、昔の人からすると分かってることもあるんでしょうね。

何回も繰り返しいいますが、神のいわれることは本当です。

困難に気をつけてよい旅を。。。

 

2018.4.15

昔ちょっと読んでたコミックに萩原氏のBASTARDがあるんですが

久しぶりに一番最後の巻買って読んでみたんですが、相変わらずエロ表現も多いですが

漫画の見せ方がなんかすごいですね。大きなカット割を映画的に使ってみせて

漫画の限界に挑んでるなぁって感じです。はっきりいって漫画の表現がよく分からないこともありますが

一応まだ続くんですか?あれで終わりだったらそっけないなぁ。。。

 

2018.4.16

ついさっきも走らせてきたんですが、最近車の後ろにこのサイトのアドレス貼り付けて

街宣車よく走らせてます。広島市内中心部から郊外あたりを気の向くまま走らせて街宣してます。

とくに用のない時は暇つぶし的に走らせたりしてんですが、これが実は意外と効果あります。

アクセス解析してみると、意外と街宣車を見て来たであろう人も多くちょっとした集客になってます。

メニューページに広告募集を出して久しいですが、おそらく宣伝効果も多少あるので希望者は是非。

 

 

 

 

4月下巻

2018.4.17

ここでいわゆる才能の話。

才能とはやっぱり才能であり、才能があるんならなんでも出来るのは当たり前ですが

天才ともなればまさしく天の才能を持ってるので、なんでも結局は天才なはずです。

そこで特技的に一つの技能が特化してるタイプは職人芸の可能性があります。

職人芸ってのは結構誰でも身につけれるので結局天才とは万能が基本です。

まさしくドラえもんでいうところの出来杉ですね。私も天才一派の一人のはずですが。。。

 

2018.4.18

昨日の話の続きですが、天才とは結局神に愛されてるところがあります。

昔のたとえなら天才を天の使い、天使に例えることも多いです。

天才とはやっぱりこの世にある種の使命を持って生まれてきます。

天才すぎる人ほどものすごい使命を持って生まれてきているものです。

自分のことを保護するわけではないですが、天才は大切にした方がいいですよ。

 

2018.4.19

ここで私のいわゆる性の目覚め、女の子に興味を持ち出した時の話。

実は私、名門校に中学受験して進学してんですが、その時有名どこ3校受験したんですが

受験始めのそもそもの私の母校を受験し合格発表あったあと当時週間少年ジャンプにBASTARDの

エロ表現が掲載され、それではっきりいって目覚めた記憶ありますw

その後の2校の受験ははっきりいって体の力が入らなくなるようにやる気も出ず大惨敗だった記憶あります。

はっきりいって結局母校に通うことになったのも萩原氏の影響もかなりあるというアホみたいな話ですw

これから受験しようと思う子はエロなんてかなり気をつけた方がいいと思いますよ。

 

2018.4.20

私高校時代、私は喧嘩してたといいたいんですがクラスメイトに仇がいて

かなりデカイやつだったので、ひよってたりしてたこともありますが

結局私が体を鍛えようと思ったいきさつでも、軽く私の特性からタイガーマスクなんかモデルにしましたが

高校の時のあいつと再び会うことがあったときでも喧嘩で負けないくらいにしようということを指針に

しました。結局どうかとも思いますが、私からいわせれば私は更に指針を上げて、世界最強のモデルとして

ブロックレスナーなんかにも勝てるくらい鍛えようとやってましたが、ちょっと行き過ぎたかなぁって感じなので

ちょっと減量して締め上げる意向です。まぁ高校の時のあいつも何らしかおかげでもあんのかなぁって感じです。

私はポジティブに考えることを信条にしてるのであの時のこともそんなものです。

 

2018.4.21

三つ子の魂百までとはよくいったものです。

そもそも幼稚園の時ぐらいから暴れん坊のわんぱくな子なら、小学校、中学、高校、大人になるまで

わんぱくで暴れん坊です。逆におとなしい子は死ぬまでそんなもんです。

大人になるからといって別に何の変化もありません。多少世の中のことがわかるくらいです。

私の場合、幼稚園の頃から結構暴れん坊で小学校入学時の幼稚園側の大将でしたが、大人になっても

そんなに変わってません。今現在でもどっか集団に加われば大将的なものです。

結局3才までの育て方が肝心かもしれませんね。。。

 

2018.4.22

今回は神のいわれる死後の天国と地獄の考察ですが

そもそも皆さん寒い日なんかに息を吐くと白い蒸気があがるのをご存知だと思いますが

そもそもそれ、その人の魂みたいなものであって、死後すぐにも寒いところに遺体を置いておけば

白い蒸気が上にあがったり下に落ちたりすることがあるとどこかで聞いたことあるんですが

おそらくそれが天国、地獄の正体であり、上の方に登っていきゃ気持ちよく、下に落ちると

もがき苦しむんだということなのも、その頃の特殊な事例から導き出したんだと思います。

死後すぐに寒いとこだと蒸気があがるかどうかはすぐ確認できると思うので確認してみたらいいかもしれません。

以上。

 

2018.4.23

皆さん男なら誰かと喧嘩をすることもあるとは思いますが

そもそも喧嘩のタンカで迫真にせまって殺すぞなんて脅したら

本当に殺されると思ってびびって逃げ出すなんていいお客さんですw

はっきりいってあまりに馬鹿なことしてたら殺されることはあれど、そう簡単に人なんて殺さないです。

ささいなことで殺すぞと脅して実際人を殺す人なんて当然地獄に落ちますしどっかおかしいんだと思います。

まぁそこまで馬鹿なことしてなければ世の中そんなものです。

 

2018.4.24

世の中オスメスの2種族にわかれるのは当然ですが、そのオスメスに分かれるのは

結局世の中一つになろうとするため2種族に分かれるんだと思います。

いわゆる阿吽の呼吸ですが、その阿吽の呼吸も阿の方がオスともメスとも

吽の方がオスともメスともいえますが、要は呼吸があってお互い仲良くするための呼吸です。

世の中のいたるところでこの阿吽の呼吸が成り立てば世の中一つだという呼吸だと思います。

下手にどっちがオスともメスともで喧嘩するのは得策じゃないと進言します。以上。

 

2018.4.25

昨日の阿吽の呼吸の話からここで一つ面白い話。

皆さんサッカー好きな人は多いと思いますが、サッカーでポジション決める際

阿でよく走る人こそフォワードに置き、吽でどっしり守る人こそディフェンダーに置きます。

それで阿になったり吽になったりしてチームを指揮するのが中盤で、総じてチームとやや別のとこに

立ってる感じで鍵を握るのがキーパーです。強いチームこそ各々しっかり役割を果たしチーム全体が

まとまってるチームの方が強いですが、サッカー部でストライカーやってた時のチームも結構いい

チームだったんだけどなぁってとこで今日の手記はこのへんで。

 

2018.4.26

皆さん釈迦の説法でこういうのを知ってるでしょうか?

この世を6つの世界に例えた六道ですが、要は自分の言動が全てだということを教えています。

例えば軽くこの世の地にあたる修羅界なんて、自分が人に喧嘩ふっかけていくから自分もなにかと

ふっかけられ、絶え間なく戦闘の世界ですが、そんなもんがいいとしたいつぞやのヤンキー漫画なんかも

どうかと思いますが、一応の最上層の天界の人間こそ常に人の幸せを考えるゆえ自分にも幸せがやってきて

ほがらかに暮らしています。私も一度修羅界に落ちてたような感じが17年前バイブルを手に入れて悟り

天界にでも登ってればお手の物。絶対天界の暮らしの方がいいですよ。

 

2018.4.27

唐突ですが、今だに世界が滅びるなんていう人がいる。

私からいわせれば1000パーセント滅びないし、神の登場の間違いじゃないですか?

そもそも滅びるとかいうんなら、予言の大御所ファティマの予言を知ってますか?

ファティマ第三の予言で世は地獄に変わるともいいますが、そもそもそれがまだだいぶ先だと思います。

そんなファティマの予言も実現しない中、世は絶対滅びないですよ。

私たちの世代は余裕を持って楽しんで生きればいいと思います。以上。

 

2018.4.28

食というのはそもそも哲学を含んで食らうのは皆さんも分かると思いますが

特に肉というのは食らっていただくとこはいただいて糞尿にして地獄に落としていいというのを食らいます。

代表的に豚なんて食らっていいし、暴れ牛的なのから、鳥は食らっていい鳥を食らいます。

そうすることによって、人の世の統制を目に見えないとこでとってるという哲学で食らうものを決めます。

しかしながら各々百花繚乱して誰も何の肉も喰らわないことこそ真の善徳でもあるとするのが仏門の食事です。

人の世を形成するためにもライオンや猫の肉なんて絶対食ってはいけないですよ。まぁまずそうですしw

 

2018.4.29

ここで有用な美容のお話。

昔そういうタイプも多く軽く私もそういうタイプだった、最近でも時々見かける

なんか薄汚れた感じの人。かたや時々透き通るような肌で綺麗な人もいますが

その要因はおそらく風呂です。綺麗な人は1日に何遍でも風呂に入ってることがあります。

逆に薄汚れてる人は風呂を入り忘れたりしてんじゃないかなぁといったとこあるので

風呂は少なくとも1日一回絶対入った方がいいですよ。昔の私も人のこといえませんが。。。

 

2018.4.30

今まで再三にわたって神の天国と地獄について考察してきましたが

大方善徳こそ天国で罪を犯せば地獄ですが、いわゆるカルマというのをご存知でしょうか?

カルマとは端的にいえばいきすぎた正義で、そこまでのことをしてないのにいきすぎた懲罰を与えたりする

ことをカルマといいます。このカルマも罪という読解で地獄に落ちるというのが定説ですが

あと嫉妬なんかの感情で攻撃したりするのも嫉妬に焼かれるというし大方地獄落ちの要因です。

犯罪だけでなくカルマや嫉妬にも気をつけてよい旅を。

 

 

 

5月上巻

2018.5.1

ここでいわゆる金についての話。

釈迦やイエスも金についても言及してますが、私からいわせても金のためだけだと身を滅ぼします。

なぜかというと金儲けというのは収益のあがって調子のいい時はいいですが、それがいつまでも続かないのが

世の常です。損害が出始めるといままでの収益を確保するためなにかと非道な手にも染めてしまうものです。

それがますます損害を出ししまいには身を滅ぼし地獄に落ちるものです。

間違いなくこの世は金のためじゃないですよ。よい旅を。

 

2018.5.2

手記が先行してますが、私、約20年ぶりくらいに髪を長くしてみようかとも思います。

目指すとことして、アメプロのレインズといったところですが

なんか失敗してやばくなっても困るなぁってとこですが、それならそれでまたすぐバリカンでカットすりゃいいし

一度20年ぶりに長髪に試してみようと思います。

しっかりロックアーティスト的に見えれば大成功ってとこで。

 

2018.5.3

ここで私にピアノのが弾けたならばりに私が大富豪ならの話w

私が大富豪ならアメリカの富豪ばりに財団を設立して神の研究をします。

神が1000パーセント嘘をいわれてるはずがないし、私自身で理論を構築しても

神のコーナーを見ても分かるとおり、おそらく本当です。

有能な研究生雇っていろいろ検証してみたいところですが

そのためにはとりあえず私の作品買ってくださいねw

 

2018.5.4

この前長髪宣言したばっかですが、やっぱやめました。

長髪に久しぶりに試してもいいとこもあったんですが

長髪にしたらしたで何かと手入れも面倒ですし、あまつさえハゲても困るので

何かと坊主がやっぱ一番楽だなぁということで、ばっさりカットしました。

まぁ坊主も格闘家的に似合うと思うのでやっぱ私は坊主でいいですw

 

2018.5.5

今日から一泊二日で奈良・大阪へと行ってきました。

今日は奈良についた足でそのまま大仏みてきましたが、やけに人が多いのがかなり疲れました。

大仏は一度小学校の修学旅行で見てますが、久しぶりの大仏は正直そこまで大きくないなぁといった印象。

まぁ当時めいっぱいのでかさにしたんだとは思いますが、もっと迫力あってもいいかなぁって感じ。

それにしても中国人やら外人やらが多いとこだなぁって感じでした。

 

2018.5.6

今日は朝早く奈良のホテルを後にして大阪入って大阪城見てきました。

大阪城も以前きたことがあるようなないような記憶ですが、今日はしっかり見ました。

大阪の街も広島と比べりゃそりゃ大きいわなぁって感じですが、やけに有料道路あたり複雑で

初心者にはまずわからないなぁってとこでしたが、なんか大阪は楽しかったです。

道も広いし大阪結構いいとこだなぁって見てきました。

久しぶりの旅行で全体的に楽しかったなぁって感じです。

 

2018.5.7

GW旅行の追記として、大阪城あたりで私も結構な体格ですが

私より輪をかけてでかい体格の人もちらほら目立ちましたが

私が110キロ級なら120キロ130キロ級といったところですが

そういったところと戦うなら、足使ってスピードで撹乱しないと勝てないだろうなぁといったところ。

私110キロでも結構動けますが、120キロ130キロ級が俊敏に動かれたら勝てないw

最強への道はまだまだこれからですw

 

2018.5.8

ここで国家を揺るがす衝撃の証言。

まぁこの国、平成時代を掲げてみんないっしょなんてといてますが

はっきりいって三国志になぞらえりゃ張角の太平道に決まってるような気もしますが

案の定、黄巾党らしき賊党なんてのも多いですが、その後のシナリオは国家倒壊のあと群雄割拠です。

誰がこんな時代を掲げたのか知りませんが、手遅れならおそらく私はアメリカに渡りますw

まぁ冗談じゃないですよ、おそらく。。。

 

2018.5.9

先日国家のことについてちょっと言及したので、もう一筆。

そもそも平成に入ってみんな一緒といって序列をなくし、元気もないように見えますが

はっきりいってそんなことすれば昭和の頃の序列をただしみんなが快活で強かった時代の逆で

がんがん弱くなってしまいには滅びます。あと神のことについても昭和の頃はしっかりしてましたが

平成になってなんか悪魔教でも崇拝してんのか的なとこもあります。

はっきりいって手遅れになれば滅びます。私はやっぱり自分が天国にいけることを考えて生きます。

 

2018.5.10

ここで私には子供なんていませんが私の思う教育論を一つ。

私はこの40年間結構私の思うように、のびのびやってきましたが

のびのびやりたいことばっかり大抵やってきた結果、結構今強いはずです。

逆に押さえつけられて何かとやりたいことやってないと非常に弱いです。

常識は必要ですが、やりたいことやって自由にのびのび生きるのがいいと思うんですがどうでしょう。

さらに10年後20年後を楽しみにしてますw

 

2018.5.11

この世界はいわゆる神の統治する世界です。

要するに神に愛された才能ある戦士が世で力を握ることによって統治されています。

しかしながら昨今の私も愛する音楽や漫画などを中心に才能あるはずの人の作品が面白くないです。

なんか本気で作りゃ作れるのが、誰かにあえて面白くないものでも作らされてるようにも思えます。

要するに神の統治する世界にアンチかかげてんじゃないかと思いますが、誰なんだその魔帝w

いいかげん世界で才能ある人が面白いことやってくれ。

 

2018.5.12

ここで唐突ですが、柔道家の三四郎の話。

三四郎って小柄ながら巨人を次々投げたって記述があるらしいですが

考察するとあの当時、体重計ってあまり一般的には広く出回ってないと思います。

それゆえ、小柄なようで、私のように身長はやや低身長でも体重が重かったんじゃないかと思います。

私も一見するとやや小柄なようで170センチ112キロとかなりでかい部類でもあります。

私みたいなのが現代の三四郎かなぁ。。。w

 

2018.5.13

ここで久々に神のいわれることの特に愛についての話。

以前も少し書きましたが、いわゆる自然の農作物なんかをみても分かるとおり

同じ条件で同じように育てても、出来のいいのやら出来の悪いのやらいろいろ育つのは事実です。

その条件として私に思うに、大気の中にまだ未発見のいわゆる愛の成分なんてのもあるかもしれません。

特に自然の風なんて愛の成分も含まれてんじゃないかなんておそらく事実のような気もします。

人体なんかにしても、まだまだ未発見だった物質が現代でも発見されてるそうなんで

そのうち愛の視覚化によって全てがとかれていくと思います。お楽しみに。

 

2018.5.14

昨日の話の続きで愛についての話。

おそらく愛の要素が人を育て、愛が起因して天国に登ったりすると思うんですが

要するに天の雲なんかが意識の集合体、天国そのもので、愛で出来てんじゃないかという思想になりますが

地上から見ても雲なんか色がありますし、なんかありますが、おそらくまだその成分は未発見です。

その愛の成分の発見こそ全てがとかれると思います。

愛は白いですよw

 

2018.5.15

ここ4、5年くらい絵と音と世界的アーティストを目指して

駆け抜けてきましたが、最近もうバテ気味です。

レベルも多少上がりましたが、上には上がいますし、なんか疲れてきました。

ちょっとここらで一息いれて、旅行にでも行きたいところですが

まぁ徐々に人生つむいでいければと思います。

あんまり高望みはしてないですが。。。

 

 

5月下巻

2018.5.16

以前三国志に例えると私は趙雲かなぁなんて書いたことありますが

私の一家の将も出てくると、私の弟や近親の親しい弟が武力70くらいで

なかなか勇猛な馬岱、馬鉄で、私が武力100を上回る馬超かなぁなんて。

あと当主の馬騰あたりが私の父親くらいかなぁなんて私の一家、馬一族みたいなとこあります。

馬一族もなかなか有能なのでいいですが、曹家や劉家なんてどこかなぁなんて近隣で探すのも楽しいですが

今度、馬一族で三国志のゲームプレイするのもいいなぁといったところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.5.17

昨日、私の一家を馬一族に例えましたが

ここでバカな例えでもすれば、私現在、馬一族で鹿みたいな暮らしをしているアーティストです。

そうすると、私やっぱり馬一族の鹿、馬鹿かなぁなんてw

馬鹿ってうけるので別に馬鹿でもいいですが、とはいいませんが

やっぱ馬鹿最高ですねw

 

2018.5.18

昨日の馬鹿の話をうけて、野球でもしまっていこうぜともいいますが

開けてると結構馬鹿ですwその例えでいくと、土地なんかでも開けてるとこの方が馬鹿ですw

逆に閉じてる過疎地こそしまっているものですが、私の住んでるとこは広島のやや郊外とはいえ

結構開けてるとこなので、結構馬鹿な性質してますが、かなりの馬鹿ならやっぱ更に開けてるとこの方

がいいこともあります。まぁあんまり閉めてる人って田舎にいった方がいいこともあるかもしれませんね。。。

 

2018.5.19

先行してつけていますが、唐突ですが、勉強できる人って頭いいと思います。

勉強ができてもという人がいますが、そもそも軍の関係者にしたって勉強が抜群にできる人が

軍を動かしていますし、いわゆるインテリなんちゃらだって勉強が抜群にできるところです。

勉強ってやらなきゃできないところありますが、頭が良けりゃやればできます。

やりもしないでどうこういうのも考えものですが、一応やってみてからいう方がいいと思いますよ。

 

2018.5.20

ここで通説のいわゆる才能の話。

漫画なんかのジョジョのスタンドやペルソナなんか、ようは才能で力を貸してる天の神でもあります。

昔から才能とは神が与えるものが通説なんですが、才能が抜群なら神に愛されすぎてる証拠でもあります。

はっきりいやよく調べりゃどういう人かという人が、神に愛されず才能がないのが定説です。

それゆえ神に愛されてる才能のある人が世界を動かすのが当たり前ですが

神に愛されたけりゃ心を入れ替えて行動を正すのがいいと思いますよ。

 

2018.5.21

先日の話から、ジョジョのスタンドにかけての話。

スタンドとは力を借りてる神、つまり才能とときましたが

このサイトで表現しきれてないこともありますが、さしずめ私はスタンドが10体くらいついてんじゃないか

という帝王的なようで、世の中には強力なスタンド使いもいますが

はて最強のスタンド使いは誰でしょう?

私も自信があるのでそのうち機会があれば名乗りでようかと思いますw

 

2018.5.22

ここで人間を形成する上で重要な教育の話。

戦後日本はアメリカのGHQのもと教育をしてきましたが、要は現在の義務教育の教育なんて

文明の発展のための教育で、人間としての教育なら日本の戦前教育の方がいいような気がします。

一応触れておくと亡くなったおばあちゃんなんかの話を聞いてると、神童教育、神に愛されてなんぼ

みたいなとこがありますが、大方神に愛されて才能を与えられて活躍しようといったところだったと思います。

間違えてるとこあるかもしれませんが、たぶんそんな感じです。

その方が人間としてもいいし、世もよくなりそうですが、アメリカの教育なんとかならないですかね。

まぁ文明の発展も欠かせませんが。。。

 

2018.5.23

私常々書いてますが、結構戦闘力、最強ランクと自負しておりますが

日々のトレーニングとしては余裕を持った重さで70キロをペンチプレスしてます。

やや無理すれば80キロでのトレーニングでも可能ですが、それを言い換えれば

70キロくらいのミドル級の相手なら軽々持ち上げてバックドロップとかかけれますw

逆に私の110キロくらいってまず持ち上げれないと思うので

試しにトレーニングジムとかで試してみるといいと思いますよw

 

2018.5.24

ここで以前も記したことがあるんですが、宇宙の真理についてひとつ。

そもそもこの地球、宇宙の星ですが、その中心部こそ誰が名付けたか知らないですが

理念をといても核といいます。その核に地上から近づくように落ちるのが地獄です。

逆に核に地上から反発するのが天国です。それこそ宇宙の法則ですが、それゆえ

いくら自分のこととはいえ自分のことばかりを優先するのは核、つまり地獄の理念になることを

覚えていた方がいいいと思います。なにかとよくいわれる道徳なんて、なにかとそういう理念です。

困難に気をつけてよい旅を。

 

2018.5.25

ここで現代のあまりにも忙しすぎる世界についてひとつ。

そもそもこんなに働いてがんがんがんばらなきゃいけないのも、戦争の歴史ゆえです。

敵国より我先に進まないとやられるという理念が、世界全体を忙しすぎるものにしています。

世界全体でもう金輪際戦争はしないと協定を結んで、もうちょっとみんなでのんびり生きれないか

なんて思います。誰も奴隷みたいに働きたくないし、なんでこんなに働かなきゃいけないのかと思います。

アメリカのトランプあたりなんとかしてくれw

 

2018.5.26

ここ最近のことを思うと90年代後半ごろから、いわゆるCOOLなのが増えてますが

いわゆるCOOLって閉じてるってことで開いてるよりは暗く頭も良ろしくない傾向にあります。

しかしながら現代でもクールなのってまだ根強いですが、私個人のことをいえば開いてる

明るく元気なことを好むようで、夜くらいクールでもいいなぁって感じでもあります。

あとクールな人は嫌がると思いますが、クールもクールすぎればロボットで、逆に喜怒哀楽の激しい

熱すぎる人の方が人間です。なにかと私は元気な方を好みますが。。。

 

2018.5.27

ここで先行して最近よく話題に出している世界最古の文学、西遊記の解説をひとつ。

そもそも悪童でもあった孫悟空を腕力に長けるとこに目をつけて

釈迦そのものの象徴でもある三蔵法師が牢獄から解放し、一応頭に輪っかを付けてお供にします。

その後現代でいえば技術者的な八戒もお供に地獄行きの悪魔を成敗することによって善徳を積み上げます。

その結果孫悟空一行は天竺、要するに天国にいかれたといういろいろな人を哲学して盛り込んだ

文学の金字塔です。まぁ神のとかれた真の世界の姿を写し出した最高栄誉賞ものの文学ですが

さしずめ私もいつぞや犯罪者的だった人間が神に触れて天竺のために戦う孫悟空といったところですが

神は嘘をとかれない。神が馬鹿じゃなくてあなたが馬鹿だと思います。以上。

 

2018.5.28

昨日の釈迦にまつわる話をうけてもう一つ。

先日、奈良に行って大仏を見てきましたが、釈迦なんて世界の真相をといた結果

今まで悪童でも天国のため善徳をつんで戦う姿を受け入れる姿としては

世界の重役を担いつつもそれこそ無我の境地、そういう顔をしてられました。

そういう本気の最高権威の立場なら自分のことは無みたいなものです。

責任を負う最高権威の人は我なんてだせないものでもあるそういう顔の大仏でした。

体躯もでかかったですが、精神性もでかいツラ、まさに神でしたよ。

みなさんも一度行って見ることをおすすめします。

 

2018.5.29

ここで先行して、たいした話じゃないですが

私常々、自分の体型を170センチ112キロと公言してますが、実は身長が正確に測ると

170よりやや足りない168でもあるんですが、170といった方がかっこいいかなぁなんてw

外出する時もサンダルのこともありますが、大抵厚底のブーツ履いて誤魔化してますw

重さは間違いなく今現在110くらいですが、体型としてはできる限り引き締めてます。

まぁやっぱりタイガーマスクや三四郎といったところかなぁといった感じです。

 

2018.5.30

ここでまだ言ってなかった秘密の話。

自慢話のようですが、私の母校の高校、広島でもかなりエリート高校なんですが

そこで測定したIQ、つまり知能指数ですが、理系の測定がたぶん学年でトップだったと思います。

そんなもんだから入学時は多分中学入試時の算数、満点とってんじゃないかと思います。

入試の時は調子も良く全体的に良く出来た記憶あるので、もしかしたら首席だったかもしれませんねw

大学行ってれば東大ってとこですが、私はアーティスト志望してたので悔いはありません。

まぁそのうちなんとかならないかなぁなんて思ってます。

 

2018.5.31

最近のいわゆるフィギュアは安いのか知りませんが

キン肉マンの30センチくらいの結構なフィギュアが2000円くらいであったので

購入して釈迦観音像ばりに飾って拝んでいますw

まぁ私にとってはキン肉マン像こそ釈迦像にあたるくらいの威力ですが

私にとってはキン肉マンはおそらく死ぬまでもう一つのバイブルです。

 

 

 

6月上巻

2018.6.1

ここで禁断のいわゆる性交渉についての神のいわれること。

いわゆる性交渉はいけないことというのが通説で、文字通りいけません。

しかしながら現代で性交渉をやってはいけないなんて難儀なようで

私自身は若い時にどんなものかは試していますが、まずやることはないようで

こんなこといいたくないことですが、一番避けては通れないところかなぁなんて。

はっきりいって私も間違いない確証が欲しいですw

 

2018.6.2

以前も記したことですが、国民的ゲーム、ドラクエくらい誰でも知ってるゲームですが

ああいう勇者が魔王を討伐する手としては、そもそも人なら同じ人の幸せを願うのが当たり前という

理念をもとに作られています。要するに人を不幸にしようと思うのは同じ人ではなくモンスターという

読解で、モンスターなんかが立ちはだかった時、魔、つまり天国いきの要素、要するにMPとかですが

それを使って撃退しますが、あまりに使いすぎると地獄落ちます。はっきりいってモンスターなんて

出くわしたくないこともありますが、どうしてもせっかく神がといた世を分かっていないモンスターがいます。

その結果代表者の勇者が旅をして諸悪の根源、魔王を討伐する話のゲームですがもうドラクエも30年です。

いいかげん世に気づかれた方がいいと思います。以上。

 

2018.6.3

ここでかなり重要なことの記述。

そもそもひらめきとは人を幸せにする理念の言動でなければひらめきといいません。

むしろ不幸にする理念の言動を思いつくことを魔がさすといいます。

それで魔がさしたことにしっかり言動なりで表に出すことを、悪魔に従うともいいます。

悪魔に従い続けると悪魔に魅入られ魔ばっかさして、しまいには地獄に落ちるというのが定説です。

魔がさした時は表に表さないのが対処法だったと思うんですが、そうしてるうちに悪魔も退散するという

とこですが、ひらめいてるのと魔がさしてるとの違いははっきり把握しておいた方がいいと思いますよ。

 

2018.6.4

手記も新展開させて、神にかかわる記述なんかもいろいろ書いてきましたが

要は人として大事なのは、それこそのび太じゃないですが、人の幸せを喜ぶことができ

人の不幸を憎めるところこそが全ての根源です。

まぁ私なんかも私はまず嫉妬の理念で魔がささないですが、幸せな人がいればますます幸せになってくれたまえ

くらいなもので、結果みんなが幸せになることによって自分も幸せになるという考えなので

まぁ幸せな人はますます幸せになってくれたまえw不幸な人は幸せになれるといいですねってとこで。

 

2018.6.5

命あるものはいずれ滅びる。誰しもいつかは死にます。

これまで神の記述もいろいろつけてきましたが、私が死ぬ時のイメージはもう出来ています。

間違いなく善徳をつむように生きているはずなので、死ぬ時は天国にいけると確信して

死を恐れることなく満面の笑みでちょっと遊びにいってきます、そういうイメージです。

その時こそ人生のクライマックスで、その瞬間のために生きているといっても過言ではありません。

それでしっかり天国いって楽しめれば本望ですし、それまでの人生の過程でも天国にいきたいものでは

ありますが、結局は人生総じて坂の上の雲、そういうイメージで皆さんも生きていかれるのが

いいと思います。困難に気をつけてよい旅を。

 

2018.6.6

神に関する記述を続けた次で何ですが、愛好するレスラーについての話。

そもそも我々人間だって所詮アニマルなのは誰しも分かってるとは思いますが

アニマルの世界で才能といえば1000パーセント腕力です。

あんなゴツい体して才能がないわけがないですが、アメリカではレスラーって芸能の代表くらい

立ち位置が高いですが、我が国でのレスラーの境遇の悪さがどうなのかなぁと思います。

はっきりいって男なら才能たる才能は武力だと思います。以上。

 

2018.6.7

ここで以前も少し記しましたが、私の解析した宇宙の法則ですが

要はこの地上から核の理念に落ちるのが地獄で、核と反発するのが天国という自然現象的

宇宙の法則ですが、おそらくこの人類の叡智が仮に土星の魔王軍や火星のバケモノが

この地球に攻めて来てもこの人類の叡智の解説で引き上げることでしょう。

おそらくこの宇宙の法則の叡智、人類としてメモっといた方がいいですよw

 

2018.6.8

普段私はあんまりテレビのことは話しませんが、軽く提案すれば

フジのいつぞやのハンマープライスこそまさに錬金企画です。

それこそしょうもないものでもなく、大型の人気タレントの絵や愛車とか売ってみたりすれば

すぐ財源が確保できそうなものですが、それこそいつぞやのフジを狙ったホリエモンあたりも

この埋蔵金企画が狙いだったんじゃないでしょうか、というのはいいすぎですか?w

やはりそう考えるとテレビの力もまだまだ健在だなぁと思います。

 

2018.6.9

ここでいわゆるシモの話ですが、ちょっと面白い話。

そもそも男性の性器ってすぐみんな同じと思いがちですが、いろいろあったりします。

私の場合いわゆる勃起しても皮があまってたりする性器してます。

それゆえいわゆる一人遊びですが、はっきりいってビデオや漫画の表現で実際皮がそういう役割をはたし

プレイしてたりする以上の性器してたりすることもあります。

それゆえ私実際は多少経験してるだけですが、ものすごいヤリチンみたいな表現になるんじゃないかと

思いますwすいません馬鹿な話でした、以後気をつけますw

 

2018.6.10

唐突ですが人の考え方なんてメディアの作品から作られることも多いですが

そもそもこの世界、再三いっている東、西、同じことをいわれる神のといた理念を教える作品が主流です。

そんな中神のといたことに満たされない、いわゆるなぐさめ的な隙間作品を源流とする現代の作品なんかを

信奉しておそらく地獄に落ちるであろう間違っている人も多いです。

そもそもメディアの役割としても、神のといた理念を愚直に教えるのが役割で、隙間的作品が

現代でも地獄落ちの人間を作っているんじゃないかと思います。

そもそもそんな馬鹿作品、満たされない人の心を埋めるような隙間作品なだけで1000パーセント

神のいわれることが本当ですよ。困難に気をつけてよい旅を。

 

2018.6.11

先行して次々つけていますが、ここで自分のことでも振り返ってみれば

そもそも私、ちょっとした下級戦士みたいなとこで、小覇王的なとこあったんですが

ここんとこ戦闘力が増大して、今や最強ランクのむしろ最強じゃないかといったところが

覇王そのものもいけんじゃないかとか思ったりする風格が歳もとって出てきたんじゃと思いますが

なにかと今現在立ち位置がないので、そのうちと思ってたりするんですが

どうにかならないかなぁといったところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.6.12

ちょっと昔のことを思い出したので書いてみれば

私高校時代、陸上部に少しいたんですが、結構な走力自慢で校内最速ではありましたが

大会に出たら高二の時の大会とはいえ、タイムが100メートル12秒0でまったく歯がたたず

上には上がいることを思い知らされましたが、結局陸上部で最後までがんばってタイムを鍛えるのも

ありだったようで、オリンピックには出れなかっただろうなぁといったところです。

その後高校の後輩でオリンピックに出たのもいるようですが、私は結局戦闘力を鍛える方向にいったので

もうあの頃のようなスピードは出ないようで、意外とスピード出るかなぁといったところ。

懐かしい学生時代のクラブ活動の話でした。

 

2018.6.13

ここで今まで隠していた本当の話。

私今でも多少精神科で治療受けてるんですが、2001年の新世紀幕開け頃こそ病状も最悪で

それこそ体重も今の半分くらいの50キロ台まで落ちて死にかけていましたw

その後とにかく体を鍛え続けましたが、今や再三いっているように110キロを上回る体で

今現在はとにかく引き締め作業に入っています。

まぁ体重から換算すれば戦闘力も2倍くらい上がっていますが、やっぱ私サイヤ人ですか?w以上。

 

2018.6.14

ここで再び神の話に巻き戻れば、そもそも西遊記の孫悟空なんかをみても分かるとおり

地獄落ちの悪をこらしめるという理念は善徳にあたります。

例えるなら世界全体を人体にでも例えれば地獄落ちの悪をガン細胞にでもしましょう。

それでそのガン細胞を駆逐するというのは人体にとって善徳、ようするに善とでます。

地獄落ちそうな人もますます悪いことしてたら正しい人にいじめられますよ。以上。

 

2018.6.15

昨日に続いてもう一つ神にまつわる話の記述。

そもそも人を楽しませるという行為は善徳です。

いわゆる面白い人というのは文字通り白い、要するに善です。

当然人を楽しませた分因果応報で自分も楽しい思いしますし、何かと楽しい人ってのはいいです。

誰だって面白くないよりは面白い方がいいのも当然ですし、何か人を楽しませてみるのがいいかもしれませんね。

以上。

 

2018.6.16

ここでアホなようでおそらく本当の話。

男性にはいわゆる金玉が2つ付いてますが、要するに睾丸です。

その睾丸、抗ガンでもあり金玉が元気ないわゆる絶倫こそ抗ガンも強く

精力もあって元気で病気知らずです。何かと元気な方がいいこともありますが

あんまり竿が元気すぎて馬鹿なことでも考えないようにしたいものです。

まぁ私はいい歳なのであんまり元気はありませんが。。。w

 

2018.6.17

以前も少し記しましたが、神の話にまつわる記述でもありますが

昔の時代、地獄落ちの罪悪を犯した場合、もう立ち直れないという判断なら

地獄で焼かれる炎に例えた特別な火、業火で焼いて処刑してたりしてました。

当然そういうことを取り仕切るのがいわゆる極道でもありますが、現代のヤクザも何かと理念を

間違えられてても困りますが、そんなに地獄落ちても平気といわれるのなら

指をライターで燃やしてみるといいですよ。それが全身です。以上。

 

 

6月下巻

2018.6.18

ここで再び神のとかれた天国と地獄の理念ですが

要は地球のためにいいことをしてきたから天国で、地球のために悪いから地獄です。

我々人間を代表し犬や猫だって地球自身なのは先に解説しましたが

そのみんな、つまり地球のために貢献したから地球自身からご褒美でももらうのが天国かもしれません。

その逆も地球自身、みんなのために悪をつんできたから地球に地獄で焼かれるのかもしれませんね。

なにかと人間を代表しみんなの意見が地球の声かもしれません。以上。

 

2018.6.19

ここで再び私の一族の話。

私の名、田上ですが田上とは田神でもあり田の上でもありつまり太陽だときいたことあります。

つまるところ太陽の一族ですが、先人でそんな生命力もあり太陽的といえば

もしかしたらやっぱり秀吉の末裔なのかもしれませんねw

豊臣家って何になったのか知りませんがもし私のところならやっぱ世も世なら王族的だなぁw

まぁそんなこといってみて今日の手記はこのへんで。

 

2018.6.20

昨日の名前の話からもう一つ。

漫画なんかでしっかり描く前の原本みたいなのをネームというのをご存知でしょうか?

ネームがダメだとしっかり話にしてもダメなんですけど、やっぱり名前とかかりますか?

名は体を表すというし、名前が結局その人を物語ってるのかもしれません。

私、親から田上雄介と昨日の話からすれば太陽の雄みたいな名なのでいい人生なのかもしれません。

いい名をくれた親に感謝ですねw

 

2018.6.21

先行してますが、最近よくユーチューブ用の動画を作っています。

ユーチューブでYUSUKE TAGAMI で検索すればいろいろ出てくると思います。

何かと面白い動画を作るのを目指していますが

暇だったら覗いて楽しんでいってください。

また知らない間に新しい動画上げてることもあるとは思いますが。。。

 

2018.6.22

ここでまた禁断の私の性体験の話。

はっきりいって私もやってない時はそんなにいいもんかなぁと悶々してたりしましたが

やってみれば何もない、ブタと知った時から私の生きる喜びは馬鹿なことやって笑うことや

音や絵の芸術を楽しむことに変わってはや数十年経ちました。

すっかり私も馬鹿なことの方が好きだったりするいわゆる童貞なようで、はっきりいってやってるからこそ

馬鹿なことの方が好きなんであって、まぁ悶々してる方が童貞ですよ。

やってりゃ知ってます。みんな同じようなもんと思うがいいものしてる人もいますか?w

 

2018.6.23

ここで20年前のことを振り返ってひとつ。

90年代の中頃から何かとロックを中心に毒された歌、要するに地獄落ちの理念の歌が流行っていましたが

はっきりいってそんな歌信奉してれば地獄落ちるんですが、そんな中やっぱりビートルズがやってくれました。

96年あたりのビートルズアンソロジーでリバイバルしてる頃、新曲の一つで「REAL LOVE」というのを

制作してますが、はっきりいってそっちの方が愛で、天国行きの理念です。

私は何かとその後ビートルズ寄りのU.K.ROCKを信奉したので、おそらく助かっていますw

もう日本のロックもやり直すしかないでしょうね。以上。

 

2018.6.24

ここでもう一つ禁断の性交渉についての話。

そもそも男と女は違います。性交渉の最中でも男ってなんかいわゆる呼吸って魔です。

女こそ蒸気もあがりますが、要するに女はやられると天国いけるんですが男ってやると地獄落ちます。

その理念が女が着飾って男を誘惑し、やられようとしますが男ははっきりいってやると地獄落ちます。

その男と女の天国地獄のバランスで世界がなりたってると思うんですがどうでしょう。

あと女ってやられると生気いただくともいうし、男ってやってると生気がなくなります。

まぁバランスが肝心なんでしょうねってことです。何かとよい旅を。

 

2018.6.25

ここで天国と地獄についてのことにもう一つ。

やっぱり生きるとは息と深くつながってきます。

どういう息してるかでイキもよく快活で元気で天国いけるかということになります。

それゆえ昨日の性交渉の話でも息がかかわってき、それゆえ天国地獄に分かれます。

結局息を魂ということもあるんじゃないかと思いますし、それが死後天にのぼれば天国

地に落ちれば地獄ですが、何かと声なんかも元気な声出した方がいいですよ。以上。

 

2018.6.26

神に関わる話もいろいろしてきましたが、もう集大成的話です。

世の真理として天と地、光と闇は均等です。どちらにも傾くことはありません。

それゆえ楽しいことが続きすぎたんならそのうち困難が待ってます。

苦労続きこそそのうち幸せになるものです。その理念が苦労した人生の方が天国にいけることもあると

思いますよ。世のバランスが崩れることは世が続くかぎりありません。よい旅を。

 

2018.6.27

ちょっとここで昨日記したことの補足。

やっぱり取り直すようですが、人を幸せにし続ければ幸せ続きでその勢いで天国に行く

という理念の方が正しいような気もします。要するにこの星の天にあたる存在で

人を幸せにし続けるからこそ因果応報の理念でも幸せ続きかもしれません。

やっぱり幸と不幸の均等はないかもしれないようで結局は自分の行動です。

要はこの星の何に当たるかかもしれません。詳しいことの解説そのうち誰かお願いしますw

 

2018.6.28

ここで私40年生きてきましたが、振り返ってみれば

最初の昭和の頃は私を含め孫悟空一派が強く金閣銀閣、牛魔王連中を弱くしてましたが

平成に入って何を考えたと思いましたが、逆に孫悟空一派が弱く、金閣銀閣連中が強いです。

その結果次の時代を先読みすれば、おそらくまた神の説法を中心に

孫悟空一派、金閣銀閣、牛魔王連中の共闘です。やっぱり平成の時代、そのための予備工作だったんだろう

なぁと思いますが、孫悟空一派としてはあんまりいい思いはしませんでした。

まぁ仲良くやろうやぁってことでw

 

2018.6.29

ここ近年世が狂ってる感じになって久しいですが

その元凶をたどってみるとやはり日本のヤクザやアメリカのマフィアだったりします。

そもそもヤクザやマフィアなんて役、薬の座でもあり、魔を恐れる集団の神の軍団でもあるんですが

おそらく警察、ポリスの誕生こそヤクザ、マフィアが狂いだした原因でもあり

強いとこが入るヤクザやマフィアが狂えば世も狂います。

それゆえ裏家業の警察、表との調和こそが世が正常に戻る策です。

何かと裏の警察というのも定説なので、しっかり統括してほしいところです。以上。

 

2018.6.30

ここで以前書いたような気もしますが、私のこれからのアーティストとしての戦略。

そもそもアーティストとして成功するには作者のタレント性も必要になってくるものだと思いますが

私は今現在スーパーヘビー級の喧嘩番長的ルックスで、あと売りとしてはダヴィンチばりの万能さ

それでアートの表現を絵と音の二刀流で表現するアーティストということで世界を目指します。

私も結構歳とってきましたが、アートの世界なんて遅咲きも多いのでまだまだこれからです。

アートの世界を目指す同士諸君、がんばっていきましょう。

 

 

 

7月上巻

2018.7.1

この間今後の将来の展望を二刀流のアーティストでいくと展望しましたが

ちょっと変更して今後10年計画で人類最強を目指してみようかと思います。

武力の戦闘力に加えて絵、音の芸術、あと語学やコンピュータなんかも10年計画で鍛えて

10年後の齢50くらいでとりあえず地上最強くらいいってたら世に出る計画でいきます。

まぁ地上最強くらい強かったら財にもなるだろうというおおまかな試算でいきます。

結婚とかはその後という計画でいくかもしれません。10年後お楽しみに。

 

2018.7.2

ここで以前も記しましたが、まだおそらく科学で分かってないこととして

宝石なんてのも一つです。そもそも漫画の海賊なんかにしてもお宝といえば宝石も多々ですが

そもそも綺麗な石だからってあんな小さなかけらに本当に何十万も出しますか?

おそらく宝石なんてのもこの地球という星の何かにあたるからこその値打ちだと思います。

まぁこの地球の自然の輝く綺麗なもの、要するに何か特殊なこともあるかもしれませんが

おそらく何か効能みたいなものもあるからじゃないかと思いますがそういうとこが今の科学は未熟です。

今後期待してます。

 

2018.7.3

ここで久々に新渡戸稲造以上の武士道の解説w

そもそも武士道は私もおそらく編み出してるとは思いますが要は敢闘精神です。

いざ死に直面しても神のいわれる天のために正しい理念の為に戦う精神で

いっそ正しい理念で戦って死んで天に昇ることこそ武士道と見つけたりといったところですが

要はいざという時戦う精神で、普段は別に私も普通の暮らししてます。

まぁ体くらい鍛えてますが、やっぱ戦う時は戦わないと駄目ですね。以上。

 

2018.7.4

ここでちょっと誰にも話してなかったマジで世界が衝撃する話。

たしか数年くらい前だったと思いますが、田舎の公園で何気なく空見上げてる時

太陽が踊ってましたよwはっきりいってマジなので、その時は太陽って何かなぁと思いましたが

あんまり気にしてませんでしたが、なんか思い出したので書いてみましたが

あの太陽が踊ってるところNASAあたりは確認してるんでしょうかね。

はっきりいって世界ってなんなのかとも思いますが、とりあえず神のいわれることを信じます。以上。

 

2018.7.5

先日人類最強を目指す方向でいくといいましたが

人類最強を目指すからにはユーチューブなんかで撮影した裸とか見ると

胸や腹がたるんでるなぁといったところ。

消した方がいいかと思いますが、出来るだけ今くらいのウェイトでめいっぱい締め上げるつもりです。

人類最強を10年後にめどをたてましたが、10年かけりゃなんとかなるかな。お楽しみに。

 

2018.7.6

ここで神に関する考察の解説。

そもそもヨハネの黙示録によればそろそろ全能者といわれるいわゆる神が誕生するともいわれますが

その神もソクラテスなんかの哲学によればあくまで超人のたぐいであって

母体となるこの地球そのものの天と地なんかひっくり返せないのは当たり前ですが

要は全能者の神自身であっても愛をもっとうとしないと天国にいけないし、魔ばかり使ってては

地獄に落ちます。要するにいくら伝説の神でも母体の地球という星に勝てるわけないでしょってことで

全能者候補生みんなにいっておいて今日の手記はこのへんでw

 

2018.7.7

ここで音楽の話ですが、私は今までロックを好んで聴いてきましたが

ロックというのは早い話が軽く鬼気迫るものがあり軽くハードで、戦闘なんかに適してる音楽でしたが

ここにきて呑気にお気楽トンボな自由なレゲエに惹かれ始めました。

私にとっては人生の大化の改新並の革新ですが、やっぱり自由に呑気にってのがいいです。

最近はあんまり鬼気迫るのもどうかという感じなのでレゲエの魅力にはまりそうな予感がして

今日の手記はこのへんでw

 

2018.7.8

ここで人間ならではの道具についての話。

そもそもこのサイトを作ってるコンピュータだって道具ではありますが

コンピュータなんて結局楽器やペンなんかと同じ高度な道具であって決して馬鹿なもんでもないですが

古代文明の編み出した高度な道具の代表、言葉なんてのも当然現代でも重要ですが

要はどういう道具を使いこなしてるかであって、やっぱ高度な道具を使いこなせる人こそ頭いいと思います。

コンピュータなんかも頭のいい人が使いこなすものであって、決していけないわけはないと思います。

コンピュータを愛護したとこで今日の手記はこのへんでw

 

2018.7.9

唐突ですが人は皆同じなのでしょうか違うのでしょうか?

当然私の以前した話でも皆結局は地球、要するに皆自分なんですが

通ってる血なんかは細分化すれば膨大な型があるほど皆違います。

釈迦の説法でも人をいろんなキャラ、型に例えたりすることもありますが

要するに皆地球といっても虎やバッタくらいの違いはあるんじゃないでしょうか?

私はおそらくさしずめタイガーマスクの虎かなぁとかいったところで今日の手記はこのへんで。

 

2018.7.10

昨日の話で人は皆同じか違うかの話しましたが

そりゃ血の型と同じ様に虎やバッタの違いはあれど皆ヒトです。

ヒトとして同じなのが大前提な上での話であってヒトがヒトを不幸にしていては

そのヒトが何かと地獄に落ちるものです。

何辺もいいます。同じヒトならヒトの幸せを願えるのがヒトです。以上。

 

2018.7.11

ここで釈迦の説法ばりに本気の答弁。

仮に人を始めとした生命が死んだら無に返るのなら何故天の雲は雨を降らし続けるのでしょう?

天の雲が雨を降らせるからこそ生命が生きていけ、実もなり花も咲かせます。

要するに生命が天に昇って雨を降らせるからこそまた生命が生きていきという生命のサイクル

なのにお気づきでしょうか?それが通説の転生輪廻であり天国ですが、また釈迦からすれば

上昇気流もあれば下降気流もある、ようするに地獄もあるのも定説です。

この自然の理念こそが神のとかれることです。そのうち科学でも裏付けます。よい旅を。

 

2018.7.12

ここで禁断のシモについての話を再び。

いわゆる童貞でもないかぎり女が漫画やゲームの類の表現にならないのは知ってるはずですが

要は漫画の表現なんてかめはめ波でもうって無茶苦茶強い表現と同じで

あくまで漫画の表現、ある意味夢の表現でもありますが、ビデオの類でもその夢の表現が先行してるだけで

女だって馬鹿じゃあるまいし才覚もあるのにあんな風になるわけないですが

私は薬なんてのは知らないし、薬使ったってどうかとも思いますが

そんなに夢の表現が楽しみたければ要はヴァーチャルで再現に決まってます。

ヴァーチャル技術期待してますw

 

2018.7.13

ここでちょっとした昔の偉大な技術の話。

いわゆるそこそこの土地名なんてのもおそらく昔の古代文明の学術にのっとって

名づけられてることもあると思いますが、それこそ現代の科学文明では

はっきりいってなんでそこの土地がこういう名の意味合いの土地なのかとかちょっと分からないこともあります。

そういう現代では埋もれた昔の学術こそ偉大で、おそらく神なんかもそういう類の学術で

世をといたんじゃないかと思われます。今後の科学の発展もそういうとこの検証に期待します。以上。

 

2018.7.14

ちょっと昨日の話の追記。

土地の名前なんてなんでそういう名になるかなんて学術も昔あったといいましたが

そういや我が国でも結構最近に廃藩置県なんてのをしいて、新しい県の名前つけていきましたが

やっぱり国の方はなんでそこの土地がそういう名の県になるかとか分かってますか?

そもそも藩を県にしないといけない意味も私にはちょっと分からないこともありますが

やっぱり国の上層の方は結構分かってることもあるんでしょうか?

はっきりいって一般にも広くそういうことを教えて欲しいですが、誰か教えて欲しいですねw以上。

 

2018.7.15

ここで手記でもよく付けているヨハネの黙示録の全能者についての話。

通説では全能者こそ世界最強な上1000年の命があるといわれていますが

それを漫画にでも例えれば例のドラゴンボールで永遠の命でも叶えようと思ってる

世界最強候補のフリーザ一味やら単独で集めてるベジータやらといったところですが

さしずめ私はひょんなことからドラゴンボールのことを知って単独で集めてるベジータかなぁと。

本物なら要するに世界最強なら1000年の命といったところですがまだまだ決戦の地ナメックは続きますw

今後お楽しみにw

 

2018.7.16

ここであまりにもぶっ飛んだ話と分かっていてしてみたいと思います。

何かの記述にこの世界は神が7日で作られたなんて、なんの表現かと思う話がありますが

いつぞや私がした太陽が踊ってたのが錯覚でもなくまったくの本当なら

この世界やっぱ何ですか?そもそも太陽のあの動きも人為的な動きに見えたし

それこそ本当に神が7日で作り上げた箱庭的世界かもしれません。

あまりにも常識外れなのでこのくらいにしておきますが、私はそんな気もします。以上。

 

2018.7.17

ここで最近の世界の風潮についての話。

なんかここんところテレビでも見てるといわゆるマニュアル思考をとりざててるように感じます。

代表的にW杯のハリー・ケーンなんて当初からマニュアルタイプだなぁと見てましたが

そのハリー・ケーンが最近クラブ関係でも何かとクローズ・アップされてます。

90年代頃を中心に漫画の格闘家陸奥とかアイデアに富むファンタジスタが中心でしたが

何故ここにきてマニュアルなんでしょう。やっぱみんながファンタジスタだと世はまわらないのかなぁって

とこですが、今後の世界の動向としてはマニュアル対ファンタジスタの2極化かなぁなんて思います。

私はファンタジスタを信奉しますが、アイデアこそ全ての源流なのをお忘れなく。以上。

 

 

7月下巻

2018.7.18

古くから人、特に女性なんかをオレンジだのイチゴなどに例えたりすることありますが

総じて食べ物にでも置き換えてみれば、私も大好物だから私でもあるんだろう

例えばマクドナルドの人気で上手い和洋折中的バーガーのチキン竜田バーガーとかw

なんとなく私のテイストでもあるようで、そういうのが好きなとこが私も好むとこあるかなぁなんて。

まぁ人を食べ物に例えるのもどうかと思いますが、私でもあり私も好むとこといえば結構子供の好きなもの

多いなぁなんてwみなさんも何かに例えてみたら面白いかもしれません。以上。

 

2018.7.19

ここで私の考える歌なんかの売れる秘訣。

軽く私も好きなB'zなんかを例えに出してみれば、B'zの初期のブレイクしてた時のテイストは

その頃よく売れてたソーダバーとかのテイストに似てることもあります。

その後ソーダバーって最近あまり売れてないと、やっぱりソーダバーのテイストあまり売れません。

要するに今よく流行ってる味でも歌に再現すれば売れるんじゃないかとかw

はっきりいってそれが才能ですが、私プロデューサーでも志望しようかなぁw以上。

 

2018.7.20

昨日おとついと何かとセンスなりを食べ物の味に例えましたが

ここで私自身の話でもすれば、なにかと私の作る歌だの絵だのを交えて

私自身やっぱマックかなぁなんて思いましたw

歌なんかよく聴きゃフライドポテトやらコーラやら的なテイストかなぁなんて。

私自身もよく行きますが、マックユウスケにでも改名してみようかなぁw以上。

 

2018.7.21

ここ2、3日の食べ物の話をしているとなんか面白いので、もうちょっと考察してみれば

先日、私をマックテイストにも例えましたが、その実結構うまいものなら和洋中食べるところが

バイキング、海賊的かもしれないなぁなんて思いましたw

現代ではバイキング勢多いですが、なにかと漫画でも主人公を海賊に例えるのもなんとなく分かります。

結局うまいもんならジャンルにとらわれず何でも食うって主力の海賊班だなぁといったところで

今日の手記はこのへんで。

 

2018.7.22

私は今現在、やや減量して108キロくらいあるんですが、それまでの鍛える過程を

思い起こせば、そもそも10年くらい前70キロ台をうろうろして80キロの壁を打ち破るのに

苦戦してましたが、ほんの数年前までも、95キロくらいのヘビー級の壁にぶち当たってましたが

その壁も気がついた時には打ち破ってる自分の可能性を感じずにはいられない不思議な気持ちになりました。

今現在108キロとはいえややたるんでるところもありますが、結局どう仕上げていくか

自分でも楽しみながら体作りしていこうと思います。最強への道はつづく...

 

2018.7.23

ここで私もコンピュータを嫌いなわけではないですが、コンピュータが絶対出来ない人たる人の才能として

例えば人が人の顔を見た時どんな人か感じ取ることがあります。それをあたかも知ってるかのように

いいあてるのも一種の天才で、コンピュータなら人の顔の目がこうで、鼻がこうでと弾きだしますが

それこそくるくる変化する人の表情なんて読み解けません。人ならなんか接してたら感じ取って

わかり合うことはあれど、コンピュータには表情の心の動きすら感じずわかり合うというのは無理かも

しれませんね。コンピュータはあくまで道具であって、擬人化するのもどうかと思います。以上。

 

2018.7.24

ここで私の心の中にいる心の友、英国のジョン・レノンについて少し。

ジョンが数十年前も先にやろうとしてたことは、私も読解すれば要はユートピアです。

人類の世界の遠い先の姿をユートピアを想像するからこそ、その方向へ世界をちょっとづつよくしていくことで

世界がよくなっていき皆んな少しずつ幸せになっていくという思想です。

そのためにジョンも数十年前自らシンボルとなり世界に掲げ歌い続けた偉人です。

私もそのジョンの魂を継いでいるとは思いますが、要はこの世界の将来を想像してごらんってとこです。

間違いなくジョンは現代の偉人だと思います。以上。

 

2018.7.25

ここでいわゆる勉強の話。

私からいわせればはっきりいって勉強とは、才能の裁定です。

全世界規模で共通して子供にさせて、それで子供の時に才能を裁定してます。

要するに才能の裁定を勉強でさせてるわけですが、それがいやなら何で才能を裁定するかって話です。

私が思うに歌の上手さなんかで裁定すれば人生を謳歌するタイプが集まるとも思いますが

まぁ何千年前からの定説の勉強でもいいんじゃないですかって感じですが、とりあえず世界共通なので

参加もしない方が馬鹿です。一応やってからいった方がいいと思います。以上。

 

2018.7.26

ここでいわゆる漫画についての話。

そもそも私は漫画とは子供の見るものという考えが多少あります。

実在の人間像では表現できないところも踏まえて子供にいいキャラ像を見せて

こういう男や女の子がいいよねぇと面白く描いていい影響を与えさせる役割を持ってます。

実際私は子供の時にキン肉マンや孫悟空のキャラ像を見て影響を受けて育った世代ですが

今の子達もいいキャラ像を見せて育てないと駄目だと思います。

漫画というのは特に子供にとって重要なものなのをお忘れなく。以上。

 

2018.7.27

ここで釈迦の説法の輪廻転生について少し解説。

いわずもがな輪廻転生とは生命が星があり続けるかぎりサイクルする理念でもありますが

その起因として私が説けば、天の雲こそその象徴です。

我々が生きていけるのも天の雲が雨を降らせて水があるからです。

要するに雲が雨を降らせて水があるから我々も生きていく、その後生きている我々が天に昇って雨を降らす。

それこそ輪廻転生でもあり天国の正体であると私は考えます。

要するに生命として地上と天とでサイクルしてる感じですが、上昇気流もあれば下降気流もあるのが地獄も

通説ですが、自然現象として生命のサイクルもあります。今回は簡易ですがここらへんで。以上。

 

2018.7.28

先に少しつけましたが、私、今現在精神科とか通ってるところあるんですが

私は要は脳の内科的ニュアンスのつもりで通っています。

例えば肝臓なんかでも腫瘍やガンの外科的悪さがなくとも数値の以上で内科的悪さもあります。

それと同じように脳の数値的なものが軽く異常があるかなということで通ったりしてます。

まぁなにかと薬でももらって安定させとくのもいいので当分は通うこともあるかなぁといった感じです。以上。

 

2018.7.29

ここで再び現代の科学では解きあかせてないであろうことの一つを少し。

最近暑くなってきて台風の季節ですが、台風って構造上反時計回り、左回転しかないのをご存知でしょうか?

台風とは左回転なものだとしかいいようがないですが、あとトイレなんかで排泄してる時

腹を右回転にさすると排泄しやすくなることも皆さんご存知だと思います。

そういう世界の自然現象的記述がまだまだ科学は追いつかない現状ではありますが

再三いう神の記述もそういうとこの読解からだと思われます。よい旅を。

 

2018.7.30

昨日の右回転、左回転からの話を一つ。

そもそも日本の和文こそ右回転です。西洋こそ左回転ですが、ちょっと確認とってみないと分かりませんが

雲の流れ方がどっち回転だから、その上、地動説だからどっち回転が正しいって話ですが

雲の流れ方は気象観測すれば分かると思いますが、はっきりいって私、天動説だと思います。

星の動きのVTRや、この前見た太陽が踊ってるとこなんて、天動説なんじゃないかと思ったりします。

はっきりいって天動説ならどっち回転が正しいか間違ってる可能性あります。

ここで軽く世界に警鐘を鳴らしたとこで今日の手記はこのへんで。

 

2018.7.31

ここで先日の右回転、左回転の話から、大方人なんかも右巻きか左巻きか

頭のつむじをみりゃ分かります。私は右巻きの右の人間ですが

右巻き、左巻き、やっぱり何か違うのかもしれませんね。

実は右すぎたりする喧嘩番長ですが、左巻きの人はあんまり無理しない方がいいですよ。

どっちが正しいかは、やっぱり先日の話から紐解けるかもしれませんね。以上。

 

 

8月上巻

2018.8.1

先行して手記が8月に入りましたが、ここでいわゆる性のことの統括の考えを少し。

そもそもなにかと人を不幸にする人なんて地獄に落ちて殺されたいんじゃないかといいましたが

性交渉も通説やる、やりたい人なんてやられたいんじゃないかに繋がり

殺されたくもあるが当の竿のように死ぬ間際の一瞬の快楽、ようするにそれが欲しいんじゃないかと

いうところから、実際の死の間際って一瞬快楽ありますか?

哲学としてはそんなところですが、私は生きて天国いきたいので総じてあんまりやりません。

個人的思想なのであしからず。以上。

 

2018.8.2

昨日の性交渉の話に続いてこういう角度からの哲学はどうでしょう。

性交渉をする際、男の棒を女の穴にいれます。

穴、いいかえれば急所を棒で突く行為なんて例えるなら指で目をつくようないけないことです。

なにかに例えても性交渉とは魔であり、カラーも黒の地獄落ちの行為かもしれません。

昨日の解説を交えて、皆さんも哲学してみるのもいいかもしれません。以上。

追記:女はやられることによって自分の分身を作ります。

 

2018.8.3

ここで釈迦のいわれる因果応報の理屈の例として一つ。

例えばよっぽど酒の飲みたい人なんて酒に飲まれたい人でもあり

案の定、酒にのまれて泥酔します。

そういう例えをあげればきりがないですが、断食なんてのもよっぽど食いたいから食われたくない理念から

じゃないかと思います。私は腹が減れば一応食べますが、要は欲がそうさせるのでしょうね。

たまには欲を捨てるために禅でも組むのもいいもんです。以上。

 

2018.8.4

ここで昨日の因果応報のことについて補足。

食うから食われるといっても、例えば果実でも食うから果実から食われるように

果実の栄養なんかが体にめぐります。

要は馬鹿なもんじゃなけりゃ断食なんてしなくてもいいと思いますが

いろいろ因果応報で考えてみれば何かと世の哲学も見えてくるもんです。以上。

 

2018.8.5

昨日の話でもう少し補足。

例えば果実でも食うから果実から食われるように果実の栄養が体にまわるのも含めて

やっぱり果実といえども地球の命ならやっぱり果実的な命から食われることもありますか?

誰か一度徹底的に検証してみればいいんじゃないかと思いますが

まぁ因果応報が嘘なわけないですが、私も結構適当に生きてるもんです。以上。

 

2018.8.6

ここでだいぶ先行してますが、この地球という星の誕生からの経緯についてひとつ。

そもそも地球という星が生きている以上、星が誕生した時におそらく生命の源の雲も広がっていた

と思います。その雲が雨を降らせることによって生きている土から最初の地上の生命の草木が誕生し

その草木も繁殖をつづけ草木の命も天にのぼることも相まって雨が降り続けでっかい水たまり

海が誕生し、その海から太陽の恵をうけて最初の動く生命が誕生し、その動く生命も進化分岐していき

その動物たちも天にのぼるものは天にのぼって雨を降らし、あたらしい地上の生き物も生きていけるという

地球の誕生からの歴史を軽く仮説をたてましたが、昔の賢人なんかもそう思考してるはずなので

なにかと思考してみるのもいいもんです。以上。

 

2018.8.7

ここで昨日の話についての追記。

昨日の話からしてもそもそも雲が雨を降らすから生命が誕生しましたが、今でも雨を降らすこと自体

生命もまた天にのぼって雲になるんでしょうが、その雲がまた雨を降らすから生命が誕生しますが

昨日の記述の信憑性なんかもタイムテレビでも作れれば確認が取れます。

その結果間違いない確認がとれた結果、啓示的にイエスの時代のヨハネに伝えたんじゃないかという

やっぱり本当の話という方が有力だと思います。私も当然神を信奉してます。よい旅を。

 

2018.8.8

ここで性交渉についてもう一つ追記。

性交渉というのはニュアンスとして、やるの他に抱くというニュアンスもあります。

やっぱり抱いてたら抱かれるし、抱いて生まれた子こそ世界を抱こうとします。

逆にやられて生まれた子なんて世界をやろうとします。たぶん。

そここそ肝心かもしれませんが、私の信奉するジョンレノンが生前、性交渉を白のイメージで

抱くニュアンスでカメラに納めたのが正にアートです。

現代で日本のロックの代表としてRYUICIあたりがそれやればいいんじゃないかといったところで

今日の手記はこのへんで。以上。

 

2018.8.9

連日の性交渉の話から、子の男と女にも言及すれば

連日の話からでも男が抱いてるから世界を抱こうとする男、女が抱いてるから世界を抱こうとする女

が誕生することもありますか?軽く検証してみればいいと思いますが

要はやっぱり本番ですね。本番いかんによってどういう子が誕生するかという重要なとこだと思います。

子いかんによって人生も大きく変わりますし、やっぱり本番が重要です。以上。

 

2018.8.10

ここで連日の子の誕生の言及のことでもう少しいえば

絶対いけないですが、いわゆるクローン人間なんて設計上は同じでも

親の本番の時のマインドが入らないゆえ、おそらく絶対駄目です。

いわゆる精神科の部分でもあるとは思いますが、マインドの解析も今後期待してます。

まぁ結局は一言でいえば世界はやっぱり愛でしたね。以上。

 

2018.8.11

ここでご当地料理の話。

例えば私の住む広島の名物料理といえばお好み焼きなんかありますが

要するに土地柄的にお好み焼き的にいろんなのがおるのがいい的なとこでもあります。

当然いろんなのが入ってるのを食べるから、いろんなのが入ってるのがいい的な人にもなるんじゃないかと

思いますが、食の研究なんてのも結構重要なとこありますが、その土地柄なんて風土料理見れば

わかるかもしれませんね。以上。

 

2018.8.12

昨日のお好み焼きの話から、お好み焼きの広島、大阪、ちゃんぽん麺なんかの長崎あたり見ても

結構西日本こそいろんなのがあるのがいいというとこがあるんじゃないかと思います。

東日本こそ結構一色を好むとこがあるんじゃないかと思いますが、結局はその違いは

西の豊臣、東の徳川の違いなのかもしれませんね。

当然私は西の秀吉公の方を好みますが、やっぱいろんなのがある方がいいと思いますよ。以上。

 

2018.8.13

ガンガン先行して手記をつけていますが、いわゆる目のこと。

目がいいとはいろんな意味もありますが、普通2つある目をひとつにすると距離感がつかめません。

ようするに独眼竜とかの類は距離感のつかめない駆け引きの苦手な人なのかもしれません。

逆に三つ目の表現こそ距離感の抜群のかけひきに長じる表現だと思います。

戦国武将でいえば秀吉こそ三つ目的なんじゃないかと思いますが、かけひきの苦手な独眼竜もどうかと

思いますが、いわゆる神も三つ目の表現を受けるのをお忘れなく。以上。

追記:かけひきに長ける方が器用だと思います。器用な方が才能あると思いますよ。

 

2018.8.14

結局昨日の話からしても結局人間の違いなんて

母親の中で赤ん坊が一番最初に出来上がるのが目でしたっけ?

つまりやっぱり目こそが重要で、目の違いこそが人の違いにも大きく影響してるかもしれませんね。

目を見れば分かるなんて人もいますが、目ってやっぱり一番重要なとこかもしれません。

目を大切に。以上。

 

2018.8.15

ここでついでに目の解析の話をひとつ。

目の良さなんて思いつくとこをあげれば、視力なんかの解像度

三つ目とかの表現の距離感、あと視野の広さなんてのもありますが

一番重要なのはやっぱり神の例えなんかにしても距離感ですか?

昨日の話からしても距離感に長けるからかけひきも上手く器用で才能があるのかもしれません。

広さなんてのも重要ですが、やっぱりスポーツにでもすればサッカーがいいような気もします。以上。

 

2018.8.16

連日の目の話から、戦国武将あたりで目がいいであろう秀吉の雑記的手記をつければ

当初足軽で出陣した秀吉も軽く敵を打ち倒しつつ信長に草履でも温めて取り入り

なんか陣の敷くタイミングや射撃のタイミングを測る役でもやってたこともあるかなぁなんて。

それで戦果もあげれば目がいいのでかけひきも上手かろうということで指揮でも取らせて

やっぱり戦果あげて昇進していったんじゃないかとか。

やっぱり秀吉のかけひきをする上で重要な距離感を測る目がよかったんじゃないかと思います。

なんかそういう役もやってたかなぁなんて想像するのも面白いです。以上。

 

 

8月下巻

2018.8.17

まだ7月下旬ですが、私の中では先行して8月下巻の手記の執筆です。

この世の中平和になったようでまだまだ争いも多いですが、いわゆる敵国同士の戦いなんて

しまいには災害なんだから文句がないだろうとかの言い分の魔法攻撃とかになってくるんじゃないかと思います。

いわゆる魔法の記述でメガフレアやメテオなんてのもありますが、要は太陽なんかで起きている

自然現象のフレア現象なんかを自然のエネルギーを活用してはなつ極大呪文ですが

まぁメガフレアあたりは自然現象でフレアなんてこの地球にはないので文句いわれますが

この日本にも召喚魔法とか使ってたら恐ろしいですね。災害の打ち合いなんて末期です。良い旅を。

 

2018.8.18

ここで釈迦のいわれる因果応報の理屈から哲学をひとつ。

私も絵や歌を売っていますが、歌なんか売ろうと思えば自分が歌をたくさん買うからこそ

自分の売る歌だってたくさん買っていただけるという理屈にもつながりますか?

当然歌をよく買って聴く人なんてよく歌のよさが分かっていることもありますが

私もかなり買って聴くタイプですが、そのうち売れることもあるかなぁなんていって今日はこのへんで。以上。

 

2018.8.19

ここで天国と地獄の理念について語れば、要は天国とは母体の地球に愛されることです。

片や地獄こそ地球に殺されることです。なぜ地球に愛されるかというと

当然、因果応報の理屈からこの世で総じて地球を愛してきたからです。

地上の生命なんかも結局は地球なので、結局命、地球を愛してきたからでもあります。

まぁ結局は愛し愛されの愛でしたね。良い旅を。

 

2018.8.20

先日、今現在精神科で薬を処方してもらってるといいましたが

そもそも今からだいぶ昔、私一人暮らししてることがあって、その時、金もなくろくに食事もとらず

仕事を過労気味にがんばってる時に、徐々に脳が異常をきたしだして、ひどい時はいわゆる減量中の

ボクサーのように寝る時も神経過敏でちょっとした音でも目がぎらつくような状態でした。

その時の脳の状態の異常が今だに薬で正常な状態に近づけてますが、やっぱり薬もらってると多少しんどいです。

脳の状態の異常が完治する薬はまだないような気がしますが、完治すれば大方私の場合、食事と睡眠に

気をつければいいと思うので、いい薬の開発期待してます。しんどい仕事はまだ無理かなぁ。。。

 

2018.8.21

ここで久しぶりに間もなく登場するかもしれない神の話ですが

ヨハネの黙示録では全能者という記載で、ソクラテスの哲学では超人の誕生ともいい

あと、神話のゼウスやユピテル、アトムも同一人物ですか?

おこがましいですが、私も結構全能者的な上軽く超人的です。

あとゼウス像なんかにもあの独特の体型が私ももうちょっと引き締めれば似かよることあります。

結局私が神ですか?w

なんてこといってみて今日の手記はこのへんで。以上。

 

2018.8.22

ここで人として大事な精神をひとつ。

戦国時代、上杉と武田はお互いの力を競うように戦い、相手が塩に困っていれば塩でも送って戦い

結局勝った武田を上杉もエールを送ったはずです。

いわゆるそういう精神こそが大事で、何事においても勝つためにはいわゆる卑劣なり悪辣な手法を

使うものをいわゆる人の心のない豚と例えます。総じてそういう豚は神にも愛されずなにもないのも

定説なので文字通り豚ですが、結局そういう類のやからがぶちこまれるところをブタ箱というのもお忘れなく。

豚に気をつけてよい旅を。

 

2018.8.23

私は音の他に絵も描いてますが、私が絵を描くにあたってデジタルで描くにも

そのうち画壇みたいなしっかりしたとこでもデジタル部門を創設するんじゃないかと思って

画家的なアーティスティックな絵も数多く描いてます。

漫画やイラスト的絵も描いてますが、本陣はそのうち画壇投稿用です。

とはいえ何かとまだまだなので精進に励みたいと思います。以上。

 

2018.8.24

ここで恒例の定説の1000年生きるという神の話。

1000年生きるなんて、まぁ早い話が強すぎるだけです。

ご長寿の秘訣なんてよくテレビでもやってますが、滋養強壮でもして強けりゃ長生きなんじゃないかと

思います。1000年級なんて強すぎますが、神なんて最強の番長みたいな人なんじゃないかと思います。

私も結構、全能的でもあり番的ですが、結局誰が本物かはお楽しみに。よい旅を。

 

2018.8.25

ここで世界の話。

世界の人というのは昔から大きく分けて猿犬に分類されます。

世界はずっと猿犬の両党で喧嘩しつつ仲良くして存続してきましたが

どちらか一方の猿、または犬の世界になんてしようと思わない方がいいですよ。

文字通り犬猿の中で世界中で大げんかになると思います。

世界は結構ありのままでありつつちょっとずつ改善する方がいいと思います。以上。

 

2018.8.26

ここで人生の悟りをひとつ。

人生というのは総じて戦いの連続です。それゆえ子供達にも戦うことを教えますが

少年漫画なんかでも描かれるように善徳のために戦ってるんならまだしも、悪のために戦えば

歳をとり戦いから引退するように生活し軽く神のことを思った時、自分でも間違ってると思ってることで

戦い続けた結果、得るものもなにもなければ自分はなんの為に戦い続けた人生だったのかと思います。

当然悪のために戦い続けた結果、地獄にも落ちると思想するからですが、戦い続けてる若い時には

気づかないものです。私もまだ若いですが、神の説法に思いをはせれば軽く悟ることもあります。よい旅を。

 

2018.8.27

先日、猿と犬の話をしましたが、軽く解説すれば

自己主張が激しくなにかと上のいうことをきかなかったりするのが猿です。

自己主張もせず上に忠実なんて飼いならされた犬ですが、結局猿と犬のバランスだと思います。

上のいうことをきくのも大切ですが、自己主張することも必要だと思います。

バランスのとれたとここそ一番いいかもしれませんね。以上。

 

2018.8.28

ここで世の中を何もわかってない愚かな連中にひとこと。

そもそも世の中をひとつの人体にでも置き換えれば、総じて悪いとわかってる上で

金なりのために悪行を行ういわゆる豚だのがん細胞を正常化をうながすなり

しまいには駆逐をする役のある薬の役がヤクザであって、そういうのが組に所属する世ですが

組に所属してるヤクザなのかどうか知らないですが、あんたが世のガンだみたいなアホが多いのを憂います。

そもそも地元の組長あたりもわきまえてないと散々狂った世界といわれるのも当たり前だと思います。

結局孫悟空もがん細胞を駆逐し続けて天竺いったヤクザですよ。以上。

 

2018.8.29

昨日の話の流れから、私の住む広島も神のいわれる三途の川とかけて聖地のひとつ的ところなので

本来神の一軍のヤクザも多く出入りし、取り締まっていいとこなのも定説なはずですが

それこそ対極的にいつぞや分かった上で自分の馬鹿さ加減に逆ギレして魔王を名乗り

日本のデスパレスおったてたとこあたりこそ、おそらく風水的な検証からしても魔の区域です。

はっきりいって私はああいうとこ死ぬまで行きませんが、広島あたりいいとこなの当たり前です。

当然裏で活躍してる神の一軍のヤクザも多いからなはずです。よい旅を。

 

2018.8.30

私は絵や歌なども手がけて色々才能もあるとは思うんですが

一番の才能は昔からやっぱり体育じゃないかと思います。

小学校の頃から運動神経抜群といえば私も名があがるでしょうし、6年の時の運動会でも白組の大将的

ポジションやってます。あと中学後も体育の成績は常に学年でもトップ級でしたし、高校の時は

スピードキングにも輝いてます。自慢話のようですが、結局今もウェイトが110キロを超える体で

ビルドアップの最中ですが、やっぱり